奥野 浩子

J-GLOBALへ         更新日: 14/04/25 11:18
 
アバター
研究者氏名
奥野 浩子
 
オクノ コウコ
所属
弘前大学
部署
人文学部 情報行動講座
職名
教授
学位
文学修士(t東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1978年
 - 
1981年
東北大学 助手
 
1981年
 - 
1982年
弘前学院大学 非常勤講師
 
1982年
 - 
1988年
弘前学院大学 講師
 
1988年
 - 
1993年
弘前学院大学 助教授
 
1993年
 - 
1998年
弘前大学 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1978年
東北大学 文学研究科 英語学
 
 
 - 
1976年
津田塾大学 学芸学部 英文学科
 

Misc

 
結果構文と非下位範疇化名詞句
奥野 浩子
人文社会論叢   (25) 13-21   2011年2月
「日本語と英語と韓国語」と「韓国語と英語と日本語」-日本人大学生と韓国人大学生の外国語学習ー
人文社会論叢(人文科学篇)   (17) 57-66   2007年
結果構文に対する「被動者制約」と構文融合
人文社会論叢(人文科学篇)   第9号、159-170    2003年
To death has been annoying me to death --to deathは結果句か強意句か
英語青年   第148巻第2号、122-123    2002年
複数性と解釈
弘前学院大学・短期大学紀要   (28) 79-85   1992年

競争的資金等の研究課題

 
青森県の小学校に二つの外国語を導入するための予備的調査研究
科学研究費
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 奥野 浩子
外国に在住する子女の、現地語と英語という二つの外国語学習の実態と問題点