民秋 均

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/29 02:53
 
アバター
研究者氏名
民秋 均
 
タミアキ ヒトシ
URL
http://www.ritsumei.ac.jp/se/rc/staff/tamiaki/lab.html
所属
立命館大学
部署
生命科学部応用化学科
職名
教授
学位
理学博士(京都大学)
その他の所属
立命館大学立命館大学

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1986年4月
 - 
1987年11月
京都大学理学部・研修員
 
1987年4月
 - 
1987年11月
日本学術振興会・特別研究員
 
1987年11月
 - 
1993年3月
京都大学理学部化学教室・助手
 
1991年9月
 - 
1992年11月
アレキサンダーフォンフンボルト財団・奨学研究員(博士研究員)
 
1993年4月
 - 
1999年3月
立命館大学理工学部・助教授
 

学歴

 
 
 - 
1981年
京都大学 理学部 化学
 
 
 - 
1986年
京都大学大学院 理学研究科 化学専攻
 

受賞

 
2016年9月
光化学協会 2016年光化学討論会特別講演賞
 
2014年3月
日本化学会 日本化学会学術賞
 
2006年9月
光化学協会 光化学協会賞
 
1986年
野津記念奨励賞
 

論文

 
Synthesis of monovinyl- and divinyl-chlorophyll analogs and their physical properties
K. Kim, K. Tsuji, Y. Kinoshita, T. Miyatake, H. Tamiaki
Tetrahedron   73 in press   2017年
Biosynthesis of unnatural glycolipids possesing diyne moiety in the acyl chain in the green sulfur photosynthetic bacterium Chlorobaculum tepidum grown by supplementation of 10,12-heptadecadiyninc aicd
Y. Saga, N. Yoshida, S. Yamada, T. Mizoguchi, H. Tamiaki
Biochem. Biophys. Rep.   9 42-26   2017年
Organo-gelation of natural bacteriochlorophyll-c in carbon tetrachloride: dependence upon the stereochemistry at the 31-position and the alkyl substituents at the 8-position
T. Mizoguchi, Y. Kinoshita, J. Harada, H. Tamiaki
ChemPlusChe   82 in press   2017年
Pluronic micelle-encapsulated red-photoluminescent chlorophyll derivative for biocompatible cancer cell imaging
Y. Li, F. Zhang, X.-F. Wang, G. Chen, X. Fu, W. Tian, H. Tamiaki, S. Sasaki
Dyes Pigments   136 17-23   2017年
Rotational isomerization of 3-substituents in synthetic chlorophyllderivatives
H. Tamiaki, K. Mizutani, S. Sasaki, T. Tatebe
Tetrahedron   72 6626–6633   2016年

書籍等出版物

 
マテリアルステージ、天然/人工光合成におけるアンテナの構造、機能と開発動向
庄司 淳、民秋 均
技術情報協会   2017年   
フロンテイア生物無機化学、集光系
民秋 均
三共出版   2016年   
複合系の光機能研究会ニュースレター、複合系って、何?
民秋 均
複合系の光機能研究会   2016年   
光化学、光化学協会創立40周年記念特別号2016、討論会へGO!
民秋 均
光化学協会   2016年   
夢の新エネルギー「人工光合成」とは何か(分担執筆)
民秋 均
講談社、ブルーバックス   2016年   

講演・口頭発表等

 
Self-aggregation of synthetic zinc 20-substituted bacteriochlorophyll-d analogs as models of photosynthetic light-harvesting antenna systems
APC2016, D1-2-C2   2016年12月   
Micro-patterning of living cyanobacteria by plasmon-induced microbubble formation
APC2016, P1-54   2016年12月   
緑色硫黄細菌Chlorobaculum tepidumの色素合成酵素の生化学的解析に基づくクロロフィル生合成経路の考察
新学術「人工光合成」若手育成シンポジウム、OP-15   2016年11月   
3位にβ-ジケトナート基を有するクロロフィル類の合成と物性
新学術「人工光合成」若手育成シンポジウム、OP-11   2016年11月   
20位に炭化水素基を有するバクテリオクロロフィル-類縁体の合成と自己会合
新学術「人工光合成」若手育成シンポジウム、OP-10   2016年11月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
光合成初期過程器官の時間・空間高分解能分光
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業(研究拠点を形成する研究)
研究期間: 2009年 - 2013年
細胞輸送用ヒドロゲルの開発
JST研究成果最適展開支援事業(A-STEP)フィージビリティスタディ(FS)ステージ 可能性発掘タイプ(シーズ顕在化)
研究期間: 2009年 - 2010年

特許

 
WO2015/125849 : バクテリオクロロフィルbの大量産生方法及び産生菌
WO2013/122064 : 緑色硫黄細菌変異体およびバクテリオクロロフィル
2014-103920 : 緑色硫黄細菌変異株及びそれを利用したバクテリオクロロフィルc同族体の製造方法
2014-3938 : 新規酵素およびそれを用いたバクテリオクロロフィルの製造方法
2013-185086 : 尿素型ヒドロゲル化剤