菊井 和子

J-GLOBALへ         更新日: 02/12/10 00:00
 
アバター
研究者氏名
菊井 和子
 
キクイ カズコ
所属
旧所属 川崎医療福祉大学 医療福祉学部 保健看護学科
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
1961年
 - 
1962年
高知女子大学 助手
 
1962年
 - 
1966年
高知女子大学 講師
 
1966年
 - 
1967年
岡山県立短期大学 助教授
 
1973年
 - 
1979年
川崎医療短期大学 教授
 
1980年
 - 
1984年
新見女子短期大学 教授
 

学歴

 
 
 - 
2004年
大阪大学 文学研究科 文化形態論
 
 
 - 
1957年
高知県立大学 家政学部 看護学
 

委員歴

 
2005年
 - 
2007年
日本看護科学学会  評議員
 
2005年
   
 
日本看護研究学会  評議員、中国四国地方学術委員
 
2003年
 - 
2006年
日本看護学教育学会  地区評議員
 

Misc

 
死の受容
看護   38(8)    1986年
がん-この神秘的なる病
看護教育   33(13) 1029   1993年
老人ホーム・ジレンマ
近代文芸社      1994年
ナイチンゲールと光明皇后-政治とのかかわり-
看護教育   36(1) 27   1995年
在宅高齢者の生活実態とモラールに影響を及ぼす諸要因の検討
川崎医療福祉学会誌   6(1) 107   1996年

書籍等出版物

 
基礎看護学(共著)
東山書房   1983年   
現代看護論集(共著)
メヂカルフレンド社   1970年   
家族看護学(共著)
へるす出版   1993年   
基礎看護学(共著)
西日本法規出版   1994年   
生と死(共著)
西日本法規出版   1996年   

Works

 
後期高齢者の生活実態-主観的幸福感に影響を及ぼす因子
1993年
看護職及び介護職者の死生観に関する研究
1993年
スピリチュアル提供者に関する研究
2004年
在宅ホスピスに関する研究
2004年 - 2005年

競争的資金等の研究課題

 
ターミナルケアに関する研究
保健医療分野における基礎研究推進事業
研究期間: 1995年   
看護教育の変遷と展望
保健医療分野における基礎研究推進事業
研究期間: 1995年   
臨床哲学
保健医療分野における基礎研究推進事業
研究期間: 2001年   
ターミナルケアに関する研究