佐々木 寛

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/07 03:14
 
アバター
研究者氏名
佐々木 寛
 
ササキ ヒロシ
所属
玉川大学
部署
工学部 ソフトウェアサイエンス学科
職名
教授

プロフィール

ヒトを対象とした非侵襲的脳活動計測技術を用いて、記憶の脳内神経メカニズムの研究をしている。とくに記憶の保持(固定)と忘却(消去)を決定付ける脳内過程の解明を目指している。げっ歯類を対象とした電気生理学的研究に基づく仮説を立て、それを検証する実験を一つ一つ積み上げながら研究を進めている。
卒業研究の指導にあたっては、問題の提起、その解決のための実験の立案と実施、実験データの解析とその結果に関する議論、を学生自らが考えながら進めていけるよう心がけている。また、一人で行うことが困難な実験を、研究室の仲間と一緒に協力し議論しながら進めていくため、チームで団結して遂行することの大切さを学び、同時にコミュニケーション能力の育成にもつながっている。

研究キーワード

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
玉川大学 工学部 教授
 
2007年4月
 - 
2012年3月
玉川大学 工学部 准教授
 
2007年4月
 - 
現在
玉川大学 学術研究所K-16一貫教育研究センター(兼担)
 
2007年4月
 - 
現在
玉川大学 脳科学研究所(兼担)
 
2004年4月
 - 
2007年3月
玉川大学 学術研究所 助教授
 

学歴

 
1984年4月
 - 
1988年3月
玉川大学 工学部 情報通信工学科
 

委員歴

 
2009年4月
 - 
2013年3月
玉川学園情報システム委員会 eエデュケーション推進部会委員
 
2008年4月
 - 
2013年3月
スーパーサイエンスハイスクール運営指導委員会委員
 
2007年4月
 - 
2008年3月
礼拝・労作運営委員会委員
 
2005年4月
 - 
2007年3月
環境維持実行委員会委員
 

受賞

 
 
科学新聞賞 研究奨励賞 阪本研究刊行助成賞
 

論文

 
Influence of ACh on information processing in hippomcampal CA1 Area
Fujiwara S, Nakajima N, Sasaki H, Aihara T
Proceedings of Life Engineering Symposium 2015      2015年9月   [査読有り]
Mathematical approach for neural information processing using differential equations
Memoirs of the Faculty of Engineering, Tamagawa University   50 25-31   2015年3月   [査読有り]
Fixed point theorem in the space of all bounded continuous mappings and its applied example to differential equations related with a neuron model
Kawasaki T, Sasaki H, Toyoda M
Memoirs of the Faculty of Engineering, Tamagawa University   50 79-86   2015年3月   [査読有り]
Mechanism of information-integration of inputs to the hippocampus
Proceedings of Life Engineering Symposium 2014      2014年9月   [査読有り]
Synaptic plasticity in hippocampal CA1 neurons and learning behavior in transient ischemia-loaded gerbils
Li J, Sasaki H, Fujiwara H, Kato H, Kaneko K, Yamazaki Y, Fujii S.
Biomed Res   34(2) 75-85   2013年4月   [査読有り]

