猪熊 壽

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/21 11:35
 
アバター
研究者氏名
猪熊 壽
 
イノクマ ヒサシ
所属
帯広畜産大学
部署
臨床獣医学研究部門
職名
教授
学位
博士(獣医学)(東京大学), 農学修士(東京大学)
科研費研究者番号
70263803

研究分野

 
 

経歴

 
2005年4月
 - 
現在
帯広畜産大学 畜産学部 教授
 
2003年4月
 - 
2005年3月
- 山口大学 農学部 教授
 
1996年11月
 - 
2003年3月
山口大学 農学部 助教授
 
1994年4月
 - 
1996年10月
山口大学 農学部 助手
 
1986年4月
 - 
1994年3月
農林水産省
 

委員歴

 
2015年6月
 - 
現在
日本獣医師会  獣医学術学会誌編集委員会 副委員長
 
2012年4月
 - 
現在
日本獣医学会  理事
 
2012年4月
 - 
現在
日本衛生動物学会  幹事
 
2011年11月
 - 
現在
日本家畜臨床学会  理事
 
2007年4月
 - 
現在
日仏獣医学会  幹事
 
1998年4月
 - 
現在
日本獣医学会  評議員
 
2001年7月
 - 
2016年8月
沖縄県  牧野ダニ侵入防止対策事業技術検討会委員
 
2005年4月
 - 
2009年3月
日本獣医学会  会誌編集委員
 

受賞

 
1999年
森永奉仕会賞
 
2003年
日本産業動物獣医学会地区学会長賞
 

論文

 
Ybañez AP, Ybañez RH, Yokoyama N, Inokuma H
Veterinary world   9(12) 1456-1460   2016年12月   [査読有り]
腟内腫瘤の細胞診が臨床診断に有用であった黒毛和種繁殖牛の地方病性牛白血病の1症例
前澤 誠希, 大戸 千帆, 関塚 次郎, 堀内 雅之, 古林 与志安, 猪熊 壽
北海道獣医師会雑誌   60(1) 2-5   2016年1月
6歳10ヵ月齢の黒毛和種繁殖牛が、削痩を主訴として受診した。体表リンパ節の腫大は認められなかったが、腟内の腫瘤および直腸検査にて子宮頸管の腫大・硬結を認めた。牛白血病ウイルス抗体の陽性所見から牛白血病の発症が疑われた。末梢血リンパ球増多症はみられなかったが、LDHおよびチミジンキナーゼ活性の高値が認められた。また、腟内腫瘤の細針吸引(Fine needle aspiration:FNA)による細胞診で中・大型異形リンパ球が93%認められた。以上の所見より臨床的に地方病性牛白血病(Enzoo...
【症候シリーズvol.6 貧血(2)・出血傾向】 犬のアナプラズマ症(感染性周期性血小板減少症)
猪熊 壽
SA Medicine   17(6) 32-33   2015年12月
【症候シリーズvol.6 貧血(2)・出血傾向】 犬のエーリキア症
猪熊 壽
SA Medicine   17(6) 30-31   2015年12月
田川 道人, 大橋 英二, 本村 絹代, 千葉 史織, 堀内 雅之, 三好 雅史, 猪熊 壽, 松本 高太郎, TAGAWA Michihito, OHASHI Eiji, MOTOMURA Kinuyo, CHIBA Shiori, HORIUCHI Noriyuki, MIYOSHI Masahumi, INOKUMA Hisashi, MATSUMOTO Kotaro
日本獣医師会雑誌   68(11) 703-707   2015年11月
10歳の雄の雑種犬が,3週間前から持続する発熱及び元気消失を主訴に帯広畜産大学動物医療センターを受診した.心雑音及び心エコー検査において僧帽弁の疣贅物が確認され,抗生物質等により加療したが,第7病日より心不全の悪化を認め,第10病日に肺水腫により斃死した.病理解剖では,軽度の心拡大及び僧帽弁における多中心性疣贅物が認められた.血液培養検査では,Staphylococcus haemolyticusが検出されたが,疣贅物を用いたPCR検査ではStreptococcus canisと100%一...
三尖弁に大型疣贅物を形成したホルスタイン種乳牛の1症例
小島 由夏, 上野 拓, 三島 貴吉備, 古林 与志安, 猪熊 壽
北海道獣医師会雑誌   59(11) 549-552   2015年11月
5歳11ヵ月齢のホルスタイン種乳牛が、分娩後22日目に発熱と食欲不振を主訴に受診し、臀部の血腫と陰部からの悪露排出が認められた。第2病日に第四胃左方変位整復術を実施後、抗菌剤を中心に治療を行ったが、第7病日より心音強勢・混濁および頸静脈怒張が発現した。血液および血液生化学検査により慢性炎症像が、また心臓超音波検査により右心房から三尖弁に連続する高エコー性病変が観察された。この病変は病理解剖により、三尖弁に形成された大型疣贅物と確認された。本症例には子宮内膜炎と臀部膿瘍が認められており、疣贅...
CHIBA Shiori, FUNATO Shingo, HORIUCHI Noriyuki, MATSUMOTO Kotaro, INOKUMA Hisashi, FURUOKA Hidefumi, KOBAYASHI Yoshiyasu, 堀内 雅之, 松本 高太郎, 猪熊 壽, 古岡 秀文, 古林 与志安
The Journal of Veterinary Medical Science   77(2) 147-154   2015年10月
Degeneration of the optic pathway has been reported in various animal species including cattle. We experienced a case of bilateral optic tract degeneration characterized by severe gliosis in a Japanese black cattle without any obvious visual defec...
角田 浩之, 中川 大輔, 梶原 綾乃, 松本 高太郎, 古林 与安志, 猪熊 壽, MATSUMOTO Kotaro, KOBAYASHI Yoshiyasu, INOKUMA Hisashi
北海道獣医師会雑誌   59(10) 1-5   2015年10月
2歳5カ月齢のホルスタイン種搾乳牛が、分娩約3カ月半後に食欲不振を呈した。聴診により、左右胸壁から全収縮期雑音が聴取されたことから心内膜炎が疑われた。しかし、冷性浮腫や頸静脈怒張等のうっ血心不全症状はなく、また血液および血液生化学検査にて炎症像はみられなかった。心臓超音波検査により、心室中隔欠損、大動脈騎乗、右心室壁肥厚、大動脈および左右心室の拡張が認められた。病理解剖により、心臓超音波検査でみられた異常に加えて、後大静脈と肺動脈の著しい拡張が明らかとなった。心室中隔欠損を伴う牛が分娩後3...
Paul Franck Adjou Moumouni, Paul Franck Adjou Moumouni, Gabriel Oluga Aboge, Gabriel Oluga Aboge, Mohamad Alaa Terkawi, Tatsunori Masatani, Shinuo Cao, Ketsarin Kamyingkird, Charoonluk Jirapattharasate, Mo Zhou, Guanbo Wang, Mingming Liu, Aiko Iguchi, Patrick Vudriko, Adrian Patalinghug Ybanez, Hisashi Inokuma, Hisashi Inokuma, Rika Shirafuji-Umemiya, Hiroshi Suzuki, Hiroshi Suzuki, Xuenan Xuan
Parasites and Vectors   8 496   2015年9月   [査読有り]
© 2015 Adjou Moumouni et al. Background: Infections with Babesia bovis, Babesia bigemina, Theileria species and Anaplasma marginale are endemic in Kenya yet there is a lack of adequate information on their genotypes. This study established the gen...
Uesaka K, Maezawa M, Inokuma H
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science      2015年10月   [査読有り]
下垂体周囲膿瘍により盲目を呈したホルスタイン雄育成牛の1症例
中島 永成, 千葉 史織, 福本 奈津子, 堀内 雅之, 古林 与志安, 猪熊 壽
獣医畜産新報   68(9) 687-690   2015年9月
8ヵ月齢、雄のホルスタイン種育成牛が、一般状態の低下と盲目症状を呈した。両眼の散瞳および対光反射消失が認められたが、デキサメサゾン等の投与により症状は一過性に改善した。しかし、その後視力障害が再度出現して軽快せず、両眼の対光反射と威嚇瞬き反応の消失が認められた。病理解剖においては、硬膜外トルコ鞍部(下垂体周囲)に6×5×4cmと巨大な膿瘍を認め、底部から脳全体を圧迫していた。視神経および動眼神経の機能が抑制されていたと考えられた。(著者抄録)
著しい浮腫が発現した慢性間質性腎炎のホルスタイン種育成牛の1症例
高橋 英二, 竹内 俊彦, 丸山 亮介, 古林 与志安, 猪熊 壽
産業動物臨床医学雑誌   6(1) 6-10   2015年7月
1歳4ヵ月齢のホルスタイン種育成牛が発育不良を主訴に受診した。当該牛は体高110cmで、著しい削痩を呈していた。臨床検査により、非再生性貧血、高窒素血症、高クレアチニン血症、高リン血症、低カルシウム血症、低比重尿および蛋白尿が認められ、慢性腎不全が疑われた。輸液により治療を試みたが、第15病日には下顎と胸垂の浮腫が発現し、第16病日に死亡した。病理学的検索の結果、糸球体病変を伴う慢性間質性腎炎と診断されたが、原因は不明であった。(著者抄録)
牛白血病を疑った非牛白血病のホルスタイン種乳牛11症例の回顧的研究
猪熊 壽, 堀内 雅之, 古林 与志安
産業動物臨床医学雑誌   6(1) 1-5   2015年7月
臨床的に牛白血病を疑ったものの、牛白血病ではないと確定診断されたホルスタイン種乳牛11症例の臨床所見を回顧的に整理した。11症例は体表リンパ節腫大あるいは体腔内の腫瘤触知により牛白血病との鑑別診断が必要であったが、病理解剖により乳房炎、子宮蓄膿症、膿瘍、肺炎、腸炎またはアミロイド症と診断された。牛白血病ウイルス(Bovine leukemia virus:BLV)抗体陽性を呈した4頭のうち、リンパ球増多症を呈したものが2頭であった。またこれら2頭のうち1頭はリンパ節細胞診でも大型リンパ球優...
猪熊 壽, 滄木 孝弘, 松本 高太郎, 堀内 雅之, 古林 与志安, 古岡 秀文, INOKUMA Hisashi, AOKI Takahiro, MATSUMOTO Kotaro, HORIUCHI Noriyuki, KOBAYASHI Yoshiyasu, FURUOKA Hidefumi
北海道獣医師会雑誌   59(7) 256-259   2015年7月
急性鼻出血を主訴とするホルスタイン種乳牛10症例の病性鑑定を実施したところ、後大静脈血栓症(caudal vena cava thrombosis:CVCT)3症例、疣贅性心内膜炎2症例、化膿性気管支肺炎1症例、鼻腔内腫瘍2症例および鼻粘膜出血2症例であった。各疾患の臨床検査所見を比較したところ、CVCT、疣贅性心内膜炎および化膿性気管支肺炎の6症例では、いずれも両側性かつ多量の鼻出血が記録されており、また聴診により肺音粗励またはラッセル音が聴取された。これら6症例では、病理解剖により肺動...
牛の神経疾患の鑑別診断(最終回) ケーススタディー 脊髄病変 腰髄の傷害を疑う症例
猪熊 壽, 堀内 雅之, 古林 与志安, 泉 大樹
臨床獣医   33(6) 40-44   2015年6月
高垣 勝仁, 池川 晃世, 二宮 理沙, 堀内 雅之, 松本 高太郎, 古林 与志安, 猪熊 壽, HORIUCHI Noriyuki, MATSUMOTO Kotaro, KOBAYASHI Yoshiyasu, INOKUMA Yasushi
北海道獣医師会雑誌   59(6) 224-228   2015年6月
9ヵ月前に分娩した2歳9ヵ月齢のホルスタイン種乳牛が食欲不振および起立難渋を呈した。心雑音が聴取され、頸静脈怒張および下顎と胸垂の浮腫が認められたことから、疣贅性心内膜炎が疑われた。心電心音図検査により左右心基底部から収縮期中期雑音と拡張期雑音が確認された。また、心臓超音波検査により、三尖弁と大動脈弁の疣贅物、および心室中隔欠損が認められた。病理解剖により高位心室中隔欠損、三尖弁と大動脈弁の疣贅性心内膜炎のほか、僧帽弁と肺動脈弁の疣贅物、および心膜炎の存在が明らかとなった。(著者抄録)
Madoka Ichikawa-Seki, Madoka Ichikawa-Seki, Junya Aita, Tatsunori Masatani, Tatsunori Masatani, Moemi Suzuki, Yoshiki Nitta, Genta Tamayose, Takehiro Iso, Keisuke Suganuma, Takashi Fujiwara, Keita Matsuyama, Tadamasa Niikura, Naoaki Yokoyama, Hiroshi Suzuki, Kazuhiro Yamakawa, Hisashi Inokuma, Tadashi Itagaki, Satoshi Zakimi, Yoshifumi Nishikawa
Parasitology International   64(2) 161-166   2015年4月   [査読有り]
© 2014 Elsevier Ireland Ltd. Infectious diarrhea is the most frequent cause of morbidity and mortality in neonatal calves. Cryptosporidium parvum is one of the main pathogens associated with calf diarrhea. Although diarrhea is a symptom of infecti...
牛の神経疾患の鑑別診断 ケーススタディー 脊髄病変 頸部椎体膿瘍
猪熊 壽, 千葉 史織, 堀内 雅之, 古林 与志安, 橋元 直也
臨床獣医   33(5) 52-56   2015年5月
牛の神経疾患の鑑別診断 ケーススタディー 脊髄病変 先天性疾患 重複脊髄症
猪熊 壽, 千葉 史織, 古林 与志安
臨床獣医   33(4) 46-51   2015年4月
北海道・釧路管内の2共同牧野における放牧牛及び生息マダニのTheileria orientalis感染状況とマダニ対策の効果
前野 和利, 松井 伸一, 河合 孝弘, 吉川 真生, 横山 直明, 猪熊 壽
日本獣医師会雑誌   68(4) 231-238   2015年4月
牛の神経疾患の鑑別診断 ケーススタディー 脳神経病変 中耳炎/内耳炎由来の顔面神経麻痺
猪熊 壽, 堀内 雅之, 古林 与志安
臨床獣医   33(3) 54-58   2015年3月
牛の神経疾患の鑑別診断 ケーススタディー 脳幹部病変 下垂体周囲膿瘍による視覚異常の症例
猪熊 壽, 古林 与志安
臨床獣医   33(2) 56-60   2015年2月
Adrian P. Ybañez, Adrian P. Ybañez, Rochelle Haidee D Ybañez, Rochelle Haidee D Ybañez, Naoaki Yokoyama, Hisashi Inokuma
Veterinarski Arhiv   85 601-608   2015年1月
© 2015, University of Zagreb, Facultty of Veterinary Medicine Ehrlichia canis, a canine tick-borne pathogen with wide geographic distribution, has been serologically and molecularly detected in the Philippines. The present study aimed to character...
MAGATA Fumie, ISHIDA Yoshikazu, MIYAMOTO Akio, FURUOKA Hidefumi, INOKUMA Hisashi, SHIMIZU Takashi, 宮本 明夫, 古岡 秀文, 猪熊 壽, 清水 隆
