鈴木 孝義

J-GLOBALへ         更新日: 17/01/11 03:01
 
アバター
研究者氏名
鈴木 孝義
 
スズキ タカヨシ
URL
http://chem.okayama-u.ac.jp/~complex/Coord.Chem/Home.html
所属
岡山大学
部署
自然科学研究科
職名
教授
学位
博士(理学)(名古屋大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2008年
 - 
2015年
 岡山大学自然科学研究科 准教授
 
2015年
   
 
- 岡山大学自然科学研究科 教授
 
1988年
 - 
1989年
 コペンハーゲン大学 文部省交換留学生
 
1993年
 - 
1996年
 岡崎国立共同研究機構分子科学研究所 助手
 
1995年
 - 
2007年
 大阪大学 助手
 

学歴

 
 
 - 
1992年
名古屋大学 理学研究科 化学専攻
 
 
 - 
1987年
名古屋大学 理学部 化学科
 

委員歴

 
2009年
 - 
2011年
錯体化学会  理事
 

Misc

 
Synthesis, structure and magnetic properties of lanthanide(III) complexes with new imidazole-substituted imino nitroxide radical
Toshiaki Tsukuda, *Takayoshi Suzuki, Sumio Kaizaki
Inorg. Chim. Acta      2005年
Azido(2,2’-bipyridine)(η5-pentamethylcyclopentadienyl)iridium(III) hexafluorophosphate
*Takayoshi Suzuki
Acta Crystallogr., Sect. E      2005年
Syntheses, structural analyses and redox kinetics of four-coordinate [CuL2]2+ and five-coordinate [CuL2(solvent) ]2+ complexes (L = 6,6’-dimethyl-2,2’-bipyridine or 2,9-dimethyl-1,10- phenanthroline): completely gated reduction reaction of [Cu(dmp)2]2+・・・
Sumitaka Itoh, Nobuyuki Kishikawa, *Takayoshi Suzuki, Hideo D. Takagi
Dalton Trans.      2005年
Syntheses, structural analyses and redox kinetics of four-coordinate [CuL2]2+ and five-coordinate [CuL2(solvent) ]2+ complexes (L = 6,6’-dimethyl-2,2’-bipyridine or 2,9-dimethyl-1,10- phenanthroline): completely gated reduction reaction of [Cu(dmp...
Preparation, crystal structures and spectroscopic properties of novel [MIIICl3-n(P)3+n]n+ (M = Co, Rh; n = 0, 1, 2 or 3) series of complexes containing tripodal tridentate phosphine, 1,1,1-tris- (dimethylphosphinomethyl)ethane
*Takayoshi Suzuki, Toshiaki Tsukuda, Masakazu Kiki, Sumio Kaizaki, Kiyoshi Isobe, Hideo D. Takagi, Kazuo Kashiwabara
Inorg. Chim. Acta      2005年
Synthesis, structure and magnetic properties of pyrazolate-bridged dinuclear complexes [{M(NCS)(4-Phpy)}2(μ-bpypz)2] (M = Co2+ and Fe2+)
Ko Yoneda, Keisaku Nakano, Junji Fujioka, Koichi Yamada, *Takayoshi Suzuki, Akira Fuyuhiro, Satoshi Kawata, Sumio Kaizaki
Polyhedron      2005年

講演・口頭発表等

 
多様な配位様式を持つ1,8-ナフチリジンを含む一連のペンタメチルシクロペンタジエニルイリジウム(III)錯体の結晶構造と溶存状態
第55回錯体化学討論会   2005年   
光学活性なβ-ジケトナト (+)-hfbc を含む錯体 Na[Ln((+)-hfbc)4]・CH3CN の溶存状態の構造と性質
第55回錯体化学討論会   2005年   
[Cp*Ir(2-Spy)(N3)] の光反応により Ir-N 結合間に窒素原子が挿入した [Cp*Ir(1-N-2-Spy)] の構造と反応
第55回錯体化学討論会   2005年   
P-Nハイブリット配位子を含む金属錯体の合成、構造および酸化還元挙動
第55回錯体化学討論会   2005年   
3-(2-pyridyl)-5,6-diphenyl-1,2,4-triazineの配位したCu(II)錯体の構造および酸化還元反応
第55回錯体化学討論会   2005年   

所属学協会

 
 

Works

 
新規な遷移金属ニトリド/イミド錯体の合成とその窒素原子転移反応の機構解明
2008年 - 2011年
新規な遷移金属ニトリド/イミド錯体の合成とその窒素原子転移反応の機構解明
2008年 - 2011年
新規な遷移金属ニトリド/イミド錯体の合成とその窒素原子転移反応の機構解明
2008年 - 2011年

競争的資金等の研究課題

 
新規機能性金属錯体の合成
研究期間: 2008年