高村 民雄

J-GLOBALへ         更新日: 05/02/02 00:00
 
アバター
研究者氏名
高村 民雄
 
タカムラ タミオ
URL
http://atmos.cr.chiba-u.ac.jp
所属
千葉大学
部署
環境リモートセンシング研究センター
職名
教授
学位
理学博士(東北大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1979年
 - 
1981年
防衛大学校 助手
 
1981年
 - 
1987年
防衛大学校 講師
 
1986年
 - 
1987年
アリゾナ大学 客員研究員
 
1987年
 - 
1995年
防衛大学校 助教授
 
1995年
   
 
- 千葉大学 教授
 

学歴

 
 
 - 
1979年
東北大学 理学研究科 地球物理学
 
 
 - 
1972年
広島大学 理学部 物理学科
 

Misc

 
Optical properties of aerosols during APEX and ACE-Asia experiments
Journal of Geophysical Research   108(D108), ACE17-1    2003年
Influence of sub-micron absorption aerosol on Sea-WiFS -derived marine reflectance during ACE-Asia
Journal of Geophysical Research   108(D15), AAC13-1    2003年
Calibration and validation of retrieved aerosol properties based on AERONET and SKYNET
Adv. Space Rev.   32(11), 2159-2164    2003年
Lidar observations of Asian dust over Hefei, China in the spring of 2000
Journal of Geophysical Research   107(D15) (AAC5-1)-(AAC5-8)   2002年
LIU Q J, TAKAMURA T, TAKEUCHI N, SHAO G
Int.J.Remote Sensing   23(17) 3385-3405   2002年

書籍等出版物

 
Upward long wave radiation and radiation temperature by air-borne sensors over urbanized area
IRS'96 : Current Problems in Atmospheric Radiation, A Deepak Publishing(共著)   1997年   
Surface reflectance in an urbanized area with snow cover(共著)
Snow and ice covers : Interactions with the atmosphere and ecosystems, IAHS Press(UK)   1994年   

Works

 
衛星データを用いた, 東アジアを中心とした雲・エアロソルの気候学的効果の解明
1999年 - 2001年
雲・エアロソルのパラメータ抽出アルゴリズムの開発
1996年
炭素循環に関するグローバルマッピングとその高度化に関する調査
1998年 - 2002年
アジア域の広域大気汚染による大気粒子環境の変調について
1999年 - 2004年

競争的資金等の研究課題

 
衛星データによる地表面放射収支の推定に関する研究
エアロソルの光学的特性に関する経年変動の調査研究
大気中の水蒸気・雲水量のリモート・センシングによる推定方法の開発