大草 知子

J-GLOBALへ         更新日: 16/09/01 15:45
 
アバター
研究者氏名
大草 知子
 
オオクサ トモコ
所属
宇部フロンティア大学
部署
人間健康学部 看護学科
職名
学部長
学位
医学博士(京都大学)
その他の所属
九州大学

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
宇部フロンティア大学 人間健康学部 教授・学部長
 
2016年4月
 - 
現在
九州大学病院 睡眠時無呼吸センター 特任准教授
 
2015年4月
 - 
2016年3月
九州大学病院 ARO次世代医療センター 臨床研究推進部門 特任准教授
 
2014年1月
 - 
2015年3月
九州大学病院 きらめきプロジェクトキャリア支援センター 特任准教授
 
2009年1月
 - 
2013年12月
山口大学大学院 医学系研究科器官病態内科学 講師
 
2001年4月
 - 
2008年12月
山口大学医学部 器官制御医科学講座循環病態内科学 学内併任講師
 
1997年6月
 - 
2001年3月
山口大学医学部 内科学第二講座 助手
 
1991年4月
 - 
1997年5月
山口大学医学部附属病院 第二内科 医員
 
1988年5月
 - 
1990年12月
ハーバード大学、 ボストン医科学研究所 研究員
 
1985年4月
 - 
1987年3月
国立姫路病院 循環器内科 医員
 

学歴

 
1987年4月
 - 
1991年3月
京都大学大学院 医学研究科 
 
1987年4月
 - 
1983年3月
島根医科大学 医学部 
 

委員歴

 
2012年
 - 
現在
日本循環器学会  社員(評議員)
 
2012年
 - 
現在
日本心臓病学会  評議員
 
2000年
 - 
現在
日本心不全学会の評議委員  日本心不全学会の評議委員
 
2001年
 - 
2013年12月
日本循環器学会中国四国地方会  評議委員
 
2001年
 - 
2013年12月
日本内科学会中国支部  評議委員
 

受賞

 
1996年
日本女医会研究助成
 
2000年
山口大学医学会小西賞
 

論文

 
Sawatari H, Ohkusa T, Rahamawati A, Ishikawa K, Tsuchihashi-Makaya M, Ohtsuka Y, Nakai M, Miyazono M, Hashiguchi N, Chishaki H, Sakurada H, Mukai Y, Inoue S, Sunagawa K, Chishaki A
Clinical cardiology   39(5) 263-268   2016年5月   [査読有り]
Sawatari H, Chishaki A, Nishizaka M, Tokunou T, Adachi S, Yoshimura C, Ohkusa T, Ando S
American journal of hypertension   29(4) 458-463   2016年4月   [査読有り]
Matsumoto T, Inoue K, Tanaka S, Aoyagi Y, Matsubara Y, Matsuda D, Yoshiya K, Yoshiga R, Ohkusa T, Maehara Y
Vascular      2016年3月   [査読有り]
Ono J, Chishaki A, Ohkusa T, Sawatari H, Nishizaka M, Ando S
Nursing & health sciences   17(4) 420-425   2015年12月   [査読有り]
Kinoshita Y, Chishaki A, Kawamoto R, Manabe T, Ueki T, Hirata K, Miyazono M, Kanaoka M, Tomioka A, Nakano M, Ohkusa T, Nakao H, Tanaka M, Mibu R
World journal of surgical oncology   13 91   2015年3月   [査読有り]
Sawatari H, Chishaki A, Nishizaka M, Matsuoka F, Yoshimura C, Kuroda H, Rahmawati A, Hashiguchi N, Miyazono M, Ono J, Ohkusa T, Ando S
Internal medicine (Tokyo, Japan)   54(9) 1003-1008   2015年   [査読有り]
Nakashima T, Ohkusa T, Okamoto Y, Yoshida M, Lee JK, Mizukami Y, Yano M
American journal of physiology. Heart and circulatory physiology   306(9) H1324-33   2014年5月   [査読有り]
Yoshida M, Ohkusa T, Nakashima T, Takanari H, Yano M, Takemura G, Honjo H, Kodama I, Mizukami Y, Matsuzaki M
Cardiovascular research   92(1) 95-105   2011年10月   [査読有り]
Uchinoumi H, Yano M, Suetomi T, Ono M, Xu X, Tateishi H, Oda T, Okuda S, Doi M, Kobayashi S, Yamamoto T, Ikeda Y, Ohkusa T, Ikemoto N, Matsuzaki M
Circulation research   106(8) 1413-1424   2010年4月   [査読有り]
Tateishi H, Yano M, Mochizuki M, Suetomi T, Ono M, Xu X, Uchinoumi H, Okuda S, Oda T, Kobayashi S, Yamamoto T, Ikeda Y, Ohkusa T, Ikemoto N, Matsuzaki M
Cardiovascular research   81(3) 536-545   2009年2月   [査読有り]