Journal of Veterinary Medical Science   77(1) 81-84   2015年1月
We investigated the concentration of the bacterial endotoxin lipopolysaccharide (LPS) in the blood, ovarian follicular fluid and uterine fluid of a clinical case of bovine metritis. A 2-year-old lactating Holstein cow exhibited continuous fever >3...
KOJIMA Yuka, CHIBA Shiori, HORIUCHI Noriyuki, KOBAYASHI Yoshiyasu, INOKUMA Hisashi, 堀内 雅之, 古林 与志安, 猪熊 壽
Journal of Veterinary Medical Science   77(5) 605-607   2015年1月   [査読有り]
S100B in cerebrospinal fluid (CSF-S100B) was measured in calves with 20 neurologic and 21 non-neurologic diseases to clarify its utility as a biomarker for neurologic diseases. The median CSF-S100B value in the neurologic disease group (43.0 ng/ml...
MIURA Saori, HORIUCHI Noriyuki, MATSUMOTO Kotaro, KOBAYASHI Yoshiyasu, KAWAZU Shin-ichiro, INOKUMA Hisashi, 堀内 雅之, 松本 高太郎, 古林 与志安, 河津 信一郎, 猪熊 壽
Journal of Veterinary Medical Science   77(7) 883-887   2015年1月   [査読有り]
Monoclonal integration of bovine leukemia virus (BLV) proviral DNA into bovine genomes was detected in peripheral blood from two clinical cases of enzootic bovine leukosis (EBL) without enlargement of superficial lymph nodes. A BLV-specific probe ...
HORIUCHI Noriyuki, KOMAGATA Makoto, SHITAMURA Keiichi, CHIBA Shiori, MATSUMOTO Kotaro, INOKUMA Hisashi, MATSUI Takane, KOBAYASHI Yoshiyasu, 堀内 雅之, 松本 高太郎, 猪熊 壽, 古林 与志安
Journal of Veterinary Medical Science   77(6) 729-732   2015年1月   [査読有り]
An 11-year-old Holstein-Friesian cow exhibited anorexia and jaundice. A large mass was found in the liver during necropsy. Macroscopically, the mass was composed of dark red multilobular tissue and a centrally located abscess, which was connected ...
HORIUCHI Noriyuki, KUMAGAI Daishiro, MATSUMOTO Kotaro, INOKUMA Hisashi, FURUOKA Hidefumi, KOBAYASHI Yoshiyasu, 松本 高太郎, 猪熊 壽, 古岡 秀文, 古林 与志安
Journal of Veterinary Medical Science   77(10) 1281-1283   2015年1月   [査読有り]
Bovine dilated cardiomyopathy (DCM) is an autosomal recessive genetic disorder causing congestive heart failure and subsequent death. Recently, a nonsense mutation c.343C>T in the bovine optic atrophy 3 (OPA3) gene had been reported to cause the D...
ホルスタイン種子牛にみられた小脳膿瘍の1症例
中島 永成, 二宮 理沙, 福田 茂夫, 藤井 貴志, 堀内 雅之, 古林 与志安, 猪熊 壽
獣医畜産新報   68(1) 42-46   2015年1月
ホルスタイン種、雌子牛が30日齢頃から、転倒とそれに続く遊泳運動を呈し、症状は進行性に頻度を増した。103日齢時の検査では、転倒と遊泳運動の他に、開脚姿勢、歩様蹌踉、歩幅の狭小化、頭位回旋、左側への捻転斜頸および両眼の水平眼振が観察された。症状および経過から、小脳および脳幹部の慢性進行性病変の存在が疑われた。また、聴性脳幹誘発電位を測定したところ、II波以降の潜時延長がみられ、脳幹部の機能障害が示唆された。病理解剖により、小脳膿瘍が確認され、脳幹部は腫脹した小脳虫部に圧迫されて著しく扁平化...
牛の神経疾患の鑑別診断 ケーススタディー 脳幹部病変 脳幹部膿瘍の症例
猪熊 壽, 松本 高太郎, 古林 与志安
臨床獣医   33(1) 56-60   2015年1月
髙橋 英二, 千葉 史織, 古林 与志安, 古岡 秀文, 猪熊 壽
北海道獣医師会雑誌   59(1) 12-15   2015年1月
7歳齢のホルスタイン種乳牛が食欲不振、呼吸速迫、肘頭外転、下顎及び浅頚体表リンパ節腫大、頚静脈の怒張拍動を呈した。左側胸壁の聴診により拍水音が確認され、また血液検査では慢性炎症像がみられたため心膜炎を疑った。病理解剖により胸膜炎及び膿瘍形成を伴う重度の化膿性気管支肺炎と診断された。膿瘍は赤桃色膿汁と血餅を容れる壊疽性嚢胞であった。胸部拍水音は肺に形成された膿瘍に由来したことが考えられた。
佐々木 直樹, 山田 一孝, 柳川 将志, 松井 基純, 松本 高太郎, 古岡 秀文, 南保 泰雄, 猪熊 壽, SASAKI Naoki, YAMADA Kazutaka, YANAGAWA Masashi, Matsui Motozumi, MATSUMOTO Kotaro, NAMBO Yasuo, INOKUMA Yasushi
馬の科学   52(1) 33-38   2015年
This is an open-access article distributed under the terms of the CreativeCommons Attribution Non-Commercial No Derivatives (by-nc-nd) License<http://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/3.0/>.
牛の神経疾患の鑑別診断 ケーススタディ 小脳病変 ミエリン形成不全の症例
猪熊 壽, 千葉 史織, 古林 与志安
臨床獣医   32(12) 34-37   2014年12月
ワンポイント質問 牛のてんかんについて
猪熊 壽
家畜診療   61(12) 733-735   2014年12月
猪熊 壽, 秋月 久美子, 古林 与志安, 古岡 秀文, INOKUMA Hisashi, KOBAYASHI Yoshiyasu, FURUOKA Hidefumi
北海道獣医師会雑誌   58(12) 22-26   2014年12月
3歳10カ月のホルスタイン種雌乳牛に、右後肢跛行、発熱及び多発性乳房腫瘤が認められた。抗菌薬と解熱鎮痛剤による治療に反応せず、第18病日には心雑音が発現した。心音図解析により心雑音は拡張期雑音と確認され、また心エコー検査により大動脈弁の疣贅性心内膜炎が疑われた。病理解剖により、僧帽弁と大動脈弁の疣贅性心内膜炎が認められた。肺及び乳房割面には多数の膿瘍を認め、右腎と脾臓には梗塞部が散在していた。本症例では、左心系に疣贅性心内膜炎が生じた結果、多発性乳房膿瘍および腎臓と脾臓の梗塞が継発したと考...
心房細動を伴ううっ血性心不全を呈したホルスタイン種乳牛の1症例
竹内 俊彦, 駒形 真, 千葉 史織, 泉 大樹, 古林 与志安, 猪熊 壽
北海道獣医師会雑誌   58(11) 544-547   2014年11月
左右飛節の関節周囲炎を呈する分娩後約40日のホルスタイン乳牛(3歳4ヵ月齢)において、突然の下顎浮腫が発現した。症例には頸静脈の怒張及び拍動、心房細動、右心室拡張所見も認められたが確定診断には至らなかった。病理解剖の結果、心室拡張の他、関節周囲炎および慢性化膿性気管支肺炎が認められた。組織学的には心臓の一部の領域で肥大心筋線維の出現と多巣性線維化がみられたものの、拡張型心筋症の特徴像はみられなかった。本症例の病態発生には肺性心が関与する可能性も推察されたが、うっ血性心不全の原因は特定できな...
ホルスタイン種乳牛における脳幹部腫瘍の1症例
三浦 沙織, 千葉 史織, 高橋 裕之, 福田 茂夫, 藤井 貴志, 新井 鐘蔵, 古林 与志安, 猪熊 壽
日本獣医師会雑誌   67(11) 850-853   2014年11月
牛の神経疾患の鑑別診断 ケーススタディー 小脳病変 小脳皮質変性の症例
猪熊 壽, 千葉 史織, 古林 与志安, 石原 孝介
臨床獣医   32(11) 54-58   2014年11月
牛の神経疾患の鑑別診断 ケーススタディー 小脳病変 小脳膿瘍の症例
猪熊 壽, 千葉 史織, 古林 与志安
臨床獣医   32(10) 48-52   2014年10月
IWAKAMI Shinya, ICHIKAWA Yasuaki, INOKUMA Hisashi, 猪熊 壽
Journal of Veterinary Medical Science   76(9) 1313-1316   2014年9月
A nationwide survey of Babesia gibsoni using Haemaphysalis longicornis collected from dogs and cats in Japan was conducted using molecular methods. A total of 1,341 H. longicornis, including 305 females, 14 males, 332 nymphs and 690 larvae (153 po...
牛の神経疾患の鑑別診断 ケーススタディー 前脳病変 肝性脳症を疑う症例
猪熊 壽, 古林 与志安
臨床獣医   32(9) 53-57   2014年9月
池川 晃世, 新谷 紗代, 松本 高太郎, 古岡 秀文, 木田 克弥, 猪熊 壽, MATSUMOTO Kotaro, FURUOKA Hidefumi, INOKUMA Hisashi
北海道獣医師会雑誌   58(9) 1-3   2014年9月
4歳2カ月齢のホルスタイン種乳牛が分娩2カ月後に、食欲不振、乳量減少を主訴に初診を受けた。初診時の身体検査では、頸静脈の怒張・拍動が認められ、聴診ではギャロップ音が聴取された。心電図検査でP とT 波の増高が認められたが、著しい低電位はみられなかった。心音図検査では 音が確認された。また、心臓超音波検査では、肺動脈と右心房の拡張が認められたが、心室腔拡張、収縮率低下および心室壁菲薄化はみられなかった。血液検査では炎症像は認められず、生前の確定診断には至らなかった。病理解剖では、肉眼的に心筋...
リンパ節生検材料の細胞構成比率に基づいた牛白血病診断基準の検討
田川 道人, 堀内 雅之, 松本 高太郎, 古林 与志安, 吉岡 秀文, 猪熊 壽
家畜感染症学会誌   3(3) 83-87   2014年9月
牛白血病牛の腫大リンパ節7検体(牛白血病群)、非腫瘍性疾患牛のうち、近傍に炎症性疾患のある腫大リンパ節6検体(反応性腫大群)および近傍に炎症のない正常リンパ節8検体(正常群)の細胞診塗抹標本を用いて、細胞構成比率に基づいた診断基準が牛白血病に適応可能かどうか検討した。その結果、正常群(3.0±1.0%)、反応性腫大群(10.8±3.2%)と比較し、牛白血病群(89.0±6.1%)において大、中リンパ球の顕著な増加が確認され、牛白血病群の全ての検体で"大、中リンパ球を合わせた大型リンパ球の割...
牛の神経疾患の鑑別診断 ケーススタディ 前脳病変 大脳皮質壊死症を疑う症例
猪熊 壽, 千葉 史織, 古林 与志安
臨床獣医   32(8) 62-66   2014年8月
Shinya Iwakami, Yasuaki Ichikawa, Hisashi Inokuma
Ticks and Tick-borne Diseases   5 771-779   2014年8月   [査読有り]
A nationwide survey of ixodid ticks was performed in 2011, during which a total of 4237 and 298 ticks were recovered from 1162 dogs and 136 cats, respectively. Haemaphysalis longicornis was the most frequently found tick species on canine hosts (7...
牛の神経疾患の鑑別診断 ケーススタディー 前脳病変 内水頭症を疑う症例
猪熊 壽, 山田 一孝, 堀内 雅之, 古林 与志安, 古岡 秀文
臨床獣医   32(7) 56-60   2014年7月
頸静脈内血栓形成を伴う胸腺型牛白血病のホルスタイン種育成牛の1症例
岩上 慎哉, 新谷 紗代, 杉本 和也, 水島 仁士, 松本 高太郎, 古林 与志安, 古岡 秀文, 猪熊 壽
北海道獣医師会雑誌   58(7) 245-248   2014年7月
1歳10ヵ月齢のホルスタイン種育成牛が著しい頸部腫脹と第一胃鼓脹症を呈した。血液検査では異常な所見はみられなかったが、頸部腫瘤と腫大した左右浅頸リンパ節の細胞診により異型核リンパ球と有糸分裂像が多数認められ、胸腺型牛白血病と診断した。左右頸静脈は著しく怒張し、エコー検査により右頸静脈内に血栓が認められた。病理解学的検索では、頸部皮下の腫瘍化した巨大な頸部胸腺が頸動・静脈、気管および食道を巻き込んで圧迫しており、血流が停滞したことにより血栓が形成されたと考えられた。(著者抄録)
ホルスタイン種育成牛にみられた舌筋および横隔膜筋の変性を伴う心筋症の1症例
三浦 沙織, 熊谷 大史郎, 堀内 雅之, 下タ村 圭市, 古林 与志安, 猪熊 壽
獣医畜産新報   67(6) 445-448   2014年6月
13ヵ月齢のホルスタイン種育成牛が下顎から胸垂の冷性浮腫および頸静脈怒張を呈した。微弱心音、胸水貯留所見に加え、心電図各波の低電位、および心エコー検査において両心室腔の拡張および左室内径短縮率の低下が認められたため、拡張型心筋症を疑った。病理解剖では心臓の外観に著変は無いものの、両心室腔の中等度の拡張が認められた。また、心臓には拡張型心筋症として矛盾しない組織学的変化が認められたものの、心筋のみならず横隔膜と舌の骨格筋変性も認められた。さらに、発症年齢が若いこと、心臓の増大がないこと、およ...
めん羊と山羊の主な疾病について
猪熊 壽
家畜診療   61(5) 283-291   2014年5月
臨床獣医師が知っておきたい寄生虫 ヒトと犬・猫とマダニの関係 マダニの生態および媒介性疾患のアップデート
猪熊 壽
CLINIC NOTE   10(5) 46-52   2014年5月
臍動脈閉鎖不全により臍帯出血を呈したホルスタイン種子牛の1症例
福中 守人, 渡邉 謙一, 古林 与志安, 猪熊 壽
北海道獣医師会雑誌   58(5) 169-171   2014年5月
ホルスタイン種雌子牛が、出生時より臍帯の止血異常を呈した。症例は重度の貧血を呈し、自力起立と哺乳が困難であった。輸血治療後も出血は止まらなかった。病理解剖により、臍部から膀胱間の2本の臍動脈内には凝血塊がみられ、周囲にはそれぞれ2×3×8cm大の血腫様組織がみられた。原因は不明であるが、臍帯血管の退縮不全(臍動脈閉鎖不全)により臍帯から出血が続いたものと考えられた。(著者抄録)
岩上 慎哉, 新谷 紗代, 髙橋 英二, 松本 高太郎, 古岡 秀文, 猪熊 壽, MATSUMOTO Kotaro, FURUOKA Hidefumi, INOKUMA Hisashi
