津田 雅孝

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/05 03:13
 
アバター
研究者氏名
津田 雅孝
 
ツダ マサタカ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/a262f59702a39bd7476174eaf65a95d4.html
所属
東北大学
部署
大学院生命科学研究科 生態システム生命科学専攻 環境遺伝生態学講座 遺伝情報動態分野
職名
教授
学位
理学博士(東京大学), 理学修士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2001年
   
 
- 東北大学大学院生命科学研究科 教授
 
1998年
 - 
2001年
東北大学遺伝生態研究センター 教授
 
1995年
 - 
1998年
岡山大学理学部 助教授
 
1989年
 - 
1995年
山口大学医学部 講師
 
1984年
 - 
1989年
東京大学理学部 助手
 

学歴

 
 
 - 
1983年
東京大学 理学系研究科 植物学
 
 
 - 
1978年
東京大学 理学部 生物学科
 

委員歴

 
2014年
   
 
日本ゲノム微生物学会  評議員
 
2006年
   
 
Editorial Board of Applied and Environmental Microbiology  論文編集委員
 
1999年
   
 
日本農芸化学会東北支部  評議員
 
2011年
 - 
2014年
日本ゲノム微生物学会  研究奨励賞選考委員
 
2004年
 - 
2012年
Microbes and Environments編集委員会  編集委員
 

受賞

 
1995年
日本細菌学会黒屋奨学賞
 

Misc

 
メタゲノム的発想に基づいた新規環境汚染物質分解酵素遺伝子へのアプローチ
永田裕二, 津田雅孝
化学と生物   43(1) 33-42   2005年
Distribution and organization of auxotrophic genes on the multichromosomal genome of Burkholderia multivorans ATCC17616
H. Komatsu, Y. Imura, A. Ohori, Y. Nagata, and M. Tsuda
.J. Bacteriol.   185 3333-3343   2003年
環境浄化能をつかさどる遺伝子を担う可動遺伝因子
津田雅孝, 曽田匡洋
蛋白質核酸酵素 共立出版   50(12) 1527-1534   2005年
Structure of haloacetate-catabolic IncP-1β plasmid pUO1 and genetic mobility of its residing haloacetate-catabolic transposon
M. Sota, H. Kawasaki, and M. Tsuda
J. Bacteriol.   185 6741-6745   2003年
Site-specific recombination system encoded by toluene catabolic transposon Tn4651
H. Genka, Y. Nagata, and M. Tsuda
Journal of Bacteriology   184(17) 4757-4766   2002年

書籍等出版物

 
Biodegradative Bacteria: How Bacteria Degrade, Survive, Adapt, and Evolve
Springer   2014年   ISBN:978-4-431-54519-4
DNA Transposable Elements Research
Nova Science Publishers   2008年   
遺伝情報のダイナミズムとその分子機構
東北大学遺伝生態研究センター   2001年   
Molecular Biology of Pseudomonads
ASM Press   1996年   
遺伝生態情報の可能性
東北大学遺伝生態研究センター   1996年   

講演・口頭発表等

 
再構築された土壌微生物群集の超長期培養
日本微生物生態学会第31回大会   2016年   
Robustness of soil microbiome against chemical disturbance
The 8th Asian Symposium on Microbial Ecology   2016年   
Plant-associated Aureimonas with the sole rRNA operon on a tiny plasmid
16th International Society for Microbial Ecology Conference   2016年   
Construction of in vivo evolution system for haloalkane dehalgenases
2nd ASM Conference on Experimental Microbial Evolution   2016年   
環境汚染物質が存在する土壌での棲息細菌集団の生きざま
法政大学第8回グリーンテクノロジーセミナー   2016年   

Works

 
環境汚染化合物分解能を担う細菌遺伝子群の水平伝播に関する研究
2016年 - 2017年
有害化合物汚染土壌の微生物集団による分解・浄化に向けた基盤研究: 分解菌と共存する非分解菌の役割の解明
2015年 - 2017年
環境細菌での鉄環境変動に伴うゲノム情報発現制御の包括的研究
2015年 - 2016年
POPsやその候補化合物を分解する微生物酵素・遺伝子の探索と解析
2008年 - 2013年
未知遺伝資源ライブラリー構築に係る技術の開発及び取得した遺伝資源の機能解析
2005年 - 2008年

競争的資金等の研究課題

 
細菌ゲノムの研究
科学研究費補助金
研究期間: 1998年   
細菌による環境汚染物質分解
科学研究費補助金
研究期間: 1983年   
細菌遺伝子の再編成と水平伝播
科学研究費補助金
研究期間: 1980年   
細菌病原遺伝子の研究
科学研究費補助金
研究期間: 1989年   
未開拓の環境遺伝子資源由来の有用遺伝子に関する共同研究