松田 克礼

J-GLOBALへ         更新日: 16/05/18 02:46
 
アバター
研究者氏名
松田 克礼
eメール
ymatsudanara.kindai.ac.jp
所属
近畿大学
部署
農学部 農業生産科学科 植物感染制御工学研究室
職名
教授
学位
博士(農学)(近畿大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1992年
近畿大学 農学研究科 作物保護
 
 
 - 
1983年
近畿大学 農学部 農学科
 

論文

 
An Electrostatic Nursery Shelter for Raising Pest and Pathogen Free Tomato
松田 克礼
Journal of Agricultural Science   8(4) 13-25   2016年3月   [査読有り]
Avoidance of an electric field by insects: Fundamental biological phenomenon for an
松田 克礼
Journal of Physics: Conference Series   646 012003-1-012003-4   2015年11月   [査読有り]
Safe housing ensured by an electric field screen that excludes insect-net permeating
松田 克礼
Journal of Physics: Conference Series   646 012002-1-12002-4   2015年11月   [査読有り]
Development of an electrostatic trap with an insect discharge recorder for multiple real-time monitoring of pests prowling in a warehouse
松田 克礼
Int. J. Adv. Agric. Res.   3 55-63   2015年10月   [査読有り]
Electrostatic Insect Sweeper for Eliminating Whiteflies
松田 克礼
Insects   6 442-454   2015年5月   [査読有り]
Electrostatic measurement of dischargeable electricity and bioelectric potentials produced by muscular movements in flies
松田 克礼
Journal of Electrostatics   72 1-5   2014年11月   [査読有り]
Prevention of Whitefly Entry from a Greenhouse Entrance by Furnishing an Airflow-Oriented Pre-Entrance Room Guarded with Electric Field Screens
松田 克礼
Journal of Agricultural Science   6(12) 1-13   2014年11月   [査読有り]
Electrostatic guarding of bookshelves for mould-free
松田 克礼
Aerobiologia   30 435-444   2014年4月   [査読有り]
An oppositely charged insect exclusion screen with gap-free multiple electric fields
松田 克礼
Journal of Applied Physics   112 103   2013年4月
An electric field strongly deters whiteflies from entering
松田 克礼
Eur J Plant Pathol   134 661-670   2012年10月   [査読有り]
An electric field screen can create pest-free space with better air penetration in open-window greenhouses
松田 克礼
Acta Horticulturae   952 559   2012年4月
An electric field screen prevents captured insects from escaping by depriving
松田 克礼
Journal of Electrostatics   70 207-211   2012年2月   [査読有り]
Insects are electrified in an electric field by deprivation of their
松田 克礼
Annals of Applied Biology   160 250-259   2012年1月   [査読有り]
A newly devised electric field screen for avoidance and capture of cigarette beetles
松田 克礼
Crop Protection   30 155-162   2011年9月   [査読有り]
温室内で発生したトマト根腐萎凋病(Fusarium crown and root rot disease)の感染拡大に関わるミギワバエScatella stagnalis(Diptera: Ephydridae)の影響.
松田 克礼
近畿大学農学部紀要   42 237-242   2009年3月
Collection of highly germinative pseudochain conidia of Oidium neolycopersici from conidiophores by electrostatic
角谷 晃司, 野々村 照雄, 瀧川 義浩, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 上海師範大学
Mycological Research   113(3) 364-372   2009年
Dual protection of hydroponic tomatoes from rhizosphere
松田 克礼
Plant Pathology   56 987-997   2007年3月   [査読有り]
Genetic variation of sweet potato weevils, Cylas formicarius (Fabricius) (Coleoptera: Brentidae), in main infested areas in the world based upon the internal transcribed spacer-1 (ITS-1) region
