愛甲 哲也

J-GLOBALへ         更新日: 16/06/28 16:58
 
アバター
研究者氏名
愛甲 哲也
 
アイコウ テツヤ
eメール
tetsures.agr.hokudai.ac.jp
URL
http://www.agr.hokudai.ac.jp/hsla/aikoh/
所属
北海道大学
部署
大学院農学研究院 生物資源生産学部門 園芸緑地学分野
職名
助教授・准教授
学位
博士(農学)(北海道大学), 修士(環境科学)(北海道大学)

プロフィール

鹿児島県出身。専門:造園学、特に公園の計画・管理。自然保護地域におけるレクリエーション利用のモニタリングとその管理、地域や市民との協働による自然公園、都市公園の管理のあり方について研究。また、市民団体「山のトイレを考える会」事務局長として、ローインパクトな登山の普及にも取り組む。

研究分野

 
 

経歴

 
2008年4月
 - 
現在
北海道大学大学院農学研究院 准教授
 
1993年
 - 
2006年
 北海道大学大学院農学研究科 助手
 
2006年
   
 
- 北海道大学大学院農学研究院 助手
 

学歴

 
 
 - 
1992年
北海道大学 環境科学研究科 環境保全専攻
 
 
 - 
1993年
北海道大学 環境科学研究科 環境保全学専攻
 
 
 - 
1990年
北海道大学 農学部 農学科
 

委員歴

 
1996年
 - 
2010年
日本造園学会  北海道支部常任幹事
 
1996年
 - 
2003年
日本造園学会  事務局
 
2011年
   
 
日本造園学会  北海道支部幹事
 
2002年
 - 
2004年
北海道都市地域学会  事務局
 
2002年
   
 
北海道都市地域学会  理事
 

受賞

 
2014年5月
日本造園学会 田村剛賞 自然公園における社会的収容力と適正利用に関する研究
 

論文

 
柘植 隆宏, 庄子 康, 愛甲 哲也, 栗山 浩一, Takahiro Tsuge, Yasushi Shoji, Tetsuya Aikoh, Koichi Kuriyama
甲南経済学論集 = Konan economic papers   56(3) 59-78   2016年3月
御手洗 洋蔵, 愛甲 哲也, 小池 安比古
ランドスケープ研究(オンライン論文集)   9(0) 33-38   2016年
Nowadays, there are a number of citizens engaged in the community greenings by various kinds of flowers on an individual basis as well as on a group basis. In the case of Sapporo city, the municipal government supports both individuals and groups....
愛甲 哲也, 五木田 玲子
ランドスケープ研究(オンライン論文集)   9(0) 1-6   2016年
Visitor monitoring is the essential management effort to make planning and management reasonable in national parks. Exact visitor statistics make managers possible to evaluate effectiveness of current management practices and facilities, and to pr...
Masashi Soga, Masashi Soga, Yuichi Yamaura, Yuichi Yamaura, Tetsuya Aikoh, Yasushi Shoji, Takahiro Kubo, Takahiro Kubo, Kevin J. Gaston
Landscape and Urban Planning   143 69-75   2015年11月
© 2015 Elsevier B.V..Halting the 'extinction of experience', the progressive disengagement of people with the natural world, is vital to human health and wellbeing and to public support for global biological conservation. Home to the majority of h...
五木田 玲子, 愛甲 哲也
ランドスケープ研究   78(5) 533-538   2015年
The principal role of National Parks are providing unusual scenery and recreation opportunity and conserving biodiversity. Promoting utilization of them also contributes to visitors' health and culture of our society. Visiting parks might make a l...
敷田 麻美, 愛甲 哲也, 梅本 勝博
日本観光研究学会全国大会学術論文集 = Proceedings of JITR annual conference   29 169-172   2014年12月
御手洗 洋蔵, 愛甲 哲也, 小池 安比古