北海道獣医師会雑誌   58(4) 1-4   2014年4月
心室中隔欠損とは胎生期に中隔の形成過程が障害される先天性心奇形である[1、5-7]。牛では最も多く見られる心奇形で、臨床症状は欠損孔の大きさと位置により様々であり、一般的には発育不良やチアノーゼを呈するが、軽度なものでは無症状のまま成長する場合もある[1、5-7]。一方、心内膜炎は弁膜表面に細菌が付着して炎症性変化が起こる疾患であり、牛では、ほとんどが疣贅性で、特に三尖弁と肺動脈弁に生じやすいとされている[2-4、6、7]。今回、肺動脈弁と三尖弁に心内膜炎を併発した心室中隔欠損のホルスタイ...
頸部腫瘍により前大静脈症候群を呈したホルスタイン種乳牛の1症例
池川 晃世, 伊藤 侑起, 梶原 綾乃, 堀内 雅之, 松本 高太郎, 古林 与志安, 猪熊 壽
獣医畜産新報   67(3) 193-196   2014年3月
2歳10ヵ月齢のホルスタイン種乳牛が、頭頸部から胸部、前肢に著しい浮腫を認め、採食困難、呼吸困難を呈した。頸部の著しい腫大と、頸部背側および腰角の結節性病変より、腫瘍性疾患が疑われたが、臨床診断には至らなかった。病理解剖では、頸部から胸部にかけて皮膚、皮下織、筋組織、リンパ節の構造を置換する結合組織様組織の著しい増生が認められた。病理組織検査では、増生結合組織間で異型性を示す腫瘍細胞の充実性増殖が認められ、細胞形態および免疫染色の結果から低分化型肥満細胞腫と考えられた。本症例は、頸部腫瘍に...
【小型ピロプラズマ病のためのマダニコントロール】 マダニ寄生が牛に及ぼす影響 直接的被害とマダニ媒介性疾患
猪熊 壽
臨床獣医   32(3) 12-15   2014年3月
牛の神経疾患の鑑別診断 血液検査・脳脊髄液検査
猪熊 壽
臨床獣医   32(3) 59-64   2014年3月
村上 智亮, 林口 治, 古林 与志安, 古岡 秀文, 猪熊 壽, KOBAYASHI Yoshiyasu, FURUOKA Hidefumi, INOKUMA Hisashi
北海道獣医師会雑誌   58(3) 85-87   2014年3月
放牧中の10ヵ月齢ホルスタイン種育成雌牛に喘鳴、呼吸困難、発熱等の症状がみられた。症状は抗生剤とステロイド剤投与により一旦改善されたが、第16病日に再発した。その後、症例は下牧し小康状態を保ったものの、喘鳴症状は治療に反応せず改善がみられなかった。病理解剖により左舌根部粘膜下に大型の多結節性の膿瘍を認めた。(著者抄録)
牛ヘモプラズマと小型ピロプラズマの干渉現象
田川 道人, 猪熊 壽
牛臨床寄生虫研究会誌   4(2) 1-4   2014年3月
悪性末梢神経鞘腫瘍により視覚障害を呈したホルスタイン種成牛の1症例
岩上 慎哉, 石田 悦一, 篠原 萌, 西村 麻希, 古岡 秀文, 猪熊 壽
獣医畜産新報   67(2) 117-120   2014年2月
6歳6ヵ月齢のホルスタイン種乳牛が視覚障害と食欲不振を呈した。神経学的検査では威嚇瞬き反応は左右ともに陰性、左眼の直接対光反射消失、右眼の間接対光反射、眼瞼反射および角膜反射が消失していた。また、咽頭部には大量の食渣の滞留が認められた。病理解剖により、脳底部に視神経、動眼神経、滑車神経および三叉神経を巻き込んだ腫瘤が認められた。腫瘤は病理組織学的に悪性末梢神経鞘腫瘍と診断された。(著者抄録)
帯広畜産大学第5回公開総合臨床学実習の概要と手引き
佐々木 直樹, 山田 一孝, 石井 三都夫, 滄木 孝弘, 松井 基純, 羽田 真悟, 松本 高太郎, 古岡 秀文, 古林 与志安, 猪熊 壽
獣医畜産新報   67(2) 121-127   2014年2月
飼い主と獣医師のためのインフォームドコンセントガイド マダニ症
猪熊 壽
SA Medicine   16(1) 10-15   2014年2月
Adrian Patalinghug Ybañez, Adrian Patalinghug Ybañez, Mariko Sashika, Hisashi Inokuma
Journal of Veterinary Medical Science   76 307-312   2014年2月   [査読有り]
The present study aimed to determine the complete citrate synthase (gltA) and heat-shock protein (groEL) gene sequences of Anaplasma bovis and to infer phylogenetic relationships within the genus Anaplasma. Multiple alignments from single and conc...
Hideharu Tsukada, Yoshio Nakamura, Tsugihiko Kamio, Hisashi Inokuma, Yasuko Hanafusa, Naoko Matsuda, Tetsuya Maruyama, Takahiro Ohba, Koji Nagata
Bulletin of Entomological Research   104 19-28   2014年1月
Haemaphysalis longicornis (Acari: Ixodidae) is one of the most common and important arthropod disease vectors in Japan, carrying Japanese spotted fever and bovine theileriosis. The recent expansion of sika deer (Cervus nippon, Artiodactyla: Cervid...
Thillaiampalam Sivakumar, Muncharee Tattiyapong, Kazuhiro Okubo, Keisuke Suganuma, Kyoko Hayashida, Ikuo Igarashi, Satoshi Zakimi, Kotaro Matsumoto, Hisashi Inokuma, Naoaki Yokoyama
Ticks and Tick-borne Diseases   5 305-310   2014年1月
Babesia ovata is a tick-transmitted hemoprotozoan parasite of cattle. In the present study, we analyzed tick DNA samples (n= 1459) prepared from questing ticks collected from various cattle pastures in Hokkaido (Shibecha, Taiki, Otofuke, Memuro, a...
NISHIMURA Maki, TOYOTA Yumi, ISHIDA Yoshikazu, NAKAYA Hideki, KAMEYAMA Kyohko, NISHIKAWA Yoshifumi, MIYAHARA Kazuro, INOKUMA Hisashi, FURUOKA Hidefumi, 西川 義文, 猪熊 壽, 古岡 秀文
The Journal of Veterinary Medical Science   76(1) 123-127   2014年1月
A 9-month-old steer was autopsied due to recurrent ruminal tympany. A macroscopic examination found an enlarged caudal mediastinal lymph node, and a section of the lymph node revealed necrosis with marked calcification, similar to tuberculous lymp...
YBAÑEZ Adrian Patalinghug, D. YBAÑEZ Rochelle Haidee, G. CLAVERIA Florencia, CRUZ-FLORES Mary Jane, XUENAN Xuen, YOKOYAMA Naoaki, INOKUMA Hisashi, 玄 学南, 横山 直明, 猪熊 壽
Journal of Veterinary Medical Science   64(7) 1009-1014   2014年1月
A total of 658 cattle in 6 provinces in the Philippines were screened for Anaplasma marginale infection by using a diagnostic heat-shock operon (groEL) gene-PCR assay. The screening-positive samples were further tested using the major surface anti...
TAGAWA Michihito, MATSUMOTO Kotaro, YOKOYAMA Naoaki, INOKUMA Hisashi, 松本 高太郎, 横山 直明, 猪熊 壽
Journal of Veterinary Medical Science   76(3) 401-407   2014年1月
Hemotropic mycoplasmas (hemoplasmas) are cell-wall deficient, epierythrocytic bacteria that cause infectious anemia in several mammalian species. The prevalence of hemoplasma species was examined by screening and species-specific PCR using blood s...
牛の神経疾患の鑑別診断 症状と病変部位の関係および鑑別診断リスト 視覚の異常
猪熊 壽
臨床獣医   32(1) 44-48   2014年1月
三浦 沙織, 杉本 和也, 藏本 忠, 松本 高太郎, 古林 与志安, 猪熊 壽, MATSUMOTO Kotaro, KOBAYASHI Yoshiyasu, INOKUMA Hisashi
北海道獣医師会雑誌   58(1) 2-4   2014年1月
出生直後のホルスタイン種子牛が呼吸促迫、心悸亢進を呈した。聴診では心雑音と胸部拍水音が聴取された。心電心音図検査により左側心基底部に最強点をもつ収縮期駆出性雑音が、また、心臓超音波検査により心室中隔及び心房中隔欠損が認められた。病理解剖の結果、腹腔と心膜腔が一つの腔をなし、そこに肝臓の一部が逸脱した腹膜心膜横隔膜ヘルニアがみられた。また、両大血管右室起始、高位心室中隔欠損、心房中隔欠損および動脈管開存からなる複合心奇形の併発が認められた。(著者抄録)
福中 守人, 渡邉 謙一, 古林与 志安, 猪熊 壽, KOBAYASHI Yoshiyasu, INOKUMA Hisashi
北海道獣医師会雑誌   58    2014年
ホルスタイン種雌子牛が、出生時より臍帯の止血異常を呈した。症例は重度の貧血を呈し、自力起立と哺乳が困難であった。輸血治療後も出血は止まらなかった。病理解剖により、臍部から膀胱間の2本の臍動脈内には凝血塊がみられ、周囲にはそれぞれ2x3x8cm 大の血腫様組織がみられた。原因は不明であるが、臍帯血管の退縮不全(臍動脈閉鎖不全)により臍帯から出血が続いたものと考えられた。
牛の神経疾患の鑑別診断 症状と病変部位の関係および鑑別診断リスト 頭部の運動の異常(脳神経疾患)
猪熊 壽
臨床獣医   31(12) 42-46   2013年12月
【診断シリーズVol.12-疾患からみた検査の考え方-感染症】 バベシア症
猪熊 壽
SA Medicine   15(6) 76-78   2013年12月
池川 晃世, 中西 勇貴, 石原 孝介, 松本 高太郎, 古岡 秀文, 猪熊 壽, MATSUMOTO Kotaro, FURUOKA Hidefumi, INOKUMA Hisashi
北海道獣医師会雑誌   57(12) 608-610   2013年12月
ホルスタイン種雌7ヵ月齢の育成牛が、起立難渋および後躯蹌踉を呈した。後躯の不全麻痺、後肢反射亢進、肛門反射減弱等の所見から脊髄病変が疑われた。病理解剖の結果、第1・第2腰椎間の脊柱管内腹側に隆起が認められ、腰髄を圧迫していた。割面には黄色膿様物を容れる直径3cmの嚢胞を認め、病理解剖学的には腰椎椎体骨折を伴う化膿性脊椎炎と診断された。また、細菌培養検査によりEnterococcus sp.が検出された。なお、病理組織検査では病変部に真菌(接合菌)性化膿性肉芽腫性炎が認められ、腰椎椎間板脊椎...
嘉陽 静香, 二宮 理紗, 古関 博, 堀内 雅之, 古林 与志安, 猪熊 壽, Horiuchi Noriyuki, KOBAYASHI Yoshiyasu, INOKUMA Hisashi
産業動物臨床医学雑誌   4(4) 166-169   2013年12月
2歳6カ月齢のホルスタイン種成乳牛が水様性下痢を主訴に受診した.第8病日には,胸垂の冷性浮腫および頸静脈怒張が発現し,収縮期駆出性雑音が聴取された.血液検査,心電図検査および心臓超音波検査を実施したが,生前にうっ血性心不全の原因は特定できなかった.病理解剖により,腕頭動脈と前大静脈の短絡が確認された.また,前縦隔において前大静脈に大型の静脈瘤(直径10cm)が形成されていた.本症例は,先天性動静脈瘻の結果,静脈瘤形成とうっ血性心不全を呈した成牛の稀な症例と思われた.https://www....
TAGAWA Michihito, YAMAKAWA Kazuhiro, AOKI Takahiro, MATSUMOTO Kotaro, ISHII Mitsuo, INOKUMA Hisashi, 滄木 孝弘, 松本 高太郎, 石井 三都夫, 猪熊 壽
Journal of Veterinary Medical Science   75(10) 1271-1275   2013年11月
The present study evaluated the effect of hemoplasmosis on cattle productivity. Prevalence of bovine hemoplasma was examined by polymerase chain reaction (PCR) using whole blood samples collected from 93 breeding cows and their 71 calves in Hokkai...
牛の神経疾患の鑑別診断 症状と病変部位の関係および鑑別診断リスト 姿勢と運動の異常(その2)
猪熊 壽
臨床獣医   31(11) 52-55   2013年11月
猪熊 壽, 松田 浩典, 千葉 史織, 古林 与志安, 藏本 忠, INOKUMA Hisashi, KOBAYASHI Yoshiyasu
北海道獣医師会雑誌   57(11) 552-554   2013年11月
1歳1ヵ月齢のホルスタイン種育成牛が、前肢関節の腫脹、発熱および跛行を呈した。左側心基底部から駆出性雑音が、また右側心基底部からは全収縮期雑音が聴取された。心エコー検査により肺動脈弁口部の疣贅物、高位心室中隔欠損および大動脈騎乗所見が得られた。病理解剖検査では、この他左肘関節の潰瘍が確認された。心奇形個体に関節炎由来の細菌性心内膜炎を併発したものと考えられた。肺動脈弁の疣贅物からはEnterococus faecalisおよびEscherichia coliが分離された。(著者抄録)
TAWFEEQ Mohammad Monir, MIURA Saori, HORIUCHI Noriyuki, KOBAYASHI Yoshiyasu, FURUOKA Hidefumi, INOKUMA Hisashi, 堀内 雅之, 古林 与志安, 古岡 秀文, 猪熊 壽
Journal of Veterinary Medical Science   75(9) 1167-1172   2013年10月
This study evaluated the clinical usefulness of serum thymidine kinase (TK) activity for diagnosing bovine leukosis cases for which clinical diagnosis was difficult ('BL with difficult diagnosis'). Median TK activity values in 24 'BL with difficul...
TAWFEEQ Mohammad Monir, HORIUCHI Noriyuki, KOBAYASHI Yoshiyasu, FURUOKA Hidefumi, INOKUMA Hisashi, 堀内 雅之, 古林 与志安, 古岡 秀文, 猪熊 壽
