五斗 進

J-GLOBALへ         更新日: 17/05/11 17:40
 
アバター
研究者氏名
五斗 進
 
ゴトウ ススム
所属
情報・システム研究機構
部署
データサイエンス共同利用基盤施設
職名
教授
学位
博士(工学)(九州大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年2月
 - 
現在
情報・システム研究機構 データサイエンス共同利用基盤施設 教授
 
1999年10月
 - 
2017年1月
京都大学 化学研究所 助教授/准教授
 
1994年4月
 - 
1999年9月
京都大学 化学研究所 助手
 

学歴

 
1989年4月
 - 
1994年3月
九州大学 工学研究科 情報工学専攻
 
1985年4月
 - 
1989年3月
九州大学 工学部 情報工学科
 

委員歴

 
2001年
   
 
生物物理学会  編集実行委員
 
2000年
 - 
2001年
日本バイオインフォマティクス学会  幹事
 

論文

 
Onuki R, Yamaguchi R, Shibuya T, Kanehisa M, Goto S
PloS one   12(4) e0176530   2017年   [査読有り]
Nishimura Y, Watai H, Honda T, Mihara T, Omae K, Roux S, Blanc-Mathieu R, Yamamoto K, Hingamp P, Sako Y, Sullivan MB, Goto S, Ogata H, Yoshida T
mSphere   2(2)    2017年3月   [査読有り]
Shimizu Y, Ogata H, Goto S
Bioinformatics (Oxford, England)      2017年3月   [査読有り]
Nishimura Y, Yoshida T, Kuronishi M, Uehara H, Ogata H, Goto S
Bioinformatics (Oxford, England)      2017年3月   [査読有り]
Shimizu Y, Ogata H, Goto S
Chembiochem : a European journal of chemical biology   18(1) 50-65   2017年1月   [査読有り]
Okuda S, Watanabe Y, Moriya Y, Kawano S, Yamamoto T, Matsumoto M, Takami T, Kobayashi D, Araki N, Yoshizawa AC, Tabata T, Sugiyama N, Goto S, Ishihama Y
Nucleic acids research   45(D1) D1107-D1111   2017年1月   [査読有り]
Takami H, Taniguchi T, Arai W, Takemoto K, Moriya Y, Goto S
DNA research : an international journal for rapid publication of reports on genes and genomes      2016年7月   [査読有り]
Moriya Y, Yamada T, Okuda S, Nakagawa Z, Kotera M, Tokimatsu T, Kanehisa M, Goto S
Journal of chemical information and modeling   56(3) 510-516   2016年3月   [査読有り]
Mihara T, Nishimura Y, Shimizu Y, Nishiyama H, Yoshikawa G, Uehara H, Hingamp P, Goto S, Ogata H
Viruses   8(3) 66   2016年3月   [査読有り]
Kotera M, Goto S
Biophysics and physicobiology   13 195-205   2016年   [査読有り]

書籍等出版物

 
A systematic analysis of gene functions by the metabolic pathway database(共著)
五斗 進
Theoretical and Computational Methods in Genome Research, Plenum,/,41-55   1996年   
ヒューマンゲノム計画(共著)
五斗 進
共立出版株式会社,   1997年   

講演・口頭発表等

 
ポストゲノム時代のAI技術
人工知能学会   2000年7月7日   東京
生体分子ネットワーク解析とバイオインフォマティクス
神経化学会   2000年9月21日   金沢
ポストシーケンス時代のバイオインフォマティクス
農芸化学会若手の会   2001年3月23日   京都
ゲノム配列決定後のバイオインフォマティクス
AC Net 研究会   2001年4月27日   大阪
京都大学のバイオインフォマティクス研究
京都大学博物館公開講座   2001年6月23日   京都
バイオインフォマティクスとプロテオーム解析
農芸化学会関西支部大会   2001年7月8日   大阪
ポストゲノム時代のバイオ研究と情報処理
滋賀産業支援プラザ科学技術セミナー   2001年11月22日   草津
タンパク質相互作用データベースと細胞機能の表現
蛋白質科学会   2002年6月14日   名古屋
Database of biochemical pathways and chemical compounds
Polish-Japan Bilateral Seminar on Bioinformatics   2002年6月25日   Paznan, Poland
KEGG (Kyoto Encyclopedia of Genes and Genomes)
A Special Satellite Symposium of the XIVth Genomic Resources in Rat Research   2002年10月8日   Kyoto, Japan
遺伝病とパスウェイデータベース
遺伝子診療学会   2002年10月18日   横浜
パスウェイ解析とデータベース
日本原子力研究所シークエンス・構造データベースワークショップ   2002年11月15日   京都
代謝系データベースの構築と解析
酵素工学研究会   2003年5月8日   京都
ゲノムデータベースに基づくパスウェイ解析
日本進化学会   2003年8月3日   福岡
Integrating biological information using Oracle - KEGG at Kyoto University and pathway database project
Oracle Life Science Day & User Group Meeting   2003年9月11日   San Francisco, USA
分子間相互作用データベース BRITE: Biomolecular relations in information transmission and expression
CBI学会   2003年9月17日   東京
Oracle 10g を用いたバイオ情報の統合 パスウェイデータベースプロジェクト
Oracle World   2003年12月18日   東京
生体分子の相互作用ネットワークにおけるスケールフリー性
合同エージェントワークショップ&シンポジウム2004   2004年10月29日   軽井沢
From genomic and chemical data to knowledge
e-Biology Initiative: Towards New Frontiers of Biology   2005年3月11日   Tokyo, Japan
Network representation and analysis in bioinformatics
Knowledge Discovery and Data Management in Biomedical Science   2005年5月18日   Hanoi, Vietnum

競争的資金等の研究課題

 
生体反応経路のための知識ベースに関する研究