深見 希代子

J-GLOBALへ         更新日: 13/09/27 16:33
 
アバター
研究者氏名
深見 希代子
 
フカミ キヨコ
URL
http://www.ls.toyaku.ac.jp/~genome/Site/Top.html
所属
東京薬科大学
部署
生命科学部 分子生命科学科 ゲノム病態医科学研究室
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
1978年
 - 
1982年
 慶応大学医学部薬局試験研究室
 
1985年
 - 
1992年
 東京都老人総合研究所薬理(現生体情報)研究室 助手
 
1992年
 - 
1999年
 東京大学医科学研究所腫瘍分子医学 助手
 
1999年
 - 
2002年
 東京大学医科学研究所 講師
 
2002年
 - 
2003年
 東京大学医科学研究所 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1978年
岐阜薬科大学 薬学部 製造薬学
 

委員歴

 
2011年
 - 
現在
日本生化学会  常務理事
 
2003年
 - 
2005年
日本生化学会  理事
 
2004年
 - 
現在
日本脂質生化学会  幹事
 

受賞

 
1995年
日本癌学会奨励賞
 
2003年
猿橋賞
 
2006年
持田医学薬学振興財団学術賞
 

Misc

 
Epidermal phospholipase C δ1 regulates granulocyte counts and systemic interleukin-17 levels in mice
FUKAMI Kiyoko et al.
Nature Communications   3 963   2012年   [査読有り]
Genetic defect in phospholipase Cδ1 protects mice from obesity by regulating thermogenesis and adipogenesis
FUKAMI Kiyoko et al.
Diabetes   60 1926   2011年
Phosphoinositide 3-kinase signaling mediated by p110α regulates invadopodia formation
FUKAMI Kiyoko et al.
J. Cell Biol.   193 1275   2011年   [査読有り]
Lipid rafts and caveolin-1 are required for invadopodia formation and extracellular matrix degradation by human breast cancer cells
FUKAMI Kiyoko et al.
Cancer Res.   69 8594   2009年
Visualizing spatiotemporal dynamics of multicellular cell-cycle progression.
Asako Sakaue-Sawano, Hiroshi Kurokawa et al
Cell   132 341-43   2008年

書籍等出版物

 
抗体の作製
タンパク質実験 ハンドブック   2003年   
膜輸送とイオンチャネルにおけるイノシトールリン脂質の役割
イノシトールリン脂質群によるシグナリングの制御   1999年   
プレクストリン相同ドメイン
情報伝達におけるタンパク質モジュール(羊土社)   1998年   
PIP2とタンパク質相互作用
タンパク質の分子間相互作用実験法   1996年   
核内イノシトールリン脂質情報伝達系
脂質研究の新展開   1996年   

競争的資金等の研究課題

 
最先端・次世代研究開発支援プログラム
内閣府: 
研究期間: 2011年 - 2014年    代表者: 深見 希代子
表皮と毛包形成を制御するイノシトールリン脂質代謝
科学研究費補助金
イノシトールリン脂質が創る細胞極性と細胞運動のメカニズム
幹細胞分化異常がもたらす上皮系腫瘍形成におけるリン脂質代謝の関与