梅村 雅之

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/17 02:53
 
アバター
研究者氏名
梅村 雅之
eメール
umemuraccs.tsukuba.ac.jp
所属
筑波大学
部署
計算科学研究センター
職名
教授
学位
理学博士(北海道大学), 学士(北海道大学), 理学修士(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1988年4月
 - 
1988年11月
京都大学 基礎物理学研究所 非常勤講師
 
1988年12月
 - 
1993年10月
国立天文台 理論天文学研究系 助手
 
1993年11月
 - 
2002年2月
筑波大学 物理学系(計算物理学研究センター) 助教授
 
2002年3月
 - 
2004年3月
筑波大学 物理学系(計算物理学研究センター) 教授
 
2004年4月
   
 
筑波大学 計算科学研究センター 教授
 

学歴

 
 
 - 
1982年
北海道大学 理学部 物理学科
 
 
 - 
1987年
北海道大学 理学研究科 物理学
 

委員歴

 
1989年
 - 
1992年
日本天文学会  理事
 
1993年
 - 
1995年
理論天文学懇談会  委員長
 

受賞

 
2005年3月
日本天文学会 日本天文学会欧文研究報告論文賞
 
スバル深宇宙領域における赤方偏移6を超える2つのライマンアルファ基線天体の発見
2002年10月
日本情報処理学会 平成14年度日本情報処理学会論文賞 「Heterogeneous Multi-Computer System における重力効果を含む宇宙輻射流体計算」
 

論文

 
Yuma, Suraphong; Ouchi, Masami; Drake, Alyssa B.; Simpson, Chris; Shimasaku, Kazuhiro; Nakajima, Kimihiko; Ono, Yoshiaki; Momose, Rieko; Akiyama, Masayuki; Mori, Masao; Umemura, Masayuki
ASTROPHYSICAL JOURNAL   779(1)    2013年12月   [査読有り]
宇宙の大規模構造 : 銀河分布のバーコレーション解析
船越, 美智世;福江, 純;岡田, 理佳;梅村, 雅之;横尾, 武夫
大阪教育大学紀要. III, 自然科学   40(1) 47-56   1991年9月
宇宙は,銀河がフィラメント状あるいはシート状に集まった超銀河集団と,銀河のほとんど存在しない銀河空洞にわかれている[1]。このような大規模構造は現在までに発見されている宇宙の最上位の階層構造であるが,超銀河集団における銀河のつながりなどについてはまだよくわかっていない部分が多い。本研究では,CfA赤方偏移カタログをもとに,銀河分布に対してパーコレーション解析を試みた。その結果,銀河分布は大局的にはフィラメント状やリング状に結合していることがわかった。また銀河間の平均距離を約3.6Mpcとし...
クェーサーの奥行き分布について
岡本, 千勢;福江, 純;三分一, 清隆;横尾, 武夫;梅村, 雅之
大阪教育大学紀要. III, 自然科学   41(1) 9-24   1992年9月
ここ5年以内に,赤方偏移が4以上のクェーサーが十数個発見された。また最近では,クェーサーのクラスターも指摘され,クェーサーを利用して宇宙の構造を解明できる可能性が出てきた。今回,NASAの天文データセンターが試験的に作成したCD-ROMテストディスクを用いて,ディスク内に格納されている3543個のクェーサーのデータを解析した。まず基礎的な解析として,クェーサーの空間分布について調べたところ,とくにきわだった偏りは見られないようであった。次にクェーサーのハッブル図を描いたところ,個々のクェー...
Cosmological Accretion Disks via External Radiation Drag
Fukue, Jun;Umemura, Masayuki
PASJ : publications of the Astronomical Society of Japan.   46(1) p87-95   1994年2月   [査読有り]
Accretion disks as well as disk accretion driven by external radiation drag are presented under a steady approximation in the cases of the point-mass potential and of the dark-matter potential. We assume thatthe external drag force can be expresse...
Cosmological Spherical Accretion via External Radiation Drag
Umemura, Masayuki;Fukue, Jun
PASJ : publications of the Astronomical Society of Japan.   46(6) p567-574   1994年12月   [査読有り]
The spherically symmetric gas accretion regulated by external radiation drag is investigated under the steady-state approximation. As for the gravitational force, the dark-matter/point mass potentials as well as the self-gravity are considered. Th...

書籍等出版物

 
The Large-Scale Structure in a Neutrino-Dominated Universe
梅村, 雅之
1984年3月   
The Low Temperature Phase Transition of ZrZn2 under High Pressure
梅村, 雅之
1982年3月   
The Formation of Stellar Shells and X-Ray Coronae around Elliptical Galaxies
梅村, 雅之
スーパーコンピューターが解き明かす宇宙の進化
梅村雅之;吉岡諭
恒星社厚生閣   1991年1月   
宇宙論はいま
梅村, 雅之 (担当:分担執筆)
丸善   2003年1月   

講演・口頭発表等

 
Successive merger of multiple massive black holes in a primordial galaxy and its effect on the galactic structure
Tanikawa, Ataru;Umemura, Masayuki
Conference on FIRST STARS IV - From Hayashi to the Future   
Metal enrichment in supernova-dominated high-z galaxies
Mori, Masao;Umemura, Masayuki;Yajima, Hidenobu
International Symposium Deciphering the Ancient Universe with Gamma-Ray Bursts   
Obscuration of AGNs by circumnuclear starbursts
Watabe, Yasuyuki;Umemura, Masayuki
Workshop on Central Engine of Active Galactic Nuclei   
FIRST project: Formation and feedback of the first stars
Umemura, Masayuki;Susa, Hajime;Suwa, Tamon;Sato, Daisuke
International Conference on First Stars III   
Escape Fraction of Ionizing Photons from High-z Proto-Galaxy
Yajima, Hidenobu;Umemura, Masayuki;Mori, Masao;Nakamoto, Taishi
International Conference on Panoramic Views of Galaxy Formation and Evolution