袋布 昌幹

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/08 14:08
 
アバター
研究者氏名
袋布 昌幹
 
タフ マサモト
ハンドル
M. Tafu@TNCT
URL
http://www.ecotech-tnct.jp/
所属
富山高等専門学校
部署
物質化学工学科
職名
教授
学位
博士(工学)(長岡技術科学大学)

プロフィール

富山高等専門学校・物質化学工学科・教授
イノベーションセンター長,研究高度化推進室(環境部門)主任教授を併任

研究分野

 

経歴

 
2016年6月
 - 
現在
研究高度化推進室(環境部門)主任教授
 
2016年4月
 - 
現在
イノベーションセンター長
 
2014年1月
 - 
現在
富山高等専門学校 教授
 
2011年
 - 
2013年
富山高等専門学校 准教授
 
1995年
 - 
2011年
1994年 富山工業高等専門学校金属工学科助手1995-2005年 富山工業高等専門学校環境材料工学科助手1999~2000年 通商産業省工業技術院物質工学工業技術研究所 客員研究員1998年 通商産業省工業技術院物質工学工業技術研究所 流動研究員2005年 富山工業高等専門学校環境材料工学科助教授2007年より准教授
 

学歴

 
 
 - 
1993年
京都大学 理学研究科 化学
 
 
 - 
1991年
立命館大学 理工学部 化学
 

委員歴

 
2004年
 - 
2005年
(社)日本セラミックス協会同学術論文誌編集委員(2004年~2005年)同タイトルサービス小委員会長 (2004年~2005年ガラス部会事務幹事(2004年)北陸支部常議員・幹事(2007年~)(社)分析化学会・中部支部常任幹事(2007年~),同幹事(2006年)NPO法人エコテクノロジー研究会評議員・論文誌編集委員(2004年~)NEDO技術開発機構研究助成ピアレビューアー(2005年~)
 