Misc

 
Altered Expression of Connexin43 Contributes to the Arrhythmogenic Substrate During the Development of Heart Failure in Cardiomyopathic Hamster
Takashi Sato & Tomoko Ohkusa & Haruo Honjo & Shinsuke Suzuki & Masa-aki Yoshida & Yuko S. Ishiguro & Harumichi Nakagawa & Masatoshi Yamazaki & Masafumi Yano & Itsuo Kodama & Masunori Matsuzaki
American Journal of Physiology Heart and Circulatory Physiology   294 1164-1173   2008年
Shinsuke Suzuki & Tomoko Ohkusa & Satoshi Takebayashi & Takashi Sato & Masa-aki Yoshida & Masafumi Yano,Katsushige Ono & Masunori Matsuzaki
Circulation Journal   71(12) 1970-1976   2007年
「Aldosterone Modulates If Current Through Gene Expression in Cultured Neonatal Rat Ventricular Myocytes」
Takao Muto & Norihiro Ueda & Tobias Opthof & Tomoko Ohkusa & Kohzo Nagata & Shinsuke Suzuki & Yukiomi Tsuji & Mitsuru Horiba & Jong-Kook Lee & Haruo Honjo & Kaichiro Kamiya & Itsuo Kodama & Kenji Yasui
American Journal of Physiology Heart and Circulatory Physiology   293(5) 2710-2718   2007年
Scavenging Free Radicals by Low-Dose Carvedilol Prevents Redox-Dependent Ca2+ Leak Via Stabilization of Ryanodine Receptor in Heart Failure
Mamoru Mochizuki & Masafumi Yano & Tetsuro Oda & Hiroki Tateishi & Shigeki Kobayashi & Takeshi Yamamoto & Yasuhiro Ikeda & Tomoko Ohkusa & Noriaki Ikemoto & Masunori Matsuzaki
Journal of the American College of Cardiology   49(16) 1722-1732   2007年
心不全での不整脈基質としてのCa2+制御機構の異常とギャップ結合リモデリング
大草知子
心臓   37(10) 871-879   2005年

書籍等出版物

 
慢性心不全ガイドライン
日本臨床社   2008年   
循環器疾患 最新の治療 2008-2009
南江堂   2008年   
心不全を予防する 発症させない再発させないための診療ストラテジー
中山書店   2006年   
エキスパートをめざす循環器診療 心不全・ショック
南江堂   2006年   
新 目でみる循環器病シリーズ9 心不全-診断・治療・管理-
者湿酌叱勺射酌鹿鴫シメ   2006年   

