針生 悦子

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/01 17:48
 
アバター
研究者氏名
針生 悦子
 
ハリュウ エツコ
所属
東京大学
部署
大学院教育学研究科
職名
准教授
学位
博士(教育学)(東京大学), 教育学修士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1995年
 - 
1998年
青山学院大学文学部 専任講師
 
1998年
 - 
2003年
青山学院大学文学部 助教授
 
2003年
 - 
2007年
東京大学大学院教育学研究科 助教授
 
2007年
 - 
2015年10月
- (職名変更により) 同上 准教授
 
2015年
 - 
現在
東京大学 大学院教育学研究科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1988年
お茶の水女子大学 文教育学部 教育
 
 
 - 
1995年
東京大学 教育学研究科 教育心理学
 

委員歴

 
1997年
 - 
1998年
日本発達心理学会編集委員
 
1999年
 - 
2001年
 日本教育心理学会常任編集委員
 
2001年
 - 
2005年
 日本認知科学会編集委員
 
2003年
 - 
2004年
 日本発達心理学会編集委員
 
2004年
 - 
2006年
日本教育心理学会常任編集委員
 

受賞

 
1992年
(日本教育心理学会)城戸奨励賞
 
1992年
発達科学研究教育奨励賞
 
1995年
(日本認知科学会)分科会発表賞
 
2000年
(日本心理学会)研究奨励賞
 

論文

 
Use of bound morphemes (noun particles) in word segmentation by Japanese-learning infants.
HARYU Etsuko, KAJIKAWA, Sachiyo
Journal of Memory and Language   88 18-27   2016年6月   [査読有り]
Chinese-speaking adults’ understanding of argument structure
JIANG Lu, HARYU Etsuko
Japanese Psychological Research   58(2) 186-193   2016年4月   [査読有り]
幼児の単語学習におけるアクセントパターン利用の発達過程
山本寿子・針生悦子
認知科学   23(1) 22-36   2016年3月   [査読有り]
擬音語発話音声の高さが幼児の語認知に及ぼす影響
梶川祥世・針生悦子
認知科学   23(1) 37-48   2016年3月   [査読有り]
発話からの感情判断におけるレキシカルバイアス:その発達的機序をめぐって
池田慎之介・針生悦子
認知科学   23(1) 49-64   2016年3月   [査読有り]
Categorization and understanding of facial expressions in 4-month-old infants
KANESHIGE Toshinori, HARYU Etsuko
Japanese Psychological Research   57(2) 143-154   2015年   [査読有り]
幼児期における感情語の意味範囲の発達的変化
浜名真以,針生悦子
発達心理学研究   26(1) 46-55   2015年   [査読有り]
Revisiting Chinese-speaking children’s understanding of argument structure.
JIANG Lu, HARYU Etsuko
Japanese Psychological Research   56(2) 180-188   2014年   [査読有り]
Investigation of the process underpinning vowel-size correspondence.
OHTAKE Yuka, HARYU Etsuko
Japanese Psychological Research   55(4) 390-399   2013年   [査読有り]
Are higher-frequency sounds brighter in color and smaller in size? Auditory-visual correspondences in 10-month-old infants.
HARYU Etsuko, KAJIKAWA Sachiyo
Infant Behavior and Development   35(4) 727-732   2013年12月   [査読有り]

Misc

 
Functional morphemes in Japanese mothers’ speech input to their infants.
HARYU Etsuko, KAJIKAWA Sachiyo
東京大学大学院教育学研究科紀要   54 279-284   2015年3月
針生悦子
認知科学   16(1) 138-141   2009年
自動詞・他動詞構文の理解の発達:中国語を母語とする子どもの場合
姜露・針生悦子
東京大学大学院教育学研究科紀要   49 207-215   2009年
乳児における助詞「が」の認識
梶川祥世・針生悦子
玉川大学脳科学研究所紀要   2 13-21   2009年
Noun bias in Chinese children: Novel noun and verb learning in Chinese, Japanese and English preschoolers.
E.Haryu,M.Imai,H.Okada,L.Li,M.Meyer,K.Hirsh-Pasek & R.M.Golinkoff
Proceedings of the 29th Annual Boston University Conference on Language Development (Cascadilla Press)   29(1) 272-283   2005年
レキシコンの獲得における制約の役割とその性質
今井むつみ・針生悦子
人工知能学会誌   18(1) 31-40   2003年
人ならではの柔軟な知性とは何か?
針生悦子
人工知能学会誌   18(5) 572-576   2003年

書籍等出版物

 
Frontiers in developmental psychology research: Japanese perspectives (S.Iwatate, M.Koyasu, & K.Negayama, eds)
HARYU Etsuko, KAJIKAWA Sachiyo (担当:分担執筆, 範囲:Japanese children’s use of function morphemes during language development (pp.221-236).)
Hituzi Syobo Publishing   2016年7月   
Handbook of Japanese Applied Linguistics (M.Minami ed.)
針生 悦子 (担当:分担執筆, 範囲:Literacy acquisition in Japanese children (pp.43-64).)
De Gruyter Mouton   2016年1月   
最新 心理学事典
針生 悦子 (担当:分担執筆, 範囲:言語発達)
平凡社   2013年12月   
言葉をおぼえるしくみ
今井むつみ, 針生悦子 (担当:共著)
ちくま書房   2014年2月   
レキシコンの構築(今井むつみ・針生悦子)
岩波書店   2007年   

講演・口頭発表等

 
16カ月児におけるモノの動きと同期するラベルの解釈: 文法的手がかりのもとでのマッピング
大竹裕香・針生悦子
日本心理学会第77回大会   2013年9月19日   
表情が乳児の人物選好に与える影響 ―乳児は笑っていた人物を好むのか?―
金重利典・針生悦子
日本発達心理学会第24回大会   2013年3月17日   
24ヶ月児における同音異アクセント語の学習
山本寿子・針生悦子
日本発達心理学会第24回大会   2013年3月15日   
擬音語感覚を育むもの -かな文字,そして,養育者のことば
針生 悦子
日本教育心理学第54回総会   2012年11月23日   
乳児におけるモノの動きと同期したラベリングの理解
大竹裕香・針生悦子
日本心理学会第76回大会   2012年9月13日   
単語の切り出しから語彙学習への道すじ
針生 悦子
日本赤ちゃん学会第12回学術集会   2012年6月2日   
前言語期における“言語発達”:音声からことばへの転化を支えているもの [招待有り]
針生悦子
電子情報通信学会音声研究会・聴覚研究会   2012年3月   
24ヶ月児におけるピッチ情報に基づいた語彙判断
山本寿子, 針生悦子
日本発達心理学会第23回大会   2012年3月   
大小を表す擬音語理解の発達:発声の高さは手がかりとなるのか?
梶川祥世, 針生悦子
日本発達心理学会第23回大会   2012年3月   
養育者のIDSにおける“モノ”と“動き”のラベリング
針生悦子, 大竹裕香
日本心理学会第75回大会   2011年9月   

競争的資金等の研究課題

 
ことばの学習メカニズムについての発達的研究
科学研究費補助金
オノマトペ理解およびその発達を支える要因についての研究
研究期間: 2005年   
乳児における単語聴取能力の発達