1999年
   
 
日本セラミックス協会  学術論文誌編集委員、TS小委員会委員長,ガラス部会行事担当理事
 
2003年
   
 
エコテクノロジー研究会  評議員(編集担当) 編集委員会
 

受賞

 
2011年6月
(一社)石膏ボード工業会 特別功労賞
 
2008年11月
日刊工業新聞社 第3回モノづくり連携大賞・特別賞
 

論文

 
Zhu Yang, Nakanishi Takahiro, Kanamori Kazuyoshi, Nakanishi Kazuki, Ichii Shun, Iwaida Kohji, Masui Yu, Kamei Toshiyuki, Shimada Toyoshi, Kumamoto Akihito, Ikuhara Yumi H., Jeon Mina, Hasegawa George, Tafu Masamoto, Yoon Chang Won, Asefa Tewodros
ACS APPLIED MATERIALS & INTERFACES   9(1) 36-41   2017年1月   [査読有り]
Pelisson Carl-Hugo, Nakanishi Takahiro, Zhu Yang, Morisato Kei, Kamei Toshiyuki, Maeno Ayaka, Kaji Hironori, Muroyama Shunki, Tafu Masamoto, Kanamori Kazuyoshi, Shimada Toyoshi, Nakanishi Kazuki
ACS APPLIED MATERIALS & INTERFACES   9(1) 406-412   2017年1月   [査読有り]
袋布昌幹, 室山峻紀, 高松さおり, 豊嶋剛司, 丁子哲治, 松下祐也, 藤田巧
環境と安全(Web)   8(1) 23‐29(J‐STAGE)   2017年
袋布 昌幹
Eur-Mediter. J.for Environ. Integr.   1(1) -T   2016年9月   [査読有り]
Shan Huang, Xingming Zhang, Masamoto Tafu, Takeshi Toshima, Youngmin Jo
Separation and Purification Technology   156 642-654   2015年12月   [査読有り]
© 2015 Elsevier B.V. All rights reserved.A two-step method to understand the dust particle capture process in a magnetic field gradient was presented in this study. Dust capture depended strongly on the magnetic force exerting on the particles, wh...
袋布 昌幹
Phosphorus letter   (86) 31-39   2016年6月
Masamoto Tafu, Atsushi Manaka
Environmental Remediation Technologies for Metal-Contaminated Soils   147-159   2015年10月
© Springer Japan 2016. All rights are reserved.Estimation and immobilization of fluoride and heavy-metals in contaminated soil are important approaches for the remediation of fluoride and heavymetal polluted soil. In this review, firstly, we descr...
袋布昌幹, 豊嶋剛司
環境浄化技術   14(4) 79-82   2015年7月
袋布昌幹, 豊嶋剛司, 清水真
J Soc Inorg Mater Jpn   22(376) 160-165   2015年5月
野口真一, 袋布昌幹, 西川美穂
J Soc Inorg Mater Jpn   22(376) 155-159   2015年5月
袋布 昌幹, 豊嶋 剛司, 清水 真
Journal of the Society of Inorganic Materials, Japan : セッコウ・石灰・セメント・地球環境の科学   22(376) 160-165   2015年5月
Yang Zhu, Taiyo Shimizu, Takara Kitajima, Kei Morisato, Nirmalya Moitra, Nicolas Brun, Tsutomu Kiyomura, Kazuyoshi Kanamori, Kazuyuki Takeda, Hiroki Kurata, Masamoto Tafu, Kazuki Nakanishi
New Journal of Chemistry   39(4) 2444-2450   2015年4月   [査読有り]
© The Royal Society of Chemistry and the Centre National de la Recherche Scientifique 2015. Hierarchically porous monolithic materials are advantageous as adsorbents, catalysts and catalyst supports due to the better accessibility of reactants to ...
野口 真一, 袋布 昌幹, 西川 美穂
Journal of the Society of Inorganic Materials, Japan : セッコウ・石灰・セメント・地球環境の科学   22(376) 155-159   2015年5月
Takeshi Toshima, Ryo Hamai, Saya Fujita, Yuka Takemura, Saori Takamatsu, Masamoto Tafu
Journal of Physics: Conference Series   596    2015年1月   [査読有り]
Brushite (Dicalcium phosphate dihydrate, (DCPD), CaHPO4·2H2O) is one of key components in calcium phosphate system due to wide attractive material not only as bioceramics but also environmental materials. Morphology of DCPD crystals is important f...
M. Tafu, T. Toshima, A. Manaka, T. Chohji, M. Irie
Journal of Physics: Conference Series   596    2015年1月
