笠井 博子

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/13 13:28
 
アバター
研究者氏名
笠井 博子
 
カサイ ヒロコ
所属
星薬科大学
部署
薬学部 機器センター
職名
講師
学位
薬学博士

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
星薬大  機器センター 講師
 
2007年4月
 - 
2013年3月
星薬大  機器センター 助教
 
1977年4月
 - 
1981年4月
東北大学医学部附属病院
 

学歴

 
 
   
 
東北大学 薬学部 
 

論文

 
a longa (Turmeric) and investigation of the antioxidant activity of rhizome extracts
6(4) 7:302   2017年   [査読有り]
Investigation of 5-(3-Trifluoromethylbenzylidene)thiazolidine-2,4-dione as a Matrix for Analyses of Biogenic Monoamine Transmitters using MALDI-MS
Hiroko KASAI, Masamichi NAKAKOSHI, Tomomi SUGITA, Mayu MATSUOKA, Yuzo YAMAZAKI, Yumi MATSUMOTO, Hiroki NAKAJIMA, Hideshi FUJIWAKE, and Masayoshi TSUBUKI
Anal. Sci.   32 907-910   2016年8月   [査読有り]
Hiroko Kasai, Mika Shirao, Mayumi Ikegami-Kawai
Flavour and Fragrance Journal   Article first published online: 7 DEC 2015 DOI: 10.1002/ffj.3299     31 178-184   2016年3月   [査読有り]
© 2016 John Wiley & Sons, Ltd. The volatile compounds originating from fresh clove (Syzygium aromaticum) buds cultivated in a medicinal plant garden located in southern Tokyo were investigated. The volatile compounds originating from fresh clove b...
Saito N, Nakamura M, Shinoda K, Murata N, Kanazawa T, Kato K, Toki K, Kasai H, Honda T, Tatsuzawa F
Phytochemistry   80 99-108   2012年8月   [査読有り]
Proteomics of the rodent malaria parasite using matrix-assisted laser desorption/ionization quadrupole ion trap time-of-flight tandem mass spectrometry.
Kasai HF, Ikegami-Kawai M
Analytical sciences : the international journal of the Japan Society for Analytical Chemistry   28(8) 813-817   2012年   [査読有り]
チョウジの蕾における匂い物質の変動
笠井博子、岡部俊一、白尾美佳、枝野陽一郎、南雲清二
日本植物園協会誌   46 121-126   2012年   [査読有り]
Hiroko F. Kasai, Norio Saito, Toshio Honda
Rapid Communications in Mass Spectrometry   25(8) 1051-1060   2011年4月   [査読有り]
In our continuing studies to isolate water-soluble vacuolar pigments, we expect to elucidate more structural details using mass spectrometry (MS). Because of its sensitivity, only a small amount of pigment extracted from natural plants is required...
Factors Influencing the Inhibition by Oxalates of a Copper-Containing Enzyme, Tyrosinase 2
Hiraoka A, Shirao M, KASAI H, Tsubuki M
Biomed. Res. Trace Elements.   19 51-56   2008年   [査読有り]
シュウ酸による銅含有酵素チロシナーゼの阻害に及ぼす長鎖脂肪酸及びその塩類の緩和効果の検討
平岡 厚, 白尾 美佳, 笠井 博子, 津吹 政可
Biomedical Research on Trace Elements   17(2) 212-212   2006年7月   [査読有り]
KASAI, H. F., TSUBUKI, M., HONDA, T.
Anal. Sci.   22(7) 921-930   2006年7月   [査読有り]
Analysis of 2-arachidonoylglycerol (2-AG) and N-arachidonoylethanolamide (anandamide) via alkali or alkaline earth metal-adduct high-energy collision-induced dissociation (CID) in fast-atom bombardment (FAB) ionization-mass spectrometry (MS) is de...
Hiroko F. Kasai, Masayoshi Tsubuki, Sohichiro Matsuo, Toshio Honda
Chem. Pharm. Bull.   53 (10) pp.1270-1276 1270-1276   2005年10月   [査読有り]
Separation of the enantiomers of each of three different racemates, neutral rac-α-tetralol, acidic rac-2-phenylpropionic acid, and basic rac-1-phenylethylamine, using subcritical and supercritical fluid chromatography with two different chiral sta...
Toshio Honda, Fumi Tatsuzawa, Nao Kobayashi, Hiroko Kasai, Seiji Nagumo, Atsushi Shigihara, Norio Saito
Phytochemistry   66, 1844-1851 1844-1851   2005年8月
Three acylated cyanidin 3-sambubioside-5-glucosides (1-3) were isolated from the violet-blue flowers of Orychophragonus violaceus, and their structures were determined by chemical and spectroscopic methods. Two of those acylated anthocyanins (1 an...