Journal of Veterinary Medical Science   75(9) 1213-1217   2013年10月
Expression of six selective genes in peripheral blood cells was evaluated as diagnostic biomarkers for enzootic bovine leukosis (EBL) by using 10 EBL and 15 clinically healthy cattle. The clinically healthy cattle generally showed lower gene expre...
ホルスタイン乳牛に発生した地方病性牛白血病の3症例
猪熊 壽, 下夕村 圭市, 野田 陽一郎, 吉本 薫, 竹内 俊彦, 田川 道人, 千葉 史織, 古林 与志安, 古岡 秀文
北海道獣医師会雑誌   57(10) 513-516   2013年10月
食欲不振および削痩を呈したホルスタイン種乳牛3頭が、顕著な体表リンパ節の腫大、細胞診による腫瘍細胞の確認および牛白血病ウイルス抗体陽性所見から地方病性牛白血病と診断された。LDHアイソザイム2と3活性値の和、および血清チミジンキナーゼ活性値はいずれの症例でも高値を呈したが、著しいリンパ球増多症を呈したのは3頭のうち1頭だけであった。血清チミジンキナーゼ活性値は、リンパ節腫大の程度が大きいほどより高値を示す傾向を示したが、LDHアイソザイムではそのような傾向はみられなかった。(著者抄録)
牛の神経疾患の鑑別診断 症状と病変部位の関係および鑑別診断リスト 姿勢と運動の異常(その1)
猪熊 壽
臨床獣医   31(10) 54-57   2013年10月
Adrian Patalinghug Ybañez, Adrian Patalinghug Ybañez, Thillaiampalam Sivakumar, Rochelle Haidee Daclan Ybañez, Mary Rose Bahian Vincoy, Jocelyn Acido Tingson, Zandro Obligado Perez, Shirleny Reyes Gabotero, Lyra Paglinawan Buchorno, Noboru Inoue, Kotaro Matsumoto, Hisashi Inokuma, Hisashi Inokuma, Naoaki Yokoyama, Naoaki Yokoyama
Veterinary Parasitology   196 13-20   2013年9月
Vector-borne diseases (VBDs) continue to threaten the worldwide livestock industry, but comprehensive epidemiological surveys on such diseases have not been conducted in the Philippines. In the present study, we screened 408 bovine blood samples f...
脳幹部膿瘍により斜頸と斜視を呈したホルスタイン種子牛の1症例
猪熊 壽, 山木 博巳, 千葉 史織, 小山 憲司, 古林 与志安
獣医畜産新報   66(9) 683-685   2013年9月
17日齢のホルスタイン種雌子牛が、下痢と活力低下を呈した後起立不能となり、四肢緊張、右側への斜頸および左眼斜視が出現した。デキサメサゾンおよびオキシテトラサイクリン投与により症状は軽減したが、斜頸・斜視は改善せず、歩行不能であった。病理解剖により右小脳脚から橋にかけて、直径6mm大の黄白色チーズ様の膿瘍が認められ、本膿瘍がこれら症状の原因と考えられた。(著者抄録)
牛の神経疾患の鑑別診断 総論、症状と病変部位の関係および鑑別診断リスト 全身症状 意識障害、振戦、痙攣
猪熊 壽
臨床獣医   31(9) 52-55   2013年9月
猪熊 壽, 山木 博巳, 千葉 史織
獣医畜産新報   66(9) 683-685   2013年9月
田川 道人, 千葉 史織, 岡松 弘之, 小嶋 由夏, 松本 高太郎, 古林 与志安, 猪熊 壽
日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association   66(8) 545-548   2013年8月
黒毛和種牛が出生翌日より横臥,後弓反張を呈した.脳挫傷を疑い,抗生物質,ビタミンB1製剤,消炎鎮痛剤により加療され,いったんは改善したが同様の症状が間欠的に認められた.歩様異常は継続して認められたが,一般状態は良好で8カ月齢まで飼養された.しかし,その後開脚姿勢,測定過大を伴う歩様異常,威嚇瞬き反応の低下が進行した.病理組織学的検索により小脳にプルキンエ細胞の顕著な変性と脱落及び顆粒細胞の減数を認め,小脳皮質変性症と診断された.
牛の内科実習(第134回) 貧血を示す病気
猪熊 壽
臨床獣医   31(8) 45-49   2013年8月
Hisashi Inokuma, Shigeki Maetani, Jyunji Fujitsuka, Ai Takano, Kozue Sato, Takashi Fukui, Toshiyuki Masuzawa, Hiroki Kawabata
Journal of Veterinary Medical Science   75(7) 975-978   2013年8月   [査読有り]
Two dogs that exhibited sudden astasia, anorexia and fever higher than 40°C were suspected of having Lyme disease in July 2011. Clinical symptoms gradually improved with antibiotic treatment in both cases. Polymerase chain reaction and sequence an...
Michihito Tagawa, Michihito Tagawa, Adrian P. Ybañez, Adrian P. Ybañez, Kotaro Matsumoto, Naoaki Yokoyama, Hisashi Inokuma
Veterinary Parasitology   195 165-168   2013年7月
Theileria orientalis and hemotropic Mycoplasma spp. (hemoplasmas) can cause anemia in cattle. Cattle infected with one of these two pathogens tend to resist infection by the other pathogen. This is called the " interference phenomenon" . However, ...
猪熊 壽, 小嶋 由夏, 千葉 史織, 古林 与志安, 高垣 勝仁, INOKUMA Hisashi, KOBAYASHI Yoshiyasu
産業動物臨床医学雑誌   4(1) 25-29   2013年6月
2011年12月〜2012年3月に十勝管内の1牧場から神経症状を呈するホルスタイン種新生子牛5頭が帯広畜産大学に搬入された.いずれの症例も振戦,起立不能ないし難渋,開脚姿勢,歩様蹌踉,企図振戦などの神経症状を呈しており,生前には小脳病変が疑われた.血液および生化学検査では低ガンマグロブリン血症および低コレステロール血症が認められた他は,顕著な異常はみられなかった.安楽殺後または死亡後の病理解剖では,いずれの症例においても白質硬化がみられたが,小脳低形成などの肉眼的形態異常は認められなかった...
YBAÑEZ Adrian Patalinghug, SIVAKUMAR Thillaiampalam, BATTSETSEG Badgar, BATTUR Banzragch, ALTANGEREL Khukhuu, MATSUMOTO Kotaro, YOKOYAMA Naoaki, INOKUMA Hisashi, 松本 高太郎, 横山 直明, 猪熊 壽
Journal of Veterinary Medical Science   75(4) 399-406   2013年5月
Anaplasma marginale is an etiologic agent of bovine anaplasmosis. This study aimed to molecularly detect and characterize A. marginale that is prevalent in Mongolian cattle populations. A highly specific and sensitive nested PCR (nPCR) method base...
肝臓微小血管異形成が疑われたホルスタイン種子牛における肝性脳症の1症例
前野 和利, 坂本 礼央, 駒形 真, 千葉 史織, 池川 晃世, 松本 高太郎, 古林 与志安, 猪熊 壽
獣医畜産新報   66(5) 357-360   2013年5月
起立難渋および歩様蹌踉を呈する2ヵ月齢のホルスタイン種雌子牛に著しい高アンモニウム血症(640μg/dL)が認められた。症状はグルタミン酸アルギニンおよびラクツロース投与に反応しなかった。検査所見として、平均赤血球容積の減少、有棘赤血球の出現、ASTとCPKの上昇、総コレステロールの低値および血清総胆汁酸濃度の高値(絶食時250μM、ミルク給与2時間後348μM)が認められた。病理解剖では、門脈体循環シャントは認められず、病理組織学的検索において、不明瞭な肝三つ組構造、および不整で径の小さ...
冷性浮腫のみられなかったアミロイドーシスの乳牛の1症例
松田 浩典, 村上 智亮, 鮎川 悠, 古林 与志安, 猪熊 壽
北海道獣医師会雑誌   57(5) 155-157   2013年5月
6歳1ヵ月齢のホルスタイン種乳牛が乳房炎発症後、水様性下痢、発熱(40.3℃)および乳量の急減を呈した。全身の冷性浮腫は認められなかったが、高度蛋白尿の排泄、血清総蛋白質とアルブミン濃度の低値、および蛋白電気泳動像にて先鋭なαグロブリン分画が認められ、アミロイドーシスが疑われた。腎生検組織の病理組織学的検索により、アミロイドーシスと確定診断された。病理解剖でも皮下水腫はみられず、腸間膜および第四胃幽門部粘膜にのみ水腫が認められた。(著者抄録)
Yuta Motoi, Makoto Asano, Hisashi Inokuma, Shuji Ando, Hiroki Kawabata, Hiroki Kawabata, Ai Takano, Masatsugu Suzuki
Journal of Veterinary Medical Science   75 263-267   2013年4月
We used 24 wild boars trapped from December 2009 to January 2010 and a further 65 from July 2010 to August 2010 in Misato Town, Shimane Prefecture, Japan. We collected blood, spleens, skins and ticks from the wild boars, which were examined for ri...
ホルスタイン種子牛にみられた大動脈弁下型両大血管右室起始症の1症例
齋藤 亨, 丸山 亮介, 長濱 光朗, 古林 与志安, 松本 高太郎, 猪熊 壽
北海道獣医師会雑誌   57(4) 122-125   2013年4月
1日齢のホルスタイン種子牛が、運動不耐性、チアノーゼおよび心雑音を呈したことから先天性心疾患を疑った。心電心音図検査により、心雑音は収縮期雑音と拡張期雑音が混合したものと確認された。心エコー検査では心軸の変位、右心室拡張、大動脈の右室起始と拡張、ならびに大動脈弁閉鎖不全が認められた。動脈血液ガス検査では、酸素分圧27.8mmHg、酸素飽和度は測定限界の60%未満という著しい低値が認められた。病理解剖では大動脈と肺動脈の右室起始、肺動脈狭窄、高位心室中隔欠損、大動脈拡張および大動脈弁閉鎖不全...
SIVAKUMAR Thillaiampalam, ASADA Masahito, BATTSETSEG Badgar, HUANG Xiaohong, LAN Dinh Thi Bich, INPANKAEW Tawin, P. YBAÑEZ Adrian, ALHASSAN Andy, THEKISOE Oriel M. M., DE MACEDO Alan Caine Costa, INOKUMA Hisashi, IGARASHI Ikuo, YOKOYAMA Naoaki, 猪熊 壽, 五十嵐 郁男, 横山 直明
Journal of Veterinary Medical Science   75(2) 211-214   2013年3月
Babesia ovata is a tick-transmitted hemoprotozoan parasite that infects cattle. In our study, bovine blood samples (n=2,034) were collected from 10 different countries (Brazil, China, Ghana, Japan, Mongolia, the Philippines, South Africa, Sri Lank...
YBAÑEZ Adrian Patalinghug, SATO Fumio, NAMBO Yasuo, FUKUI Takashi, MASUZAWA Toshiyuki, OHASHI Norio, MATSUMOTO Kotaro, KISHIMOTO Toshio, INOKUMA Hisashi, 松本 高太郎, 猪熊 壽
Journal of Veterinary Medical Science   75(1) 11-15   2013年2月
A total of 87 Thoroughbred horses and 10 ixodid ticks from a ranch in Hidaka district, Hokkaido were tested for tick-borne diseases. Using the indirect fluorescent antibody (IFA) method, 3.4, 92.0 and 97.7% of the horses showed antibody titers of ...
YBAÑEZ Adrian Patalinghug, SIVAKUMAR Thillaiampalam, YBAÑEZ Rochelle Haidee Daclan, RATILLA Jowarren Catingan, PEREZ Zandro Obligado, GABOTERO Shirleny Reyes, HAKIMI Hassan, KAWAZU Shin-ichiro, MATSUMOTO Kotaro, YOKOYAMA Naoaki, INOKUMA Hisashi, 河津 信一郎, 松本 高太郎, 横山 直明, 猪熊 壽
Journal of Veterinary Medical Science   75(1) 27-36   2013年2月
Anaplasma marginale has been detected in the Philippines only by peripheral blood smear examination and serological methods. This study generally aimed to molecularly detect and characterize A. marginale in cattle and ticks in Cebu, Philippines. A...
牛ヘモプラズマ感染症
田川 道人, 猪熊 壽
牛臨床寄生虫研究会誌   3(2) 1-6   2013年2月
ベクターとしてのマダニの生物学
猪熊 壽
牛臨床寄生虫研究会誌   3(2) 12-16   2013年2月
Ybañez Adrian P., Tagawa Michihito, Matsumoto Kotaro, Kishimoto Toshio, Yokoyama Naoaki, Inokuma Hisashi, 横山 直明, 猪熊 壽
Vector-Borne and Zoonotic Diseases   13(1) 6-11   2013年1月
http://online.liebertpub.com/doi/abs/10.1089/vbz.2012.0963

