畑山 範

J-GLOBALへ         更新日: 12/08/02 02:48
 
アバター
研究者氏名
畑山 範
 
ハタケヤマ ススミ
URL
http://www.ph.nagasaki-u.ac.jp/lab/manufac/index-j.html
所属
長崎大学
部署
大学院医歯薬学総合研究科 生命薬科学専攻
職名
教授
学位
薬学博士(東北大学)
その他の所属
長崎大学

研究分野

 
 

経歴

 
1994年
 - 
1997年
 長崎大学薬学部 助教授
 
1997年
 - 
2002年
 長崎大学薬学部 教授
 
2002年
 - 
2004年
 長崎大学機器分析センター その他
 
2002年
   
 
 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科(薬学系) 教授
 
2005年
 - 
2007年
 長崎大学薬学部 その他
 

学歴

 
 
 - 
1979年
東北大学 薬学研究科 薬学
 
 
 - 
1974年
東北大学 薬学部 製薬化学
 

委員歴

 
2010年
 - 
2011年
日本薬学会  化学系薬学部会副部会長
 
2011年
   
 
日本薬学会  九州支部監査
 
2012年
   
 
日本薬学会  化学系薬学部会部会長
 
2011年
   
 
有機合成化学協会  代議員
 

受賞

 
1994年
日本薬学会奨励賞
 
1987年
日本薬学会東北支部奨励賞
 

Misc

 
Formation and Stereochemistry of 2-Allyl-2-ethyl-1,2,3,5,6,11b-hexahydro-11H-indolo[3,2-g]indolizine Previously Taken for to be 3,4-Dehydroquebrachamine
Seiichi Takano, Masaaki Sato, Susumi Hatakeyama, Michiyasu Hirama, Kunio Ogasawara
Heterocycles   5(1) 221-226   1976年
Synthesis of 4-Hydroxy-3-Mercaptobenzoic Acid and 2,3-Dihydro-5,6-tetramethylene-1,4-dithiine from Dithiolane Derivatives
Seiichi Takano, Shin’ichi Yamada, Keizo Tanigawa, Susumi Hatakeyama, Kunio Ogasawara
Heterocycles   4(5) 953-956   1976年
Seiichi Takano, Susumi Hatakeyama, Kunio Ogasawara
Journal of the Chemical Society, Chemical Communications   (2) 68   1977年
Coupling of (–)-Vindoline with (±)-Eburnamenine Structure and Stereochemistry of the Dimeric Products
Seiichi Takano, Susumi Hatakeyama, Kunio Ogasawara
Heterocycles   6(9) 1311-1317   1977年

書籍等出版物

 
Asymmetric Synthesis Graphical Abstracts and Experimental Methods
講談社   1998年   
天然物の全合成、今日、明日、そして未来
学会出版センター   2000年   
有機合成創造の軌跡、126のマイルストーン
化学同人   2002年   
マーチ有機化学−反応・機構・構造−
丸善   2003年   
人名反応に学ぶ有機合成戦略
化学同人   2006年   

講演・口頭発表等

 
Indium-catalyzed Conia-Ene Reaction for alkaloid Synthesis
IUPAC 17th International Conference on Organic Synthesis   2008年   
New Approach To Heterocycles via Conia-Ene Type Reactions: Synthesis of Salinosporamide A and Neooxazolomycin
The 20th French and Japanese Symposium on Medicinal and Fine Chemistry   2008年   
高度置換アルカロイドの合成:発想と展開
第20回若手研究者のためのセミナー   2008年   
β-Isocupreidine-Catalyzed Baylis-Hillman Reaction
International Conference On Asymmetric Organocatalysis   2007年   
Cincona Alkaloid-catalyzed Asymmetric Baylis-Hillman Reaction Governed by Hydrogen Bonding
The 18th Joint Seminar of the Kyushu Branch of the Chemical Society of Japan and the Busan Branch of the Krean Chemical Society   2007年   

Works

 
抗腫瘍性インドールアルカロイド,ビンブラスチンおよび関連化合物のキラル合成
1982年 - 1983年
多目的キラル素子の合成およびこれを活用する生物活性天然物の合成
1982年 - 1983年
共通キラル素子を利用する生物活性化合物の合成
1982年 - 1983年
ヨヒンビンおよびレゼルピンのエナンチオ選択的合成
1982年 - 1983年
ビタミンD₃誘導体の立体選択的キラル合成
1984年 - 1985年

競争的資金等の研究課題

 
新規合成法の開発と生理活性天然物の合成
基礎科学研究
研究期間: 1979年   

特許

 
(-)-エレノリン酸エステルの製造方法
特開昭61-183277
新規エポキシアルコール誘導体及びその製造法
特開昭62-048674
光学活性を有する5,6-ジベンジロキシ-4-ヒドロキシ-1-ヘプテン製造方法
特開昭63-033347
ホスホノアセテート誘導体及びその製造法
特開昭62-243092
アルテヒドホスホノ酢酸エステル誘導体
特開平01-016796