α-松油希為原料的単帖衍生物合成及其構造解析Synthesis and structural analysis of monoterpene derivatives fromα-terpinene
陸 占国, 小林 直, 笠井博子
化学試剤   27(10) 585-588   2005年
Hiroko F. Kasai, Masayoshi Tsubuki, Yohichiro Matsumoto, Mika Shirao, Kazunori Takahashi, Toshio Honda, Haruhisa Ueda
Chemical and Pharmaceutical Bulletin   52 311-315   2004年3月
Gas chromatographic separations of the stereoisomers of menthol derivatives, important intermediates in the synthesis of physiologically active natural products, were carried out on several substituted β-cyclodextrin (CD) columns, including per-O-...
Analyses of anandamide and endocannabinoid-like compounds using collision-induced dissociation in fast atom bombardment ionization-mass spectrometry and gas chromatography/chemical ionization-mass spectrometry.
Kasai HF, Tsubuki M, Takahashi K, Honda T, Ueda H
Analytical sciences : the international journal of the Japan Society for Analytical Chemistry   19(12) 1593-1598   2003年12月   [査読有り]
Separation of stereoisomers of several furan derivatives by capillary gas chromatography-mass spectrometry, supercritical fluid chromatography, and liquid chromatography using chiral stationary phases.
Kasai HF, Tsubuki M, Takahashi K, Shirao M, Matsumoto Y, Honda T, Seyama Y
Journal of chromatography. A   977(1) 125-134   2002年11月   [査読有り]
Hiroko F. Kasai, Ken ichi Kawai, Kazutake Shimada
Heterocycles   53(12), 2689-2700 2689-2700   2000年12月   [査読有り]
The electron ionization mass spectrometric data of three cardiac glycosides having an unusual sugar linkage, elaeodendrosides A, B and C, are reported. The decomposition patterns upon EI-MS were investigated by means of collision induced dissociat...
T. Higashi, N. Nakayama, K. Shimada, H. Kasai, H. Nakazawa
J. Liq. Chrom. & Rel. Technol.   22(15) 2283-2296   1999年1月   [査読有り]
High performance liquid chromatography-tandem mass spectrometry (LS/MS(n)) utilizing an ion trap mass spectrometer has been used for the analyses of representative cardiac steroids. In the case of bufotoxin having a polar residue (suberoylarginine...
アザヘキサトリエン系の電子環状反応を利用するキノリン誘導体の新規合成法に関する研究
亀谷哲治、鈴木幸夫、武田元、古山博子、山崎憲二、高田信子、本多利雄
薬学雑誌   107 107-110   1987年   [査読有り]
Application of the Lewis Acid Catalyzed [4+2]Cycloaddition Reaction to Synthesis of Natural Quinoline Alkaloids
Kametani T, Takeda H, Suzuki Y, Kasai H, Honda T
Heterocycles   24 3385-3395   1986年   [査読有り]
Synthesis of 4-Heterocyclyl-hexahydro-8-methoxyfuro[3,2-c]quinolines by Lewis Acid Catalyzed [4+2]Cycloaddition Reaction
Kametani T, Furuyama H, Fukuoka Y, Takeda H, Suzuki Y, Honda T
J.Heterocyclic Chem.   23 185-187   1986年   [査読有り]
Stereoselective Synthesis of 20-Hydroxyecdysone Side Chain
Kametani T, Tsubuki M, Furuyama H, Honda T
J.Chem. Soc., Perkin Trans.1   557-560   1985年   [査読有り]
Stereoselective Synthesis of the Ecdysone Side Chain via a Furan Derivatives
Kametani T, Tsubuki M, Furuyama H, Honda T
J. Chem. Soc., Chem. Commun.   375-376   1984年   [査読有り]
Dehydrodecalin Systemの酸素化反応について
亀谷哲治、古山博子、鈴木幸夫、本多利雄、高橋浩
薬誌   104 147-151   1984年   [査読有り]
New Construction of a Steroidal Ring System. Stereoselective Synthesis of (+-)-Androstane-2,17-dione
Kametani T, Suzuki Y, Furuyama H, Honda T
J. Org. Chem.   48 31-33   1983年   [査読有り]
Studies on the Syntheses of Heterocyclic and Natural Compounds. Part 969. A Facil Conversion of Dehydroepiandrosterone into 16α-Hydroxypregnenolone 3-Acetate
Kametani T,Furuyama H, Honda T
Heterocycles   19 357-361   1982年   [査読有り]
Synthesis of Estriol Monoglucoside Derivatives, New Haptens for Production of Specific Antisera
Nambara T, Goto J, Furuyama H, Kato H
Chem. Pharm. Bull.   26 591-595   1978年   [査読有り]