ランドスケープ研究(オンライン論文集)   7(0) 41-47   2014年
Citizens living in urban areas are increasingly interested in participating in their community activities. As a part of their community activities, there are a lot of citizen groups engaged in horticultural volunteer activities in their neighborho...
Harald Schaller, Haukur Ingi Jónasson, Tetsuya Aikoh
Tourismos   8 21-38   2013年1月
© University of the Aegean.For many protected areas, the inclusion of interested parties in decision-making processes has become both more important and common. The range of interests can lead to a variety of conflicts. Given the diversity of stak...
札幌市で展開される園芸ボランティア活動における市民グループの類型化とその特徴
御手洗洋蔵・愛甲哲也・小池安比古
ランドスケープ研究   76(5) 743-748   2013年   [査読有り]
大雪山国立公園トムラウシ山における登山者のルート選択要因
愛甲哲也、川口恵典
ランドスケープ研究   76(5) 703-706   2013年   [査読有り]
愛甲哲也, 富所康子
ランドスケープ研究(オンライン論文集)(Web)   5 96-103 (J-STAGE)   2012年
寺崎 竜雄, 愛甲 哲也, 武 正憲, 中島 泰, 外山 昌樹
林業経済研究   57(3) 12-21   2011年11月
沖縄県慶佐次川におけるガイド付きのカヌーツアーを対象として,利用体験をもとにした混雑感評価とモンタージュ写真を用いた混雑感評価を行った。カヌーツアーの実態調査の結果,利用密度と利用者が感じた混雑感には相関があり,混雑感とカヌー体験の満足度にも相関があったことから,カヌーツアーの管理方針を検討する上でカヌー利用者の混雑感を検討素材とすることは有効であることが明らかになった。また,カヌー利用者,カヌーガイドや沖縄県内の観光関係者などに対して,モンタージュ写真による混雑感評価調査を行い,これをも...
山本 清龍, 柘植 隆宏, 庄子 康, 柴崎 茂光, 愛甲 哲也, 八巻 一成
林業経済研究   57(3) 22-30   2011年11月
本研究は,山梨県と静岡県の二県にまたがる富士山をとりあげて,平成20(2008)年までの20年間の山岳遭難事故を整理,分析し,とくに主要な4つの登山ルートごとにその特性を明らかにすることを目的とした。また,吉田ルートをケーススタディとして取り上げて,安全な登山を推進するための取り組み,連携体制について把握,整理し,管理計画の観点から考察した。調査方法は山梨県警察と静岡県警察が収集した山岳遭難事故に関する資料の分析と関係者へのヒアリングである。その結果,富士山全体としては7,8合目に事故が多...
Masumi Yamagishi, Eri Yoshida, Tetsuya Aikoh, Tetsuya Kondo, Hideki Takahashi
Landscape and Ecological Engineering   6 155-159   2010年1月
Many tiny yellow poppies are grown in the town area of Rishiri Island, Japan. Because the phenotype of this cultivated poppy is similar to that of Papaver fauriei, which is endemic to Mt. Rishiri, Rishiri Island, residents on the island call the c...
愛甲 哲也, 富所 康子
ランドスケープ研究   73(5) 505-508   2010年
積雪寒冷地における規模と周辺環境の異なる街区公園の周辺住民の利用実態と意識について
都市学研究   46 11-18   2009年
冬季の公園における雪上活動の呼吸循環応答
北海道の雪氷   28 65-68   2009年
庄子 康, 八巻 一成, 愛甲 哲也
日本地域政策研究   0(6) 97-104   2008年3月
Monitoring trampling impacts from the disposal of human waste at campsites
Visitor Management in Nature-based Tourism. Series of the Institute for Landscape and Open Space, HSR University of Applied Science Rapperswil   2 17-24   2008年
愛甲哲也, 崎山愛子, 庄子康
ランドスケープ研究   71(5) 727-730   2008年
愛甲 哲也, 淺川 昭一郎
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   70(5) 515-518   2007年3月
