石塚 敏

J-GLOBALへ         更新日: 16/09/23 13:52
 
アバター
研究者氏名
石塚 敏
 
イシヅカ サトシ
URL
http://www.agr.hokudai.ac.jp/nutrbiochem/
所属
北海道大学
部署
大学院農学研究院 基盤研究部門 生物機能化学分野
職名
准教授
学位
博士(農学)(北海道大学), 修士(農学)(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2007年4月
 - 
現在
北海道大学大学院 農学研究院 准教授
 
2005年6月
 - 
2007年3月
北海道大学大学院 農学研究科 助教授
 
2003年8月
 - 
2005年5月
北海道大学大学院 農学研究科 講師
 
1999年4月
 - 
2003年8月
北海道大学大学院 農学研究科 助手
 
1994年12月
 - 
1999年3月
北海道大学農学部 助手
 

学歴

 
1993年4月
 - 
1994年11月
北海道大学大学院 農学研究科 農芸化学専攻 博士課程
 
1991年4月
 - 
1993年3月
北海道大学大学院 農学研究科 畜産学専攻 修士課程
 
1987年4月
 - 
1991年3月
北海道大学 農学部 畜産学科
 

委員歴

 
2004年
 - 
現在
日本栄養・食糧学会  参与
 
2010年
 - 
現在
日本栄養・食糧学会  北海道支部選挙管理委員会委員長
 
2009年5月
 - 
現在
日本栄養・食糧学会  学会活動強化委員会委員
 
2012年4月
 - 
現在
日本農芸化学会  北海道支部幹事
 
2010年7月
 - 
現在
コープさっぽろ 食の安全委員会  委員
 
2001年
 - 
現在
Hindgut Club Japan  運営委員
 
2009年9月
 - 
2011年8月
内閣府消費者委員会食品表示部会  委員
 
2009年4月
 - 
2010年3月
日本農芸化学会  代議員
 
2011年
   
 
日本農芸化学会  北海道支部選挙管理委員会委員
 

受賞

 
2003年5月
日本栄養・食糧学会奨励賞 消化管上皮の恒常性維持に関する基礎的研究
 
2011年
International Society for Nutraceuticals and Functional Foods poster award
 

論文

 
Lee Y, Yoshitsugu R, Kikuchi K, Joe GH, Tsuji M, Nose T, Shimizu H, Hara H, Minamida K, Miwa K, Ishizuka S
The British journal of nutrition   116(4) 603-610   2016年8月   [査読有り]
Joe GH, Andoh M, Shinoki A, Lang W, Kumagai Y, Sadahiro J, Okuyama M, Kimura A, Shimizu H, Hara H, Ishizuka S
Biomedical research (Tokyo, Japan)   37(3) 179-186   2016年   [査読有り]
Shimizu H, Baba N, Nose T, Taguchi R, Tanaka S, Joe GH, Maseda H, Nomura N, Hagio M, Lee JY, Fukiya S, Yokota A, Ishizuka S, Miyazaki H
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   79(6) 937-942   2015年6月   [査読有り]
Hagio M, Shimizu H, Joe GH, Takatsuki M, Shiwaku M, Xu H, Lee JY, Fujii N, Fukiya S, Hara H, Yokota A, Ishizuka S
Toxicology letters   232(1) 246-252   2015年   [査読有り]
Taguchi R, Tanaka S, Joe GH, Maseda H, Nomura N, Ohnishi J, Ishizuka S, Shimizu H, Miyazaki H
American journal of physiology. Cell physiology   307(2) C162-8   2014年7月   [査読有り]
Shimizu H, Hagio M, Iwaya H, Tsuneki I, Lee JY, Fukiya S, Yokota A, Miyazaki H, Hara H, Ishizuka S
Journal of nutritional science and vitaminology   60(6) 450-454   2014年   [査読有り]
Joe GH, Andoh M, Nomura M, Iwaya H, Lee JS, Shimizu H, Tsuji Y, Maseda H, Miyazaki H, Hara H, Ishizuka S
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   78(3) 462-465   2014年   [査読有り]
Shinoki A, Lang W, Thawornkuno C, Kang HK, Kumagai Y, Okuyama M, Mori H, Kimura A, Ishizuka S, Hara H
Food chemistry   136(2) 293-296   2013年1月   [査読有り]
Contribution of dipeptidyl peptidase IV to the severity of dextran sulfate sodium-induced colitis in the early phase.
Iwaya H, Fujii N, Hagio M, Hara H, Ishizuka S
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   77 1461-1466   2013年   [査読有り]
Suwendi E, Iwaya H, Lee JS, Hara H, Ishizuka S
Biomedical research (Tokyo, Japan)   33(6) 329-336   2012年12月   [査読有り]
Yokota A, Fukiya S, Islam KB, Ooka T, Ogura Y, Hayashi T, Hagio M, Ishizuka S
Gut microbes   3 455-459   2012年9月   [査読有り]
Ishizuka S, Shiwaku M, Hagio M, Suzuki T, Hira T, Hara H
Biomedical research (Tokyo, Japan)   33(3) 159-165   2012年6月   [査読有り]
Iwaya H, Maeta K, Hara H, Ishizuka S
Experimental biology and medicine (Maywood, N.J.)   237(4) 451-460   2012年4月   [査読有り]
Iwaya H, Lee JS, Yamagishi S, Shinoki A, Lang W, Thawornkuno C, Kang HK, Kumagai Y, Suzuki S, Kitamura S, Hara H, Okuyama M, Mori H, Kimura A, Ishizuka S
PloS one   7 e50658   2012年   [査読有り]
Islam KB, Fukiya S, Hagio M, Fujii N, Ishizuka S, Ooka T, Ogura Y, Hayashi T, Yokota A
Gastroenterology   141(5) 1773-1781   2011年11月   [査読有り]
Iwaya H, Kashiwaya M, Shinoki A, Lee JS, Hayashi K, Hara H, Ishizuka S
The Journal of nutrition   141(6) 1077-1082   2011年6月   [査読有り]
Hagio M, Matsumoto M, Ishizuka S
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   708 119-129   2011年   [査読有り][招待有り]
LEE Jae−sung, OKA Kohsuke, WATANABE Osamu, HARA Hiroshi, ISHIZUKA Satoshi
Food Chemistry   126(4) 1521-1526   2011年   [査読有り]
ISHIZUKA Satoshi, SAITOH Ken−ichi, SUZUKI Takuya, LEE Jae−sung, HARA Hiroshi
Food Chemistry   125(4) 1219-1225   2011年   [査読有り]
Takemura N, Hagio M, Ishizuka S, Ito H, Morita T, Sonoyama K
The Journal of nutrition   140(11) 1963-1969   2010年11月   [査読有り]