Misc

 
チョウジ花蕾の匂い物質の変動
笠井 博子
AROMA RESEARCH   12(3) -126   2011年
実験ガイド 光学異性体分離に用いる超臨界流体クロマトグラフィー
笠井 博子, 津吹 政可, 本多 利雄
ファルマシア   42(4) 343-345   2006年4月
Kametani T,Furuyama H
Medicinal Research Reviews   7 147-171   1987年   [査読有り]

書籍等出版物

 
Studies in Natural Products Chemistry, Volume 3, Stereoselective Synthesis (Part B)
Kametani T, Kasai H
ed. by A. -U. -Rahman, Elsevier pp385-397   1989年   
Synthetic Approach to Natural Products by Claisen Rearrangement of Glyceraldehyde Derivatives
T. Kametani, H.Kasai, E. Sato, T. Suzuki
Proc. Indian Acad. Sci. (Chem. Sci.)   1988年4月   
The Creativity and Development of Medicinal Drugs in the 21st Century
Kametani T, Furuyama H
Science and Humanity pp122-131   1988年   
Essays on Science, Felicitation Volume in honour of Dr. Salimuzzaman Siddiqui
Kametani T,Furuyama H
ed. by H. M. Said, Hamdard Foundation Press pp139-147   1986年   

講演・口頭発表等

 
星薬大薬用植物園で栽培されるウコンの機能性についての検討
岩淵杏奈、白尾美佳、池上眞由美、長瀬弘昌、笠井博子
日本薬学会137年会(仙台)   2017年3月26日   
星薬大薬用植物園で栽培されるウコンの香気成分の分析_Part2
矢尾板遥、池上眞由美、長瀬弘昌、笠井博子
日本薬学会137年会(仙台)   2017年3月26日   
フローサイトメーターを用いたローデントマラリアに対する抗マラリア薬SSJ-183の効果
杉浦あすみ、堀内正子、笠井博子、長瀬弘昌、井原正隆、池上眞由美
日本薬学会137年会(仙台)   2017年3月25日   
表面プラズモン共鳴法を用いた酸化タンパク質分解酵素と緑茶カテキンとの相互作用の検討
川上栞、笠井博子、長瀬弘昌、高橋朋子、池上眞由美
日本薬学会137年会(仙台)   2017年3月25日   
星薬大薬用植物園で栽培されるウコンの香気成分の分析
石井秀数、笠井博子
日本薬学会第136年会(横浜)   2016年3月28日   
シクロデキストリン包接マトリックスを用いたMALDI-TOFMSによる低分子化合物の測定
平川桃有里、池上眞由美、笠井 博子
日本薬学会第136年会(横浜)   2016年3月27日   
チョウジ蕾の成熟にともなう香りの変化及び抗酸化活性の検討
笠井 博子, 白尾 美佳
日本薬学会年会第135年会(神戸)   2015年3月27日   
MALDI-TOFMSによる低分子化合物測定のための新規マトリックスの開発(II)
笠井博子、中越雅道、中島宏樹、山崎雄三、藤分秀司、津吹政可
日本薬学会第134年会(熊本)   2014年3月29日   
えん下困難者用食品の評価方法の検討
白尾 美佳, 池上 眞由美, 笠井 博子, 津吹 政可
日本薬学会年第134年会(熊本)   2014年3月28日   
ネズミマラリアを用いた原虫プロテオミクスの検討
池上 眞由美, 笠井 博子
日本薬学会第133年会(横浜)   2013年3月28日   
丁子の機能性に関する検討 抗酸化活性について
白尾 美佳, 笠井 博子, 津吹 政可
日本薬学会第133年会(横浜)   2013年3月28日   
チョウジの香り成分の検出 成長段階・部位による成分の変化・違い
笠井博子、岡部俊一、白尾美佳、南雲清二
日本薬学会第132年会(札幌)   2012年3月30日   
丁子(チョウジ)蕾の匂い物質の変動 [招待有り]
日本植物園協会第46回大会   2011年5月   
チョウジ(丁香、丁子、clove)蕾の成長に伴う匂い物質の変動
笠井博子、岡部俊一、白尾美佳、南雲清二
日本薬学会第131年会(静岡)   2011年3月31日   
チョウジ(丁香 丁子 Clove)蕾の熟成に伴う揮発成分の変動
笠井博子、白尾美佳、岡部俊一、南雲清二