Recreational use of dog walkers in urban open space is one of the concerned issues by managers. There are complains from other visitors, such as unpicked feces, unleashed dogs, or threatening children. In this study, three different types of urban...
愛甲 哲也, 小林 昭裕, 庄子 康, 八巻 一成
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   69(5) 645-650   2006年3月
Trail degradations have been found in popular mountainous natural parks in Japan. For maintenance of trails, managers should pay attention to the attitudes of hikers and stakeholders, and they should get the consensus for the ideal maintenance met...
緑地環境に着目した北海道大学とマサチューセッツ大学のキャンパス比較
都市学研究   43 31-36   2006年
愛甲 哲也, 小池 友里子, 松島 肇
環境情報科学. 別冊, 環境情報科学論文集 = Environmental information science. Extra, Papers on environmental information science   0(19) 25-30   2005年11月
自然公園において,水域におけるプレジャーボートの利用が増加し,その影響が問題視されるようになってきた。そこで本研究では,早くから問題が発生し,関係機関などにより対策が行われてきた中禅寺湖,琵琶湖,洞爺湖,屈斜路湖の事例調査から,乗入れ規制地区,条例,自粛ルール等の特徴を整理し,今後の水域における利用調整の課題を検討した。その結果,地域の関係機関や団体の連携が不可欠で,対策の検討時から地元や利用者の意見を収集する仕組みが必要なことが示された。In some natural parks, th...
松島 肇, 愛甲 哲也
環境情報科学. 別冊, 環境情報科学論文集 = Environmental information science. Extra, Papers on environmental information science   0(19) 95-100   2005年11月
TSENG Shuowen, 浅川昭一郎, 愛甲哲也
都市学研究   42 17-24   2005年8月
愛甲 哲也, 乗富 剛毅
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   68(5) 743-746   2005年3月
Trail degradations have been found in most mountainous natural parks in Japan. For maintenance of trails, managers should pay attention to the attitudes of visitors and stakeholders, and they should get the consensus for the ideal maintenance meth...
曾 碩文, 浅川 昭一郎, 愛甲 哲也
都市学研究   17-24   2005年
Assenna Todorova, Shoichiro Asakawa, Tetsuya Aikoh
Landscape and Urban Planning   69 403-416   2004年10月
The benefits of street vegetation, in particular the importance of trees, for urban dwellers have been given wide attention. There is, however, a lack of research on flowers as an element of street vegetation. This paper explores preferences for v...
トドロバ アセンナ, 浅川 昭一郎, 愛甲 哲也
環境情報科学   32(5) 111-118   2004年3月
The motivation, problems and opinions of residents involved in street flower-planting in Sapporo
Journal of Environmental Information Science   32(5) 111-118   2004年
Preference for and attitudes towards street flowers and trees in Sapporo, Japan
Landscape and Urban Planning   69 403-416   2004年
山岳性自然公園における利用者の混雑感評価と収容力に関する研究
北海道大学大学院農学研究科邦文紀要   25(1) 61-114   2003年
