荒木 信夫

J-GLOBALへ         更新日: 17/01/30 10:57
 
アバター
研究者氏名
荒木 信夫
 
アラキ ノブオ
所属
長岡工業高等専門学校
部署
環境都市工学科
職名
教授
学位
博士(工学)(長岡技術科学大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1984年
長岡技術科学大学 工学研究科 建設工学専攻
 
 
 - 
1982年
長岡技術科学大学 工学部 建設工学課程
 

受賞

 
2006年6月
日本水環境学会 論文賞
 
1998年11月
土木学会第54回年次学術講演会 優秀講演者表彰
 

論文

 
Reduction efficiency of human pathogenic viruses in a pilot-scale down-flow hanging sponge (DHS) reactor treating municipal wastewater
Kobayashi, N., Oshiki, M., Ito, T., Segawa, T., Hatamoto, M., Kato, T., Yamaguchi, T., Kubota, K., Takahashi, M., Iguchi, A., Tagawa, T., Okubo, T., Uemura, S., Harada, H., Motoyama, T., Araki, N., Sano, D.
Water Research      2017年   [査読有り]
High-cell-density cultivation of Nitrosomonas europaea in a membrane bioreactor for performing protein purification and characterization studies.
Oshiki M, Takagi R, Hatamoto M, Yamaguchi T, Araki N
The Journal of general and applied microbiology      2016年10月   [査読有り]
一次沈殿+DHSシステムによる衛生指標微生物の処理性能評価
長町晃宏,井口晃徳,瀬戸雄太,久保田健吾,押木守,荒木信夫,大久保努,上村繁樹,高橋優信,原田秀樹,多川正
土木学会論文集G(環境)   72(7) 187-195   2016年   [査読有り]
Effects of predation by protists on prokaryotic community function, structure, and diversity in anaerobic granular sludge
Hirakata, Y., Oshiki, M., Kuroda, K., Hatamoto, M., Kubota, K., Yamaguchi, T., Harada, H. and Araki, N.
Microbes & Environments   31(3) 279-287   2016年   [査読有り]
Effects of anaerobic protozoa on treatment efficiency and microbial community structures in UASB reactors fed with domestic sewage
HIRAKATA Yuga, TSUCHIDA Mamiko, KURODA Kyohei, OSHIKI Mamoru, HATAMOTO Masashi, YAMAGUCHI Takashi, ARAKI Nobuo
Proceedings of 4th International Symposium on Technology for Sustainability      2015年11月   [査読有り]
エジプトにおける下水処理水の灌漑利用の実態とその改善に向けての今後の展望
上村繁樹,大久保努,多川正,荒木信夫,原田秀樹
用水と廃水   57(3) 67-77   2015年   [査読有り]
Community Composition of Known and Uncultured Archaeal Lineages in Anaerobic or Anoxic Wastewater Treatment Sludge
Kyohei Kuroda, Masashi Hatamoto, Nozomi Nakahara, Kenichi Abe, Masanobu Takahashi, Nobuo Araki, Takashi Yamaguchi
Microbial Ecology   69(3) 586-596   2015年   [査読有り]
In situ DNA-HCR: A facilitated in situ hybridization chain reaction system for the detection of environmental microorganisms
Tsuyoshi Yamaguchi, Shuji Kawakami, Masashi Hatamoto, Hiroyuki Imachi, Masanobu Takahashi, Nobuo Araki, Takashi Yamaguchi and Kengo Kubota
17(7) 2532-2541   2015年   [査読有り]
High organic loading treatment for industrial molasses wastewater and microbial community shifts corresponding to system development
Kyohei Kuroda, Tomoaki Chosei, Nozomi Nakahara, Masashi Hatamoto, Takashi Wakabayashi, Toshikazu Kawai, Nobuo Araki, Kazuaki Syutsubo, Takashi Yamaguchi
Bioresource Technology   196 225-234   2015年   [査読有り]
Identification and Detection of Prokaryotic Symbionts in the Ciliate Metopus from Anaerobic Granular Sludge
Hirakata, Y., Oshiki, M., Kuroda, K., Hatamoto, M., Kubota, K., Yamaguchi, T., Harada, H. and Araki, N.
Microbes & Environments   30(4) 335-338   2015年   [査読有り]

Misc

 
キレイな水の作り方教えます 〜水環境問題と水浄化技術〜
荒木信夫,押木守
ひらめきときめきサイエンス      2016年7月
嫌気性生物処理プロセスのSMP生成動力学
長岡工業高等専門学校研究紀要   27(1)    1991年
嫌気性生物膜の初期形成過程における微生物生態系の変化
長岡工業高等専門学校研究紀要   28(1)    1992年

競争的資金等の研究課題

 
嫌気性原生動物による都市下水処理UASB内の捕捉SS成分の分解・メタン化の促進
科学研究費 基盤研究(B)
研究期間: 2016年 - 2019年    代表者: 荒木信夫
乾燥地途上国における安全な水循環システムの構築とその地域農民の生活改善効果に関する社会工学的研究
独立行政法人国立高等専門学校機構: 平成28年度研究プロジェクト経費(展開加速型研究)
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 上村繁樹
都市下水処理UASB内への嫌気性原生動物の高濃度培養技術の開発
科学研究費 基盤研究(B)
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 荒木信夫
排水処乾燥地域における灌漑再利用のための革新的下水処理技術開発のための国際研究拠点形成
科学技術戦略推進費補助金
研究期間: 2012年 - 2016年    代表者: 原田秀樹
原生動物の高濃度培養による都市下水処理UASBの安定化および高機能化
科学研究費 基盤研究(B)
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 荒木信夫
機能遺伝子のmRNAを標的としたFISH法の開発と脱窒素細菌の網羅的検出へ適用
科学研究費 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2010年       代表者: 荒木信夫
機能遺伝子のmRNAを標的とした脱窒素細菌群の網羅的検出技術の開発
JSTシーズ発掘試験
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 荒木信夫
サルファーサイクルを活性化した新規下水処理システムの機能強化技術の開発
科学研究費 基盤研究(C)
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 荒木信夫
アジア開発途上諸国の水と衛生に関するデータベース構築と水起因衛生リスクの評価
科学研究費 基盤研究(B)
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 原田秀樹
硫黄の酸化還元サイクルを活性化した下水処理装置内の微生物機能評価と強化技術の開発
科学研究費 基盤研究(C)
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 荒木信夫