西村 実則

J-GLOBALへ         更新日: 13/10/02 03:03
 
アバター
研究者氏名
西村 実則
 
ニシムラ ミノリ
所属
大正大学
部署
仏教学部 仏教学科
職名
教授
学位
文学士(大正大学), 文学修士(大正大学), 博士(仏教学)(乙59号)(大正大学)

経歴

 
1976年
 - 
1980年
大正大学 綜合仏教研究所 研究員
 
1982年
 - 
1984年
大正大学 綜合仏教研究所 特別研究員
 
1984年
 - 
1999年
大正大学 仏教学部 仏教学科 非常勤講師
 
1999年
 - 
2002年
大正大学 人間学部 仏教学科 特任助教授
 
2002年
 - 
2004年
大正大学 人間学部 仏教学科 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1973年
大正大学 文学研究科 仏教学専攻
 
 
 - 
1976年
大正大学 文学研究科 仏教学専攻
 
 
 - 
1970年
大正大学 仏教学部 仏教学科
 
 
 - 
1982年
西ドイツ・ゲッティンゲン大学 インド学専攻 
 

受賞

 
1984年
研究論文賞(大正大学綜合仏教研究所)
 
2003年
浄土宗学術賞
 

Misc

 
アビダルマにおける不善根
原始仏教で重視された貪瞋癡の三毒は有部に なるとそれに慢疑見を加えた六つが重視され るようになり、三毒の意味が薄れたことを論 ず。              (6頁)
浄土宗教学院   仏教論叢18    1974年11月
Klesaとanusaya
印度学仏教学研究23-1      1974年12月
倶舎論における愛(1)-trsnaについて-
浄土宗教学院仏教論叢19      1975年10月
倶舎論随眠品品名釈
印度学仏教学研究24-1      1975年12月
「法の思択」について
印度学仏教学研究25-2      1977年3月

書籍等出版物

 
東洋仏教人名辞典
新人物往来社   1988年2月   
仏教漢梵大辞典
霊友会   1997年1月   
アビダルマ教学 -倶舎論の煩悩論-
法蔵館   2002年3月   
『荻原雲来と渡辺海旭―ドイツ・インド学と近代日本』
大法輪閣   2012年4月   
『修行僧の持ち物の歴史』
山喜房   2012年12月   

Works

 
「浄飯王のその後」(大本山増上寺『三縁』5月号)
1950年5月
書評『仏教思想Ⅰ・愛』(大正大学仏教学研究会第1号)
1976年4月
論文『婆沙論』結蘊について(仏教論叢 41号)
1989年1月
ゲッテインゲン大学ハインツ・ベッヘルト教授(綜合仏教研究所通信3)
1991年3月
荻原雲来文庫(大正大学所蔵資料図録-仏教篇-)
2003年9月