Misc

 
藤沢哲郎, 藤沢哲郎, 高橋英二, 山村拓, 古岡秀文, 猪熊壽
北海道獣医師会雑誌   61(1) 2‐5-5   2017年1月
後産停滞で治療中の4歳5ヵ月齢のホルスタイン種乳牛雌で、直腸検査により大型腫瘤を触知した。超音波検査では大型腫瘤の内部に液体および線維素様構造物を確認し、穿刺により細胞と細菌を含む淡黄色混濁液が回収された。病理解剖により腫瘤は、高度に腫大(63×37×30cm、約40kg)した左腎であり、腎盂相当部位の著しい拡張と腎実質の菲薄化がみられたことより水腎症と診断した。左腎周囲は結合組織で覆われ、腹壁および腸管との癒着がみられた。さらに腹腔内には淡黄色の腹水が貯留し、第一胃、腹壁、横隔膜、大網は...
森川真子, 大島徹治, 入江遥, 岡松弘之, 堀内雅之, 古林与志安, 猪熊壽
獣医畜産新報   (1148) 199‐201   2017年3月
猪熊壽, 吉本薫, 田川道人, 古林与志安
北海道獣医師会雑誌   60(12) 576‐579-579   2016年12月
ホルスタイン種、雌、11ヵ月齢の育成牛が、突然の転倒と食欲不振を主訴として受診した。症例は転倒後自力起立可能であったが、歩様蹌踉、斜頸、耳介下垂が認められた。抗菌薬、ビタミンB1およびデキサメサゾンにより治療したところ、症状はいったん軽減したが、約1ヵ月後に再発した。神経学的検査により中枢性前庭障害と片側性の外転・滑車・顔面神経の病変局在が示唆され、臨床経過と併せて小脳、橋および延髄の片側性圧迫性病変が疑われた。病理解剖検査では、小脳・橋・延髄左側に5×3×3cm大の膿瘍がみられ、脳神経を...
藤沢 哲郎, 高橋 英二, 山村 拓, 古岡 秀文, 猪熊 壽, FURUOKA Hidefumi, INOKUMA Hisashi
北海道獣医師会雑誌   61(1) 2-5   2017年
後産停滞で治療中の4歳5カ月齢のホルスタイン種乳牛雌で、直腸検査により大型腫瘤を触知した。超音波検査では大型腫瘤の内部に液体および線維素様構造物を確認し、穿刺により細胞と細菌を含む淡黄色混濁液が回収された。病理解剖により腫瘤は、高度に腫大(63×37×30cm、約40kg)した左腎であり、腎盂相当部位の著しい拡張と腎実質の菲薄化がみられたことより水腎症と診断した。左腎周囲は結合組織で覆われ、腹壁および腸管との癒着がみられた。さらに腹腔内には淡黄色の腹水が貯留し、第一胃、腹壁、横隔膜、大網は...
河野友美, 菊地智景, 鬼頭宗寛, 堀内雅之, 古林与志安, 山田一孝, 山田一孝, 猪熊壽
北海道獣医師会雑誌   60(11) 525‐528-528   2016年11月
3ヵ月齢のホルスタイン種雌子牛が後躯麻痺、起立不能、努力性呼吸を呈した。デキサメサゾン投与により一時的に自力起立が可能になったが、後躯蹌踉は改善しなかった。神経学的検査により後肢の反射亢進が認められ、第3胸椎(T3)〜第3腰椎(L3)の脊髄病変を疑った。X線検査およびCT検査によりT5-T6の椎体変形および椎体膿瘍形成が認められたので、生前診断に至った。病理解剖により、この胸椎腫瘤は椎間円盤と椎体を侵襲し、脊椎管内に突出して脊髄を圧迫していた。また肺にも膿瘍形成が認められたが、細菌検査では...
上坂花鈴, 西川義文, 猪熊壽
日本獣医学会学術集会講演要旨集   159th 439-439   2016年8月
脳脊髄液中Neuron specific enolaseが高値を示した後躯麻痺黒毛和種子牛の1症例
上坂 花鈴, 小山 憲司, 堀内 雅之, 古林 与志安, 猪熊 壽
産業動物臨床医学雑誌   7(2) 80-81   2016年11月
倉島千尋, 田川道人, 高木哲, 前川直也, 今内覚, 新坊弦也, 富張瑞樹, 松本高太郎, 猪熊壽, 川本恵子, 宮原和郎
日本獣医学会学術集会講演要旨集   159th 462-462   2016年8月
ホルスタイン種子牛にみられた赤芽球癆の1症例
前澤 誠希, 小山 憲司, 田中 優樹, 堀内 雅之, 松本 高太郎, 古林 与志安, 猪熊 壽
産業動物臨床医学雑誌   7(2) 82-83   2016年11月
前澤誠希, 小熊圭祐, 泉對博, 長谷部文子, 猪熊壽
日本獣医学会学術集会講演要旨集   159th 441-441   2016年8月
佐々木直樹, 伊藤めぐみ, 柳川将志, 松井基純, 羽田真悟, 松本高太郎, 南保泰雄, 猪熊壽, 古岡秀文, 山田一孝, 石原章和
臨床獣医   34(10) 22‐27   2016年10月
ホルスタイン種子牛にみられた牛コレステロール代謝異常症の1症例
猪熊 壽, 鴇田 直子, 堀内 雅之, 荻野 敦, 黒木 一仁, 渡邉 謙一, 古林 与志安
産業動物臨床医学雑誌   7(2) 86-87   2016年11月
猪熊壽, 横山直明, 鈴木真生, 千葉友行, 河合孝弘, 松井伸一, 前野和利
日本獣医学会学術集会講演要旨集   159th 439-439   2016年8月
藤田理公, 藤田理公, 渡邉謙一, 松本高太郎, 猪熊壽, 古林与志安, 古林与志安, 堀内雅之, 堀内雅之
日本獣医学会学術集会講演要旨集   159th 319   2016年8月
大島徹治, 菊地智景, 黒瀬朋康, 堀内雅之, 松本高太郎, 古林与志安, 猪熊壽
北海道獣医師会雑誌   60(8) 371   2016年8月
望月 奈那子, 滄木 孝弘, 伊藤 めぐみ, 藤田 理公, 堀内 雅之, 古林 与志安, 猪熊 壽, 芝野 健一
産業動物臨床医学雑誌 = Japanese journal of large animal clinics   7(1) 24-29   2016年6月
前澤 誠希, 上坂 花鈴, 大島 徹治, 田仲 真之, 中島 永成, 猪熊 壽
獣医畜産新報   69(5) 355-357   2016年5月
大島 徹治, 大戸 千帆, 伊東 絵理子, 堀内 雅之, 古林 与志安, 猪熊 壽
獣医畜産新報   69(5) 359-362   2016年5月
三浦 沙織, 猪熊 壽
産業動物臨床医学雑誌 = Japanese journal of large animal clinics   6(4) 149-153   2016年3月
前澤 誠希, 嘉陽 静香, 三浦 沙織, 小熊 圭祐, 泉對 博, 堀内 雅之, 古林 与志安, 古岡 秀文, 猪熊 壽
産業動物臨床医学雑誌 = Japanese journal of large animal clinics   6(4) 161-164   2016年3月
Kenji Koyama, Riku Fujita, Masaki Maezawa, Natsuko Fukumoto, Noriyuki Horiuchi, Hisashi Inokuma, Yoshiyasu Kobayashi
Journal of Veterinary Medical Science   78 1175-1177   2016年1月
© 2016 The Japanese Society of Veterinary Science.A 10-day-old, Japanese Black, female calf had shown astasia since just after birth. Focal symmetrical periventricular malacic lesions of the cerebrum and suppurative arthritis of the left hip joint...
Adrian Patalinghug Ybañez, Hisashi Inokuma
Veterinary World   9 1190-1196   2016年1月
© Ybañez and Inokuma.Anaplasma species of the family Anaplasmataceae, order Rickettsiales are tick-borne organisms that can cause disease in animals and humans. In Japan, all recognized species of Anaplasma (except for Anaplasma ovis) and a potent...
髙橋 英二, 山田 一孝, 古林 与志安, 猪熊 壽, TAKAHASHI Eiji, YAMADA Kazutaka, KOBAYASHI Yoshiyasu, INOKUMA Hisashi
日本獣医師会雑誌   69(2) 93-96   2016年
7歳6カ月齢のホルスタイン種乳牛が顕著ないびき音を呈し,さらに左側頬骨部の一部で波動感を有する腫瘤が触知された.頭部X線検査により上顎洞内への液体貯留と上顎第3後臼歯の歯槽骨の融解が認められ,歯性上顎洞炎に継発する大型膿瘍であることが推察された.病理解剖により病変は上顎洞内膿瘍であることが明らかとなった.牛における頭部X線検査が上顎洞内膿瘍の診断及び病態の把握に有用であった.https://www.jstage.jst.go.jp/article/jvma/69/2/69_93/_arti...
前澤 誠希, 大戸 千帆, 関塚 次郎, 堀内 雅之, 古林 与志安, 猪熊 壽, HORIUCHI Noriyuki, KOBAYASHI Yoshiyasu, INOKUMA Hisashi
北海道獣医師会雑誌   60(1) 2-5   2016年
UESAKA Karin, MAEZAWA Masaki, INOKUMA Hisashi, 猪熊 壽
Journal of Veterinary Medical Science   78(3) 463-465   2016年
A serological survey of Borrelia infection of dogs was performed in Sapporo, Japan, where Borrelia garinii infection in dogs was detected in 2011. A total of 314 serum samples were collected from dogs that visited three animal hospitals in Sapporo...
上坂 花鈴, 藤田 理公, 水島 仁人, 堀内 雅之, 古林 与志安, 川本 恵子, 猪熊 壽, HORIUCHI Noriyuki, KOBAYASHI Yoshiyasu, KAWAMOTO Keiko, INOKUMA Hisashi
北海道獣医師会雑誌   60(3) 1-4   2016年
3歳6カ月齢のホルスタイン種乳牛が、分娩2カ月後に食欲不振を主訴に受診した。第6病日には肺音粗励と心音混濁が確認され、心内膜炎を疑った。第13病日の血液生化学検査では慢性炎症像が確認され、また心音心電図解析の結果、Ⅰ音分裂と延長、および二峰性P波がみられた。さらに心臓超音波検査では、僧帽弁の疣贅物と僧帽弁逆流、左心室と左心房の拡張が認められた。第16病日に実施された病理解剖では、僧帽弁に3×2×2cm 大、三尖弁に3×1×1cm大の疣贅物がそれぞれ確認されたほか、腎梗塞および左肩と左膝の関...
佐々木 広美, 下田 崇, 古林 与志安, 猪熊 壽, KOBAYASHI Yoshiyasu, INOKUMA Hisashi
北海道獣医師会雑誌   60(7) 6-9   2016年
猪熊 壽, 吉本 薫, 田川 道人, 古林 与志安, INOKUMA Hisashi, TAGAWA michihito, KOBAYASHI Yoshiyasu
北海道獣医師会雑誌   60(12) 576-579   2016年
ホルスタイン種、雌、11カ月齢の育成牛が、突然の転倒と食欲不振を主訴として受診した。症例は転倒後自力起立可能であったが、歩様蹌踉、斜頸、耳介下垂が認められた。抗菌薬、ビタミンB1およびデキサメサゾンにより治療したところ、症状はいったん軽減したが、約1カ月後に再発した。神経学的検査により中枢性前庭障害と片側性の外転・滑車・顔面神経の病変局在が示唆され、臨床経過と併せて小脳、橋および延髄の片側性圧迫性病変が疑われた。病理解剖検査では、小脳・橋・延髄左側に5×3×3 cm 大の膿瘍がみられ、脳神...
髙橋 英二, 渡邉 謙一, 古林 与志安, 古岡 秀文, 猪熊 壽, KOBAYASHI Yoshiyasu, FURUOKA Hidefumi, INOKUMA Hisashi
北海道獣医師会雑誌   59    2015年
分娩後低カルシウム血症の治療から10日後の5歳6ヶ月のホルスタイン種乳牛に発熱、起立難渋、食欲廃絶、両前肢腫脹が認められた。抗菌薬、消炎鎮痛剤投与に反応せず、頻脈および心音強勢が発現し、心内膜炎を疑った。聴診では心音混濁が認められたが、明瞭な心雑音は聴取されなかった。心音図検査によって、混濁心音は延長した 音および 音であることが明らかとなり、各弁膜の閉鎖不全が考えられた。心臓超音波検査では三尖弁の疣贅物が確認された。病理解剖では、心臓各弁膜に疣贅物が付着しており、その大きさは三尖弁では直...
Shinya Iwakami, Yasuaki Ichikawa, Hisashi Inokuma
Ticks and Tick-borne Diseases      2014年8月
A nationwide survey of ixodid ticks was performed in 2011, during which a total of 4237 and 298 ticks were recovered from 1162 dogs and 136 cats, respectively. Haemaphysalis longicornis was the most frequently found tick species on canine hosts (7...
田川 道人, YBANEZ Adrian P., 松本 高太郎, 横山 直明, 猪熊 壽
日本マイコプラズマ学会雑誌 = Japanese Journal of Mycoplasmology   39    2013年3月
佐々木 直樹, 山田 一孝, 石井 三津夫, 松井 基純, 羽田 真悟, 松本 高太郎, 古岡 秀文, 古林 与志安, 猪熊 壽, SASAKI Naoki, YAMADA Kazutaka, ISHII Mitsuo, Matsui Motozumi, HANEDA Shingo, Matsumoto Kotaro, FURUOKA Hidefumi, KOBAYASHI Yoshiyasu, INOKUMA Hisashi
家畜診療   58(12) 745-750   2011年12月
猪熊 壽
家畜診療   57(3) 137-143   2010年3月
〈特集〉増加傾向にある牛白血病の現状と対策(1)http://nosai.or.jp/nosai/modules/pico/index.php?content_id=45
猪熊 壽
産業動物臨床医学雑誌   1(2) 115-116   2010年
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjlac/1/2/1_115/_article/-char/ja/
EL-KHODERY Sabry, YAMADA Kazutaka, AOKI Daisuke, KAMIO Kyouhei, KISHIMOTO Miori, SHIMIZU Junichiro, KOBAYASHI Yoshiyasu, ISHII Mitsuo, INOKUMA Hisashi, YAMAUCHI Sen-ichi, MATSUI Takane, 山田 一孝, 古林 与志安, 石井 三都夫, 猪熊 壽