松島 肇, 浅川 昭一郎, 愛甲 哲也
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   65(5) 633-636   2002年3月
北海道の沿岸域を9つの海域に区分し,各海域毎に景観資源(自然海岸,半自然海岸,人工海岸)の分布状況および土地利用状況を比較検討した。その結果,景観資源,とりわけ自然海岸の保全が土地利用状況に大きく影響されていることを明らかにした。また,沿岸域において自然公園区域に含まれている自然海岸と含まれていない自然海岸の経年変化を比較し,その変化の様相を指標として自然海岸の保全にかかる自然公園行政の果たした役割について評価するとともに,今後における自然海岸保全の鍵となる砂・礫浜の重要性を指摘した。
中根 和之, 愛甲 哲也, 浅川 昭一郎
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   65(5) 653-658   2002年3月
今日多くの山岳自然公園では,登山利用に伴う自然環境,及び利用者への影響が問題となり対策が求められている。各地から登山者による管理活動が報告されているが,その内容や組織体制,活動に伴う課題は明らかでない。本研究では北海道の山岳会を対象に郵送でアンケート調査を行い,その結果,登山道や山小屋等施設の清掃や修復,監視,技術指導,登山会の開催等の活動が明らかになった。また,山岳会,地区連盟,ボランティア団体が,山岳地管理の組織化と対外的な応対を行っていた事例がみられた。一方,参加者不足,活動の負担,...
愛甲 哲也, 鄭 佳昇, 浅川 昭一郎
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   65(5) 669-672   2002年3月
利用者の心理的側面から自然公園の収容力を設定するため,混雑感や許容限界の把握手法が検討されてきた。しかし,許容限界を数値で指摘させる手法では,利用密度の高い区域での指摘率の低さなどの問題点も指摘されている。本研究では,大雪山国立公園姿見地区の利用者を対象に,利用状況の異なる場面を想定した写真により,混雑感と許容限界を把握し,その特性について検討した。許容限界の指摘率は数値で指摘させた過去の事例に比べ高く,利用状況を想定しやすく,回答しやすかったと考えられた。しかし,写真中の利用者数と混雑感...
TODOROVA Assenna, 浅川 昭一郎, 愛甲 哲也
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   65(5) 717-722   2002年3月
本研究では街路の花に対する住民の意識と態度の解明を目的として,実際に街路に花が植栽されている事例地域でのアンケート調査を行った。その結果,「花が街路を美しくする」「自然さを与えてくれる」と考えている住民が多いことが明らかになった。また,因子分析より4つの因子の存在が確認され,第1因子として「管理の困難性」,第2因子として「地域社会の交流と環境性」,第3因子として「美しさと自然性」,第4因子として「プライバシー」の各因子が得られた。またクラスター分析の結果,回答者を街路の花に対する意識で,消...
Attitudes towards Street Flowers in Sapporo City
Journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   65(5) 717-722   2002年
愛甲 哲也, 小林 昭裕
環境情報科学. 別冊, 環境情報科学論文集 = Environmental information science. Extra, Papers on environmental information science   15(0) 237-242   2001年11月
小林昭裕, 愛甲哲也
ランドスケープ研究   64(5) 723-728   2001年3月
小林 昭裕, 愛甲 哲也
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   64(5) 723-728   2001年3月
人込み規制として車両規制されている知床カムイワッカを対象に,実際の遭遇人数や利用動態を把握する手法上の課題を整理するとともに,混雑感や利用者相互の遭遇に対する許容限界,混雑に対する利用者の対処について検討した。混雑感は遭遇人数に左右されたが,期待や利用状況への不快感や車両規制への評価の影響が強かった。混雑に不快感を覚える許容限界への回答率は低く,許容限界の人数は,遭遇人数や混雑感と関連しなかった。混雑への対処として,雑踏を不快に感じる傾向の強い利用者では,これを回避する意識や行動の変化が確...
曾 碩文, 浅川 昭一郎, 愛甲 哲也
都市学研究   11-18   2001年
松島 肇, 愛甲 哲也, 近藤 哲也, 浅川 昭一郎
環境情報科学. 別冊, 環境情報科学論文集 = Environmental information science. Extra, Papers on environmental information science   14(0) 295-300   2000年11月
愛甲 哲也, 浅川 昭一郎
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   63(5) 619-624   2000年3月
