久留原 昌宏

J-GLOBALへ         更新日: 16/09/06 18:46
 
アバター
研究者氏名
久留原 昌宏
 
クルハラ マサヒロ
URL
http://suzuka-ct.ac.jp/
所属
鈴鹿工業高等専門学校
部署
教養教育科
職名
准教授
学位
文学修士(筑波大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1986年3月
筑波大学 第二学群 比較文化学類
 
 
 - 
1990年3月
筑波大学大学院 文芸・言語研究科 各国文学専攻(日本文化研究学際カリキュラム)
 

受賞

 
2000年
三重県文学新人賞(評論部門)
 

Misc

 
『草枕』試論-〈胸中の画〉と〈魂の歌〉と-
稿本近代文学   10, 13-24    1987年
前田夕暮〈木の花〉のモチーフの示すもの
稿本近代文学   11, 40-52    1988年
『生くる日に』試論(一)~(十二)
氷原   18(6) 46-47--19(9)54-55   1989年
1989-1990
『蝶胡蝶正夢草紙』試論-戯作的趣向と事実性-
稿本近代文学   12, 47-57    1989年
彩霞園柳香「蔦紅葉函嶺夕霧」をめぐって-明治の一戯作者の肖像-
稿本近代文学   14, 93-105    1990年
桂川心中事件と「越の少女」の歌-夕暮初期モティーフの一考察-
前田夕暮の世界   5, 1-8    1990年
『深林』試論-前期前田夕暮の到達点
鈴鹿工業高等専門学校紀要   26(1) 149-162   1993年
大正初期までの露風と夕暮(一)~(四)
氷原   22(7) 48-49 -- 22(12) 54-57   1993年
夕暮と俳文学(一)~(九)
氷原   24(5) 58-59 -- 26(7) 36-37   1995年
1995-1997
暮鳥と夕暮・詩魂の交流
鈴鹿工業高等専門学校紀要   31 173-184   1998年
空穂と夕暮-初期の作品と歌論に見る交流-
氷原   27(12) 160-164   1998年
物語性とシンセリティ-夕暮『生くる日に』への独歩作品の影響を通して
芸術三重   56 4-7   1999年
前田夕暮と野口謙蔵-近代短歌と絵画の交響
鈴鹿工業高等専門学校紀要   33 126-136   2000年
野口謙蔵の絵と歌と~「日本的の精神」の具現者
芸術三重   (57) 66-71   2000年
未完歌集『南風』の魅力-夕暮定型短歌の〈臨界〉点-
氷原   29(7) 24-25   2000年7月
前田夕暮・自由律短歌成立の背景
日本語と日本文学   35, 1-16    2002年   [査読有り]
漱石と夕暮-幻想的モティーフの類似性
氷原   31(7) 22-23   2002年7月
『青樫は歌ふ』試論-自由律短歌・進展の諸相-
鈴鹿工業高等専門学校紀要   36 155-163   2003年
前田夕暮における宗教と文学
氷原   32(7) 24-27   2003年7月
『夕暮遺歌集』覚え書―自己模倣と創造と―
氷原   33(7) 18-19   2004年7月
芥川徳郎の生涯と歌集『茅花』の一考察
鈴鹿工業高等専門学校紀要   38 105-113   2005年
『富士を歌ふ』小論―夕暮の内なる富士の表現―
氷原   34(7) 18-19   2005年7月
『定本前田夕暮短歌作品集』に触れて
氷原   36(7) 14-15   2007年7月
『収穫』試論―青春の教科書としての意味―
久留原 昌宏
氷原   38(7) 14-15   2009年7月
『原生林』における改作についての一考察
久留原 昌宏
氷原   39(7) 16-17   2010年7月
『海の砦』・『鼓笛』 対照的な相貌を示す壮年期の二歌集
久留原 昌宏
氷原   39(10) 28-29   2010年10月
前田夕暮―〈青春〉のオピニオン・リーダー
久留原 昌宏
短歌現代   35(6) 40-41   2011年6月   [依頼有り]
文人・松村勝行の研究(上)―弁論と戯曲・シナリオ・小説・エッセイなど―
久留原 昌宏
鈴鹿工業高等専門学校紀要   45 15-28   2012年2月   [査読有り]
文人・松村勝行の研究(下)―詩・短歌・俳句・作詞作曲など―
久留原 昌宏
鈴鹿工業高等専門学校紀要(創立五十周年記念号)   46 85-98   2013年2月   [査読有り]
信綱と夕暮―西行への親和性を中心に
久留原 昌宏
ぷりずむ   2(4) 16-17   2014年8月
木下利玄の人と歌 ―生誕一三〇年
久留原 昌宏
現代短歌新聞   (51) 2-2   2016年6月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
前田夕暮百首
久留原 昌宏 (担当:分担執筆, 範囲:選歌・16首の鑑賞・前田夕暮年譜)
秦野市立図書館   2005年10月   
今こそよみたい近代短歌
久留原 昌宏 (担当:分担執筆, 範囲:佐佐木信綱・会津八一の項)
翰林書房   2012年10月   

講演・口頭発表等

 
前田夕暮研究展望
久留原 昌宏
三重近代文学研究会   1996年   
米田雄郎と野口謙蔵 [招待有り]
久留原 昌宏
野口謙蔵生誕百年記念事業(滋賀県蒲生町)   2001年8月   
前田夕暮・自由律短歌成立の背景
久留原 昌宏
筑波大学国語国文学会総会   2001年9月   
近代三重の歌人たち~佐佐木信綱をはじめとして~ [招待有り]
久留原 昌宏
みえアカデミックセミナー2011移動講座   2012年1月29日   
亀山出身の二歌人(橘糸重・芥川徳郎) [招待有り]
久留原 昌宏
和歌のおはなしと碑文を読む(亀山文化年記念事業)   2014年6月   
木下利玄・人と作品 [招待有り]
久留原 昌宏
信綱祭講演会第1部(佐佐木信綱記念館)   2015年11月7日   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
歌集『トーチ・ソングス』(短歌新聞社刊)
久留原 昌宏   芸術活動   1998年4月
歌集『夏の呼び声』(私家版)
久留原 昌宏   芸術活動   2007年11月
歌集『ナロー・ゲージ―特殊狭軌』(ながらみ書房刊)
久留原 昌宏   芸術活動   2015年10月

競争的資金等の研究課題

 
前田夕暮を中心とする近代歌人・作家研究
その他の研究制度
研究期間: 1985年   
近代短歌と絵画の相関性の研究
その他の研究制度
研究期間: 1990年   
三重県出身の歌人の研究
その他の研究制度
研究期間: 1995年   

社会貢献活動

 
文芸誌「真珠」短歌欄選者
【助言・指導, 寄稿】  三重県職員互助会  1999年3月 - 2016年3月
短歌塾「新樹」講師
【講師, 助言・指導】  三重県歌人クラブ  2002年7月