堀江 薫

J-GLOBALへ         更新日: 10/07/30 00:00
 
アバター
研究者氏名
堀江 薫
 
ホリエ カオル
所属
旧所属 東北大学 高等教育開発推進センター 全学教育推進部
職名
教授,国際文化研究科・教授
学位
言語学博士(南カリフォルニア大学), 文学修士(言語学)(南カリフォルニア大学), 文学修士(上智大学), 文学士(上智大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2007年
   
 
- 東北大学国際高等融合領域研究所
 
2002年
 - 
2007年
東北大学21世紀COEプログラム(人文科学)
 
2007年
   
 
- 東北大学大学院国際文化研究科付属言語脳認知総合科学研究センター
 
2004年
   
 
- 東北大学高等教育開発推進センター
 
2002年
 - 
2004年
東北大学国際文化研究科
 

学歴

 
 
 - 
1993年
南カリフォルニア大学大学院 人文科学研究科 言語学専攻
 
 
 - 
1990年
南カリフォルニア大学大学院 人文科学研究科 言語学専攻
 
 
 - 
1984年
上智大学 外国語学研究科 言語学専攻
 
 
 - 
1982年
上智大学 外国語学部 英語
 

委員歴

 
2000年
   
 
日本認知言語学会  理事(2005-)、運営委員(2000-2004)
 
2002年
   
 
国際韓国語学会  アジア地区渉外担当
 
2007年
   
 
日本言語科学会  編集委員会委員長(2008~)、常任委員(2007~)、運営委員(2007~)
 
2000年
   
 
日本言語学会  評議員(2009~)、委員(2000~)2008
 
2003年
   
 
日本英語学会  編集委員(2003-2007)、代議員(2005-)
 

Misc

 
Core-oblique Distinction and Nominalizer Choice in Japanese and Korean
Studies in Language   24(1) 77-102   2000年
Effect of syntactic similarity on cortical activation during second language processing: A comparison of English and Japanese among native Korean trilinguals
Human Brain Mapping   28 194-204   2007年
Three Types of Nominalization in Modern Japanese : NO, KOTO, and Zero
Linguistics   35(5) 879-894   1997年
Subjectification and intersubjectification in Japanese: A comparative-typological perspective
Journal of Historical Pragmatics   8(2) 311-323   2007年
What does 'double causative' reveal about causation and Korean?
Japanese/Korean Linguistics   14 321-330   2006年

書籍等出版物

 
Complementation : Cognitive and Functional Perspectives
John Benjamins publishing company   2000年   
Cognitive-Functional Linguistics in an East Asian Context
Kurosio publishers   2001年   
言語のタイポロジー 認知類型論のアプローチ
研究社   2009年   
対照言語学の新展開
ひつじ書房   2004年   
Overt anaphoric expressions, empathy, and the uchi-soto distinction. A contrastive perspective.
Emotive Communication in Japanese   2006年   

Works

 
『言語類型論入門 言語の普遍性と多様性』(リンゼイ・J.ウェイリー著、大堀壽夫・古賀裕章・山泉実 訳、岩波書店)
2007年 - 2007年
日野資成著 『形式語の研究―文法化の理論と応用―』
2001年 - 2002年
山梨正明著『認知言語学原理』(くろしお出版)
1999年 - 2000年
日本語・朝鮮語テクストにおける時空間認知に関する対照的研究
1995年 - 1995年
構文と動詞の意味融合:日英語対照による認知類型論的アプローチ
2001年 - 2003年

競争的資金等の研究課題

 
母語と第二言語の習得・処理に関する言語認知脳科学的研究
脳科学研究
研究期間: 2001年   
世界の言語の形式と意味の相互関係に関する類型論的・対照言語学的・認知機能言語学的研究(特に複文・名詞化構文)
科学研究費補助金
研究期間: 1988年   
日本語と韓国語の文法の認知類型論的研究
科学研究費補助金
研究期間: 1994年   
東アジア言語の文化、コミュニケ-ション、談話構造、文法、文法化の相関に関する総合的研究
科学研究費補助金
研究期間: 1998年