Journal of Veterinary Medical Science   70(7) 727-730   2008年
Computed tomography (CT) was used for diagnosis of brain abscess in a 6-month-old, Japanese black calf presented with neurological dysfunction, compulsive circling and vision disturbance. CT images showed asymmetric lateral ventricles, and presenc...
猪熊 壽, 永田 美和, 細井 栄嗣, 板本 和仁, 奥田 優, INOKUMA Hisashi
Journal of Veterinary Medical Science   70(4) 401-405   2008年
全国8地域のニホンジカに寄生するタイレリアの18S rRNAおよびp33/34遺伝子を解析した. 18S rRNA遺伝子の相同性は99.7-100%であったが,山口県産ニホンジカのタイレリアp33/34遺伝子の相同性は,他地域のものに比べて塩基配列で68.7〜70.1%,アミノ酸配列で64,1〜70.0%と低く,ニホンジカのタイレリアには遺伝的に異なる株が存在することが示唆された.The 18S rRNA gene and the piroplasm major immunodominan...
島田 飛鳥, 小野里 知哉, 星 恵理子, 富樫 義彦, 松井 基純, 三宅 陽一, 古林 与志安, 古岡 秀文, 松井 高峯, 佐々木 直樹, 石井 三都夫, 猪熊 壽
The journal of veterinary medical science   69(12) 1317-1319   2007年12月
発熱と多呼吸を呈する11日齢ホルスタイン種子牛を診察した.抗生物質と非ステロイド系抗炎症剤による治療は奏功しなかった.第5病日に全身各所に重度の出血を認めた.血液検査では重篤な汎血球減少症が認められ,第11病日に注射部位からの出血を呈して死亡した.病理解剖により骨髄低形成による汎血球減少症が明らかとなった.先天的な異常が本症例の骨髄低形成性汎血球減少症の原因であることが疑われた.
平岡 博子, 久末 正晴, 長島 奈歩, 見山 孝子, 渡辺 麻麗香, 板本 和仁, 水野 拓也, 猪熊 壽, 奥田 優, 奥田 優
The journal of veterinary medical science   69(6) 665-668   2007年6月
11歳齢,避妊雌のパグが非再生性貧血および血小板減少を主訴に来院した.末梢血液では単球系細胞の増加,顆柱球ならびに血小板の異形成が認められた.第7病日,末梢血液中の単球系細胞はさらに増加し,3系統の細胞で異形成が認められた.対症療法を実施したものの,症例は同日に斃死した.死亡直後に採取した骨髄では,単球系細胞の増加ならびに3系統の細胞で強い異形成が認められたため,本症例をMDS-CMMLと診断した.
猪熊 壽
ホルモンと臨牀   55(3) 221-228   2007年3月
Miyama Takako, Inokuma Hisashi, Itamoto Kazuhito, Okuda Masaru, Verdida Rodolfo A., Xuan Xuenan, 猪熊 壽, 玄 学南
The journal of veterinary medical science   68(12) 1371-1373   2006年12月
The clinical usefulness of antibodies against Babesia gibsoni detected by ELISA with recombinant P50 was examined in dogs in an area where B. gibsoni infection was endemic. Only 8 among 14 dogs with acute type B. gibsoni infection without a previo...
査汗 巴音, 張 守発, 徐 珍栄, 中村 千夏, 張 国宏, 坂内 天, 簡 子健, 猪熊 壽, 土屋 耕太郎, 佐藤 雪太, 壁谷 英則, 丸山 総一, 見上 彪, 玄 学南
The journal of veterinary medical science   68(7) 753-755   2006年7月
中国西新彊地域のロバにおけるバベシア原虫感染症の疫学調査を行った.イリおよびカシュガル地域で,計93頭から得た血清を用いてB. equi(T. equi)およびB. caballi由来組換え抗原によるELISA抗体の検出を試み,9頭(9.6%)および36頭(38.7%)が抗体陽性で,そのうち2頭(2.2%)は両原虫に陽性であった.本結果より,同地域においてロバ間でバベシア原虫が広く浸潤・蔓延している可能性が示唆された.
猪熊 壽, 太郎良 昇子, 見山 孝子, 平岡 博子, 渡辺 麻麗香, 板本 和仁, 奥田 優
日本ダニ学会誌   15(1)    2006年5月
平岡 博子, 島田 洋二郎, 坂田 義美, 渡辺 麻麗香, 板本 和仁, 奥田 優, 猪熊 壽
The journal of veterinary medical science   67(12) 1217-1222   2005年12月
クエン酸合成酵素遺伝子配列に基づいて設計されたリケッチア属特異的nested PCRを用いて全国の犬1137頭と猫133頭から回収されたマダニからリケッチアDNAを検出した.陽性検体についてはPCR産物の塩基配列を決定した.犬由来マダニ91検体, 猫由来マダニ18検体がPCR陽性を示し, うち102検体の遺伝子解析が成功した.西日本の13府県から検出された38検体がRickettsia japonicaまたはその近縁種と, 北海道と沖縄を含む13道府県から検出された33検体がRickett...
Hiraoka Hiroko, Shimada Yojiro, Sakata Yoshimi, Watanabe Malaika, Itamoto Kazuhito, Okuda Masaru, Inokuma Hisashi, 猪熊 壽
The journal of veterinary medical science   67(12) 1217-1222   2005年12月
DNA from ticks recovered from 1137 dogs and 133 cats from Ell over Japan were examined for Rickettsia infection by citrate synthase gene (gltA)-based PCR and partial nucleotide sequencing. A total of 91 dog tick samples and 18 cat tick samples sho...
Taroura Shoko, Shimada Yojiro, Sakata Yoshimi, Miyama Takako, Hiraoka Hiroko, Watanabe Malaika, Itamoto Kazuhito, Okuda Masaru, Inokuma Hisashi, 猪熊 壽
JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE   67(12) 1277-1279   2005年12月
DNA fragments of 'Candidatus Mycoplasma haemominutum', a feline heamobartonella pathogen, were detected from unfed Ixodes ovatus collected from vegetation in Hokkaido, Fukushima and Yamaguchi Prefectures, and unfed Haemaphysalis flava in Yamaguchi...
奥田 優, 酒井 芳子, 松内 恵, 及川 達夫, 渡辺 麻麗香, 板本 和仁, 岩田 祐之, 加納 塁, 長谷川 篤彦, 大西 堂文, 猪熊 壽
The journal of veterinary medical science   67(3) 249-254   2005年3月
OmpL1蛋白は1993年に確認されたレプトスピラ外膜蛋白で, 病原性レプトスピラにのみ存在するとされてる.われわれは組み換えOmpL1蛋白(GST-rOmpL1)を作成し, これを抗原としたELISAによる犬レプトスピラ抗体の検査系を開発した.イムノブロット解析において今回作成したGST-rOmpL1はLeptospira interrogansの異なる3種の血清型がそれぞれ感染した犬の血清すべてに反応し, 非感染犬の血清ならびにLeptospiraに近縁であるとされるBorrlia b...
猪熊 壽, 平岡 博子, 島田 洋二郎, 坂田 義美, 渡邊 麻麗香, 板本 和仁, 奥田 優
衛生動物   56(0)    2005年
佐々木 主計, 馬 志永, SALEEN Khatlani Tanvir, 奥田 優, 猪熊 壽, 大野 耕一, 大西 堂文
獣医麻酔外科学雑誌 = Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery   33    2003年1月
J. P. Beaufils, H. Inokuma, J. Martin-Granel, Ph Jumelle, M. Barbault-Jumelle, P. Brouqui
Revue de Medecine Veterinaire   153 85-90   2002年2月
A dog that presented fever and bleeding disorders after a routine surgery was infected by an intra-platelet organism and also suffered from hypoadrenocorticism. PCR and genetic studies showed that it was a strain of Anaplasma platys, (ex Ehrlichia...
猪熊 壽, 大野 耕一, 大西 堂文, RAOULT Didier, BROUQUI Philippe
The journal of veterinary medical science   63(7) 815-817, s・vi   2001年7月
山口県および沖縄県の犬の末梢血から分離したDNAを材料に, 犬に感染しうるEhrlichia5種(E. canis, E. chaffeensis, E. ewingii, E. equi, E. platys)および我が国に存在が確認されているマダニ媒介性Ehrlichia2種(E. muris, Ixodes ovatusから近年分離された種)の感染状況をPCR法を用いて調査した. 山口県では67頭中1頭からE. platysが, また他の1頭からI. ovatusから近年分離されたE...
松本 高太郎, 猪熊 寿, 大野 耕一, 大西 堂文
The journal of veterinary medical science   63(3) 325-328   2001年3月
クリイロコイタマダニ(Rs)唾液腺抽出物(SGE)が, 犬末梢血リンパ球の免疫グロブリンクラス生能に及ぼす影響をin vitroで調べた.総免疫グロブリン, IgMおよびAに対するELISAの検出限界はそれぞれ1, 1および15ng/mlであり, in vitroでの非特異的免疫グロブリンクラス産生能の測定に有用であると考えられた.RsSGEはPWMもしくはLPS誘導性の総免疫グロブリンおよびIgA産生能を抑制したが, IgMは抑制しなかった.抑制の原因の一部として, SGEがBリンパ球に...
猪熊 壽, 向井 美帆, 大野 耕一, 山本 芳美, 高橋 進, 大西 堂文
The journal of veterinary medical science   61(2) 179-181   1999年2月
クリイロコイタマダニ(Rs)由来の24kd蛋白(Rs24p)は幼ダニ, 若ダニ, 雌雄成ダニおよび雌雄成ダニ唾液腺に共通に認められる抗原であり, Rs成ダニを実験的に2回寄生させた後の大血清中には, 抗Rs24p抗体が検出された. Rs成ダニ実験寄生犬に認められる抗Rs24pの消長を観察したところ, 1回目寄生では寄生後6日目以降4頭中2頭に抗Rs24p抗体が検出された. 2回目寄生では4頭中全頭に抗Rs24p抗体が検出されたが, 抗体持続期間は寄生後30日から160日までと様々であった.
Hisashi Inokuma, Shizuo Yamamoto, Chiharu Morita
Journal of Veterinary Medical Science   60 761-763   1998年12月
Serological tests were performed to investigate extent of tick-borne diseases in dogs infested with Rhipicephalus sanguineus at a kennel in Okayama Prefecture. Three of 22 dogs (13.6%) were positive for Ehrlichia canis. Two of 19 dogs (10.5%) were...
猪熊 壽, 田村 和穂, 大西 堂文
The journal of veterinary medical science   57(3) 567-568   1995年6月
1994年夏に岡山県内の一大舎で飼育される成犬22頭にマダニ寄生が認められた. これらのうち4頭は過去に米国から輸入された犬であった. マダニ寄生により膿皮症, 貧血, 好中球増多症, 好酸球増多症を呈する個体も認められた. 末梢血塗抹検査によりBabesia fibsoni あるいは Hepatozoon canis は検出されなかった. 寄生していたマダニは, 形態学的にタリイロコイタマダニ (Rhipicephalus sanguineus) と同定された.
猪熊 壽, Kerlin Roy L., Kemp David H., Willadsen Peter
日本獣医学雑誌   56(1) 45-49   1994年2月
ロゼット法, セファローズビーズ法及び免疫蛍光法の3つの方法により牛末梢血リンパ球(PBL)におけるヒスタミンレセプター(HR)を検出した. 免疫蛍光法は他の2つの方法に比べてより安定的で定量的な方法と考えられた. 本法により, PBL, 末梢血B細胞分画及び末梢血T細胞分画はそれぞれ18.4%, 52.8%, 9.3%のHRを保有していることが明らかとなった. また, H1レセプター拮抗薬及びH2レセプター拮抗薬を用いた阻止試験により, PBLはH1及びH2の両レセプターを保有しているこ...

