池上 甲一

J-GLOBALへ         更新日: 16/05/18 02:46
 
アバター
研究者氏名
池上 甲一
 
イケガミ コウイチ
所属
近畿大学
部署
農学部 環境管理学科 環境政策学研究室
職名
教授
学位
農学博士(京都大学)

プロフィール

京都大学大学院農学研究科農林経済学専攻博士後期課程修了、京都大学農学部助手、講師、近畿大学農学部助教授を経て同教授

研究分野

 
 

経歴

 
1998年
 - 
2015年
近畿大学 農学部 教授
 
 
   
 
龍谷大学 非常勤講師
 
 
   
 
京都大学 助手
 
 
   
 
京都大学 講師
 
 
   
 
近畿大学 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1980年
京都大学 農学研究科 農林経済学
 
 
 - 
1975年
京都大学 農学部 農林経済学
 

委員歴

 
2015年10月
 - 
現在
日本村落研究学会  会長
 
2013年10月
 - 
現在
日本村落研究学会  副会長
 
2013年10月
 - 
現在
地域農林経済学会  理事
 
2010年
 - 
2014年
Asian Riral Sociology Association  President
 
2008年
 - 
2014年
International Rural Sociology Association  Council
 
2008年
 - 
2010年
地域農林経済学会  副会長
 
2007年
 - 
2010年
Asian Rural Sociology Association  Vice President
 
2002年
 - 
2004年
地域農林経済学会  常任理事、副会長
 
2001年
 - 
2003年
日本村落研究学会  理事、事務局長
 
2002年
 - 
現在
中部農業経済学会  理事
 

受賞

 
1992年
地域農林経済学会賞
 
1997年
地域農林経済学会 特別賞
 
 
地域農林経済学会 学会賞特別賞 農の福祉力-アグロ・メディコ・ポリスの挑戦
 

論文

 
アグロ・メディコ・ポリスの拓く世界
池上 甲一
MOKU   (279) 56-59   2015年6月
Corridor Development and Foreign Investment in Agriculture: Implications of the ProSAVANA Programme in Northern Mozambique
池上 甲一
http://www.iss.nl/fileadmin/ASSETS/iss/Research_and_projects/Research_networks/BICAS/CMCP_30-_IKEGAMI.pdf   1-20   2015年6月
スマート農業の生み出す世界―その得失をどう評価するか
池上 甲一
農業と経済   81(3) 5-18   2015年3月
村ビジネスとは―停滞日本を救う共生経済
池上 甲一
農業と経済   81(1) 25-34   2015年2月
地域農業の発展と「環境保全型農業」
池上 甲一
農業問題研究   46(2) 1-7   2015年2月   [招待有り]
フェアトレードと小規模生産者の「自立」―南アフリカのルイボス茶生産者組合とNGO との関係を中心に―
池上 甲一
白山人類学   18 11-30   2015年   [査読有り]
JAが持続可能な地域社会を支える
池上 甲一
月刊JA   (707) 32-35   2014年
Conceptual for Analyzing Impacts of Fairtrade on People and Community, Asian Rural Sociology
池上 甲一
Asian Rural Sociology   5(1) 193-197   2014年   [査読有り]
大規模海外農業投資による食農資源問題の先鋭化とアフロ・フード・レジームの再編」
池上 甲一
農林業問題研究49-3、473-482   49(3) 473-482   2013年12月
国際食料価格の高値基調期における途上国の対応と食料安全保障
池上 甲一
農業と経済   79(3) 122-132   2013年3月
限界集落問題とは
池上 甲一
『農業および園芸   88(9) 884-894   2013年
Implications of farmers' participation in agro-based programmes for rural development in six provinces of South Africa
池上 甲一
Jokull Journal   63(5) 370-381   2013年   [査読有り]
フェアトレードトレードの国内化をつなぐ論理
池上 甲一
農業・食料経済研究   51(1) 25-36   2004年11月
日本でも2000年代に入って、フェアトレードへの関心が徐々に高まっている。本稿では国際貿易の場面で用いられているフェアトレードの論理構造と特質を明らかにし、その概念が国内取引においても適用可能であることを論証した。次に、日本において1970年代から展開してきた有機農業運動の産消提携の論理構造を解明した。フェアトレードと産消提携との間には論理的類似性が存在し、そこに見られる関係性の概念を軸として地域環境管理への道筋が描けることを示した。
フェアトレードとモラル・エコノミーー:日本の経験
池上 甲一
タンザニア人口問題・発展研究ジャーナル   11(2)    2004年12月
1990年代から世界的に知られるようになったフェアトレードの形成過程とその概念について整理をし、モラル・エコノミーとの論理的関連性について議論した。日本の産消提携といわれる有機農産物の販売方法は、フェアトレードとの論理的・構造的類似性をもっている。そこで、山形県の遊佐町農協と生活クラブ生協の間で行なわれている「共同開発米」の成立要因を明らかにした。(英文)