角谷 晃司, 杉本 毅, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 近畿大学大学院農学研究科
Appl. Entomol. Zool   42 89-96   2007年
A New Spore Precipitator with Polarized Dielectric Insulators
松田 克礼
96 967-974   2006年4月   [査読有り]
Formation of conidial pseudochains by tomato powdery mildew Oidium neolycopersici
豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 許玲, 草刈眞一
Plant Disease   90 915-919   2006年2月
本実験では、近畿大学農学部で分離されたO. neolycopersici KTP-01を異なる湿度条件下(相対湿度20~99%)で培養し、偽鎖生形成に及ぼす影響を調査した。その結果、設定したすべての湿度条件下において2~4個の分生子で偽鎖生が形成され、定義されている高湿度条件下に限定されないことが明らかとなった。
Identification of individual powdery mildew fungi infecting leaves and direct detection of gene expression by single conidium polymerase chain reaction
豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 角谷晃司, 西村浩明, 草刈眞一, 高松進
Phytopathology   (95) 1137-1143   2005年5月
筆者らはガラス温室で栽培した無病徴のトマトから葉を採取し、うどんこ病菌分生子の存在状況と過敏感反応の有無を観察したところ、付着器発芽管長の異なる分生胞子が混在していた。そこで、マニピュレーターを用いて付着器発芽管長の異なる分生子を単離し、得られた単一胞子にPCR/nested PCRを適用してITS領域から系統樹を作製した。その結果、既報の Oidium neolycopersiciおよびMicrosphaera trifoliiと同一グループに分類される2種類のうどんこ病菌の存在が確認さ...
Direct RT-PCR amplification of mature mRNA in cytoplasm micropipetted from barley coleoptile epidermal cell ? A model system for analyzing gene expression in host cells attacked by powdery.
豊田 秀吉, 松田 克礼, 角谷 晃司
近畿大学農学部紀要   36 9-18   2005年3月
本実験では、顕微鏡下で標的とした単一細胞からマイクロピペットを用いて細胞内容物を吸引し、そこに存在するmRNAを鋳型とした単一細胞RT-PCR法を適用することとした。病原菌の感染によって発現が誘導される遺伝子(CHI2、GLUなど)を検索した。誘導型遺伝子の発現を厳密に評価するため、RT-PCRを行う際に、先の構成的発現遺伝子を増幅するプライマーを混合し、指標遺伝子として同時に増幅することにより、誘導型遺伝子の発現検出を行った。その結果、病原菌の感染を受けていない細胞およびその感染を受けて...
Screening of wild Lycopersicon species for resistance to Japanese isolate of tomato powdery mildew Oidium neolycopersici
豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 西村浩明, 草刈眞一
Breeding Science   (55) 355-360   2005年3月
本実験では、トマトうどんこ病に対する抵抗性系統を探索するため、その遺伝子源を持つ可能性のある野生型トマトを実験圃場で栽培した。実験圃場で生育したすべての野生型トマトと強度感受性品種マネーメーカーの第4節葉を同一シリンダー内に設置し、うどんこ病菌の分生胞子を接種することにより、その反応を観察した。その結果、いくつかの抵抗反応を示す系統が観察された。その抵抗反応には、表皮細胞の過敏感反応(HR)によりうどんこ病菌の吸器形成が抑制されるもの、または葉肉細胞を壊死させ、菌糸伸長を抑制される系統の存...
Cytological events in tomato leaves inoculated with conidia of Blumeria graminis f. sp. hordei and Oidium neolycopersici KTP-01
角谷 晃司, 松田 克礼, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 大阪府環境農林水産総合研究所
Journal of General Plant Pathology Journal of General Plant Pathology   70 7-10   2005年
Stable phylloplane colonization by entomopathogenic bacterium Pseudomonas fluorescens KPM-018P and biological control of phytophagous ladybird beetles Epilachna vigintioctopunctata (Coleoptera: Coccinellidae)
豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄
Biocontrol Science and Technology   14 427-439   2004年8月
トマトうどんこ病ー動的解析法とその有効防除の確立をめざして 植物病の探究 In Pursuit of the Essence of Plant Pathogenesis
角谷 晃司, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄
「植物病の探究」出版会      2004年
Consecutive monitoring for conidiogenesis by Oidium neolycopersici on tomato leaves with a high-fidelity digital microscope