書籍等出版物

 
文永堂出版   2014年5月   ISBN:4830032529
日本獣医内科学アカデミー, 岩崎 利郎, 滝口 満喜, 辻本 元, 猪熊 壽, 北川 均, 内藤 善久
文永堂出版   2014年   ISBN:9784830032523
スーザン・E・ショー, マイケル・J・デイ (担当:編者)
インターズー   2009年   ISBN:4899955421
奥田優、水野拓也、坂本和仁、丸山総一 (担当:編者)
IBS出版   2008年3月   ISBN:4902600269
猪熊 壽
インターズー   2005年5月   ISBN:489995297X
猪熊 壽
IBS出版   2008年   ISBN:9784902600261
今西 孝一, 加納 塁, 北垣 憲仁, 酒井 律, 時田 昇臣, 藤原 俊介, 亘 敏広 (担当:共編者)
講談社   2003年11月   ISBN:4061537237
猪熊 壽
東京大学出版会   2001年9月   ISBN:413074013X

講演・口頭発表等

 
BLVプロウイルス単クローン性組込みが証明された21ヵ月齢黒毛和種肥育牛の地方病性牛白血病
前澤 誠希, 嘉陽 静香, 三浦 沙織, 小熊 圭祐, 泉對 博, 猪熊 壽
産業動物臨床医学雑誌   2015年11月   
地方病性牛白血病発症マーカーとしての血清LDH活性の再評価
三浦 沙織, 猪熊 壽
産業動物臨床医学雑誌   2015年11月   
後躯麻痺を呈した4週齢のホルスタイン種子牛におけるネオスポラ症の1症例
上坂 花鈴, 岩澤 裕介, 堀内 雅之, 古林 与志安, 西川 義文, 猪熊 壽
産業動物臨床医学雑誌   2015年11月   
左右房室弁の疣贅性心内膜炎を認めたホルスタイン種乳牛の1症例
上坂 花鈴, 藤田 理公, 水島 仁士, 堀内 雅之, 松本 高太郎, 古林 与志安, 川本 恵子, 猪熊 壽
北海道獣医師会雑誌   2015年8月   
肢端または耳介壊死を呈した子牛15症例の病態解析
猪熊 壽, 松本 高太郎, 堀内 雅之, 古林 与志安, 古岡 秀文
北海道獣医師会雑誌   2015年8月   
腟内腫瘤の細胞診が診断に有用であった黒毛和種繁殖牛の地方病性牛白血病
前澤 誠希, 嘉陽 静香, 大戸 千帆, 関塚 次郎, 堀内 雅之, 松本 高太郎, 古林 与志安, 猪熊 壽
北海道獣医師会雑誌   2015年8月   
(パート1)参加型臨床実習をどうするか 目前にせまった参加型臨床実習の内容、実施方法を議論する 産業動物の参加型臨床実習 国立大学編 国際認証を目指す産業動物の参加型臨床実習
猪熊 壽, 芝野 健一, 山田 一孝, 南保 泰雄, 佐々木 直樹, 松井 基純, 松本 高太郎, 伊藤 めぐみ, 羽田 真悟, 滄木 孝弘
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2015年8月   
ホルスタイン牛における拡張しない心筋症の病理学的研究
熊谷 大史郎, 松本 高太郎, 猪熊 壽, 古岡 秀文, 古林 与志安, 堀内 雅之
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2015年8月   
牛の中枢神経系疾患における血清S100B濃度の臨床的意義の検討
猪熊 壽, 小島 由夏, 松本 高太郎, 堀内 雅之, 古林 与志安, 古岡 秀文
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2015年8月   
札幌市および札幌近郊の犬の抗Borrelia抗体保有状況の解析
中島 永成, 池川 晃世, 松本 高太郎, 市川 康明, 猪熊 壽
衛生動物   2015年6月   
体表リンパ節腫大または体腔内腫瘤を呈し診断に苦慮した非牛白血病の乳牛11症例
猪熊 壽, 松本 高太郎, 堀内 雅之, 古林 与志安
産業動物臨床医学雑誌   2014年11月   
リンパ球クローナリティー解析が有用であった地方病型牛白血病の3症例
嘉陽 静香, 松本 高太郎, 堀内 雅之, 古林 与志安, 猪熊 壽
産業動物臨床医学雑誌   2014年11月   
参加型臨床実習について 北大-帯畜大共同獣医学課程における産業動物参加型臨床実習の方向性
猪熊 壽, 芝野 健一, 山田 一孝, 南保 泰雄, 佐々木 直樹, 松井 基純, 松本 高太郎, 伊藤 めぐみ, 羽田 真悟, 滄木 孝弘
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2014年8月   
参加型臨床実習について 北大-帯畜大共同獣医学課程における産業動物参加型臨床実習の方向性
猪熊 壽, 芝野 健一, 山田 一孝, 南保 泰雄, 佐々木 直樹, 松井 基純, 松本 高太郎, 伊藤 めぐみ, 羽田 真悟, 滄木 孝弘
北海道獣医師会雑誌   2014年8月   
Streptococcus canisによる感染性心内膜炎の犬の1症例
田川 道人, 大橋 英二, 本村 絹代, 千葉 史織, 堀内 雅之, 古林 与志安, 三好 雅史, 猪熊 壽, 松本 高太郎
北海道獣医師会雑誌   2014年8月   
生前に牛白血病を疑った唾液腺未分化癌のホルスタイン種成牛の1症例
嘉陽 静香, 中郡 翔太郎, 吉本 薫, 下夕村 圭市, 堀内 雅之, 松本 高太郎, 古林 与志安, 猪熊 壽
北海道獣医師会雑誌   2014年8月   
ホルスタイン種乳牛にみられた鼻出血10症例の臨床および検査所見の比較
猪熊 壽, 滄木 孝弘, 松本 高太郎, 堀内 雅之, 古林 与志安, 古岡 秀文
北海道獣医師会雑誌   2014年8月   
下垂体周囲膿瘍により盲目を呈したホルスタイン雄育成牛の1症例
中島 永成, 千葉 史織, 福本 奈津子, 松本 高太郎, 堀内 雅之, 古林 与志安, 猪熊 壽
北海道獣医師会雑誌   2014年8月   
牧野マダニのTheirelia orientalis感染に対する牛体寄生マダニ対策の効果
猪熊 壽, 横山 直明, 河合 孝弘, 松井 伸一, 前野 和利
衛生動物   2014年3月   
北海道の犬寄生マダニにおけるBorrelia garinii保有状況調査
中島 永成, 冨川 明子, 松本 高太郎, 猪熊 壽
衛生動物   2014年3月   
牛の神経疾患の鑑別診断 神経学的検査
猪熊 壽
臨床獣医   2014年2月   
マダニ刺咬症の17例
森 徹, 森 勝彦, 猪熊 壽
西日本皮膚科   2013年12月   
ホルスタイン種乳牛にみられた体表リンパ節腫大を伴わない地方病型牛白血病の2症例
三浦 沙織, 松本 高太郎, 古林 与志安, 河津 信一郎, 猪熊 壽
産業動物臨床医学雑誌   2013年11月   
十勝地方の3農場を対象とした牛白血病の疫学調査 遺伝子学的診断と血清学的診断との比較
酒詰 史子, 滄木 孝弘, 石井 三都夫, 山田 一孝, 松本 高太郎, 羽田 真悟, 小川 晴子, 猪熊 壽, 今井 邦俊
北海道獣医師会雑誌   2013年8月   
頸椎膿瘍により四肢不全麻痺を呈したホルスタイン種子牛の1症例
橋元 直也, 井上 生悠, 岩上 慎哉, 千葉 史織, 堀内 雅之, 古林 与志安, 猪熊 壽
北海道獣医師会雑誌   2013年8月   
心室中隔欠損のホルスタイン種成牛にみられた多発性弁膜性心内膜炎の1症例
高垣 勝仁, 池川 晃世, 二宮 理沙, 古林 与志安, 猪熊 壽
北海道獣医師会雑誌   2013年8月   
犬および猫におけるヒト歯周病原因菌の保有状況調査
松本 高太郎, 角田 浩之, 河野 健太郎, 東野 崇, 大橋 英二, 大池 三千男, 弘川 治喜, 西川 ひろみ, 橋本 顕子, 猪熊 壽
北海道獣医師会雑誌   2013年8月   
十勝地方の3乳牛農場を対象とした牛白血病ウイルス(BLV)感染状況の調査 診断方法の比較
酒詰 史子, Bui Vuong, Trinh Dai, 滄木 孝弘, 石井 三都夫, 山田 一孝, 松本 高太郎, 羽田 真悟, 小川 晴子, 猪熊 壽, 今井 邦俊
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2013年8月   
臨床診断が困難な牛白血病における血清チミジンキナーゼ活性の評価(Evaluation of serum thymidine kinase activity of bovine leukosis with difficult clinical diagnoses)
Tawfeeq Mohammad Monir, 三浦 沙織, 堀内 雅之, 古林 与志安, 古岡 秀文, 猪熊 壽
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2013年8月   
エゾシカ(Cervus nippon yesoensis)由来ヘモプラズマの分子系統学的解析
田川 道人, 松本 高太郎, 横山 直明, 猪熊 壽
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2013年8月   
日本の犬と猫から回収したフタトゲチマダニのBabesia gibsoni保有状況調査
岩上 慎哉, 市川 康明, 田井 貴子, 松本 高太郎, 猪熊 壽
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2013年8月   
Anaplasma phagocytophilumおよびその近縁種に感染した牛の1症例 臨床および病理学的所見(A case report: Clinical and pathological findings of a cow infected with Anaplasma phagocytophilum and its related species in Japan)
Ybanez A.P., 田川 道人, 松本 高太郎, 横山 直明, 古林 与志安, 猪熊 壽
衛生動物   2013年6月   
エゾリス及びその寄生ノミのリケッチア保有状況調査
池川 晃世, 松本 高太郎, 猪熊 壽
衛生動物   2013年6月   
野生動物及びマダニにおけるQ熱コクシエラ保有実態
木田 浩司, 中本 敦, 城ヶ原 貴通, 溝口 嘉範, 葛谷 光隆, 濱野 雅子, 中嶋 洋, 藤井 理津志, 福士 秀人, 大屋 賢司, 猪熊 壽, 岸本 壽男
衛生動物   2013年6月   
酪農・畜産と衛生動物学 今何が問題か マダニとウシの小型ピロプラズマ症
猪熊 壽
衛生動物   2013年4月   
札幌市周辺の犬の抗ボレリア抗体保有状況調査
池川 晃世, 藤塚 淳史, 前谷 茂樹, 松本 高太郎, 市川 康明, 猪熊 壽
衛生動物   2013年4月   
犬・猫に寄生するシュルツェマダニのBorrelia garinii保有状況調査
岩上 慎哉, 市川 康明, 田井 貴子, 松本 高太郎, 猪熊 壽
衛生動物   2013年4月   
田川 道人, YBANEZ Adrian P., 松本 高太郎, 横山 直明, 猪熊 壽
日本マイコプラズマ学会雑誌 = Japanese Journal of Mycoplasmology   2013年3月31日   
フィリピン・セブ島における牛のベクター媒介性病原体の分子学的調査(Molecular survey of bovine vector-borne pathogens in Cebu, Philippines)
Ybanez Adrian Patalinghug, Sivakumar Thillaiampalam, 井上 昇, 松本 高太郎, 猪熊 壽, 横山 直明
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2013年3月   
放牧牛にみられた小型ピロプラズマとヘモプラズマの干渉現象
田川 道人, 松本 高太郎, 横山 直明, 猪熊 壽
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2013年3月   
地方病性牛白血病の臨床診断のためのバイオマーカーとしての遺伝子発現の評価(Evaluation of gene expression as a biomarker for clinical diagnosis of enzootic bovine leukosis)
Tawfeeq Mohammad Monir, 猪熊 壽
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2013年3月   
本邦におけるQ熱コクシエラの感染実態と宿主の調査
木田 浩司, 中本 敦, 城ヶ原 貴通, 溝口 嘉範, 葛谷 光隆, 濱野 雅子, 中嶋 洋, 藤井 理津志, 福士 秀人, 大屋 賢司, 猪熊 壽, 岸本 壽男
大原綜合病院年報   2012年12月   
BVDV感染に関連するミエリン形成不全により小脳症状を呈したホルスタイン子牛の5症例
猪熊 壽, 小嶋 由夏, 千葉 史織, 古林 与志安, 高垣 勝仁
産業動物臨床医学雑誌   2012年11月   
我が国の放牧牛からの大型ピロプラズマのPCR検出と小型ピロプラズマとの共感染の臨床病態(PCR detection of Babesia ovata from cattle reared in Japan and clinical significance of co-infection with Theileria orientalis)
T.・シバクマール, 田川 道人, 吉成 健志, 五十嵐 郁男, 池原 譲, 秦 寛, 近藤 誠司, 松本 高太郎, 猪熊 壽, 横山 直明
獣医寄生虫学会誌   2012年10月   
牛脳脊髄液S100B濃度の臨床的意義の検討
小嶋 由夏, 千葉 史織, 冨川 明子, 松本 高太郎, 古林 与志安, 古岡 秀文, 猪熊 壽
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2012年8月   
ヘモプラズマ感染が乳牛の生産性に与える影響
田川 道人, 山川 和宏, 滄木 孝弘, 羽田 真悟, 松本 高太郎, 石井 三都夫, 山田 一孝, 猪熊 壽
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2012年8月   
ウシ白血病の診断マーカの候補分子の臨床的な有用性、特異性、および感度の評価(Evaluation of clinical usefulness, specificity and sensitivity of diagnostic marker candidates for clinical bovine leukemia)
Tawfeeq Mohammad Monir, 三浦 沙織, 冨川 明子, 松本 高太郎, 古林 与志安, 古岡 秀文, 猪熊 壽
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2012年8月   
エゾリス寄生ノミのリケッチア属細菌保有状況調査
松本 高太郎, 池川 晃世, 猪熊 壽
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2012年8月   
北海道で検出された媒介ダニにおけるTheileria orientalisの遺伝的多様性(Genetic diversity of Theileria orientalis in tick vectors detected in Hokkaido, Japan)
横山 直明, Sivakumar Thillaiampalam, 五十嵐 郁男, 松本 高太郎, 猪熊 壽
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2012年8月   
黒毛和種牛の視覚路変性症に関する免疫組織学的検討
千葉 史織, 堀内 雅之, 松本 高太郎, 猪熊 壽, 古林 与志安
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2012年8月   
腰椎椎間板脊椎炎により後躯不全麻痺を呈したホルスタイン種育成牛の1症例
池川 晃世, 中西 勇貴, 石原 孝介, 松本 高太郎, 古岡 秀文, 猪熊 壽
北海道獣医師会雑誌   2012年8月   
放牧牛にみられた小型ピロプラズマと牛ヘモプラズマの干渉現象
田川 道人, 岩上 慎哉, 三浦 沙織, 松本 高太郎, 横山 直明, 猪熊 壽
北海道獣医師会雑誌   2012年8月   
ホルスタイン種育成牛にみられた髄芽腫の1症例
小嶋 由夏, 福田 恭昭, 秋月 久美子, 松本 高太郎, 古岡 秀文, 猪熊 壽
北海道獣医師会雑誌   2012年8月   
延髄左側の膿瘍により片側性顔面神経及び前庭神経障害を呈したホルスタイン種育成牛の1症例
角田 浩之, 杉本 和也, 吉本 薫, 松本 高太郎, 古林 与志安, 猪熊 壽
北海道獣医師会雑誌   2012年8月   
心内膜炎を併発した心室中隔欠損のホルスタイン種成牛の1症例
岩上 慎哉, 新谷 紗代, 高橋 英二, 松本 高太郎, 古岡 秀文, 猪熊 壽
北海道獣医師会雑誌   2012年8月   
複合心奇形と先天性腹膜心膜横隔膜ヘルニアがみられたホルスタイン種子牛の1症例
三浦 沙織, 杉本 和也, 藏本 忠, 松本 高太郎, 古林 与志安, 猪熊 壽
北海道獣医師会雑誌   2012年8月   
岩上慎哉, 市川康明, 田井貴子, 松本高太郎, 猪熊壽
衛生動物   2012年3月29日   
