家戸 敬太郎

J-GLOBALへ         更新日: 16/05/18 02:46
 
アバター
研究者氏名
家戸 敬太郎
 
カト ケイタロウ
URL
http://www.flku.jp/
所属
近畿大学
部署
水産研究所
職名
教授
学位
農学博士(近畿大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

委員歴

 
2015年4月
 - 
現在
日本水産増殖学会  評議員
 
2013年4月
   
 
日本水産学会  近畿支部幹事
 
2009年4月
 - 
2015年3月
日本水産学会  - 編集委員
 

論文

 
mRNA levels of kisspeptins, kisspeptin receptors, and GnRH1 in the brain of chub mackerel during puberty
Comparative Biochemistry and Physiology, Part A   179 104-112   2015年1月   [査読有り]
Development of DNA Vaccines against Nocardia seriolae Infection in Fish
Fish Pathology   49(4) 165-172   2014年12月   [査読有り]
Improved survival and growth performances with stocking density manipulation and shelter availability in bagrid catfish Mystus nemurus (Cuvier & Valenciennes 1840) larvae
Aquaculture Research   45(12) 2000-2009   2014年12月   [査読有り]
Effects of dietary taurine levels on epidermal thickness and scale loss in red sea bream, Pagrus major
Aquaculture Research   45(11) 1818-1824   2014年10月   [査読有り]
Flow field control via aeration adjustment for the enhancement of larval survival of the kelp grouper Epinephelus bruneus (Perciformes:Serranidae)
Aquaculture Research   45(5) 874-881   2014年8月   [査読有り]

書籍等出版物

 
メジナ 釣る? 科学する?
家戸敬太郎・熊井英水 (担当:共著, 範囲:メジナとイシダイの雑種-幻になった”メジナ”-)
恒星社厚生閣   2011年7月   
食のバイオ計測の最前線―機能解析と安全・安心の計測を目指して―
家戸 敬太郎 (担当:共著, 範囲:完全養殖クロマグロのブランド化とトレーサビリティ手法)
シーエムシー出版   2011年5月   
水産物の色素-嗜好性と機能性
足立亨介・家戸敬太郎 (担当:共著, 範囲:養殖マダイのメラニン-その誘発因子と化学的定量)
恒星社厚生閣   2008年3月   
最新海産魚の養殖
湊文社   2000年   
Aquatic Genomics. Steps toward a great future
Springer-Verlag   2003年   

講演・口頭発表等

 
エストラジオール経口投与によるマダイの雌化誘導法の検討
熊井 英水, 村田 修, 宮下 盛, 家戸 敬太郎
2002年3月   
雌性発生二倍体マダイおよびそれらの子孫性比
熊井 英水, 家戸 敬太郎, 村田 修, 宮下 盛
2002年11月   
Gonadal sex differentation and sex control in red sea bream,Pagrus major  7th International Symposium on Reproductive physiology of Fish
熊井 英水, 家戸 敬太郎, 宮下 盛, 村田 修
2003年5月   
Breeding in red sea bream,Pagrus major in Japan Inteanational Marine Biotechnology Conference 2003
熊井 英水, 家戸 敬太郎, 宮下 盛, 村田 修
2003年9月   
クエの卵子化および初期飼育に及ぼす水温の影響
熊井 英水, 家戸 敬太郎, 山田 伸一, 村田 修
2003年10月   

Works

 
人工孵化クロマグロ仔稚魚の消化系の発達と消化酵素活性
1994年
人工孵化クエ仔稚魚の成長に伴う消化系の発達
1995年
選択系と非選択系マダイとの成長,飼料効率などの比較
1996年
選抜育種マダイの性分化過程
1997年
染色体操作によるクローンマダイの作出
1998年

競争的資金等の研究課題

 
海水養殖魚の遺伝・育種に関する研究
クロマグロの初期発育と種苗生産に関する研究
グロマグロの成熟・産卵に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 2002年 - 2006年
日長調節による海水養殖魚の成熟抑制に関する研究
研究期間: 2008年   
日長調節によってブリやマダイなどの海水養殖魚の成熟を抑制し,養殖生産効率の向上を図る
腸内細菌によるマダイのエドワジェラ症予防
研究期間: 2008年   
腸内細菌叢をコントロールすることでマダイのエドワジェラ症を予防する技術を開発する