小野 尚美

J-GLOBALへ         更新日: 17/05/11 16:10
 
アバター
研究者氏名
小野 尚美
 
オノ ナオミ
所属
成蹊大学
部署
文学部 英米文学科
職名
教授
学位
学術修士(米国州立インディアナ大学(ブルーミントン校)人文学部言語学科), 学術博士(米国州立インディアナ大学(ブルーミントン校)教育学部言語教育学科)

研究分野

 
 

経歴

 
2004年4月
 - 
現在
成蹊大学 文学部 教授
 
1993年4月
 - 
2017年3月
津田塾大学 学芸学部 非常勤講師
 
2009年11月
 - 
2009年12月
ユバスキュラ大学(フィンランド) 教育科学学科 Visiting Researcher
 
2009年8月
 - 
2009年10月
ロンドン大学大学院 文化教育学部 Visiting Fellow
 
2007年4月
 - 
2008年3月
法政大学 キャリアデザイン学部 非常勤講師
 

学歴

 
1987年6月
 - 
1992年10月
インディアナ大学大学院(ブルーミントン校) 教育学部 言語教育学科
 
1985年8月
 - 
1987年5月
インディアナ大学大学院(ブルーミントン校) 言語学部 応用言語学科
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
成蹊大学  広報委員,教職課程委員
 
2015年4月
 - 
2017年3月
成蹊大学  英米文学科主任
 
2014年4月
 - 
2015年3月
成蹊大学  FD委員
 
2012年4月
 - 
2013年3月
成蹊大学  紀要委員、成蹊学園資料館運営委員
 
2010年4月
 - 
2011年3月
成蹊大学  教職課程委員
 

受賞

 
2003年
大学英語教育学会(JACET)から辞書・データ部門学術賞授与(応用言語学事典ー研究社出版)
 
1994年
1992-1993最優秀博士論文賞ーインディアナ大学教育学部(Maris M. Proffitt and Mary Higgins Proffitt Dissertation Award for Outstanding Achievement)
 
1991年
博士論文のための奨学金 インディアナ大学大学(Grant-in Aid-Award of Ph.D Dissertation Research Program)
 

論文

 
日本で英語を学ぶ大学生が読みに躓くとき
小野 尚美、林千賀
成蹊大学研究助成(B種)研究報告書   1-71   2016年3月
"Roaming around the known"カナダにおけるReading Recovery Program教員研修から学ぶ<2012年カナダ(オンタリオ州トロントRRプログラム)研修報告>
小野 尚美
成蹊大学文学部紀要   (48) 177-190   2013年3月
オーストラリア・ニュージーランドにおけるリテラシー教育とReading Recovery(2011年オーストラリア・ニュージーランド研修報告)
小野 尚美
成蹊英語英文学研究   (16) 53-70   2012年3月
論考 ニュージーランドの読み書き教育―Reading Recovery Program の歴史と発展ー
小野 尚美
教職課程年報   (⑳) 3-15   2011年3月
リーディング・リカバリープログラム:日本の早期英語教育へ教育的示唆
小野 尚美
成蹊英語英文学研究   (14) 37-47   2010年3月

Misc

 
【短期特別連載】Reading Recoveryを活かした校種間連携<第3回>Reading Recoveryをどう活用するか
高梨庸雄、小野尚美
英語教育 (大修館 5月号)   60(2) 67-69   2011年5月
【短期特別連載】Reading Recoveryを活かした校種間連携<第2回>RRの指導手順
小野尚美、高梨庸雄
英語教育 (大修館 4月号)   60(1) 67-69   2011年4月
【短期特別連載】Reading Recoveryを活かした校種間連携<第1回>Literacy教育の視点
小野尚美、高梨庸雄
英語教育 (大修館 3月号)   59(13) 70-72   2011年3月
Reading Wizard
寺内正典、小磯敦、飯野厚、小野尚美、Jeffrey K. Hubbell、柿原直美
   2010年1月
一口メモ=言語力をめぐる豆知識ークリティカル・リーディングとは
小野 尚美
”経営と管理”をインターフェイスする!学校マネジメント”言語力の育成”想像工夫の最新情報 6月号   (619) 60-60   2008年6月

