河原 典史

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/29 02:52
 
アバター
研究者氏名
河原 典史
 
カワハラ ノリフミ
所属
立命館大学
部署
文学部地域研究学域
職名
教授
学位
文学修士
その他の所属
立命館大学立命館大学

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1988年
立命館大学 文学部 地理学
 
 
 - 
1993年
立命館大学大学院 文学研究科 地理学
 

論文

 
バンクーバーにおける幻の新渡戸庭園―太平洋を渡った石燈籠―
河原典史
民俗建築   (149) 31-39   2016年5月
20世紀初頭のカナダ西岸における塩ニシン製造業の歴史地理学的検討―是永・嘉祥家を中心に―
河原典史
立命館文学   (645) 370-353   2016年3月
1910年の悲劇はいかに報道されたか―カナダ・ロジャーズ峠の雪崩災害と日本人移民社会―
河原典史
河原典史・日比嘉高編『メディア―移民をつなぐ、移民がつなぐ―』、クロスカルチャー出版、所収   131-156   2016年2月
わかさ美浜町におけるレクリエーションの変容─海水浴から郷土食を活かした地域振興へ─
河原典史
立命館大学地理学教室編『観光の地理学』、文理閣、所収   182-208   2015年7月
太平洋をめぐるニシンと日本人─第二次大戦以前におけるカナダ西岸の塩ニシン製造業─
米山裕・河原典史編『日本人の国際移動と太平洋世界―日系移民の近現代史―』、文理閣、所収   146-162   2015年4月

書籍等出版物

 
メディア―移民をつなぐ、移民がつなぐ―
日比嘉高
クロスカルチャー出版   2016年2月   
日本人の国際移動と太平洋世界―日系移民の近現代史―
米山裕
文理閣   2015年4月   
カナダ日本人漁業移民の見た風景:前川家「古写真」コレクション
三人社   2013年3月   
美浜町誌編纂委員会編ふりかえる美浜(通史)―美浜の歴史第一巻―』 菅浜の製塩業、近代の漁村、カナダへ渡った美浜町の人々
美浜町誌編纂委員会   2010年3月   
平岡昭利編『地図で読み解く日本の地域変貌』 枚方
海青社   2009年11月   

講演・口頭発表等

 
植民地期朝鮮における缶詰産業の展開-済州島から羅州へ- 
東アジア人の記憶:痛みの連帯と共通の歴史   2016年12月17日   
カナダの子供たち―『東宮殿下渡欧記念写真帖』の発刊とその資料的検討―
日本移民学会冬季研究会   2016年12月10日   
なぜ台湾に渡ったのか―立命館大学野球部の海外遠征―
海を渡るベースボール-民族・移民・国家のかかわりからー   2016年11月19日   
第二次世界大戦以前のサケ缶詰産業における日本人サケ運搬者-鹿児島県出身者の資料から-
地域漁業学会第58回大会(大分大会)   2016年10月30日   
幻の新渡戸庭園―太平洋を渡った石灯籠―
バンクーバー日系ガーディナーズ協会   2016年9月2日   

担当経験のある科目

 

Works

 
『カナダ・バンクーバー島西岸への日本人漁業者の二次移住』著者・立命館大学准教授河原典史先生に聞く
その他   2008年
枚方(平岡昭利編『地図で読み解く日本の地域変貌』)
その他   2008年