廣江 正明

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/13 21:17
 
アバター
研究者氏名
廣江 正明
 
ヒロエ マサアキ
URL
http://www.kobayasi-riken.or.jp/
所属
(一財) 小林理学研究所
部署
騒音振動研究室
職名
研究員,室長補佐
学位
工学博士(新潟大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1991年
 - 
2002年
 (財)小林理学研究所 研究員
 

学歴

 
 
 - 
1991年
九州芸術工科大学 芸術工学研究科 情報伝達
 
 
 - 
1989年
九州芸術工科大学 芸術工学部 音響設計学科
 

受賞

 
2007年
日本騒音制御工学会 平成19年度守田栄論文賞
 

論文

 
鉄道車体と遮音壁間の多重反射が騒音伝搬に及ぼす影響について(共著)
廣江 正明
騒音制御   41(2) -HM002539   2017年4月   [査読有り]
廣江 正明
Acoustical Science and Technology   38(1) 42-HM002539   2017年1月   [査読有り]
In order to calculate the propagation of sound emitted from a conventional railway behind a reflective barrier, we applied a numerical technique of transforming a solution for a coherent line source to a solution for a point source. This technique...
在来線沿線の高所空間を対象とした風荷重軽減型遮音工の騒音低減効果(共著)
廣江 正明
騒音制御   40(1) 34-HM002539   2016年2月   [査読有り]
廣江 正明
Proceedings of 10th International Workshop on Railway Noise   533-HM002539   2012年   [査読有り]
We applied a numerical technique to transform a two-dimensional (2D) solution to a three-dimensional (3D) solution based on Duhamel’s transformation method using the transient solution obtained by Finite Difference Time Domain (FDTD) simulation to...
差分法を用いた台車騒音に対する防音壁の遮蔽効果の解析
廣江 正明
騒音制御   31(4) 322-HM002539   2007年8月   [査読有り]
新幹線の走行騒音の主要な音源の一つである台車騒音を対象に,逆L型防音壁の遮蔽効果を時間領域有限差分法(FDTDM)を用いて解析した。FDTDMを用いた数値計算では,台車からの音の伝搬を2次元の円筒波として扱った。数値計算結果より,逆L型防音壁の内側を吸音処理することで遮蔽効果が大きく改善すること,1mの反射性直壁で嵩上げする対策よりも逆L型の天板上に0.3m高さの吸音体を付ける対策の方が効果的な改善策であることが分かった。また,数値計算の結果から,エッジ周りの音響エネルギーが逆L型防音壁の...

Misc

 
Numerical analysis on the shielding effects of noise barriers against bogie noise by Finite-Difference Time-Domain method
Masaaki HIROE, Jiro KAKU, Keitaro MORI, Yasumasa TAKAKUWA and Shin-ichiro NOZAWA
Proceedings of Inter-Noise 2007      2007年
Improvement of the prediction model of Shinkansen noise(共著)
Proceeding of Forum Acusticum Sevilla 2002      2002年
High frequency sounds radiated from rails.
Proceeding of 18th ICA 2004      2004年
音響インテンシティ法による新幹線の騒音源の可視化(共著)
騒音制御   22(1) 17-19   1998年
音響インテンシティ法による新幹線騒音の音源分離と予測(共著)
平成9年鉄道連合シンポジウム(J-Rail '97)      1997年
時間領域有限差分法を用いた鉄道騒音の解析
建築音響研究会資料、アコースティック・イメージング研究会資料   AA2004-45, AI2004-2-4    2004年
差分法を用いた台車騒音に対する防音壁の遮蔽効果の解析-縮尺模型実験に よる検証-
騒音・振動研究会資料   N-2004-50    2004年
音響インテンシティによる新幹線音源分離手法の研究(共著)
平成8年鉄道連合シンポジウム(J-Rail '96)   93-96   1996年
鉄道騒音の特性(共著)
騒音制御   19(3) 45(143)   1995年
鉄道騒音に対する防音塀の減音効果について
騒音・振動研究会資料   N-95-12    1995年
地面の影響を考慮に入れた吸音性円筒状エッジをもつ障壁の遮音性能に関する研究
日本音響学会平成2年度秋季研究発表会講演論文集      1990年
表面保護構造が吸音性円筒状エッジをもつ防音塀の遮音性能に及ぼす影響について
日本音響学会平成元年度秋季研究発表会講演論文集      1989年
作業環境での振動に関するアンケート調査
日本音響学会平成4年度秋季研究発表会講演論文集      1992年