大雪山国立公園の登山者を対象に,登山道や野営地で出会う登山者数と悪いマナーを見る回数の許容限界および,コーピング行動の可能性と実態を調査し,その相互の関連について検討した。その結果,許容限界の回答率は利用密度の高い区域で低く,高齢の日帰り登山者で混雑に関するインパクトの認識が低い登山者ほど,許容限界を有していなかった。現状で他の登山者の多さからコーピング行動を行っている登山者が存在しており,登山経験が多く,北海道に居住し,インパクトの認識が高く,許容限界を有している登山者で,コーピング行動...
川根 あづさ, 愛甲 哲也, 浅川 昭一郎
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   63(5) 695-700   2000年3月
都市域での住宅の庭は住環境・地区環境の良否に関わり,生態的な役割や街並み景観への寄与,コミュニティ形成の媒体としての働きも期待される。本研究では、花づくりが盛んな地域の戸建て住宅地を対象に,住民の庭つくりに対する意識や取り組み,前庭の花づくりの状況を調査し,住民間の相違を探った。その結果,庭づくりの動機としては植物との精神的な関わりが強く,今後望むこととして庭や植物に対する知識があげられた。庭づくりの動機をもとに分類した集団間で自宅の庭のはたらきの認識や庭づくりの際の留意点などに相違がみら...
内海 志泉, 浅川 昭一郎, 愛甲 哲也
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   63(5) 783-788   2000年3月
北海道美瑛町の農村地域の観光ルートを対象に,VTR画像を用いた評価実験を行い,景観の好ましさと景観構成要素との関連及び好ましく感じられるシークエンス景観を探った。その結果,個人属性等によるVTRの評価の違いは少なかった。動画印象の得点を高くするのは,近景の耕地,空,山並みであった。VTRの各静止画像はそれぞれ4つのグループに分けられ,路傍の植生,道路の形状,地形によりもたらされる開放性や眺望性のある景観が農村のシークエンス景観の好ましさに関与していた。
松島 肇, 浅川 昭一郎, 愛甲 哲也
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   63(5) 789-794   2000年3月
本研究では,北海道石狩浜の利用者を対象として,利用者の海岸景観や環境に対する意識を把握することを目的とした。利用地区により環境条件が異なるため利用目的も異なり,海岸の景観や石狩浜の現状に対する認識に差が見られた。多くの利用者はレクリエーション利用が海岸の環境に与える影響について認識しており,その結果として生じる人為的な影響を受けた景観は好ましくないと考えていたが,利用目的に応じてその程度は異なっていた。一方,好ましいと評価された景観は利用目的による相違は少なかった。
北岡 真吾, 浅川 昭一郎, 愛甲 哲也
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   62(5) 647-652   1999年3月
河川景観の特徴は視点や視線方向によって異なる。本研究は,河川景観の評価における視線方向の影響を把握し,レパートリー・グリッド法によって視線方向による評価構造の相違を明らかにすることを目的とした。多次元尺度法による分析の結果,いずれの視線方向においても背景の都市化状況が評価を左右する軸として解釈され印象の由来と対応していた。一方,流軸景では河岸植生,斜流軸景では高水敷の整備の度合い,対岸景では護岸の状況とそれぞれの視線方向によって頻度の高かった印象の由来に差がみられ,多次元尺度法やクラスター...
愛甲 哲也, 留目 未沙子, 浅川 昭一郎
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   62(5) 703-708   1999年3月
山岳性自然公園では,利用に伴う様々なインパクトが指摘され,その管理には登山者の認識の理解が不可欠である。本研究では,大雪山国立公園の登山者を対象に,インパクトに対する登山者の認識排泄行為の実態と今後の屎尿処理のあり方に対する態度を調査した。その結果,屎尿処理に関して不快感と対策の必要性がともに高く認識され,インパクトの認識が高い回答者ほど登山経験が多く,長期の縦走をしていた。山中での排泄行為と今後の屎尿処理に対する態度は性別や登山形態,インパクトの認識により異なり,女性または登山経験が多く...
佐々木 貴弘, 浅川 昭一郎, 愛甲 哲也
都市学研究   31-38   1999年
松島 肇, 浅川 昭一郎, 愛甲 哲也
環境情報科学. 別冊, 環境情報科学論文集 = Environmental information science. Extra, Papers on environmental information science   12(0) 197-202   1998年11月
愛甲 哲也, 浅川 昭一郎
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   61(5) 627-630   1998年3月
キャンプ場は,山岳地のなかでも一時的に利用か集中する場所である。植生の損失や利用体験への影響が懸念されており,適正な収容力および規模の設定が必要である。本研究では,大雪山国立公園のヒサゴ沼において,テントの設置位置と利用者の混雑感およびキャンプ利用において不快に感じた要因を調査した。その結果,利用の増加に応じて,テントの占有面積と間距が減少し,利用者の知覚したテント数と人数,混雑感,不快に感じた要因が増加した。実際の利用テント数および人数か,利用者の不快に感じる限界を超えた場合に,混雑態と...
愛甲 哲也, 中島 康子, 浅川 昭一郎
