佐藤 宏道

J-GLOBALへ         更新日: 12/12/11 02:46
 
アバター
研究者氏名
佐藤 宏道
 
サトウ ヒロミチ
URL
http://www.vision.hss.osaka-u.ac.jp/
所属
大阪大学
学位
博士(医学)(大阪大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1982年
 - 
1984年
: 助手 (金沢大学医学部) 
 
1984年
 - 
1990年
: 助手 (大阪大学医学部) 
 
1990年
 - 
1995年
: 講師 (大阪大学医学部) 
 
1995年
   
 
-: - 教授 (大阪大学健康体育部) 
 

学歴

 
 
 - 
1982年
大阪大学 医学研究科 神経生理学
 
 
 - 
1980年
慶應義塾大学 文学部 心理学
 

Misc

 
ノルアドレナリンと視覚中枢
生体の科学   34(2) 107-116    1983年
大脳皮質視覚野の機能発達
神経研究の進歩   27(5) 773-785    1983年
大脳皮質の働きは生後環境によって変わる
発達   8:19-29    1987年
脳の可塑性とグルタミン酸受容体ーNMDA型受容体の働きを中心として
医学の歩み   154 (5,6) : 364 
一次視覚野の機能的構造 (共著)
神経研究の進歩   35(3) 353-364   1991年

書籍等出版物

 
視覚野の機能構築
脳科学大事典 朝倉書店   2000年   
視覚生理の基礎-網膜からV1まで
視覚情報処理ハンドブック 朝倉書店   2000年   
脳と視覚
共立出版   2002年   
一次視覚野の特徴抽出性と刺激文脈依存性
脳の情報表現ーニューロン、ネットワークと数理モデル 朝倉書店   2002年   
一次視覚野の情報処理
眼の事典 朝倉書店   2003年   

Works

 
大脳皮質視覚野の発達に関する神経科学研究
1996年 - 2001年
行動の学習と記憶における大脳基底核の機能
1996年 - 2001年

競争的資金等の研究課題

 
大脳皮質視覚野の機能構築
大脳皮質視覚野の可塑性
視覚野ニューロン活動の刺激文脈依存的修飾
一次体性感覚野の機能構築
研究期間: 1995年 - 2005年