村本 光二

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/04 16:44
 
アバター
研究者氏名
村本 光二
 
ムラモト コウジ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/7698c11d9263b515e676d91d70b8f41f.html
学位
博士(農学)(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
東北大学 大学院生命科学研究科 分子生命科学専攻 生命有機情報科学講座 生命素子機能分野 教授
 
2001年
 - 
2017年
東北大学大学院生命科学研究科 教授
 
1999年
 - 
2001年
東北大学大学院農学研究科 教授
 
1995年
 - 
1999年
東北大学農学部 教授
 
1992年
 - 
1995年
東北大学農学部 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1979年
東北大学 農学研究科 食糧化学
 
 
 - 
1974年
東北大学 農学部 食糧化学
 

委員歴

 
2014年
   
 
- タカノ農芸化学研究助成財団 選考委員
 
2014年
   
 
- 不二たん白質研究振興財団 理事
 
2016年
 - 
2017年
日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員・書面評価委員
 
2013年
 - 
2015年
日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員
 
2001年
 - 
2014年
不二たん白質研究振興財団 選考委員,選考委員長
 

受賞

 
1985年
日本分析化学会奨励賞
 
1999年
日本水産学会進歩賞
 
1987年
第3回二宮善基記念賞
 

Misc

 
動物レクチン
村本光二,小川智久,神谷久男
海洋生物成分の利用―マリンバイオのフロンティア シーエムシー出版   276-289   2005年
Isolation and characterization of rhamnose-binding lectins from eggs of steelhead trout homologons to lowdeusity lipoprotein receptor superfamily
H. Tateno, A. Saneyoshi, T. Ogawa, K. Muramoto, H. Kamiya, M. saneyoshi
J. Biol. Chem.   273 19190   1998年
Characterization of the yam tuber storage proteins from Dioscorea batatas exhibiting unique lectin activities.
M. Gaidamashvili, Y. Ohizumi, S. Iijima, T. Takayama, T. Ogawa, and K. Muramoto
J. Biol. Chem.   279 26028-26035   2004年
Strong induction of apoptosis of T cell lines by conger eel galectins.
T. Ogawa, S. Yonemaru, T. Naganuma, J. Hirabayashi, K. Kasai, K. Muramoto
Proceedings of the ISBC 2003 Maruzen Co.   134-137   2003年
海洋動物レクチンの構造と機能の多様性
村本光二,舘野浩章,小川智久,神谷久男
化学と生物   41 379-388   2003年

書籍等出版物

 
Antitumor potential and other emerging medicinal properties of natural compounds
Springer   2013年   ISBN:978-94-007-6213-8
大豆の機能と科学
朝倉書店   2012年   
生物化学実験法 52 レクチン研究法
学会出版センター   2007年   

講演・口頭発表等

 
Modulating effects of food lectins on the intestinal functions.
2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies   2010年   
Preparation and characterization of rice bran proteins as functional materials
Korean Society of Food Science and Technology, 77th Annual Meeting and International Symposium   2010年   
Purification and partial characterization of cathepsin D from ostrich muscle and its activity in the terderisation of meat
Sixth general Meeting of the International Proteolysis Society   2009年   
Purification and characterization of serine proteinase inhibitors from seeds from South African indigenous plants
Sixth General Meeting of the International Proteolysis Society   2009年   
Development of functional materials from protein resources
宮城大学・ロイヤルメルボルン工科大学第1回ジョイント・シンポジウム   2009年   

Works

 
食品の安全性及び機能性に関する総合研究
2004年 - 2006年
食品の安全性及び機能性に関する総合研究
2000年 - 2006年
乳タンパク質ならびに大豆タンパク質における特異的分解条件の検討
2002年 - 2005年
レクチンの生理活性評価
2006年
ラムノール結合特異性レクチンの感染症防止効果に関する研究
2005年

競争的資金等の研究課題

 
タンパク質の構造と機能の相関
科学研究費補助金
研究期間: 1982年 - 1982年
タンパク質資源の有効利用
研究期間: 1992年 - 1992年
レクチンの構造と機能
科学研究費補助金
研究期間: 1982年 - 1982年

特許

 
カルシウム結晶化阻害剤
特開2011-042636
マベガイの良質真珠層形成に有用な,蛋白質,遺伝子,プラスミド,組換えベクター,形質転換体,プライマー,並びにマベガイの選別方法
2006-314258
ヘビ毒筋壊死因子阻害剤
特開2006-290851
過剰蛍光試薬のクエンチング方法
特許第2725731