市川 裕之

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/13 09:45
 
アバター
研究者氏名
市川 裕之
 
イチカワ ヒロユキ
所属
愛媛大学
部署
大学院理工学研究科 電子情報工学専攻
職名
准教授
学位
工学士(大阪大学), MSc in Optoelectronic and Laser Devices(Heriot-Watt University), PhD(Heriot-Watt University)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1992年7月
ヘリオット・ワット大学  物理学科 PhD
 
 
 - 
1988年11月
ヘリオット・ワット大学  物理学科 MSc
 
 
 - 
1981年3月
大阪大学 基礎工学部 物性物理工学科 工学士
 

委員歴

 
1995年
 - 
1996年
電子情報通信学会  四国支部庶務幹事
 

論文

 
Electromagnetic diffraction properties of randomly aligned one-dimensional cylinders
H. Ichikawa, M. Ishimoto
Optics Letters   40(18) 4273-4276   2015年9月   [査読有り]
2014年日本光学会の研究動向 1.光物理
市川 裕之
光学   44(4) 133-134   2015年4月   [査読有り]

Misc

 
光ディスク用屈折率分布型対物レンズ
光学   15(4) 303   1986年
トールボット効果を用いた液晶空間変調素子の回折効率の改善
光学   22(3) 151   1993年
時間領域差分法 --- 光学分野への応用を期待して ---
光学   27(11) 647   1998年
回折光学分野の研究動向と将来展望
O plus E   21(5) 511   1999年

書籍等出版物

 
光学技術の事典
市川 裕之 (担当:分担執筆, 範囲:72 電磁場解析)
朝倉書店   2014年8月   
光学技術者のための電磁場解析入門
市川 裕之 (担当:分担執筆, 範囲:第2章 FDTD法による3次元電磁場解析)
オプトロニクス社   2010年5月   
『回折光学素子入門』増補改訂版
市川 裕之 (担当:分担執筆, 範囲:第1部第6章 時間領域差分 (FDTD) 法による回折光学素子の解析)
オプトロニクス社   2006年2月   
『回折光学素子』 技術全集
市川 裕之 (担当:分担執筆, 範囲:第1章, 第2章, 第3章)
技術情報協会   2004年12月   
Optical information technology
市川 裕之 (担当:共著)
Springer-Verlag   1993年   

講演・口頭発表等

 
How do we live with effective media?
Hiroyuki Ichikawa
European Optical Society Topical Meeting on Diffractive Optics 2017   2017年9月5日   
回折光学:その考え方と可能性
市川 裕之
第87回レーザ加工学会講演会   2017年4月5日   
メタマテリアルの有効媒質としての妥当性について
市川 裕之, 日野 涌也
第64回応用物理学会春季学術講演会   2017年3月15日   
Are metamaterials serviceable in optical design?
Hiroyuki Ichikawa, Yuya Hino
European Optical Society Annual Meeting 2016   2016年9月28日   
2次元メタマテリアルに対する薄膜近似の検討
日野 湧也, 市川 裕之
プラズモニクスシンポジウム   2016年1月23日   

競争的資金等の研究課題

 
回折光学素子に関する研究
情報処理における光の利用
フェムト秒光学