井上 昇

J-GLOBALへ         更新日: 16/12/21 13:21
 
アバター
研究者氏名
井上 昇
 
イノウエ ノボル
所属
帯広畜産大学
部署
原虫病研究センター
職名
教授
学位
博士(獣医学)

研究分野

 
 

経歴

 
1995年
 - 
2000年
・帯広畜産大学・助手
 
2000年
 - 
2003年
・帯広畜産大学・講師
 
2003年
 - 
2007年
・帯広畜産大学・助教授
 
2007年
 - 
2012年3月
・帯広畜産大学・准教授
 
2012年4月
 - 
現在
帯広畜産大学 教授
 

学歴

 
 
 - 
1994年
帯広畜産大学 畜産学部 獣医学科
 

委員歴

 
2007年5月
   
 
Surra病(Trypanosoma evansi)に関する国際獣疫事務局(OIE)認定リファレンスラボラトリー専門家(2007年5月から現在)
 
2007年
   
 
日本獣医寄生虫学会  評議員
 

Misc

 
Collagen cross-reactive antigen of Sarcocystis cruzi
Inoue, N., Omata, Y., Yonemasu, K., Claveria, F. G., Igarashi, I., Saito, A. and Suzuki, N.
Veterinary Parasitology   63(1-2) 17-23   1996年
Cultivation of bloodstream forms of Trypanosoma brucei and T. evansi in a serum-free medium
Hirumi, H., Martin, S. K., Hirumi, K., Inoue, N., Kanbara, H., Saito, A. and Suzuki, N.
Tropical Medicine & International Health   2(3) 240-244   1997年
Susceptibility of severe combined immuno-deficient (SCID) mice to Trypanosoma brucei gambiense and T. b. rhodesiense
Inoue, N., Narumi, D., Mbati, P. A., Hirumi, K., Situakibanza N-T. H. and Hirumi, H.
Tropical Medicine & International Health   3(5) 408-412   1998年
Monoclonal antibody against Babesia equi: Characterization and potential application of antigen for serodiagnosis
Avarzed, A., Igarashi, I., De Waal, D. T., Kawai, S., Oomori, Y., Inoue, N., Maki, Y., Omata, Y., Saito, A., Nagasawa, H., Toyoda, Y. and Suzuki, N.
Journal of Clinical Microbiology   36(7) 1835-1839   1998年
Fujimura, S., Hondo, E., Kobayashi, T., Yamanouchi, K, Inoue, N., Nagata, S., Watanabe, G., Taya, K., Kitamura, N. and Yamada, J.
The Journal of Veterinary Medical Science   60(8) 937-942   1998年

書籍等出版物

 
獣医微生物学第二版
文永堂出版   2003年   ISBN:4830031921

講演・口頭発表等

 
Babesia rodhaini and Babesia microti: Cross-immunity and cross-reactive antigens
9th Japanese-German Cooperative Symposium on Protozoan Diseases   1994年   
Sarcocystis cruziにおけるコラーゲン交叉反応性抗原について
第117回日本獣医学会   1994年   
Trypanosoma brucei gambiense: In vitro cultivation of bloodstream trypomastigotes of a low virulent strain (IL3253)
15th International Conference of the World Association for the Advancement of Veterinary Parasitology   1995年   
ゲッ歯類バベシアの交叉反応性抗原と感染防御
第119回日本獣医学会   1995年   
マウス胎仔胸腺移植SCIDマウスおよびヌードマウスにおけるガンビアトリパノソーマ原虫感染
第30回日本原生動物学会大会   1997年   

競争的資金等の研究課題

 
LAMP法によるトリパノソーマ検出法の開発
研究期間: 2003年   
LAMP法によるTrypanosoma brucei, T. congolense, T. vivax, T. evansi, T. equiperdum特異的遺伝子増幅法を開発し,フィールドで実用可能な高感度簡便診断法を開発する。
トリパノソーマ―ツエツエバエ相互作用をエピマスティゴート型虫体の細胞接着関連分子を手がかりに解明する
研究期間: 2004年   
アフリカトリパノソーマのエピマスティゴート型虫体(EMF)はツエツエバエの唾液腺腔や口吻内腔に接着し,哺乳動物感染型虫体へと細胞分化する。このプロセスをEMFの細胞接着関連分子を手がかりにして解明する。