角谷 晃司, 松田 克礼, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 大阪府環境農林水産総合研究所
Journal of General Plant Pathology Journal of General Plant Pathology   70 329-332   2004年
RT-PCR amplification of m RNAs in nuclei or cytosol of single cells of tomato callus after micropipette extraction
角谷 晃司, 松田 克礼, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科
Plant Cell Tissue and Organ Culture   79 109-114   2004年
Powdery mildew pathogens can suppress the chitinase gene expression induced in detached inner epidermis of barley coleoptile
豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄
Plant Cell Rep   23 504-511   2004年
Cytological events in tomato leaves inoculated with conidia of Blumeria graminis f. sp. hordei and Oidium neolycopersici KTP-01
豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄
J. Gen. Plant Pathol.   70 7-10   2004年
Constituenta of Volatile Oil from Melon Hairy Roots Produced by the Infection with Agrobacterium rhizogenes
澤邊 昭義, 大内 成志, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 前田 和彦, 清水直人, 藤田尚子
Journal of Oleo Science   52 171-174   2003年3月
Agrobacterium rhizogenesを用いた微生物遺伝子導入によって作出したメロン毛状根の有効成分のGLC分析を行った。その結果、メロン毛状根は、メロン果実の香気成分を多量に生産することが明らかとなり、工業的生産に適合することが認められた。微生物遺伝子導入によって作出した毛状根の香気成分生産法は、ほとんど揮発性油(精油)をもっていない有用植物の香料を食品香料・香粧品香料として供給することに役立つことを示した。(英文)
Morphological and Molecular Characterization for a Japanese Isolate of Tomato Powdery Mildew Oidium neolycopersici and Its Host Range.
角谷 晃司, 松田 克礼, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 大阪府立農林技術センター, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科
J. Gen. Plant Pathol.   69 179-185   2003年
Rapid Detection of Chitosanase Activity in Chitosanase Gene-Transformed Strain of Enterobacter cloacae by Lytic Infection of Specific Bacteriophages
角谷 晃司, 松田 克礼, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 神戸大学, 神戸大学
J. Gen. Plant Pathol   69 131-137   2003年
Infectivity of a Japanese isolate of Oidium neolycopersici KTP-01 to a European tomato cultivar resistant to O. lycopersici.
角谷 晃司, 松田 克礼, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 大阪府環境農林水産総合研究所
J. Gen. Plant Pathol   69 406-408   2003年
Efficient Release of Overproduced Gene Products from Escherichia coli BL21(DE3) by Lytic Infection with Newly Isolated Bacteriophages
角谷 晃司, 松田 克礼, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 神戸大学, 神戸大学
Biosci. Biotech. Biochem.   67(1) 198-202   2003年
Biological control of phytophagous ladybird beetles Epilachna vigintioctopunctata (Col., Coccinellidae)by chitinolytic phylloplane bacteria Alcaligenes paradoxus entrapped in alginate beads
豊田 秀吉, 大津康成, 松田 克礼, 清水宏行, 植木久恵, 森裕文, 藤原圭一, 中島知子, 三輪彩子, 野々村 照雄, 桜谷保之, 土佐幸雄 眞山滋志
Journal of Applied Entomology   127 1-6   2003年
トマト葉面からキチナーゼ生産性細菌Alcaligenes paradoxus を分離し、アルギン酸ビーズに垉埋してトマト葉にスプレー処理した。その結果、トマト葉を食害するニジュウヤホシテントウを効果的に防除できることが明らかとなった。
Evaluation for efficient hairy root production assessed by GFP.gene expression in tomato cultivars inoculated with Agrobacterium rhizogenes MAFF 07-20001