環境情報科学. 別冊, 環境情報科学論文集 = Environmental information science. Extra, Papers on environmental information science   11(0) 201-206   1997年10月
浅川 昭一郎, 愛甲 哲也, 金 松夏
都市学研究   1-7   1997年
愛甲 哲也, 兵藤 斉, 浅川 昭一郎
都市学研究   59-65   1997年
愛甲 哲也, 浅川 昭一郎
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   59(5) 169-172   1996年3月
自然公園等における利用者の行動や混雑度等に関する情報は,その管理および計画に欠かせない。本研究では,大雪山国立公園の自然探勝路を事例として,利用グループの行動を確率的に割り当てるシミュレーションモデルを応用し,モデルの適合性の検討と混雑度の解析を行った。実際の利用状況との適合性が示されたモデルから,利用の多い歩道区間と展望台では,他のグループと出会う頻度,視覚的な干渉を受ける頻度がより多く,入り込み数の増加により,歩道区間での混雑度が急激に高まることが示された。
浅川 昭一郎, 愛甲 哲也
環境情報科学. 別冊, 環境情報科学論文集 = Environmental information science. Extra, Papers on environmental information science   9(0) 127-132   1995年11月
愛甲 哲也, 中島 康子, 浅川 昭一郎
環境情報科学. 別冊, 環境情報科学論文集 = Environmental information science. Extra, Papers on environmental information science   9(0) 63-68   1995年11月
小林 昭裕, 愛甲 哲也
ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌 : journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture   58(5) 213-216   1995年3月
大雪山国立公園の登山者を対象に,来訪動機や,登山行程に含まれる区域に対する期待と,登山経路の選択との関連性を検討した。その結果,来訪動機に示される欲求の種類によっては,登山経路の選択に影響した。類似した登山経路では,登山者が抱く欲求と期待の内容が対応した。各区域に対する期待は,登山経路が違う登山者間で異なった。また,類似した登山経路を選択した登山者においても,登山行程に含まれる区域毎の期待が異なった。自然性が高く利用者が少ないと想定される区域に,欲求の充足を期待する傾向が強かった。登山者は...
愛甲 哲也, 浅川 昭一郎, 小林 昭裕
造園雑誌   57(5) 319-324   1994年3月
自然公園における適正収容力の把握には,混雑を感じ評価するプロセスの把握が重要である。混雑感評価には様々な要因が関与していることが知られている。本研究では,大雪山国立公園のキャンプ場を事例とし,利用者が好ましいと思う利用人数が混雑感評価に与える影響,および利用者が不快と感じ始める限界の利用人数について検討した。その結果,利用人数が多い場合,人数は実際より少なく知覚された。また,利用者に知覚された人数が好ましいと思う人数を上回るほど、混雑感は増すことが判明した。知覚した利用人数の値が,好ましい...
小林 昭裕, 愛甲 哲也
造園雑誌   57(5) 313-318   1994年3月
大雪山国立公園を事例として,自然公園での利用インパクトに対する許容限界として示される利用者個々人の規範に基づく,判断指標について検討した。被験者である登山者に,出会う人数(一日に出会う登山者数,キャンプ場の利用人数),悪いマナーを見る回数(一日に見る回数キャンプ場や小屋で見る回数)に対する許容限界を求めた結果,利用密度の高い区域での許容限界値は,利用密度の低い区域に比較し,回答率が低い上,値が大きく,個々人のばらつきが大きかった。悪いマナーに対する許容限界値は,出会う人数の許容限界値に比較...
愛甲 哲也, 小林 昭裕
造園雑誌   56(5) 169-174   1993年3月
自然公園における収容力を考える際,利用者の混雑感を把握することが重要である。本研究では,大雪山国立公園のキャンプ場を事例とし,自然公園のキャンプ場利用者の混雑感に関わる要囚を検討するため,混雑に対する個々人の規範が混雑感の評価に与える影響,および混雑感と満足度との関連性を分析した。その結果,動機やキャンプ場の混報ぐあいに対する予想や重要性などの個々人の規範が,キャンプ場の混雑感の詐価に相違をもたらす事が判明した。また,混雑に対する個々人の規範,混雑感の評価それぞれに関わる動機や登山経験全体...
愛甲 哲也, 浅川 昭一郎, 小林 昭裕
造園雑誌   55(5) 223-228   1992年3月
自然公園の適正な利用密度を考える際,利用者の混雑感の特性をとらえることは重要である。本研究では,自然の中で低密度な利用が望まれる国立公園での登山利用者の利用密度に対する反応(混雑感)の特性を明らかにするため,大雪山国立公園内の登山道を事例にし,その利用状況と利用者の混雑感との関連を分析した。その結果,混雑感は,利用区間の滞留人数や他パーティとの交差数などの実測値よりも,利用者が知覚した出会った人数とより強い関連をもつことが判明した。また,混雑感は,実際の利用状況や知覚した人数だけでなく,利...