Dissolution rate of various chemical gypsums in the water was investigated by using batch experiment. The rate of the dissolution of the gypsum had good agreement for explanation of dissolution of plate particle. The rate constants of the experime...
袋布昌幹, 間中淳, 豊嶋剛司, 清水義喜, 石田大介, 松岡隆晴, 石井誠郎, 萩野芳章
地盤改良シンポジウム論文集   11th 37-42   2014年11月
Kazuto Sazawa, Takatoshi Wakimoto, Noriko Hata, Shigeru Taguchi, Shunitz Tanaka, Masamoto Tafu, Hideki Kuramitz
Analytical Methods   5(11) 2660-2665   2013年6月   [査読有り]
The evaluation of forest fire severity and effect on soil is very important when discussing the damage to the environment. The purpose of this study is to evaluate the effect forest fires have on the soil color using the CIE Lab system. The color ...
Masamoto Tafu, Tomonori Kawakami, Atushi Manaka, Sho Ichi Furuyama, Takeshi Toshima, Tetsuji Chohji
Sustainable North African Society: Exploring Seeds and Resources for Innovation   177-186   2014年10月
© 2015 by Nova Science Publishers, Inc. All rights reserved. Fluoride contamination in the water environment is one of the serious issues in Tunisia. In order to determine fluoride concentration on-site, a handy tablet technique has been developed...
間中淳, 坂上千尋, 佐藤祐, 五十嵐淑郎, 袋布昌幹, 入江光輝
J Ecotechnology Res   17(2) 95-98   2014年2月
A Visual determination based on ON/OFF color reaction is high visibility visual analysis because of determination by counting number of discoloring. On the other hand, there is some problems about operability in this method . Especially, there we...
Ryo Hamai, Takeshi Toshima, Masamoto Tafu, Takaaki Masutani, Tetsuji Chohji
Key Engineering Materials   529-530 55-60   2013年1月   [査読有り]
Brushite (DCPD, CaHPO4.2H2O) crystals are of great significance in a range of fields including biology, medicine, chemistry, and materials science. One important issue is the control of their morphology; when the crystal growth conditions are chan...
本山亜友里, 川上智規, WERAGODA S. K., 奥川光治, 芹川裕加, 袋布昌幹, 高松さおり
環境工学研究論文集   49 III.517-III.523-TM004053   2012年11月   [査読有り]
宮重 徹也, 袋布 昌幹
日本経営倫理学会誌   0(19) 187-195   2012年1月
In the 21^<st> century, waste recycling companies that environment-related industry is required an ethics program. In Hokkaido, Hokusei Kigyou adopted corporate ethics program based on its philosophy, "environment friendly." In addition, Hokusei K...
袋布昌幹, 丁子哲治
J Ecotechnology Res   16(2) 65-69   2011年3月
 A calcium hydrogen phosphate dihydrate (DCPD) reacts with fluoride ion in a solution to form fluorapatite (FAp). This reaction is very selective and efficient enough. In previous reports, we have appeared that this reaction needs "lag time". The ...
川上智規, 本山亜友里, 芹川裕加, 袋布昌幹
J Ecotechnology Res   16(2) 71-74   2011年3月
 Many residents of the central north province of Sri Lanka such as Anuradhapura region suffer from fluorosis caused by drinking water with high concentration of fluoride. The ground water containing fluoride is supplied as drinking water in the re...
Manaka Atsushi, Sawai Hikaru, 袋布 昌幹
Journal of ecotechnology research   16(2) 47-50   2011年3月
川上 智規, Weragoda S. K., Attanayake M. A. M. S. L., Masaki SAKAMOTO, Masamoto TAFU, Hideharu HONOKI, Yuka SERIKAWA
Journal of Ecotechnology Research   16(2) 39-45   2011年
