西村 由起子

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/01 00:05
 
アバター
研究者氏名
西村 由起子
 
ニシムラ ユキコ
所属
東洋学園大学
部署
グローバルコミュニケーション学部
職名
教授
学位
修士(教育学)(国際基督教大学), PhD(Sheffield Hallam University, UK)

プロフィール

日本語CMCを専門にしています。

研究分野

 
 

論文

 
日本語コンピュータコミュニケーションにおける誤変換現象
西村 由起子
12(2) 38-45   2012年10月   [査読有り][招待有り]
日本語掲示板コミュニケーションにおけるインポライトネス
西村 由起子
6 33-55   2010年   [査読有り][招待有り]
日本語における書き言葉、話し言葉、コンピュータ上のことばの比較分析
西村 由起子
   [査読有り]

Misc

 
西村由起子
東洋学園大学紀要   14 17-33   2006年3月
西村 由起子
東洋学園大学紀要   2(2) 77-82   1994年3月
西村 由起子
東洋学園大学紀要   20 165-180   2012年3月
西村 由起子
東洋女子短期大学紀要   22(22) 35-47   1990年3月

書籍等出版物

 
“Age, gender and identities in Japanese blogs: Analysis of role language as stylization.”
西村 由起子 (担当:共著, 範囲:n Sirpa Leppänen, Samu Kytölä & Elina Westinen (eds.) Social Media Discourse, (Dis)identifications and Diversities)
New York: Taylor & Francis.   2017年   
“Style, creativity and play.”
西村 由起子 (担当:共著, 範囲:Alexandra Georgakopoulou & Terez a Spilioti (eds.) Routledge Handbook of Language and Digital Communication. (pp.103-117))
Routledge   2016年   
書かれる話し言葉-インターネット上に見られる新しいコミュニケーションスタイル
ことばのスペクトル : 対話 リーベル出版   2001年   
連(]G0047[)の二言語教育政策-過去・現在・未来(共訳)
木鐸社 多文化主義と公共政策   1997年   
短期大学における英作文教育-理論と実践-
続ことばのスペクトル,「ことばを考える会」編   1991年   
英語語用論(第6章,2,3〜第6章終わりまで)共訳
研究社出版   1990年   
音声情報処理における組織的な個人差と英語教育
英語英文学新潮:NCI論叢   1986年   

競争的資金等の研究課題

 
日本人大学生に対する英作文教育に関する研究
アメリカにおける非英語話者への二言語教育に関する研究
コンピュータ利用の日本人大学英作文教育
インターネット上の日英比較談話分析
研究期間: 2001年 - 2004年