池野 修

J-GLOBALへ         更新日: 16/11/29 03:07
 
アバター
研究者氏名
池野 修
 
イケノ オサム
所属
愛媛大学
部署
教育学部
職名
教授
学位
文学修士(神戸大学), 第2言語としての英語修士(ハワイ大学マノア校)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1997年
神戸大学 文化学研究科 文化構造
 
 
 - 
1991年
神戸大学 文学研究科 英米文学専攻
 
 
 - 
1995年
ハワイ大学大学院 言語教育研究科 
 
 
 - 
1989年
神戸大学 文学部 文学科英米文学専攻
 

委員歴

 
2015年4月
 - 
現在
全国英語教育学会  紀要編集委員会・委員長
 
2005年
   
 
全国英語教育学会  紀要論文査読委員
 
2002年
   
 
大学英語教育学会(JACET)  研究企画委員
 
2004年
   
 
大学英語教育学会(JACET)  中国・四国支部紀要論文査読委員
 
2004年
   
 
大学英語教育学会(JACET)  大学英語教育学会紀要 (JACET Bulletin) 査読員
 

受賞

 
1997年
大学英語教育学会 新人賞
 
2008年
大学英語教育学会 実践賞(共同)
 

論文

 
「教室内英語力タスク別評価尺度」の開発ー「音読指導」と「新出文法の口頭導入」を例にー
池野 修,中田 賀之,木村 裕三,長沼 君主
大学英語教育学会中国・四国支部研究紀要   (13) 171- 183   2016年3月   [査読有り]
"学びの軌跡の集大成" としての「教職実践演習」
山﨑 哲司,釜田 史,吉村 直道,池野 修,井上 洋一,山本 久雄
13 17-25   2015年3月   [査読有り]
ルイジアナ大学モンロー校と愛媛大学の相互国際交流を通した教員養成の実践
富田 英司,ほか(池野 修含む)
大学教育実践ジャーナル   12 41-43   2014年   [査読有り]
Theme-based language instructionにおける4技能の統合―テ―マ学習と関連づけた言語技能の統合―
池野 修
大学英語教育学会中国・四国支部研究紀要   (10) 92-99   2013年3月   [査読有り]
Preparing student teachers for cultural diversity: Lessons learned from the guidance program of the GP Project in Ehime University, Japan
グレッグ・パウイレン,池野 修,ほか
愛媛大学教育実践総合センター紀要   (31) 93-101   2013年

Misc

 
松山市の外国語指導助手(ALT)の意識調査テワニカル・レポート
平成10年度愛媛大学学長裁量経費プロジェクトテワニカル・レポート   1-29   1999年
英語及び英語学習に関する中学生の意識調査-遼寧師範大学附属中学校と愛媛大学教育学部附属中学校の共同研究-
愛媛大学附属中学校&遼寧師範大学附属中学校における教科・生徒の人間形成に関する国際比較研究   41-63   2003年

書籍等出版物

 
英語教育学の今―理論と実践の統合―(全国英語教育学会第40回研究大会記念特別誌)
池野 修 (担当:共著, 範囲:第12章第2節「EFLの教育からEIL・ELFの教育へ」)
大修館書店   2014年8月   
リーディングとライティングの理論と実践(英語教育学大系第10巻)
大修館書店   2010年   
ことばの対照
くろしお出版   2010年   
高等教育における英語授業の研究
松柏社   2007年   
日本語の分析と言語類型
くろしお出版   2004年   

講演・口頭発表等

 
「生徒の言語使用」の中身と指導上の工夫 [招待有り]
池野 修
全国英語教育学会埼玉研究大会   2016年8月20日   
「教師教育としての英語」ー「いじめ問題」単元の実践の成果と課題ー
池野 修
第28回四国英語教育学会・高知研究大会   2016年6月   
英語授業における教師の英語ー効果的な言語使用について考える English for Teaching Purposes
池野 修
第27回四国英語教育学会・愛媛研究大会   2015年6月   
「教室内英語タスク別評価尺度」の開発
池野 修,中田 賀之,木村 裕三,長沼 君主
2015年度大学英語教育学会 (JACET) 中国・四国支部春季研究大会   2015年6月   
Use of motivation episodes in teacher education
池野 修
全国語学教師学会 (JALT) 第39回国際大会   2013年10月   

競争的資金等の研究課題

 
第2言語ワーキングメモリと第2言語読解の関係に関する研究
日本学術振興会: 若手研究A
研究期間: 2000年 - 2022年    代表者: 池野修
教師教育としての英語
日本学術振興会: 科研費研究(基盤研究C)
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 池野修
英語学習意欲エピソードの分析
日本学術振興会: 科研費研究(基盤研究C)
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 池野修