 A massive fish die-off was reported in Kandy Lake, Sri Lanka, in 2009. The maximum number of dead fish was as high as 150 per day. A survey of the water quality of Kandy Lake was conducted in the afternoon on 28 March for the daytime survey and b...
Manaka Atsushi, Sawai Hikaru, 袋布 昌幹, Takeshi TOSHIMA, Yuka SURIKAWA, Tetsuji CHOHJI
Journal of Ecotechnology Research   16(2) 47-50   2011年
 A simple preprocessing method to allow the analysis of the fluoride content of gypsum is proposed for use in gypsum board recycling. The perchloric acid distillation method is well established as a method to quantify the fluoride content of gypsu...
袋布 昌幹, 丁子 哲治, 伊永 隆史
環境と安全   1(2) 33-39   2010年9月
   Calcium hydrogen phosphate dihydrate (DCPD) reacts with fluoride ion in aqueous solution and forms stable fluorapatite (FAp). This reaction has been investigated on prevention of dental caries. We have applied this reaction to immobilize fluori...
Tafu Masamoto, Chohji Tetsuji, Morioka Itiro, Hiwasa Masaya, Nakano Hirokazu, Fujita Takumi
Transactions of the Materials Research Society of Japan   35(2) 377-380   2010年
In Japan, large amount of waste gypsum board is generated from demolition works, and most of it has placed in the landfill. Many companies in Japan have attempted to recycle waste gypsum board to solidification treatment of waste slurry from const...
Masamoto Tafu, Tetsuji Chohji
Journal of the European Ceramics Society   印刷中 767-770   2006年1月
Phosphogypsum is the principal by-product produced by the wet processes involved in the manufacture of phosphoric acid, and generally contains an amount of fluoride that needs to be fixed or removed. Calcium hydrogen phosphate dihydrate (DCPD) rea...
袋布 昌幹, 丁子 哲治
水環境学会誌 = Journal of Japan Society on Water Environment   28(3) 179-184   2005年3月
Ion-selective electrodes (ISE) are widely utilized for the determination of fluoride in water. For the determination of trace amounts of fluoride in groundwater, a pre-concentration process is required because of lack of sensitivity of ISE to fluo...
リン酸水素カルシウム二水和物(DCPD)を用いた地下水中微量フッ素の簡易定量
水環境学会誌   28(3), 179-184    2005年
リン酸水素カルシウム二水和物(DCPD)と水溶液中低濃度フッ化物イオンとの反応機構
日本セラミックス協会学術論文誌   113(5), 263-367    2005年
リン酸水素カルシウム二水和物(DCPD)の転化反応を用いた大気中微量フッ素の簡易モニタリング
J. Ecotech. Res.   10(2), 83-89    2004年
袋布 昌幹, 丁子 哲治
水環境学会誌 = Journal of Japan Society on Water Environment   26(1) 33-38   2003年1月
Wastewater containing fluoride is released by various industries. In 2001, the effluent standard for fluoride was revised from 15 to 8 mg·l-1 in Japan. The aim of this study was to develop a simplified method for high-quality treatment of fluoride...
Ryoji Takahashi, Satoshi Sato, Toshiaki Sodesawa, Kei Suzuki, Masamoto Tafu, Kazuki Nakanishi, Naohiro Soga, Naohiro Soga
J. Am. Ceram. Soc.   84(9), 1968-1976 1968-1976   2001年9月
Phase separation in a sol-gel process of SiO2-ZrO2 in the presence of polyethylene oxide is investigated. An amorphous gel with interconnected macroporous morphology is obtained when phase separation and sol-gel transition concur to fix a transiti...
A Separation Metbod for Simlified Determination of Fluoride by Using Calcium Phosphate
Arai.Sci   17, 753-756    2001年
An Ecotechnological Removal System for Fluoride in Water by Using Activated Alumina
J. Ecotech. Res   7(2), 85-91    2001年