書籍等出版物

 
消化管の栄養・生理と腸内細菌
Hindgut Club Japan   2010年   
Metabolic Profiling, Methods in Molecular Biology
Humana Press, Springer   2011年   

講演・口頭発表等

 
Metabolism of bile salts and intestinal microbiota. [招待有り]
石塚 敏
Japanese Society of Gastroenterology – Asian-Pacific Association of Gastroenterology joint Conference, The 5th Asian Pacific Topic Conference.   2014年10月22日   
胆汁酸分子種の多様性と代謝性疾患における役割 [招待有り]
石塚 敏
第68回日本栄養・食糧学会大会   2014年6月1日   
生体機能調節因子としての亜鉛 [招待有り]
石塚 敏
健康食品管理士会北海道支部研修会   2014年5月17日   
Pathological aspects of bile acids: its metabolism and possible roles in metabolic syndrome. [招待有り]
石塚 敏
16th Seoul National University Hokkaido University joint symposium.   2013年12月13日   
Zinc as a key factor in experimental colitis and cytokine productions in isolated mesenteric leukocytes in rats.
International Society for Nutraceuticals and Functional Foods   2011年11月   
Dietary sugar beet fiber promotes an accumulation of CD8+ intraepithelial lymphocytes in small intestine in WKAH rats.
9th Vahouny dietary fiber symposium   2010年6月   
胆汁酸の動態と消化管上皮に及ぼす作用
第62回日本栄養・食糧学会大会関連学術集会 Hindgut Club Japanサテライトミーティング   2008年5月   
ラット腸粘膜免疫系細胞の食物繊維による局在調節と免疫監視能
第4回日本食品免疫学会   2008年5月   
コール酸摂取による腸上皮細胞生存及び増殖の亢進
第13回Hindgut Club Japanミーティング   2007年12月   
胆汁酸による腸上皮の生存促進作用
第61回日本栄養・食糧学会大会関連学術集会 Hindgut Club Japanサテライトミーティング   2007年5月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
胆汁酸負荷により体内で増加する化合物の同定と生活習慣病発症における関与
日本学術振興会: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 石塚 敏
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 石塚 敏
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 石塚 敏
本研究では消化管リンパ球の局在とそれにおよぼす食餌成分の影響についてケモカインの関与を検討した。本研究を通じて明らかになったことは以下の通りである。これまでにもパイエル板を除いたラット小腸粘膜固有層からリンパ球の分離が可能であったが、その分離法を改善することにより回収率を上げる事に成功した。また、その方法を基にしてラット大腸粘膜からのリンパ球分離を可能にした。難消化性糖類は上部消化管で吸収されずに大腸へ流入することで、そこに存在する腸内菌に資化されることを考えれば、大腸粘膜におけるリンパ球...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A), 若手研究(B))
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 石塚 敏
昨年度の実験において、難消化性糖類の摂取によりCD8^+大腸上皮間リンパ球(IEL)の大腸粘膜への集積が生理的な範囲で起こることを明らかにした。今年度はそれ以外にCD4^+ IELとNKR-P1A^+大腸上皮間ナチュラルキラー細胞(IENK)の局在を免疫組織化学的に検討した。NKR-P1A^+ IENKは、近年になってラットのIEL画分よりその存在が明らかになった細胞集団で、NK活性を持ち、IFN-gammaとIL-4を分泌する特殊な細胞集団であることが報告されている。興味深いことに、CD...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1997年 - 1998年    代表者: 石塚 敏
大腸癌の前癌病変と考えられているaberrant crypt foci(ACF)は発癌物質の投与だけでなく、低線量のガンマ線照射によっても引き起こされることが我々の研究で明らかになった。大腸癌を誘発させるために比較的よく使われる発ガン物質は大腸管腔内側から作用するものが多い。一方、ガンマ線の場合は直接大腸上皮に作用し、かつ照射時間も数分であるため、比較的腸管腔内容物の影響を受けにくいと考えられる。我々はこのガンマ線誘発ACFが抗アシアロGM1投与により影響されるか、また大腸癌誘発剤である1...

特許

 
二次胆汁酸の生成抑制剤
特許公開2004-244365