高田 十志和

J-GLOBALへ         更新日: 16/09/29 02:56
 
アバター
研究者氏名
高田 十志和
 
タカタ トシカズ
URL
http://www.op.titech.ac.jp/polymer/lab/takata/index.html
所属
東京工業大学
部署
物質理工学院
職名
教授
学位
理学博士(筑波大学)
科研費研究者番号
40179445

研究分野

 
 

経歴

 
1981年
 - 
1985年
:筑波大学 化学系 技官
 
1985年
 - 
1986年
:東京工業大学 資源化学研究所 助手
 
1987年
 - 
1993年
:東京工業大学 資源化学研究所 助教授
 
1994年
 - 
1995年
:北陸先端科学技術大学院大学 新素材センター 教授
 
1995年
 - 
2003年
:大阪府立大学 工学部
 

学歴

 
 
 - 
1981年
筑波大学 大学院 化学研究科 化学
 
 
 - 
1976年
岡山大学 工学部 合成化学科
 

委員歴

 
1995年
 - 
1999年
日本化学会  Chemistry Letters 誌編集委員 、幹事、高分子ディビジョン 副主査
 
2004年
 - 
2006年
高分子学会  会誌編集委員会副編集委員長、国際交流委員会、行事委員会委員長、Polymer Journal編集委員長
 
2001年
   
 
化学工学会  遺棄化学兵器廃棄研究会
 
1992年
 - 
1995年
有機合成化学協会  協会誌編集委員会委員
 
2001年
 - 
2003年
日本ゴム協会  関東支部幹事 、関西支部幹事
 

受賞

 
2005年
高分子学会賞
 
2003年
市村学術賞 功績賞
 
1993年
手島記念賞 論文賞
 
1992年
研究企画賞(味の素)
 

Misc

 
Y. Watanabe Y. Ikari N. Kihara T. Takata
Macromolecules   37(18) 6663-6666   2004年
Y. Furusho T. Matsuyama T. Takata T. Moriuchi T. Hirao
Tetrahedron Lett.   45(52) 9593-9597   2004年
Y. Tachibana N. Kihara Y. Furusho T. Takata
Org. Lett.   6(24) 4507-4509   2004年

書籍等出版物

 
化学便覧 第6版 応用化学編
丸善   2002年   
教育現場からのQ & A
日本化学会   2002年   
ゴム材料の配合技術とナノコンポジット
シー・エム・シー出版   2003年   
実験化学講座(24有機化合物の合成と反応)
日本化学会編、丸善、東京   2003年   
超分子科学 - ナノ材料創製に向けて
化学同人   2004年   

講演・口頭発表等

 
Alloyment of Polycarbonate with Fluorene-Based Polyester
Polymer Composite   2009年   
New Fluorene-Based Monomers: Synthesis and Characterization of 9,9-Bis(4-hydroxy and 4-aminophenyl)dibenzofluorenes, Surasak Seesukphronrarak
2009年   
Facile Synthesis of Cyclodextrin-based Polyrotaxane with controlled coverage ratio
2009年   
Rotaxane Skeleton-Specific Successive Catalytic Reaction on the Axle Caused by Wheel Translation
Angew. Chem. Int. Ed.   2009年   
High Dispersion Ability of Fluorene-Based Polyester as Matrix Polymer for Carbon Nanotubes and Carbon Fibres
Polymer Composite,   2009年   

Works

 
水素結合に基づくインターロックト化合物の合成-ロタキサン、カテナン合成の最近の進歩-
ポリ(チオ)エーテルケトンの最近の研究開発動向
らせんの自在構築とらせん不斉場の活用
インターロックト化合物の合成によるナノ材料の機能設計
Synthesis and Structure of Poly(binaphthyl-salene manganese complex) and Its Application to Asymmetric Epoxidation

競争的資金等の研究課題

 
高性能高分子材料、高屈折率材料の開発、新規合成反応の開発
研究期間: 1996年 - 2010年
新規高性能・高機能高分子の合成、
リサイクル材料、環境適合材料・プロセスの開発、架橋高分子のリサイクル
研究期間: 1997年 - 2010年
新しいゲル素材の開発
共同研究
研究期間: 1996年 - 2010年
超高性能高分子材料の開発
高屈折率材料の開発