Misc

 
愛甲 哲也
観光文化 = Tourism culture : 機関誌   38(2) 25-28   2014年4月
青木 陽二, 小林 昭裕, 愛甲 哲也
ランドスケープ研究   71(4) 389-394   2008年2月
「北海道における海岸景観の形態とその評価-胆振海岸を中心にして-」
『河川環境総合研究所報告』   3 175-184   1997年
日本とオーストリアにおける戸外活動の比較調査の経緯と実施
環境情報科学   36(4) 88-89   2008年

書籍等出版物

 
久保雄広, 寺崎竜雄, 柘植隆宏, 岡野隆宏 (担当:共編者)
築地書館   2016年7月   ISBN:4806715166
山のデータブック第1集
NPO法人山のECHO   2006年   
北のランドスケープ
環境コミュニケーションズ   2007年   
登山道の保全と管理
古今書院   2008年   
小林 昭裕, 愛甲 哲也, 加藤 峰夫, 中島 尚子, 青木 宏一郎, 青木 陽二, 小口 傑, 枚田 邦宏, 山口 和男, 庄子 康, 八巻 一成, 松島 肇(景観生態学), 麻生 恵, 一場 博幸, 下嶋 聖, 橋爪 智也
古今書院   2008年   ISBN:9784772241038

講演・口頭発表等

 
中島夕里, 山浦悠一, 赤坂卓美, 愛甲哲也, 三島啓雄, 森本淳子, 中村太士
日本生態学会大会講演要旨集   2013年3月5日   
蜂谷菜保子, 愛甲哲也, 庄子康, 西成活裕, 佐竹暁子
日本生態学会大会講演要旨集   2011年3月8日   
熊谷怜奈, 愛甲哲也
日本森林学会大会学術講演集(CD−ROM)   2010年4月2日   
蜂谷菜保子, 庄子康, 愛甲哲也, 西成活裕, 佐竹暁子
日本生態学会大会講演要旨集   2010年3月15日   
The frequency of scraping trees by kayaking in mangrove estuary in Okinawa, Japan
Book of Abstracts The Fifth International Conference on Monitoring and Management of Visitor Flows in Recreational and Protected Areas   2010年   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
学会報告
2010年
第2回地域指定制自然公園の有効性・課題検証国内専門家会合、報告「大雪山国立公園における登山道管理水準と維持管理体制の現状と課題」
2011年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 愛甲 哲也
持続的地域社会構築の核としての自然保護地域の評価・計画・管理・合意形成手法の開発
環境省: 環境研究総合推進費
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 土屋 俊幸
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 山本 清龍
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 柴崎 茂光
本年度は,2011年7月に東京で、2011年8月に屋久島での全体会合を開催し、問題点の抽出および課題の整理を行なった。議論の中で、会合や現地調査でのやり取りを経て、利用者の分析に関しては、単なる利用状況の調査だけでなく、山岳地域の管理・印象に対する意識をふくめた意向調査を実施する必要性があげられた。そこで、利用者の動向については、2011年11月および2012年2月に宮之浦港・安房港・屋久島空港において対面式のアンケート調査および郵送方式の意向調査を併用する形でのアンケート調査を実施した。...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 愛甲 哲也
国立公園の管理・計画に、リスクマネージメントの概念を組み込んだ新たなフレームワークを提示することを目的とする本研究では、2年目にあたる今年度に以下の調査研究を実施した。まず、昨年度に実施した全国の国立公園の自然保護官の調査および国立公園の利用者を対象にした意識調査の結果を詳細に分析し、その成果を、国際学会および国内学会において発表した。さらに、調査対象地を広げ、明確なリスクは存在しないが自然歩道に多くのハイカーが訪れる利尻礼文国立公園礼文島、ヒグマと利用者の軋轢が問題視され自然公園制度の利...