Misc

 
袋布昌幹
地盤工学会誌   65(3) 40‐41   2017年3月
袋布 昌幹
Ceramics Japan = セラミックス : bulletin of the Ceramic Society of Japan   50(2) 126-130   2015年2月
袋布昌幹
Phosphorus Lett   0(75) 13-16   2012年10月
袋布 昌幹, 豊嶋 剛司, 丁子 哲治
Journal of the Society of Inorganic Materials, Japan : セッコウ・石灰・セメント・地球環境の科学   21(373) 421-425   2014年11月
原 正憲, 片山 知香, 中山 将人, 松山 政夫, 廣上 清一, 高田 英治, 袋布 昌幹, 丁子 哲治
富山大学水素同位体科学研究センター研究報告   33 53-62   2013年
To confirm the applicability of the modified integral counting method for the radioactivity measurements of low energy beta emitters, the radioactivity measurements of 35S and 14C were carried out using a liquid scintillation counter. The disinteg...
袋布昌幹, 豊嶋剛司, 丁子哲治
J Soc Inorg Mater Jpn   21(373) 421-425   2014年11月
原正憲, 片山知香, 中山将人, 松山政夫, 廣上清一, 高田英治, 袋布昌幹, 丁子哲治
富山大学水素同位体科学研究センター研究報告   33 53-62   2014年6月
吉崎詩織, 野村梓, 袋布昌幹, 高松さおり, 豊嶋剛司, 丁子哲治
セラミックス基礎科学討論会講演要旨集   52nd 143   2014年1月
小澤妙子, 山腰等, 石田文彦, 袋布昌幹, 高田英治
日本知財学会年次学術研究発表会(CD-ROM)   11th ROMBUNNO.2E2   2013年11月
竹村由香, 袋布昌幹, 豊嶋剛司, 丁子哲治
日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)   26th ROMBUNNO.1A26   2013年8月
袋布昌幹, 濱井瞭, 豊嶋剛司, 丁子哲治
日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)   26th ROMBUNNO.2A02   2013年8月
原正憲, 中山将人, 松山政夫, 廣上清一, 丁子哲治, 高田英治, 袋布昌幹
アイソトープ・放射線研究発表会要旨集   50th 67   2013年6月
桝谷峰旦, 濱井瞭, 豊嶋剛司, 袋布昌幹, 丁子哲治
日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集   24th 191   2011年9月
袋布 昌幹, 丁子 哲治
日本セラミックス協会学術論文誌 : Nippon Seramikkusu Kyokai gakujutsu ronbunshi   113(1317) 363-367   2005年5月
Calcium hydrogenphosphate dihydrate (DCPD) efficiently reacts with fluoride ion in a solution to form fluorapatite (FAp). In this paper, the reaction of DCPD with a solution containing a small amount of fluoride was investigated. 2.0g of DCPD was ...
平野由起, 袋布昌幹, 丁子哲治, 森岡一郎, 中野宏一, 藤田巧
日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集   24th 190   2011年9月
袋布昌幹, 丁子哲治, 森岡一郎, 藤田巧
日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集   24th 54   2011年9月
M. Tafu, T. Chohji
WIT Transactions on Ecology and the Environment   102 991-998   2007年11月
Gypsum board is widely used as a building material in many countries. In Japan, three million tons of gypsum board is manufactured for building construction, and about one million tons of waste gypsum board is generated from demolition work. Most ...
袋布 昌幹, 丁子 哲治
Journal of ecotechnology research   16(2) 65-69   2011年3月
袋布 昌幹, 丁子 哲治
日本高専学会誌 : journal of the Japan Association for College of Technology   15(1) 33-36   2010年1月
袋布昌幹, 丁子哲治, 澤田昭吾, 堀浩明
基礎工   37(11) 074-076   2009年11月
袋布 昌幹, 豊嶋 剛司, 高松 さおり, 丁子 哲治
セラミックス   44(8) 635-638   2009年8月
袋布昌幹, 丁子哲治
J Soc Inorg Mater Jpn   15(335) 251-256   2008年7月
袋布 昌幹, 丁子 哲治
Journal of the Society of Inorganic Materials, Japan : セッコウ・石灰・セメント・地球環境の科学   15(335) 251-256   2008年7月
丁子 哲治, 袋布 昌幹, 高松 さおり
燃料電池   7(4) 24-28   2008年
袋布 昌幹, 丁子 哲治
富山工業高等専門学校紀要   40(0)    2006年3月
In September 2004, a real-time X-ray diffraction system (RIGAKU RINT-ULTIMAIII) was installed in Ecomaterials Engineering, Toyama National College of Technology. In this section, overviews of the analyzer were described.
新木 孝介, 袋布 昌幹, 丁子 哲治
廃棄物学会研究発表会講演論文集   16(0) 392-394   2005年10月
袋布 昌幹, 丁子 哲治
富山工業高等専門学校紀要   38(0)    2004年3月
In September 2002, a ICP Atomic Emission Spectrometer (Perkin-Elmer Optima 2000DV) was installed in Ecomaterials Engineering, Toyama National College of Technology. In this section, overviews of the analyzer were described.
袋布 昌幹, 丁子 哲治
富山工業高等専門学校紀要   38(0)    2004年3月
In September 2002, a X-ray diffraction system (RIGAKU MINIFLEX) was installed in Ecomaterials Engineering, Toyama National College of Technology. In this section, overviews of the analyzer were described.
袋布 昌幹
富山工業高等専門学校紀要   36(0)    2002年3月
袋布 昌幹, 丁子 哲治
富山工業高等専門学校紀要   29(0) 37-41   1995年3月
袋布 昌幹
富山工業高等専門学校紀要   35(0)    2001年3月
リン酸カルシウムを用いた生体模倣プロセスによる汚染水中のフッ素の資源化
エコテクノロジー研究   5(2) 224   1999年
ゼロエミッションを指向したフッ素汚染水の資源化システム
文部省科研費(国際学術研究)「東アジアにおける酸性雨などによる環境影響調査と環境教育」平成9年度研究成果報告書   60   1998年
環境教育を目的とした資源回収システム-金属工学科の学生実験で発生した重金属含有廃液を例とした検討
富山工業高等専門学校 紀要   29 37   1995年
Devolopment of a Method for Simlified Determination of a Trace of Fluoride in the Air by Using Transform Reaction of Cakium Phosphate
Proc. 2rd Asian Bioceramics Symosium   193-196    2002年
ゼロエミッション型めっきプロセスの構築
エコテクノロジー研究   5(1) 102   1999年