日本薬学会130年会(岡山)   2010年3月29日   
生理活性ステロイドのMALDI-TOFMSnによる分析
笠井 博子, 津吹 政可, 島田 和武, 南原 利夫, 本多 利雄
日本薬学会第129年会(京都)   2009年3月27日   
元素分析値の許容誤差範囲内に入らない要因の考察―試料の前処理についてー
佐藤綾子、斉藤節、笠井博子
日本薬学会129年会(京都)   2009年3月26日   
Investigation of Volatile Components Originating from the Flower Bud of Syzygium Aromaticum using Gas Chromatography/Mass spectrometry
2nd Joint Symposium on Future Prospect of Pharmaceutical Sciences 2009   2009年   
MALDI-TOF-MS 及び -QIT-TOF-MSを用いたリン酸化ペプチドの解析に関する検討
日本薬学会128年会   2008年   
ミセル動電クロマトグラフィーによるテルペン類の分析
日本薬学会128年会   2008年   
種々のイオン化法を用いたステロイド配糖体OSW-1類のマススペクトロメトリー
日本薬学会第127年会   2007年   
超臨界流体クロマトグラフィー並びにキャピラリー電気泳動を用いた光学異性体の分離に関する研究
日本薬学会第126年会   2006年   
蘇木から得られる新dibenzoxocin誘導体(protosappanin D)について
笠井 博子, 小林 直, 佐々木 陽平, 南雲 清二, 永井 正博
日本生薬学会第52年会   2005年9月   
Separation of stereoisomers of several compounds by capillary gas chromatography-mass spectrometry, sub- and supercritical fluid chromatography, and liquid chromatography using chiral stational phased columns
Joint Symposium on Future Prospect of Pharmaceutical Sciences   2005年   
シクロデキストリンを用いたテルペン類の立体異性体分離について
日本薬学会第125年会   2005年   
GC/MSによるエッセンシャルオイル香気成分中の光学異性体の分析
白尾 美佳, 笠井 博子, 斎藤 節
日本薬学会年会要旨集   2002年3月   
GC/MS法を用いた異性体の直接分離
笠井 博子, 白尾 美佳, 津吹 政可, 本多 利雄
日本薬学会年会要旨集   2002年3月   
アザヘキサトリエン系の電子環状反応を用いたキノリン誘導体の合成
亀谷哲治、武田元、古山博子、鈴木幸夫、本多利雄
第107回日本薬学会年会(京都)   1987年4月   
〔4+2〕環化付加反応によるキノリン誘導体の合成
亀谷哲治、武田元、古山博子、鈴木幸夫、本多利雄
第106回日本薬学会年会(千葉)   1986年3月   
Dehydrodecalin Systemの酸素化反応及び4a,5-Epoxy体の環開裂反応
亀谷哲治、古山博子、鈴木幸夫、本多利雄
第104回日本薬学会年会(仙台)   1984年3月   
(±)-Androstane-2,17-dioneの合成
亀谷哲治、鈴木幸夫、古山博子、本多利雄
第103回日本薬学会年会(東京)   1983年4月   
Dehydroepiandrosteroneより16α-Hydroxypregnenolone3-Acetateの合成
亀谷哲治、鈴木幸夫、古山博子、本多利雄
第102回日本薬学会年会(大阪)   1982年3月   
混合薬剤の分離定量に関する研究(第6報)
伊勢淳、鈴木満、古山博子、佐藤秀昭、岡野定輔
第18回日本薬学会東北支部大会(仙台)   1979年10月   
混合薬剤の分離定量に関する研究(第5報)
佐藤秀昭、鈴木満、伊勢淳、古山博子、岡野定輔
第18回日本薬学会東北支部大会(仙台)   1979年10月   
混合薬剤の分離定量に関する研究(第4報)
古山博子、鈴木満、伊勢淳、金久保好男
第99回日本薬学会年会(札幌)   1979年8月   
混合薬剤の分離定量に関する研究(第3報)
鈴木満、古山博子、菊池淳、金久保好男
第17回日本薬学会東北支部大会(仙台)   1978年10月   

担当経験のある科目

 
 

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
新規抗原虫薬開発のためのネズミマラリア原虫プロテオミクスと生体分子間相互作用解析を用いた作用機序の解明