Misc

 
Mathematical approach for neural information processing using differential equations
-
Memoirs of the Faculty of Engineering, Tamagawa University   50 25-31   2015年
Fixed point theorem in the space of all bounded continuous mappings and its applied example to differential equations related with a neuron model
Kawasaki T, Sasaki H, Toyoda M
Memoirs of the Faculty of Engineering, Tamagawa University   50 79-86   2015年
Influence of ACh on information processing in hippomcampal CA1 Area
Fujiwara S, Nakajima N, Sasaki H, Aihara T
Proceedings of Life Engineering Symposium 2015      2015年
Mechanism of information-integration of inputs to the hippocampus
-
Proceedings of Life Engineering Symposium 2014      2014年
Synaptic plasticity in hippocampal CA1 neurons and learning behavior in transient ischemia-loaded gerbils
Li J, Sasaki H, Fujiwara H, Kato H, Kaneko K, Yamazaki Y, Fujii S.
Biomed Res   34(2) 75-85   2013年
Impairment of hippocampal long-term potentiation and failure of learning in mice treated with d-threo-1-phenyl-2-decanoylamino-3-morpholino-1-propanol.
Fujiwara H, Ikarashi K, Yamazaki Y, Goto J, Kaneko K, Sugita M, Kato H, Sasaki H, Inokuchi J, Furukawa K, Fujii S
Biomed Res.   33(5) 265-271   2012年
情動が事象関連脳電位に与える影響
左氏歩、早川博章、武石歴名、相原威、佐々木寛
信学技報   111(482)    2012年
海馬CA1野樹状突起の入力統合機能の研究
武石歴名、近藤将史、佐々木寛、相原威
電子情報通信学会2012年総合大会      2012年
玉川学園のロボット活動支援と教材開発
-
玉川大学工学部紀要   46 23-30   2011年
海馬CA1野における抑制入力成分の空間依存性:膜電位感受性色素を用いた光計測法による解析
近藤将史,佐々木寛,相原威
日本神経回路学会第21回全国大会      2011年
Impaired hippocampal long-term potentiation and failure of learning in β1,4-N-acetylgalactosaminyltransferase gene transgenic mice
-
Glycobiology   21(10) 1373?1381   2011年
Interaction of dendritic locations on STDP of hippocampal CA1 area using optical imaging.
M. Kondo, M. Tsukada, H. Sasaki, T. Aihara
8th IBRO World Congress of neuroscience      2011年
幼児の音声言語学習に伴う酸素化ヘモグロビン濃度変化 -18ヶ月児,21ヶ月児を中心として-
佐治量哉、梶川祥世、佐々木寛、岡田浩之、榎本正嗣
玉川大学学術研究所紀要   17    2011年
Altered effect of preceding response execution on inhibitory processing in children with AD/HD: An ERP study
-
-   77 118-125   2010年
Event-related potential during memory encoding of words analyzed by pre/post-sleep recognition performance
-
-      2010年
海馬CA1野樹状突起の情報統合機能
近藤 将史、福島 康弘、佐々木 寛、塚田 稔、相原 威
第10回「脳と心のメカニズム」ワークショップ      2010年
The interaction between distal and proximal dendritic inputs in hippocampal CA1 neurons.
T.Aihara, M.Kondo, Y.Fukushima, H.Sasaki, M.Tukada
The 87th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan      2010年
不安状態と情動的認知機能との関連性についての研究
-
第31回日本生物学的精神医学会      2009年
睡眠前後の再認成績を用いた記憶記銘関連脳電位の解析
-
日本神経回路学会第19回全国大会      2009年
The analysis of interaction among dendritic inputs in hippocumpal CA1 neuron.
-
-      2009年
海馬神経回路網の情報統合メカニズム
-
平成21年度特定領域研究「統合脳」夏のワークショップ      2009年
脳波によるBrain-Robot直接コマンドインターフェースの開発
-
玉川大学学術研究所紀要   (15) 109-115   2009年
Neural Correlates of True Memory, False Memory, and Deception
-
-      2008年
睡眠中の記憶整理仮説に基づく機能的MRIを用いた学習記憶の神経基盤に関する研究
-
平成17年度~平成18年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書      2008年
山形県内の介護作業職場における腰痛の実態とそのリスク要因
-
日本衛生学雑誌   62(3)    2007年
Brain activities related to post-sleep recognition performance during memory encoding of words
-
-      2007年
A trade-off between ongoing cognition and future anticipation regulated by interaction between the left and right medial prefrontal cortices: a functional MRI study
-
-      2007年
Attention dysfunction during visual and auditory target detection task in patients of schizophrenia
-
-      2007年
睡眠後再認成績による記憶記銘関連脳活動の解析
-
日本生理学会第84回大会      2007年
聴覚定常反応EEGを用いた注意配分推定の研究
-
Neuro 2007      2007年
記憶・忘却の生理学
-
-   19(2)    2007年
髄鞘を形成するオリゴデンドロサイトの形態と特性
-
特定領域研究「グリア-ニューロン回路網による情報処理機構の解明」平成18年度成果報告会      2007年
Brain activities associated with false memory and deception: an fMRI investigation
-
-      2006年
Temporal dynamics of effective connectivity in attentional network
-
-      2006年
睡眠中の記憶整理仮説に基づく機能的MRIを用いた学習記憶の神経基盤に関する研究
-