講演・口頭発表等

 
松岡 隆晴, 清水 義喜, 萩野 芳章, 袋布 昌幹
地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集   2016年6月23日   

Works

 
水産業廃棄物の資源化・有効利用法の開発
2003年
フッ素廃水の処理・資源化技術の開発
2003年
環境中フッ素のモニタリング
2002年
フッ素除去能力を有する機能性材料の探索
2003年
環境中フッ素モニタリング技術の開発
2001年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 袋布 昌幹
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 袋布 昌幹
生体内で進行している物質循環を参考にし,ナノスケールで材料の反応性を制御させた機能性材料を用いた「ナノバイオミメティックプロセス」を用い,水環境を中心としたフッ素化合物をはじめとする汚染物質の処理技術を検討した。得られた成果は以下の通りである。1)これまで行ってきたリン酸カルシウムの転化反応を改良することにより,フッ素廃水の処理を高効率で行う手法を明らかにできた。2)民間企業の若手エンジニアによるナショナルプロジェクトの提案を技術的に支援した。また,国内外の民間企業に対して成果の共有を進め...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 丁子 哲治
(1)高等専門学校 高等専門学校(高専)における教育システムについて検討を行ってきた。高専は設立から40年にわたり,高校生に相当する3年間,大学に相当する2ないし4年間の一貫教育を行ってきた高等教育機関である。学習指導要領の縛りを受けることなく自由な教育課程を編成することができ,教育・研究に従事する教員が15歳の学生に教育するプログラムは,スーパーサイエンススクール(SSH)で行われている試みや,理数科教育の将来像と共通するものである。その意味で高専はSSHなどで行われている先端的プログラ...
ミニマムエミッションを指向した生体模倣法による水環境中未利用フッ素の回収・資源化
科学研究費補助金
研究期間: 2002年 - 2004年
フッ素との特異な反応性を有するバイオミメティックナノ表面材料開発による,持続的資源循環ソリューションの構築(NEDO産技研究)
産業科学技術研究開発制度
研究期間: 2004年 - 2006年
歯や骨にフッ素化合物が固定される反応をヒントに,環境中のフッ素化合物を固定・不溶化できる機能性材料およびその応用技術を開発した。成果はNEDO技術開発機構が2008年に刊行した「成功事例集30」に全国高専で唯一掲載された。

特許

 
袋布 昌幹, 丁子 哲治, 豊嶋 剛司, 藤田 巧, 中野 宏一, 森岡 一郎, 森 克巳, 前田 誠, 竹中 一将
袋布 昌幹, 丁子 哲治, 豊嶋 剛司, 藤田 巧, 中野 宏一, 森岡 一郎, 森 克巳, 前田 誠, 竹中 一将
袋布 昌幹, 丁子 哲治, 森岡 一郎, 前田 誠, 岡山 秀人, 吹田 延夫
袋布 昌幹, 丁子 哲治, 藤田 巧, 中野 宏一, 森岡 一郎, 森 克巳, 日和佐 雅哉, 前田 誠, 竹中 一将
袋布 昌幹, 丁子 哲治, 藤田 巧, 中野 宏一, 森岡 一郎, 森 克巳, 日和佐 雅哉, 前田 誠, 竹中 一将