書籍等出版物

 
Poverty Alleviation and Rural Development through Alternative Socio-economic Regimes: Fair Trade Movement and Economy of Virtue
池上 甲一 (担当:共編者)
Faculty of Agriculture, Kinki University and Faculty of Economics, Kasetsart University   2014年   
ポストTPP農政 地域の潜在力を活かすために
田代洋一・小田切徳美・池上 甲一 (担当:共著, 範囲:食料主権を担保する論理と政策理念)
農山漁村文化協会   2014年   
農の福祉力ーアグロ・メディコ・ポリスの挑戦
池上 甲一
農山漁村文化協会   2013年7月   
日本村落研究学会 (担当:編者)
農山漁村文化協会   2011年11月   ISBN:4540112341
ナカニシヤ出版   2011年5月   ISBN:4779505615

講演・口頭発表等

 
小規模家族農家にとって契約栽培はチャンス? [招待有り]
池上 甲一
明治学院大学国際平和研究所連続公開セミナー「食べものの危機を考える」   2014年12月8日   
Direct Payment Policy towards Environment Friendly Agriculture in Japan [招待有り]
池上 甲一
2014 Taiwan-Korea-Japan International Conference on Agricultural and Resources Economics   2014年8月13日   
What is happening in the Northern Mozambique under the ProSAVANA Program and Agricultural Growth Corridor: An Implication to the Large Scale Land Acquisition in the Southeast Asia
池上 甲一
International Sociology Association 18th WCS 2014 in Yokohama   2014年7月15日   
Land Reform and Fairtrade in South Africa: Focusing on a Case of Heiveld Cooperative in the Northern Cape Province
池上 甲一
LAND DIVIDED: LAND AND SOUTH AFRICAN SOCIETY IN 2013, IN COMPARATIVE PERSPECTIVE   2014年3月26日   
Change in the Meaning of Water Reservoirs in Japan: From Farmers’ Properties to Commons for Citizens
池上 甲一
14th Global Conference of International Association for the Study of the Commons   2013年6月5日   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
アフリカにおける食料生産と社会経済的背景の比較研究
1992年
アフリカン・イスラームにおける都市・農村関係の動態比較
1989年 - 1991年
タンザニアにおける食料生産と農業開発援助
1994年 - 1995年
東・南部アフリカにおける食糧生産の商業化がもたらす社会再編の比較研究
1996年 - 1998年
農業と環境及び地域社会の存続に関する比較農学的研究
1999年 - 2001年

競争的資金等の研究課題

 
フェアトレードによるインパクトの地域間比較
科学研究費
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 池上 甲一
フェアトレードによる貧困削減と徳の経済の構築に関する理論的・実証的研究
科学研究費
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 池上 甲一
里山の修復活動を通じた環境理解教育の実践
文部科学省: 教育GP(現代GP)
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 池上 甲一
アフリカにおける食料生産と社会経済的背景の比較研究
科学研究費補助金
研究期間: 1994年 - 1997年
オルタナティブ・トレードの普及可能性と消費者責任に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 2004年