永見 邦篤

J-GLOBALへ         更新日: 16/05/12 10:33
 
アバター
研究者氏名
永見 邦篤
 
ナガミ クニアツ
所属
吉備国際大学
部署
社会科学部 スポーツ社会学科
職名
教授
学位
医学博士

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1969年
東京学芸大学 教育学部 保健体育学科
 

委員歴

 
1985年
   
 
日本体力医学会  評議員
 
1994年
   
 
日本運動生理学会  評議員
 

Misc

 
Palmitoleic acid induces the cardiac mitochondrial membrane permeability transition despite the presence of L-carnitine.
Oyanagi E., Uchida M., Miyakawa T., Miyachi M., Yamaguchi H., Nagami K., Utsumi K., Yano H.
Biochemical and Biophysical Research Communications.   463 29-36   2015年   [査読有り]
疲労困憊運動による免疫抑制は炎症性サイトカインとともに抗炎症性サイトカインでも生じる
小柳えり,内田昌孝,Michael J. Kremenik, 山口英峰,永見邦篤,矢野博己
吉備国際大学保健福祉研究所研究紀要   15 39-41   2014年
筋の弛緩とその動態からみえて来たもの
永見邦篤
岡山体育学研究   19 1-10   2012年   [査読有り][依頼有り]
運動単位の閾値にサーカディアンリズムは存在するのか?
山口英峰、高原皓全、関一俊、小野寺昇、永見邦篤
デサントスポーツ科学   31 142-149   2010年   [査読有り]
身体負担軽減のための安全な介護方法に関する研究
向井通郎、山口英峰、枝松千尋、高梁康輝、飯田智行、永見邦篤
介護福祉学研究   18(1) 53-58   2010年
日内変動における心臓自律神経系活動と反射機能との関係
山口英峰、関一俊、高原皓全、小野寺昇、永見邦篤
健康医科学   24 134-143   2009年   [査読有り]
歩行・走行運動時立脚相のヒト腓腹筋及びヒラメ筋の動態
永見邦篤、藤瀬武彦
吉備国際大学研究紀要   13 65-76   2008年
前腕皮膚温に及ぼす高頻度電気刺激の影響-経路感伝の誘発
周英男、孫基然、永見邦篤、窪田登
吉備国際大学社会福祉学部研究紀要   (2) 107-113   1997年
Muscle girth and protuberance in human gastrocnemius during the stance phase of treadmill locomotion : a prediction of muscle length
Nagami-K, Fujise-T, Toyoshima-T
Journal of KIBI international University School of Social Welfare   129-138   1996年
律動的底屈動作時の下腿三頭筋活動と血流動態との関連
永見邦篤、藤瀬武彦
吉備国際大学社会福祉学部研究紀要   (1) 129-138   1996年
Three distinctive activities of human triceps surae muscle during the stance phase in treadmill walking and running
Nagami-K, Fujise-T, Uchiyama-S
Tokai J Exp Clin Med   17(1) 11-21   1992年
Excess venous return immediately after brief contraction of human calf muscles
Nagami-K
Tokai J Exp Clin Med   15(1) 81-86   1990年
Blood flow changes following brief concentric contractions of human calf muscles
Nagami-K
Tokai J Exp Clin Med   15(1) 35-44   1990年
永見邦篤
体力科学   37(2) 148-157   1988年
永見邦篤
体力科学   37(2) 123-131   1988年
永見邦篤
体力科学   36(5) 252-259   1987年
永見邦篤
体力科学   36(3) 138-146   1987年
永見邦篤
体力科学   36(3) 116-127   1987年
筋弛緩動作の遅速とその要因について-脱力時及び拮抗筋活動をともなう抑制現象の比較-
永見邦篤、中野昭一
体力科学   28(2) 112-121   1979年
種々の反動々作とその効果に関する研究
永見邦篤
体力科学   27(2) 45-55   1978年
上肢-波動運動の巧みに関する研究
永見邦篤、中野昭一
体力科学   26(3) 103-113   1977年
収縮動作と弛緩動作の反応時について
永見邦篤
体力科学   23(1) 1-11   1974年

講演・口頭発表等

 
短時間仮眠が日中の眠気および集中力に及ぼす影響.
山口英峰,木村有希、塩田稔樹、永見邦篤.
平成27年度岡山体育学会究発表会   2016年3月26日   
朝の軽運動が夕刻の最大筋力および脊髄の興奮性に及ぼす影響
山口英峰,高原皓全,村田めぐみ,関和俊,西村一樹,小野寺昇,永見邦篤.
第70回日本体力医学大会   2015年9月20日   
朝の軽運動が夕刻の最大筋力に及ぼす影響
山口英峰,西村一樹,小野寺昇,永見邦篤.
第66回日本体育学会   2015年8月26日   
体温および握力の日内変動
山口英峰,高原皓全,関和俊,西村一樹,小野寺昇,永見邦篤.
第23回日本運動生理学会大会   2015年7月26日   

競争的資金等の研究課題

 
ヒト随意運動時の筋の動態に関する研究
健康科学と高齢者福祉
高齢者福祉における健康科学の寄与