講演・口頭発表等

 
駅構内等における高周波音の観測事例 その2-聴感実験と列車内での観測-
廣江 正明
騒音・振動研究会   2017年2月17日   
在来鉄道騒音に対する両側高防音壁の遮蔽効果
廣江 正明
日本騒音制御工学会秋季研究発表会講演論文集   2016年11月19日   
2.5次元数値解析を用いた車両・防音壁間の多重反射の影響評価
廣江 正明
日本音響学会秋季研究発表会講演論文集   2016年9月14日   
A questionnaire survey on health effects of aircraft noise for residents living in the vicinity of Narita International Airport: Part-2 Analysis and result detail
廣江 正明
inter-noise 2016   2016年8月21日   
成田空港周辺住民を対象とした航空機騒音健康影響調査について
廣江 正明
騒音・振動研究会   2016年6月17日   
在来鉄道からの騒音伝搬に対する2.5次元解析の適用
廣江 正明
騒音・振動研究会   2015年11月27日   
成田空港周辺住民に対する航空機騒音健康影響調査の概要
廣江 正明
日本音響学会秋季研究発表会講演論文集   2015年9月16日   
2.5次元差分法解析を用いた在来鉄道騒音の伝搬解析-平地鉄道の適用事例と模型実験による検証-
廣江 正明
日本音響学会秋季研究発表会講演論文集   2015年9月16日   
鉄道からの高周波音の発生状況に関する過年度実態調査
廣江 正明
日本騒音制御工学会春季研究発表会講演論文集   2015年4月21日   
高周波音を含む鉄道騒音-その計測と評価の問題-
廣江 正明
日本音響学会秋季研究発表会講演論文集   2013年9月25日   
高周波音が鉄道騒音の印象に与える影響
廣江 正明
日本騒音制御工学会春季研究発表会講演論文集   2012年4月24日   
鉄道沿線での高周波音の発生状況に関する実態調査-過年度調査事例-
廣江 正明
日本騒音制御工学会春季研究発表会講演論文集   2012年4月24日   
Numerical analysis on the shielding effects of several barriers against bogie noise [招待有り]
廣江 正明
inter-noise 2011   2011年9月4日   
高周波音を含む鉄道騒音の計測-最近の測定事例-
廣江 正明
日本騒音制御工学会秋季研究発表会講演論文集   2010年9月28日   
台車騒音に対する各種防音壁の低減効果-干渉性線音源と非干渉性線音源の低減効果の比較-
廣江 正明
日本騒音制御工学会秋季研究発表会講演論文集   2010年9月28日   
2次元のFDTD法を用いた台車騒音の伝搬シミュレーション― 軌道種類の取扱いと3次元変換の適用事例 ―
廣江 正明
騒音・振動研究会   2010年1月25日   
鉄道から放射される高周波音について(その2)
廣江 正明
日本騒音制御工学会秋季研究発表会講演論文集   2008年9月25日   
Numerical analysis on the shielding effects of noise barriers against bogie noise by Finite-Difference Time-Domain method
Inter-Noise 2007   2007年   

競争的資金等の研究課題

 
音響インテンシティーデータを利用した新幹線騒音の予測手法に関する研究
受託研究
研究期間: 1997年   
鉄道騒音における高周波音の発生メカニズムの解明
研究期間: 2003年   

社会貢献活動

 
騒音制御
【編集】  公益社団法人日本騒音制御工学会  2014年6月1日 - 2018年5月31日
騒音制御
【編集長】  公益社団法人日本騒音制御工学会  2010年6月1日 - 2014年5月31日
騒音制御
【編集】  公益社団法人日本騒音制御工学会  2006年6月1日 - 2010年5月31日