藤島 友之

J-GLOBALへ         更新日: 12/08/02 02:48
 
アバター
研究者氏名
藤島 友之
 
フジシマ トモユキ
所属
長崎大学
部署
大学院工学研究科
職名
准教授
学位
博士(工学)(熊本大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2002年
 - 
2007年
 長崎大学大学院生産科学研究科システム科学専攻システム設計・制御学 助手
 
2007年
 - 
2008年
 長崎大学大学院生産科学研究科システム科学専攻システム設計・制御学 助教
 
2008年
   
 
 長崎大学工学部電気情報工学講座 准教授
 
1998年
 - 
1999年
 メリーランド大学カレッジパーク校 客員研究員
 

学歴

 
 
 - 
1994年
熊本大学 自然科学研究科 生産科学専攻
 
 
 - 
1989年
熊本大学 工学部 電気工学科
 

委員歴

 
2012年
 - 
2013年
電気学会  九州支部協議員
 

受賞

 
1994年
電気学会論文発表賞
 
2005年
2005 Korea-Japan Joint Symposium on Electrical Discharge and High Voltage Engineering, Best Paper Presentation Award for Young Researcher
 

Misc

 
Kenji Ebihara, Tomoyuki Fujishima, Daiichi Kojyo, Masayoshi Murata
Plasma Sources Science and Technology   2(1) 14-17   1993年
Kenji Ebihara, Tomoyuki Fujishima, Tomoaki Ikegami, Masonobu Shiga,Kazuhiko Harada
IEEE Transactions on Applied Superconductivity   3(1 Pt 3) 976-978   1993年
高周波およびマイクロ波プラズマ励起MOCVD法によるYBaCuO超電導薄膜の作製
藤島友之,吉本安志,蛯原建治
電気学会論文誌A   113(7) 540-549   1993年
YSZ Plasma Plume Property by KrF Excimer Laser Ablation and Preparation of YSZ buffer Layers for YBaCuO Superconducting Films
Tomoyuki Fujishima, Yukihiko Yamagata, Tomoaki Ikegami, Kenji Ebihara
Proceedings of the 11th International Symposium on Plasma Chemistry   1(1) 1644-1649   1993年
プラズマ・レーザプロセスによる酸化物薄膜作製に関する研究
藤島友之
熊本大学学位論文   1 1-146   1994年

講演・口頭発表等

 
PLD法でレーザ照射条件がLaNiO3膜の堆積と特性に与える影響
電気学会放電、誘電・絶縁材料、高電圧合同研究会   2004年   
電解質水溶液面に進展する局部放電先端付近の液面電位
電気学会放電、誘電・絶縁材料、高電圧合同研究会   2004年   
鳥巣との共存を考慮した配電線の装柱-限流アークホーン付がいしの適用-
電気学会放電、誘電・絶縁材料、高電圧合同研究会   2004年   
電解質水溶液面を進展する局部放電先端付近の液面電位
電気学会全国大会   2004年   
電解質水溶液面を進展する局部放電先端付近の電位分布の計算
電気学会全国大会   2004年   

Works

 
配電線の保護機材の絶縁特性
2001年 - 2002年

競争的資金等の研究課題

 
レーザ照射条件がアブレーションおよび堆積薄膜特性に及ぼす影響
研究期間: 2001年   
スクリュー電極型オゾナイザによるオゾン生成とその土壌殺菌および土壌処理応用
その他の研究制度
研究期間: 2005年   
パルスレーザデポジッション法を利用した酸化物薄膜の作製
研究期間: 1998年   
電解質水溶液面上と局部放電との接触形状に関する研究
研究期間: 1994年