新藤 充

J-GLOBALへ         更新日: 17/02/23 16:55
 
アバター
研究者氏名
新藤 充
 
シンドウ ミツル
URL
http://www.cm.kyushu-u.ac.jp/dv01/dmstj.html
所属
九州大学
部署
先導物質化学研究所 物質基盤化学部門
職名
教授
学位
博士(薬学)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1990年
 - 
1996年
東京大学薬学部助手
 
1996年
 - 
2005年
 徳島大学薬学部助教授
 
2000年10月
 - 
2003年
科学技術振興事業団さきがけ研究21 研究員(兼任)
 
2005年
 - 
2010年
 九州大学先導物質化学研究所助教授
 
2010年
   
 
-   九州大学先導物質化学研究所教授
 

学歴

 
 
 - 
1990年
東京大学 薬学系研究科 製薬化学
 
 
 - 
1986年
東京大学 薬学部 薬学科
 

委員歴

 
1997年
 - 
1999年
日本薬学会  ファルマシアトピックス専門小委員
 
1998年
 - 
2000年
有機合成化学協会  編集協力委員
 

受賞

 
2011年2月
有機合成化学協会 第一三共創薬有機化学賞
 
2000年
日本薬学会奨励賞
 
1998年
有機合成化学協会研究企画賞(エ-ザイ)
 

論文

 
Aerobic Oxidative Homocoupling of Aryl Amines Using Heterogeneous Rhodium Catalysts
新藤 充
Org. Lett.   16 4754-4757   2014年
Design and Synthesis of Conformationally Constrained Analogues of cis-Cinnamic Acid and Evaluation of Their Plant Growth Inhibitory Activity
新藤 充
Phytochemistry   96 223-234   2013年
Shindo M, Matsumoto K
Topics in current chemistry      2012年3月   [査読有り]
Matsuo K, Shindo M
Organic letters   13(16) 4406-4409   2011年8月   [査読有り]
Takeda S, Matsuo K, Yaji K, Okajima-Miyazaki S, Harada M, Miyoshi H, Okamoto Y, Amamoto T, Shindo M, Omiecinski CJ, Aramaki H
Chemical research in toxicology   24(6) 855-865   2011年6月   [査読有り]
Yoshikawa T, Shindo M
Organic letters   11(23) 5378-5381   2009年12月   [査読有り]
Shindo M, Yamamoto Y, Yamada K, Tomioka K
Chemical & pharmaceutical bulletin   57(7) 752-754   2009年7月   [査読有り]
Yoshikawa T, Mori S, Shindo M
Journal of the American Chemical Society   131(6) 2092-2093   2009年2月   [査読有り]
Sato S, Tsunoda M, Suzuki M, Kutsuna M, Takido-uchi K, Shindo M, Mizuguchi H, Obara H, Ohya H
Spectrochimica acta. Part A, Molecular and biomolecular spectroscopy   71(5) 2030-2039   2009年1月   [査読有り]
Ohtsuki K, Matsuo K, Yoshikawa T, Moriya C, Tomita-Yokotani K, Shishido K, Shindo M
Organic letters   10(6) 1247-1250   2008年3月   [査読有り]
Shindo M, Yoshimura Y, Hayashi M, Soejima H, Yoshikawa T, Matsumoto K, Shishido K
Organic letters   9 1963-1966   2007年5月   [査読有り]
Yokoe H, Sasaki H, Yoshimura T, Shindo M, Yoshida M, Shishido K
Organic letters   9(6) 969-971   2007年3月   [査読有り]
Shindo M, Kita T, Kumagai T, Matsumoto K, Shishido K
Journal of the American Chemical Society   128(4) 1062-1063   2006年2月   [査読有り]
Yoshimura T, Yakushiji F, Kondo S, Wu X, Shindo M, Shishido K
Organic letters   8(3) 475-478   2006年2月   [査読有り]
Shindo M, Yoshikawa T, Itou Y, Mori S, Nishii T, Shishido K
Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany)   12(2) 524-536   2005年12月   [査読有り]
Shindo M, Matsumoto K, Shishido K
Chemical communications (Cambridge, England)   (19) 2477-2479   2005年5月   [査読有り]
Mori S, Shindo M
Organic letters   6(22) 3945-3948   2004年10月   [査読有り]
Shindo M, Sato Y, Yoshikawa T, Koretsune R, Shishido K
The Journal of organic chemistry   69(11) 3912-3916   2004年5月   [査読有り]
Shindo M, Matsumoto K, Shishido K
Angewandte Chemie (International ed. in English)   43(1) 104-106   2004年1月   [査読有り]
Shindo M, Sato Y, Koretsune R, Yoshikawa T, Matsumoto K, Itoh K, Shishido K
Chemical & pharmaceutical bulletin   51(4) 477-478   2003年4月   [査読有り]
Fukuda Y, Shindo M, Shishido K
Organic letters   5(5) 749-751   2003年3月   [査読有り]
Kishuku H, Shindo M, Shishido K
Chemical communications (Cambridge, England)   (3) 350-351   2003年2月   [査読有り]
Shindo M, Itoh K, Tsuchiya C, Shishido K
Organic letters   4(18) 3119-3121   2002年9月   [査読有り]
Itoh M, Kuwahara J, Itoh K, Fukuda Y, Kohya M, Shindo M, Shishido K
Bioorganic & medicinal chemistry letters   12(16) 2069-2072   2002年8月   [査読有り]
Shindo M, Matsumoto K, Mori S, Shishido K
Journal of the American Chemical Society   124(24) 6840-6841   2002年6月   [査読有り]

