山本 義春

J-GLOBALへ         更新日: 10/10/19 00:00
 
アバター
研究者氏名
山本 義春
 
ヤマモト ヨシハル
URL
http://www.p.u-tokyo.ac.jp/~yamamoto
所属
東京大学
部署
大学院教育学研究科 総合教育科学専攻(身体教育学コース)
職名
教授
学位
教育学博士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1989年
 - 
1991年
カナダ・ウォータールー大学応用健康科学部 ポスドク
 
1991年
 - 
1993年
カナダ・ウォータールー大学応用健康科学部 研究準教授
 
1993年
 - 
1997年
東京大学大学院教育学研究科 講師
 
1997年
 - 
2000年
東京大学大学院教育学研究科 助教授
 
2000年
   
 
- 東京大学大学院教育学研究科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1990年
東京大学 教育学研究科 体育学
 

委員歴

 
1996年
   
 
Executive Committee, The IFMBE/IMIA 2rd International Workshop on Biosignal Interpretation (1996)
 
1997年
 - 
1998年
日本ME学会「月刊BME」編集委員 (1997年-1998年)
 
1997年
   
 
Scientific Committee, The 16th International Society of Biomechanics (1997)
 
1997年
   
 
日本ME学会「生体機能の計測と解釈のための信号処理」専門別研究会幹事 (1997年-)
 
1999年
   
 
International Program Committee, The IFMBE/IMIA 3rd International Workshop on Biosignal Interpretation (1999)
 

受賞

 
1995年
アメリカスポーツ医学会New Investigator賞 (American College of Sports Medicine, 1995 New Investigator Award)
 
1995年
中山科学振興財団奨励賞
 
1996年
福田記念医療技術振興財団論文賞
 
1996年
計測自動制御学会生体・生理工学部会研究奨励賞
 

Misc

 
Synchronization of spontaneous eye blinks while viewing video stories.
Nakano, T., Y. Yamamoto, K. Kitajo, T. Takahashi, and S. Kitazawa.
Proceedings of the Royal Society B   276 3635-3644   2009年
Togo, F., B. H. Natelson, G. K. Adler, J. E. Ottenweller, D. L. Goldenberg, Z. R. Struzik, and Y. Yamamoto.
Experimental Biology and Medicine   234(2) 232-240   2009年
Improvement of motor functions by noisy vestibular stimulation in central neurodegenerative disorders.
Pan, W., R. Soma, S. Kwak, and Y. Yamamoto.
Journal of Neurology   255 1657-1661   2008年
Panic disorder and locomotor activity.
Sakamoto, N., K. Yoshiuchi, H. Kikuchi, Y. Takimoto, H. Kaiya, H. Kumano, Y. Yamamoto, and A. Akabayashi.
BioPsychoSocial Medicine   2 23-1-6   2008年
Application of ecological momentary assessment in stress-related diseases.
Yoshiuchi, K., Y. Yamamoto, and A. Akabayashi.
BioPsychoSocial Medicine   2 13-1-6   2008年

Works

 
生理調節システムにおける「ノイズ」の機能的役割
1999年 - 2001年
ヒトのエネルギー代謝およびストレスの長期モニタリング
1997年 - 2000年
感覚ノイズによる脳機能の活性化手法
2001年 - 2004年

競争的資金等の研究課題

 
生体ゆらぎの機能的意義
ヒトの行動の無侵襲モニタリング
生体信号処理の方法論