豊田 秀吉, 福元健志, 野々村 照雄, 松田 克礼, 小牧伸一郎, 森浦展行, 澤邊 昭義, 角谷 晃司
Plant Biotechnology   20 257-261   2003年
アグロインフェクション法をトマトに適用し、導入遺伝子の発現解析を行うこととしたが、トマトの場合、毛状根誘導に関する報告は必ずしも多くない。本実験では、トマトにおける毛状根作出系を確立することとした。
雑草うどんこ病菌を用いた生物除草および作物うどんこ病の生物防除に関する研究.近畿大学奈良キャンパスにおけるうどんこ病の発生状況
豊田 秀吉, 松田 克礼, 延命寺俊哉
近畿大学農学部紀要   36 131-136   2003年
近畿大学農学部構内に発生したうどんこ病菌を採取し、その宿主植物と病原菌の同定を試みた。その結果、16 種類の雑草と14 種類の木本植物にうどんこ病の発生が観察され、5 種類のうどんこ病菌が同定された。
Suppression of leaf feeding and oviposition of phytophagous ladybird beetles(Coleoptera: Coccinellidae)by chitinase gene-transformed phylloplane bacteria and their specific bacteriophages entrapped in alginate gel beads
豊田 秀吉, 森裕文, 小牟田健慈, 清水宏行, 能川聡太, 松田 克礼, 野々村 照雄, 桜谷保之, 大津康成, 土佐幸雄 眞山滋志
Journal of Economic Entomology   96(3) 555-563   2003年
食葉性害虫であるニジュウカホシテントウの生物防除を行なう為、トマト葉面から定着能力の高い細菌を分離し、キチナーゼ遺伝子を導入することにより昆虫中腸膜を標的とした生物防除システムを確立した。
微生物遺伝子の利用による香気成分生産とその利用開発
澤邊 昭義, 豊田 秀吉, 松田 克礼
食品・食品添加物研究誌 : FFIジャーナル   207 23-30   2002年12月
微生物遺伝子導入によって作出したメロン毛状根の有効成分の培養条件検討および有効成分のGLC分析を行った。その結果、メロン毛状根は、メロン果実の香気成分を多量に生産することが明らかとなり、工業的生産に適合することが認められた。微生物遺伝子導入によって作出した毛状根の香気成分生産法は、ほとんど揮発性油(精油)をもっていない有用植物の香料を食品香料・香粧品香料として供給することに役立つことを紹介した。
Rapid Detection of Phylloplane Bacterium Enterobacter cloacae Based on Chitinase Gene Transformation and Lytic Infection by Specific Bacteriophages
角谷 晃司, 瀧川 義浩, 松田 克礼, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 神戸大学, 神戸大学
Journal of Applied Microbiology Journal of Applied Microbiology   93 1042-1050   2002年
Detection of polymorphic patterns of genomic DNA amplified by RAPD?PCR in sweet potato weevils, Cylas formicarius(Fabricius) (Coleoptera: Brentidae)
杉本 毅, 川村清久, 豊田 秀吉, 松田 克礼
Applied Entomology and Zoology   37(4) 645-648   2002年
西南諸島に分布するアリモドキゾウムシの遺伝特性を知るため、PCRによるRAPD法を確立し、島間のDNAパターンの地理的変異の実態を明らかにした。(英文)
In vitro suppression of mycelial growth of Fusarium oxysporum by extracellular chitosanase of Sphingobacteerium multivorum and cloning of the chitosanase gene csn SM1
豊田 秀吉, 松田 克礼, 飯田祐一郎, 篠木武, 野々村 照雄, 角谷 晃司
Journal of General Plant Pathology   67(4) 318-324   2001年12月
土壌から分離したキトサン分解性細菌の粗酵素画分をフザリウム菌に処理したところ、 抑制効果が認められた。 そこで、 本菌の生産するキトサナーゼを精製し、 アミノ酸配列を決定すると同時に遺伝子のクローニングを行なった。
Occurrence of new powdery mildew on greenhouse tomato cultivars
豊田 秀吉, 松田 克礼, 樫本晃一, 瀧川 義浩, 相神理嘉, 野々村 照雄
Journal of General Plant Pathology   67(4) 294-298   2001年12月
近年、 発病が問題となり被害を拡大しているトマトうどんこ病菌の栽培品種間における発病程度を調査した。 その結果、 現在栽培されているトマト品種には完全な抵抗性は存在しないが、 品種間において感受性レベルに有異な差が認められることが明かとなった。
Algicidal effect of 3 (3 indolyl) butanoic acid, a control agent of the bacterial wilt Pathogen, Ralstonia solanacearum
豊田 秀吉, 野々村 照雄, 松田 克礼, 備後美紀, 大西まいこ, 松田 一彦, 原田聰
Crop Protection   20 935-939   2001年11月
トマト青枯病菌の防除薬剤である 3 (インドリル) 酪酸は青枯病菌を抑制するだけでなく、 水耕栽培で発生する緑藻に対しても有効であることが明らかとなり、 実際の水耕栽培において両者に対する効果が確認された。
Suseeptibility of sommercial tomato caltivars to bacterial wilt in hydroponic system
豊田 秀吉, 野々村 照雄, 松田 克礼, 津田元章, 浦中和人
Journal of General Plant Pathology   67(3) 224-227   2001年8月
水耕栽培を利用して栽培トマト品種間における青枯病菌の感受性差異について検討した。 その結果、 栽培品種間において病徴発現するまでの期間および初期病徴から完全枯死に至るまでの期間に有異な差が認められた。