第2回玉川大COE・九工大COE合同研究会      2006年
Altered emotional behavioral responses in mice lacking brain-type fatty acid-binding protein gene
-
-   24(1) 175-187   2006年
STDPのデンドライトにおける場所依存性とカルシウムの関係
-
第14回海馬と高次脳機能学会      2005年
睡眠中の記憶整理仮説に基づく学習記憶の神経基盤に関する研究
-
玉川大学21世紀COEプロジェクト 全人的人間科学プログラム平成16年度研究報告会      2005年
時間経過の感覚によって惹起されるヒト海馬領域の活動
-
玉川大学21世紀COEプロジェクト 全人的人間科学プログラム平成16年度研究報告会      2005年
大脳皮質聴覚野における海馬刺激強度依存的な応答変化の光計測
-
日本神経回路学会誌   12(1) 11-16   2005年
Integration of Auditory and Visual Information with Attention Shift
-
-      2005年
Involvement of IP3 receptors in LTP and LTD induction in guinea pig hippocampal CA1 neurons
-
-   12(6)    2005年
Covert sensation of time in the left hippocampal region
-
-      2005年
Cue-related activity during visual and auditory target detection task
-
-      2005年
Neural substrates for detecting the distinctiveness of targets presented at variable local sequence probability
-
-      2005年
Modulation of fusiform activity during explicit and implicit categorization of ambigous face images
-
-      2005年
A chemical LTP induced by co-activation of metabotropic and N- methyl-D-aspartate glutamate receptors in hippocampal CA1 neurons
-
-   999 20-28   2004年
Boundary element method-based cortical potential imaging of somatosensory evoked potentials using subjects' magnetic resonance images
-
-   16 564-576   2002年
Effects of the mono- and tetrasialogangliosides GM1 and GQ1b on ATP-induced long-term potentiation in hippocampal CA1 neurons
-
-   12 339-344   2002年
Temperature dependence of synaptic responses in guinea pig hippocampal CA1 neurons in vitro
-
-   22 379-391   2002年
The temperature-dependent modulation of an inhibitory circuit in hippocampal slices as revealed by a population spike recording is mediated by extracellular adenosine
-
-   51 545-554   2001年
Endogenous adenosine regulates the effects of low-frequency stimulation on the induction of long-term potentiation in CA1 neurons of guinea pig hippocampal slices
-
-   279 121-124   2000年
Effects of A1 and A2 adenosine receptor antagonists on the induction and reversal of long-term potentiation in guinea pig hippocampal slices of CA1 neurons
-
-   20 331-350   2000年
音と海馬の複合刺激によってモルモット聴覚皮質に誘起されるダイナミックな相互作用 -オプティカルイメージ解析-
-
日本神経回路学雑誌   6 11-16   1999年
Effect of the mono- and tetra-sialogangliosides, GM1 and GQ1b, on long-term potentiation in the CA1 hippocampal neurons of the guinea pig
-
-   123 307-314   1998年
8-Cyclopentyltheophylline, an adenosine A1 receptor antagonist, inhibits the reversal of long-term potentiation in hippocampal CA1 neurons
-
-   331 9-14   1997年
“The roles of endogenous adenosine, acting via A1 and A2 receptors, in the induction and reversal of long-term potentiation in guinea pig hippocampal slices CA1 neurons.” In: The Role of Adenosine in the Nervous System
-
-   127-134   1997年
Roles of Dopamine Receptors in Long-Term Depression: Enhancement via D1 Receptors and Inhibition via D2 Receptors
-
-   4 1-8   1996年
The long-term suppressive effect of prior activation of synaptic inputs by low frequency stimulation on induction of long-term potentiation in CA1 neurons of guinea pig hippocampal slices
-
-   111 305-312   1996年
“LTD and depotentiation in the hippocampus.” In: Brain Processes and Memory
-
-   249-257   1996年
双極子追跡法を用いたヒトの脳における視覚的文字の認識処理に関する研究
-
山形医学   13 97-107   1995年
Estimation of neural architecture in human brain by means of the dipole tracing method
-
-   136 169-172   1992年
“Localization of EEG epileptic foci by means of the DT method.” In: EEG Topography
-
-   13-22   1992年
Dipole Tracing Associated with the Pattern Cognitive Process in the Human Brain
-
-   386    1991年
Three-dimensional SEP MAPs Obtained by the Dipole Tracing Method
-
-   300    1990年

競争的資金等の研究課題

 
脳波によるBrain-Robot直接コマンドインターフェースの開発
研究期間: 2007年 - 2009年
睡眠中の記憶整理仮説に基づく学習記憶の神経基盤に関する研究
0038
研究期間: 2005年 - 2008年
高次脳機能(学習と記憶)に対するグリア細胞の役割
0038
研究期間: 2003年 - 2008年
シナプス可塑性と学習行動の関連
0131
研究期間: 1994年 - 2008年