池川晃世, 冨川明子, 松本高太郎, 市川康明, 猪熊壽
衛生動物   2012年3月29日   
猪熊壽, 藤塚淳史, 前谷茂樹, 福井貴史, 増澤俊幸, 川端寛樹
衛生動物   2012年3月29日   
島根半島部のイノシシ再分布による紅斑熱群リケッチアへの影響
本井 祐太, 鈴木 正嗣, 安藤 秀二, 川端 寛樹, 高野 愛, 猪熊 壽, 田原 研司, 金森 弘樹
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2012年3月   
日本で飼育されたウシ由来のBabesia ovataのPCR検出とTheileria orientalisの共感染の臨床的意義(PCR Detection of Babesia ovata from Cattle Reared in Japan and Clinical Significance of Co-Infection with Theileria orientalis)
Sivakumar Thillaiampalam, 田川 道人, 吉成 健志, 五十嵐 郁男, 池原 譲, 秦 寛, 近藤 誠司, 松本 高太郎, 猪熊 壽, 横山 直明
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2012年3月   
ホルスタイン牛にみられた眼窩内類皮嚢胞の1例
千葉 史織, 中川 大輔, 林口 治, 松本 高太郎, 猪熊 壽, 古林 与志安
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2012年3月   
ダニによる寄生および感染症と生物多様性保全 北海道のアライグマにおけるマダニ媒介性リケッチア感染に関する疫学的研究
佐鹿 万里子, 猪熊 壽, 阿部 豪
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2012年3月   
モンゴルの放牧牛における小型ピロプラズマ感染の分子疫学調査(The first survey of Theileria orientalis infection in Mongolian cattle)
アルタンゲレル K., バトゥツェグ B., バター B., シバクマール T., 五十嵐 郁男, 松本 高太郎, 猪熊 壽, 横山 直明
獣医寄生虫学会誌   2012年3月   
ネオスポラ分子特異抗体を基盤とするネオスポラ症病態診断用マーカーの探索
日浅 淳, 西村 麻紀, 板本 和仁, 玄 学南, 猪熊 壽, 西川 義文
獣医寄生虫学会誌   2012年3月   
村上智亮, 村上智亮, 猪島康雄, 猪島康雄, 古林与志安, 古林与志安, 松井高峯, 松井高峯, 猪熊壽, 猪熊壽, 石黒直隆, 石黒直隆
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2011年8月31日   
伊藤めぐみ, 川本哲, 佐々木直樹, 山田明夫, 猪熊壽, 北村延夫
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2011年8月31日   
日浅淳, 西村麻紀, 板本和仁, 玄学南, 猪熊壽, 西川義文
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2011年8月31日   
庄野春日, 西村麻紀, 佐藤あかね, 渡辺隆, 石井三都夫, 猪熊壽, 古岡秀文
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2011年8月31日   
高橋英二, 尾宇江康啓, 相内花子, 猪熊壽
北海道獣医師会雑誌   2011年8月10日   
松本高太郎, 佐々木広美, 丸山亮介, 古林与志安, 猪熊壽
北海道獣医師会雑誌   2011年8月10日   
齋藤亨, 丸山亮介, 長濱光朗, 松本高太郎, 古林与志安, 猪熊壽
北海道獣医師会雑誌   2011年8月10日   
佐々木広美, 合山尚志, 野田陽一郎, 松本高太郎, 古林与志安, 猪熊壽
北海道獣医師会雑誌   2011年8月10日   
角田浩之, 上野拓, 田中哲弥, 松本高太郎, 古林与志安, 猪熊壽
北海道獣医師会雑誌   2011年8月10日   
小嶋由夏, 丸山亮介, 水島仁士, 松本高太郎, 古林与志安, 猪熊壽
北海道獣医師会雑誌   2011年8月10日   
猪熊壽, 前野和利, 坂本礼央, 駒形真, 古林与志安
北海道獣医師会雑誌   2011年8月10日   
日本にて検出されたAnaplasma phagocytophilum近縁のAnaplasma種のクエン酸シンターゼと熱ショックオペロン遺伝子による系統発生解析(Phylogenetic analyses of Anaplasma species closely related to Anaplasma phagocytophilum detected in Japan based on citrate synthase and heat shock operon genes)
Ybanez Adrian P., 松本 高太郎, 岸本 寿男, 猪熊 壽
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2011年8月   
モンゴルの牛におけるTheileria orientalis感染の初回調査(The first survey of Theileria orientalis infection in Mongolian cattle)
Altangerel Khukhuu, Battsetseg Badgar, Battur Banzragch, Sivakumar Thillaiampalam, 五十嵐 郁男, 松本 高太郎, 猪熊 壽, 横山 直明
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2011年8月   
松本高太郎, 佐々木広美, 山内健生, 猪熊壽
衛生動物   2011年6月15日   
猪熊壽, 松本高太郎, 冨川明子, 市川康明
衛生動物   2011年4月1日   
齋藤亨, 藤澤哲郎, 松本一俊, 原田誠也, 和田正文, 松本高太郎, 猪熊壽
衛生動物   2011年4月1日   
佐々木広美, 市川康明, 坂田義美, 遠藤泰之, 西垣一男, 松本高太郎, 猪熊壽
日本獣医皮膚科学会学術大会・総会   2011年3月11日   
本井祐太, 鈴木正嗣, 安藤秀二, 川端寛樹, 高野愛, 猪熊壽
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2011年3月1日   
松本高太郎, 竹内俊彦, 猪熊壽
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2011年3月1日   
ベトナム・トゥアティエン=フエ省におけるTheileria orientalisの分子疫学調査(Molecular epidemiological survey of Theileria orientalis in Thua Thien Hue province, Vietnam)
横山 直明, Khukhuu Altangerel, 上野 晃生, 松本 高太郎, 猪熊 壽, 河津 信一郎, 五十嵐 郁男, 玄 学南
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2011年3月   
多発性乳房膿瘍を呈したホルスタイン種乳牛でみられた左心系の細菌性心内膜炎の1症例
秋月 久美子, 佐々木 広美, 駒形 真, 松本 高太郎, 古林 与志安, 古岡 秀文, 猪熊 壽, 菅沼 啓輔, 住谷 峻, 高橋 延之, 田渕 完昌, 時田 麻子
家畜診療   2010年11月   
中尾奨吾, 佐々木直樹, 都築直, 大塚健史, 大下のえ, 藤木なつみ, 山口寿, 古岡秀文, 石井三都夫, 猪熊壽
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2010年9月1日   
千葉史織, 駒形真, 松本高太郎, 猪熊壽, 古林与志安, 松井高峯
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2010年9月1日   
吉本薫, 渡邊謙一, 松本高太郎, 高橋英二, 古林与志安, 松井高峯, 猪熊壽
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2010年9月1日   
竹内俊彦, 山本慎二, 今野泰博, 西原純一, 内田桐子, 猪熊壽
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2010年9月1日   
松本高太郎, 佐々木広美, 山内健生, 猪熊壽
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2010年9月1日   
齋藤亨, 佐々木広美, 藤澤哲郎, 竹内俊彦, 吉本薫, 松本高太郎, 猪熊壽
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2010年9月1日   
直腸腟瘻を伴う直腸閉鎖の子牛に対する肛門形成術
中尾 奨吾, 佐々木 直樹, 都築 直, 大塚 健史, 大下 のえ, 藤木 なつみ, 山口 寿, 古岡 秀文, 石井 三都夫, 猪熊 壽
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2010年9月   
小型ピロプラズマを人工感染させたウシの病態解析
A.・フーフー, A.・マセド, 山本 宏子, 五十嵐 郁男, 古林 与志安, 木田 克弥, 猪熊 壽, 池原 譲, 横山 直明
獣医寄生虫学会誌   2010年9月   
竹内俊彦, 吉本薫, 駒形真, 福中守人, 古林与志安, 松本高太郎, 猪熊壽
北海道獣医師会雑誌   2010年8月10日   
丸山亮介, 藤沢哲郎, 水島仁士, 猪熊壽, 古林与志安, 松井高峯
北海道獣医師会雑誌   2010年8月10日   
山本慎二, 今野泰博, 西原純一, 内田桐子, 竹内俊彦, 猪熊壽
北海道獣医師会雑誌   2010年8月10日   
齋藤亨, 中川大輔, 富田健介, 松本高太郎, 古林与志安, 猪熊壽
北海道獣医師会雑誌   2010年8月10日   
佐々木広美, 丸山亮介, 下田崇, 松本高太郎, 古林与志安, 猪熊壽
北海道獣医師会雑誌   2010年8月10日   
吉本薫, 駒形真, 弘雅信, 松本高太郎, 古林与志安, 猪熊壽
北海道獣医師会雑誌   2010年8月10日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 猪熊壽
国内で検出されたAnaplasma phagocytophilumおよびAnaplasma bovisの分子生物学的位置付けを明らかにする目的で、それぞれの種の16S rRNA遺伝子に加え、クエン酸合成酵素遺伝子(glt A)および熱ショック蛋白遺伝子(groEL)の完全配列を決定し、既知種の遺伝子配列と比較検討した。その結果、我が国のA.phagocytophilum の16s rRNA、glt A およびgroEL の遺伝子配列は、欧米で分離されている種の遺伝子配列とは著しく相同性が低...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究, 挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 猪熊壽
本年は、より簡便な牛アミロイドーシス検出法開発に資するため、アミロイドーシス症例の尿蛋白を解析してその診断的意義を検討するとともに、アミロイドーシス特異的タンパク質のプロテオーム解析によりその発症機構を検討した。病理学的にアミロイドーシスと確定診断された牛3症例、およびアミロイドが沈着していないことが確認された尿蛋白陽性の慢性炎症牛3症例(創傷性心膜炎、肺炎、胸膜炎)より採取した尿を用いた。尿を3000rpmで10分間遠心し、その上清10mlを3kDa分離カラムにより濃縮後、プロテオーム解...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 猪熊壽
我が国に生息するエーリキア類に対する特異的PCR、および紅斑熱リケッチア種を鑑別するPCR-RFLP 法を開発し、マダニと野生動物に新規病原性リケッチアが常在していることが明らかとなった。また牛末梢血からAnaplasma phagocytophilumおよびAnaplasmabovis近縁の遺伝子が検出され、わが国の牛がこれら病原体に感染していることが明らかとなった。しかし感染牛はとくに異常な症状を呈しておらず、また遺伝子解析では我が国の病原体は既知種とは別種である可能性が示唆され、病原...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2003年 - 2006年    代表者: 見上彪, 丸山総一
新彊ウイグル自治区の家畜について,リケッチア感染症,原虫感染症の分布を血清学的,分子生物学的に調査検討した。トルファン地区の放牧牛から回収したマダニを材料に紅斑熱群リケッチアの検索を行ったところ、複数のマダニHaemaphysalis danieliから、新興リケッチアであるRickettsia principisに近縁のリケッチアDNAが検出された。同自治区の牛146頭,山羊133頭,羊134頭,馬85頭,ロバ93頭,豚30頭の血清を材料に,免疫蛍光抗体法によりエーリキア4種Anapla...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 猪熊壽
マダニ媒介性リケッチア病原体の日本国内での疫学および小動物に対する病原性を明らかにすることを目的として研究を行った結果、以下のような研究成果が得られた。1.マダニ媒介性リケッチア病原体の疫学調査:全国の約1400頭の犬と猫からマダニを採取してDNAを抽出し、各種マダニ媒介性リケッチアに特異的なPCRを実施した。陽性検体についてはさらに種特異的PCRまたは塩基配列解析を行い感染種を決定した。その結果、(1)新種と思われるエールリッヒア遺伝子が本州のマダニから検出され、チベットの牛のマダニから...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1998年 - 2000年    代表者: 山本静雄
間接蛍光抗体法(IFA)によってわが国のイヌにおけるE.canisの抗体保有調査を実施した結果、わが国のイヌにおいてもE.canis感染例が存在することが確認された。すなわち、捕獲犬では沖縄県下の捕獲犬1,285例中228例(17.7%)が、鹿児島県下のそれは399例中11例(2.8%)がIFAで抗体陽性を示した。一方、飼育犬においてもE.canisの抗体陽性犬が見出されている。徳島市とその周辺の飼育犬では、341例中8例(2.3%)がE.canisのIFAが陽性を示した。そのうち、ピロプ...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1998年 - 1999年    代表者: 猪熊壽
本年度は、クリイロコイタマダニ(以下Rs)の唾液腺抽出物(以下SGE)のうち、本来の宿主である犬末梢血リンパ球(PBL)機能を抑制する成分の性質を明らかにするとともに、免疫グロブリン産生機能をin vitroで抑制する成分を特定するための系を確立し、さらにSGEが免疫グロブリン産生能に及ぼす効果を観察した。まず、Rs-SGEが犬PBLの3種類のマイトゲン(ConA,PHA,PWM)に対する反応性に及ぼす効果を調べたところ、全てのマイトゲンで濃度依存性に抑制がみられた。また、これらの抑制はあ...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C), 基盤研究(C))
研究期間: 1995年 - 1997年    代表者: 大西堂文
本研究の研究目的は、犬、馬の血中CRP値を迅速かつ正確に定量できる測定系を開発し、それらの動物の正常値および臨床的応用性を検討することである。その結果、以下の研究成果を得た。1.測定系として、犬専用のレーザーネネフェロメトリー法による測定機器および測定用キッドを開発した。2.この測定系のCRP測定範囲は0.02〜20mg/dlで、30μLの被検血清または血漿を用い、わずかに2分間でデータが液晶にテジタル表示および印字される。3.被検血清または血漿中のヘモグロビン、ビリルビンおよび乳糜は全く...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1996年 - 1996年    代表者: 猪熊壽
犬を好んで寄生するクリイロコイタマダニの寄生および生体抽出物が、牛と犬の免疫機能、特にリンパ球および好中球機能に対して、それぞれin vivoおよびin vitroにおいてどのような影響を及ぼすかを明らかにするとともに、宿主免疫機能に影響を及ぼす抽出物について分析することを目的として研究を実施した。クリイロコイタマダニ寄生により、寄生犬末梢血リンパ球のマイトゲンに対する幼若化反応および末梢血好中球の化学発光能は抑制される傾向が認められた。また、末梢血好中球のC5aに対する走行能に変化はなか...
動物のマダニとマダニ媒介性疾患に関する研究