末 信一朗

J-GLOBALへ         更新日: 15/03/12 02:52
 
アバター
研究者氏名
末 信一朗
 
スエ シンイチロウ
URL
http://acbio2.acbio.u-fukui.ac.jp/bioeng/suye/
所属
福井大学
部署
工学研究科 繊維先端工学
職名
教授
学位
農学修士(東京農工大学), 博士(工学)(京都大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1983年
 - 
1988年
 宝酒造株式会社中央研究所, 研究員
 
1988年
 - 
1992年
 奈良工業高等専門学校, 助手
 
1992年
 - 
1997年
 福井大学, 助手
 
1997年
 - 
2002年
 福井大学, 助教授
 
2003年
 - 
2009年
 福井大学大学院, 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1983年
東京農工大学 農学研究科 農芸化学
 
 
 - 
1981年
東京農工大学 農学部 農芸化学
 

委員歴

 
2012年
   
 
繊維学会  北陸支部副支部長
 
2011年
   
 
日本生物工学会  中部支部評議員
 
1998年
   
 
繊維学会  一般会員
 
1984年
 - 
2010年
日本生物工学会  一般会員
 
2008年
   
 
日本化学会バイオ部会  一般会員
 

受賞

 
2014年
平成26年度北陸地区高分子若手研究発表会 優秀ポスター賞
 
2012年
平成24年度第43回繊維学会夏季セミナー 優秀ポスター賞
 
2011年
平成23年度 福井大学工学部優秀教員
 
2006年
平成17年度 福井大学工学部優秀教員
 
2004年
Nano Giga Challenge in Microelectronics 2004, Best Poster Award
 

Misc

 
L-Proline sensor based on layer-by-layer immobilization of thermostable dye-linked L-proline dehydrogenase and polymerized mediator
H.Zheng, Y.Hirose, T.Kimura, T.Hori, S.Suye, H.Katayama, J.Arai, R.Kawakami, T.Ohshima
Sci. Technol. Adv. Mat.   7 243–248   2006年
Construction of cultivation system of a yeast single cell in a cell chip chamber
T.Fukuda, S.Shiraga, M.Kato, S.Suye, M.Ueda
Biotechnol. Prog.   22 944-948   2006年
Surface Display of Organophosphorus Hydrolase on Saccharomyces cerevisiae
K. Takayama,, S.Suye, K.Kuroda, M.Ueda, T.Kitaguchi, K.Tsuchiama, T.Fukuda, W.Chen, A.Mulchandani
Biotechnol. Prog.   22 939-943   2006年
Enhancement of cellulase activity by the clones selected from the combinatorial library of the cellulose-binding domain by cell surface engineering
T.Fukuda, T.Ishikawa, M.Ogawa, S.Shiraga, M.Kato, S.Suye, M.Ueda
Biotechnol. Prog.   22 933-938   2006年
Microbial Degradation of Ethylene Glycol Dibenzoate by Rhodococcus sp. 2Cb
S.Xu, T.Yamaguchi, S.Suye, T.Hori
Sen-I Gakaki Shi   62 106-110   2006年

書籍等出版物

 
先進化学センサ(分担執筆:電気化学的DNAセンシング)
ティー・アイ・シー   2008年   
Molecular film assembled detection system for biosensors by layer-by-layer adsorption(分担執筆:Molecular film assembled detection system for biosensors by layer-by-layer adsorption)
CRC Press   2007年   
Future Textile(分担執筆:DNAコンピュータ、人工DNA)
繊維社   2006年   

講演・口頭発表等

 
シングルナノファイバーを用いたガン細胞浸潤現象の解析
平成26年度高分子学会北陸地区若手研究会   2014年   
エレクトロスピニング法によるコラーゲン/PVP同軸ナノファイバーの作製条件の検討
平成26年度高分子学会北陸地区若手研究会   2014年   
Cryopreservation of adherent cells: the effect of cell-material interaction
第3回日本バイオマテリアル学会北陸若手研究発表会   2014年   
芯鞘構造を有するPLLA/コラーゲンナノファイバーの創製
第3回日本バイオマテリアル学会北陸若手研究発表会   2014年   
ポリ(3-ヒドロキシ酪酸-3-ヒドロキシヘキサン酸)共重合体ナノファイバー基材の生体分解性および生体適合性評価
第3回日本バイオマテリアル学会北陸若手研究発表会   2014年   

Works

 
高機能デバイス構築のための分子配向生体触媒とカーボンナノチューブ複合体の構造制御, 基盤研究(C)(一般)
2013年
危険ウィルス検知用超小型光導波路を使用した高速フォトニックセンサネットワーク構築, 挑戦的萌芽研究
2012年
遺伝子レベルでの酵素分子配向制御による機能性デバイスの創成, 基盤研究(C)一般
2006年
一細胞レベルでの蛍光分子信号識別による高機能細胞単離システム, 特定領域研究(継続領域)
2006年
サルモネラ等食中毒菌の in situ (その場)検出を目的とした電気化学的DNAセンシングシステム技術の開発において利用する要素技術の開発
2005年 - 2006年

競争的資金等の研究課題

 
CO2 fixation by enzyme reactor system
コンビナトリアル変異による高機能タンパクの創成
有用酵素のスクリーニング
Biosensing system
バイオセンシングシステム

特許

 
電極、タンパク測定装置及び酵素活性の測定方法
特願2003-299276