卯城 祐司

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/05 02:52
 
アバター
研究者氏名
卯城 祐司
 
ウシロ ユウジ
URL
http://www.u.tsukuba.ac.jp/~ushiro.yuji.gn/
所属
筑波大学
部署
人文社会系
職名
教授
学位
博士(言語学)(筑波大学), 教育学修士(筑波大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1983年4月
 - 
1987年3月
北海道旭川西高等学校 教諭
 
1987年4月
 - 
1990年3月
北海道利尻高等学校 教諭
 
1990年4月
 - 
1995年3月
北海道室蘭清水丘高等学校 教諭
 
1995年4月
 - 
1998年3月
北海道教育大学 教育学部釧路校 助教授
 
1998年4月
 - 
2004年3月
筑波大学 現代語・現代文化学系 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1983年
北海道教育大学 教育学部旭川校 教育心理学
 
1981年
 - 
1982年
(米国州立)南イリノイ大学 心理学部 (1981-1982 文部省派遣) 
 
1992年4月
 - 
1994年3月
筑波大学 教育研究科 英語教育コース
 

委員歴

 
2013年4月
 - 
2017年3月
全国英語教育学会  会長
 
2010年9月
 - 
2015年3月
小学校英語教育学会  会長
 
2010年4月
 - 
2014年3月
関東甲信越英語教育学会  会長
 
2013年4月
   
 
一般社団法人大学英語教育学会  学会賞・学術出版物選考委員
 
2012年4月
   
 
英語教育協議会  評議員、ELEC賞選考委員
 

受賞

 
2011年8月
全国英語教育学会 全国英語教育学会 学会賞(学術奨励賞)
 
1994年
(財)日本英語検定協会 第7回 (財)日本英語検定協会・研究助成 研究部門入賞
 
1994年
日本英語教育研究所 第42回 中村英語教育賞
 

論文

 
状況モデルから見た日本人EFL学習者が抱える読解の困難性-眼球運動測定法による検証- (招待論文)
Ushiro,Yuji
LET Kyushu-Okinawa BULLETIN   (17) 1-17   2017年3月   [査読有り]
Supporting the Maintenance of Global Coherence With Situational Instruction: Evidence From Eye Movements During EFL Reading.
Ushiro,Yuji;Hosoda,Masaya;Mori,Yoshinobu;Tada,Go;Kimura,Yukino;Tanaka,Natsumi;Amagai,Yuka
JACET JOURNAL   61 89-107   2017年2月   [査読有り]
How do Japanese EFL readers maintain coherence in narrative memory?
Ushiro,Yuji;Mori,Yoshinobu;Hosoda,Masaya;Tanaka,Natsumi;Dowse,Eleanor;Tada,Go;Nakagawa,Hiroaki
ARELE   (27) 81-96   2016年3月   [査読有り]
Maintaining the coherence of situation models in EFL reading: Evidence from eye movements.
Ushiro,Yuji;Nahatame,Shingo;Hasegawa,Yusuke;Kimura,Yukino;Hamada,Akira;Tanaka,Natsumi;Hosoda,Masaya;Mori,Yoshinobu
JACET JOURNAL   (60) 37-55   2016年1月   [査読有り]
This study involved two eye-tracking experiments that investigated whether and how Japanese EFL learners maintain coherent text comprehension (i.e., a situation model). The participants' eye movements were recorded while reading narratives each of...
A generalizability theory study on the assessment of task-based reading performance.
Ushiro,Yuji;Hamada,Akira;Hasegawa,Yusuke;Dowse,Eleanor;Tanaka,Natsumi;Suzuki,Kentaro;Hosoda,Masaya;Mori,Yoshinobu
日本言語テスト学会誌   (18) 92-114   2015年11月   [査読有り]
The present study describes the first step in the development and validation of a task-based reading performance test. We designed 6 information transfer task test items in which test-takers were required to transfer what they comprehended from pa...

書籍等出版物

 
英文理解の破綻と修復プロセスの検証-眼球運動測定研究に基づく読解指導への提案-
卯城,祐司
2016年12月   
英語で教える英文法:場面で導入、活動で理解
卯城,祐司
研究社   2014年6月   ISBN:978-4-327-41
リテラシーを育てる英語教育の創造
卯城祐司;アレン玉井光江;バトラー後藤裕子
学文社   2013年9月   ISBN:978-4-7620-23
第二言語読解における推論活性化ユニットの特定と心的表象構築プロセスの解明
卯城祐司
平成21年度~24年度・科学研究費補助金・基盤研究 (C) (一般) 研究成果報告書(研究課題番号 21520632)   2013年   
The Routledge Encyclopedia of Language Teaching and Learning (2nd ed.).
Byram;M., (Ed.);Ushiro;Y.(分担執筆);+卯城, 祐司
Routledge   2013年   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
英文理解における5つの状況的次元の更新プロセス:視線計測を用いたアプローチ
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 卯城祐司
技能統合型言語テストの妥当化:タスク遂行に必要な構成概念の測定に向けて
日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 卯城祐司
英文理解の破綻と修復プロセスの検証:眼球運動測定研究に基づく読解指導への提案(代表 卯城祐司)
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2013年 - 2016年    代表者: 卯城祐司
英文読解におけるタスクとエクササイズの違い:タスク型英文読解テストの開発
日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 卯城祐司
アジア比較に基づく基礎教育課程の「一貫制」に関する理論的・実践的研究(代表 田中統治)
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2012年 - 2015年

その他

 
2014年6月
英語教育強化地域拠点事業(岩手県)運営指導委員会
2014年9月
群馬県英語教育改善プラン運営指導委員
2015年4月
広島県立広島中学校・広島高等学校スーパーグローバルハイスクール研究開発協力者
2015年6月
高崎市英語教育抜本改善検討委員会委員
2015年6月
笠間市英語教育推進連絡協議会アドバイザー