Misc

 
トマトにおけるTy3/gypsy型レトロトランスポゾン逆転写酵素領域の分子進化系統解析
角谷 晃司, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 農学部農学科, 農学部農学科, 農学部農学科, 農学部農学科, 農学部農学科, 農学部農学科, 農学部農学科, 農学部農学科, 農学部農学科
薬学総合研究所紀要   13 103-111   2004年
トマトのレトロトランスポゾンをゲノムからクローニングし、その遺伝子解析を試みた。ゲノム上には多数のレトロトランスポゾンが存在しており、また、培養栽培において発現している新規のTy1/copia型レトロトランスポゾンをクローニングした。

書籍等出版物

 
新農業環境工学 21世紀のパースペクティブ, 植物を利用した有用物質の生産 ~1.工業原料の生産と利用~
豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄 (担当:共著)
養賢堂   2004年   
植物病の探究, トマトうどんこ病―動的解析法とその有効防除の確立をめざして
豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄 (担当:共著)
「植物病の探究」出版会   2004年   
ニューカントリー, 静電場で病害虫のハウス侵入をシャットアウト
豊田 秀吉, 野々村 照雄, 松田 克礼, 本多健一郎, 草刈眞一, 井村岳男, 金原淳司 (担当:共著)
北海道協同組合通信社   2007年3月   
クリーンテクノロジー, 誘電分極体スクリーンによる病害虫遮蔽システム 屋内への花粉侵入と栽培施設への病害虫侵入を遮蔽する新しい環境保全システム
豊田 秀吉, 野々村 照雄, 松田 克礼, 本多健一郎, 草刈眞一, 井村岳男, 金原淳司 (担当:共著)
日本工業出版   2007年5月   
植物防疫, トマトうどんこ病菌はどのように偽鎖生分生子柄をつくるのか
豊田 秀吉, 松田 克礼 (担当:共著)
日本植物防疫協会   2007年   

講演・口頭発表等

 
ガン特異的タンパクCD98遺伝子を導入した形質転換体の作出
角谷 晃司, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 森浦展行, 益子 高
第20回日本植物細胞分子生物学会大会(奈良)   2002年7月   第20回日本植物細胞分子生物学会大会(奈良)
経口ガンワクチンの開発を目的とし、ガン細胞特異的タンパク質CD98遺伝子を植物へ導入した。その遺伝子発現をRT?PCRで検出し、さらにタンパク質の翻訳をウエスタンブロット分析で調べた。その結果、組換え植物はCD98タンパク質を生産しており経口ワクチンの可能性が示唆された。
トマトレトロトランスポゾンの発現解析
角谷 晃司, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 南條綾子, 中川真樹, 笹尾真理
第20回日本植物細胞分子生物学会大会(奈良)   2002年7月   第20回日本植物細胞分子生物学会大会(奈良)
Ty1/copia型およびTy3/gypsy型レトロトランスポゾンの逆転写酵素領域で保存されているアミノ酸配列からプライマーを合成し、RT?PCR分析に用いた。トマト葉およびカルスにおいて、これらは発現しており、既知Ty1/copia型とは異なる断片がカルスより増幅した。
トマトにおけるTy1/copia型およびTy3/gypsy型レトロトランスポゾンのクローニング
角谷 晃司, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 南條綾子, 笹尾真理, 玉井智子
日本育種学会第102回年会(帯広)   2002年8月   日本育種学会第102回年会(帯広)
トマトのレトロトランスポゾンをゲノムからクローニングし、その遺伝子解析を試みた。ゲノム上には多数のレトロトランスポゾンが存在しており、また、培養栽培において発現している新規のTy1/copia型レトロトランスポゾンをクローニングした。
トマトにおけるレトロトランスポゾンの発現解析
角谷 晃司, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 南條綾子, 笹尾真理
日本農芸化学関西支部大会(奈良)   2002年10月   日本農芸化学関西支部大会(奈良)
トマトのレトロトランスポゾンの発現をRT?PCR法により検出した。Ty1/copia型およびTy3/gypsy型レトロトランスポゾンの逆転写酵素領域は、葉ならびにカルス細胞で発現していた。
トマトgypsy 様レトロトランスポゾンの逆転写酵素領域における変異の解析
角谷 晃司, 豊田 秀吉, 田中正起, 笹尾真理, 戸田亜希子, 南條綾子, 玉井智子, 樫尾智子, 野々村 照雄, 松田 克礼
日本植物病理学会関西支部会(奈良)   2003年10月   日本植物病理学会関西支部会(奈良)
トマトのgypsy 型レトロトランスポゾンの逆転写酵素領域の遺伝子解析を行ったところ、様々な塩基置換や欠失等の変異が認められた。また、最大節約法により系統樹を作製したところ、各塩基配列の進化系列を明らかにすることが出来た。

競争的資金等の研究課題

 
植物病虫害防除
プラズマフィールドを利用した害虫忌避スクリーン‘プラズマリペラ’の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 松田克礼

特許

 
特許5252449 : 静電場発生装置及びそれを用いた飛動生物除去方法
松田 克礼
特許US8,105,418B2 : 誘電分極を用いた分生子吸着による防カビ方法、飛動生物除去装置、及び植物保護装置
松田 克礼
特許5216225 : 飛動可能生物収集兼オゾン発生装置及び植物栽培装置
松田 克礼
特許第4771310号 : 飛動生物除去装置及び植物保護装置
松田 克礼
特願2006-036509 : 誘電分極を用いた分生子吸着による防カビ方法、飛動生物除去装置、及び植物保護装置
角谷 晃司, 松田 克礼, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, カゴメ株式会社, カゴメ株式会社, 大阪府