書籍等出版物

 
小学校英語から中学校英語への架け橋 文字教育を取り入れた指導法モデルと教材モデルの開発研究
小野 尚美 (担当:共著, 範囲:はじめに、第1章―第4章、第7章、第11章―第12章、おわりに)
あさひ出版社   2017年3月   
教室英語ハンドブック
小野 尚美 (担当:共著, 範囲:III授業展開(75-145頁)、IV小中連携のためのヒント(165-170頁))
研究社   2016年1月   
「英語の読み書き」を見直す Reading Recovery Program研究から日本の早期英語教育への提言
小野 尚美 (担当:共著, 範囲:はじめに、第1章―第5章、第8章、第11章、第13章、おわりに)
金星堂   2014年3月   
ビジネスに成功する『英文レターの書式と文例』プレスリリース・請求書から契約書・研究報告書まで
小野 尚美 (担当:共著, 範囲:50-55頁、132-135頁、150-157頁、166-169頁)
日興企画   2008年10月   
言語科学の百科事典
小野 尚美 (担当:共著, 範囲:教育学編 単語認知・単語処理(204-205頁)、談話処理・談話理解(208-209頁)、談話処理・談話理解のモデル(212-215頁)、コラム(224頁)、語彙の指導(230-231頁)、言語テスト(224-245頁))
丸善株式会社   2006年7月   ISBN:4-621-07733-3

講演・口頭発表等

 
日本のEFL大学生の読解のミスキュウ分析
小野尚美
TESLO支部学会(シンガポール)   2015年12月4日   
日本の大学生の英語による読みの阻害要因を探るー学習者の躓きについての意識と実態
小野尚美、林千賀
KATE 関東甲信越英語教育学会 第39回山梨研究会   2015年8月8日   
日本の早期英語教育のための新しい地平線
小野尚美、高梨庸雄、土屋佳雅里
AILA2014年ブリズベーン(オーストラリア)   2014年8月10日   
Whole Language based Reading Instruction for Elementary School Students
小野尚美、高梨庸雄、大井恭子、高野恵美子、ゴードン・ロブソン
第15回国際応用言語学会   2008年8月30日   
カリキュラムへの提言 [招待有り]
小野尚美
横浜英和女学院中高等学校教員研修会 (講演)   2008年3月10日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
日本の大学生の読みの躓きの原因を究明する研究
成蹊大学: 成蹊大学研究助成
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 小野 尚美
日本の中学生の英語による読解の躓きを分析し読解力を回復させる指導方法の開発研究
日本学術振興会: 平成27年度文部科学研究補助金・基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 小野 尚美
日本人大学生の英語の読み書き能力向上を目指す指導法の開発研究
成蹊大学: 成蹊大学研究助成(B種)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 小野 尚美
早期英語から中学校英語への架け橋:文字教育を取り入れた指導法と教材モデル開発研究
日本学術振興会: 平成23年度文部科学省科学研究補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 小野 尚美
リーディング・リカバリー・プログラムの理論を日本の早期英語教育へ応用する方法の模索
成蹊大学: 成蹊大学研究助成(A種)
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 小野 尚美

社会貢献活動

 
大学英語教育学会学会賞・学術出版物選考委員会選考委員
【司会, その他】  大学英語教育学会  2015年4月1日 - 現在
大学英語教育学会紀要査読委員
【その他】  大学英語教育学会  2010年4月 - 現在
小学校英語教育学会紀要査読委員
【その他】  小学校英語教育学会  2013年4月 - 2016年3月
平成18年度スーパーイングリッシュランゲージハイスクール研究開発校 法政大学第一中・高等学校指導アドバイザー
【コメンテーター】  法政大学第一中・高等学校  2006年4月 - 2008年3月
英米文化学会紀要査読委員
【その他】  英米文化学会  2001年4月 - 2005年3月