講演・口頭発表等

 
不整脈発生気質としての細胞間接着構成タンパク異状-モデル動物での検討
第93回日本循環器学会中国地方会   2008年   
「Mutation-Linked&Defective Inter-Domain Interaction within the Cardiac Ryanodine Receptor as a Critical Cause of Catecholaminergic Polymorphic Ventricular Tachycardia (CPVT)
Circulation   2008年   
「Decreased Affinity of Calmodulin Binding to RyR2 May Cause Leaky Channel in CPVT-Associated Mutation: Insight from RyR2 R2474S/+ Knock-In Mouse Model 」<br>
Circulation<br>   2008年   
Abnormally Tight Domain-Domain Interaction at Mutation Site Could be a Primary Cause of Catecholaminergic Polymorphic Ventricular Tachycardia: Insight from RyR2 S2246L/+ Knock-In Mouse Model
Circulation   2008年   
Defective Inter-domain Interaction May Cause Spontaneous Ca2+ Release Via Reduced Affinity of Calmodulin Binding to RyR2 in Failing Hearts
Circulation<br>   2008年   

Works

 
アンセリンの心不全進行予防効果の検討
2007年
アンセリンの心不全進行予防効果の検討
2005年
頻脈性不整脈の発生・維持機構の分子生物学的解明と新しいupstream治療法の開発
2004年
アンセリンの心不全進行予防効果の検討
2004年
Eftects of anserine on heart failure
2004年

競争的資金等の研究課題

 
1.心筋の興奮・収縮連関の研究 2.心筋細胞のCa2+制御機構の研究 3.不整脈の病態についての分子生物学的解明
1.病的心筋細胞の興奮・収縮連関の異常を解明する。<br>2.病的心筋細胞の細胞内Ca2+制御蛋白質の質的・量的異常を解明する。<br>3.不整脈の病態を分子生物学的に解析し、新しい治療法の開発を行う。
1.心筋細胞Ca2+制御機構の研究 2.不整脈基質の分子生物学的研究
1、心筋細胞内Ca2+制御機構を明らかにして、病態への関与を検討する。<br>2、不整脈基質となる<br>心筋細胞Ca2+制御蛋白や細胞間結語構成蛋白を分子生物学的手法を用いて解析し、電気生理学的特性の変化と比較、検討する。
1,心筋の興奮-収縮連関の研究 2,心筋細胞内Ca2+制御機構の研究 3,心筋細胞内Ca2+制御機構の異常と心不全 4,心筋細胞内Ca2+制御機構の異常と不整脈
1,心筋の興奮-収縮連関の研究<br>目的;心筋の興奮-収縮連関に関与するチャネル蛋白とそれらの調節因子を解析する<br>2,心筋細胞内Ca2+制御機構の研究<br>目的;心筋細胞内Ca2+制御に関与する蛋白質と修飾因子を解明する<br>3,心筋細胞内Ca2+制御機構の異常と心不全<br>目的;心不全の病態形成における心筋細胞内Ca2+制御機構異常を明らかにする<br>4,心筋細胞内Ca2+制御機構の異常と不整脈<br>目的;不整脈の病態形成における心筋細胞内Ca2+制御機構異常を明らかにする
1,心筋の興奮-収縮連関の研究 2,心筋細胞内Ca2+制御機構の研究 3,心筋細胞内Ca2+制御機構の異常と心不全 4,心筋細胞内Ca2+制御機構の異常と不整脈
1,心筋の興奮-収縮連関の研究<br>目的;心筋の興奮-収縮連関に関与するチャネル蛋白とそれらの調節因子を解析する<br>2,心筋細胞内Ca2+制御機構の研究<br>目的;心筋細胞内Ca2+制御に関与する蛋白質と修飾因子を解明する<br>3,心筋細胞内Ca2+制御機構の異常と心不全<br>目的;心不全の病態形成における心筋細胞内Ca2+制御機構異常を明らかにする<br>4,心筋細胞内Ca2+制御機構の異常と不整脈<br>目的;不整脈の病態形成における心筋細胞内Ca2+制御機構異常を明らかにする
1.不整脈発生基盤の分子生物学的研究 2.心筋の興奮ー収縮連関の研究
1.不整脈発生に関与する基質、特に細胞間結合構成蛋白を分子生物学的手法を用いて解析し、新しい不整脈治療法の開発を目指す。<br>2.不全心筋の興奮ー収縮連関の異常を解明する。