Misc

 
ナフタレン環への共役付加反応。不斉反応への展開。(共著)
化学(化学同人)   45 578   1990年
タキソールの全合成競争
現代化学(東京化学同人)   (8月号) 32-38   1994年
キラルなジオキシランによる不斉エポキシ化反応
ファルマシア(社)日本薬学会   33(7) 777   1997年
新藤 充
有機合成化学協会誌、(社)有機合成化学協会   58(12) 1155-1166   2000年
イノラートアニオンの新規合成法の開発とその機能開拓
YAKUGAKU ZASSHI,(社)日本薬学会   120 1233-1246   2000年

書籍等出版物

 
ブルース有機化学第4版(翻訳分担)
化学同人   2004年   
日本薬学会編 化学系薬学 Ⅰ.化学物質の性質と反応(分担執筆)
東京化学同人   2004年   

Works

 
機能性炭素反応種を用いた合成反応
2000年 - 2003年
アポトーシス誘導阻害剤の開発
1999年
イノラートを用いたオレフィン化反応の機構
2000年
アレロパシー活性化合物の合成
2002年

競争的資金等の研究課題

 
生理活性天然物の全合成
研究期間: 1996年   
新規炭素反応活性種の開発
研究期間: 1996年   
アポトーシス阻害剤の開発、合成
その他の研究制度
研究期間: 2000年   
ボンクレキン酸及びその類縁体を合成し、アポトーシス阻害機構の解明と新規アポトーシス阻害剤の開発を目指す。
アレロパシー活性化合物のケミカルバイオロジー
新技術・新分野創出のための基礎研究推進事業
研究期間: 2000年   
アレロケミカルを基盤に有機合成による新規植物生長調節剤の開発と作用機構の解析を行う。
新規有機合成反応の開発
研究期間: 2005年   

特許

 
ボンクレキン酸前駆化合物及びその製造方法、
特願2000-224369
多置換シクロアルケン類の新規製造法
特願2001−175047
イノラートアニオンの新規合成法
特願2001−308642
新規なアポトーシス誘導剤
特願2001−372050
5−イソキサゾリジノン類の新規製造法
特願2002−19450