水野 邦夫

J-GLOBALへ         更新日: 14/02/24 15:34
 
アバター
研究者氏名
水野 邦夫
 
ミズノ クニオ
所属
帝塚山大学
部署
心理学部 心理学科
職名
教授
学位
文学修士(同志社大学), 博士(心理学)(同志社大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1993年
 - 
1997年
同志社大学嘱託 講師
 
1997年
 - 
2001年
聖泉短期大学専任講師
 
2001年
 - 
2003年
聖泉短期大学助教授
 
2003年
 - 
2007年
聖泉大学人間学部助教授
 
2007年
 - 
2008年
聖泉大学人間学部准教授
 

学歴

 
 
 - 
1993年
同志社大学 文学研究科 心理学
 
 
 - 
1988年
同志社大学 文学部 心理学
 

委員歴

 
2001年
   
 
日本心理学会  評議員
 

論文

 
合宿・自発参加型の構成的グループ・エンカウンターにおける参加者の感情変動が自己および他者の捉え方の変化に及ぼす影響―自他への信頼・不信および個人・グループ過程の変化について―
水野 邦夫・嶋原 栄子・田積 徹・新美 秀和・興津 麻理子
心理臨床科学(同志社大学心理臨床センター)   3(1) 27-39   2013年12月   [査読有り]
構成的グループ・エンカウンターにおける体験の測定―SGE体験評価尺度作成の試み―
水野 邦夫
帝塚山大学心理学部紀要   2 41-56   2013年3月   [査読有り]
合宿・自発参加型による集中的グループ体験が大学生の自己概念に及ぼす影響―構成的グループ・エンカウンターによる検討―
水野 邦夫 ・ 田積 徹 ・ 興津 真理子
心理臨床科学   2(1) 15-29   2012年12月   [査読有り]
対人的なコミュニケーションによる感情の喚起と親密な関係性の構築の関連について―構成的グループ・エンカウンターを用いた検討―
水野 邦夫
帝塚山大学心理学部紀要   (1) 165-173   2012年3月   [査読有り]
授業でのグループ・アプローチの実施が大学生の肯定的自己概念および信頼感の形成に及ぼす効果―構成的グループ・エンカウンターとレクリエーショナルスポーツを用いた実施―
水野 邦夫 ・ 田積 徹
教育カウンセリング研究   4(1) 1-10   2012年3月   [査読有り]
構成的グループ・エンカウンターが自己概念の変容および個人・グループ過程に及ぼす影響に関する追試的検討
水野 邦夫
聖泉論叢   (18) 149-161   2011年3月
構成的グループ・エンカウンターにおける逸楽行動に関する一考察
水野 邦夫
帝塚山大学心理福祉学部紀要   (6) 143-155   2011年3月
大学の授業への構成的グループエンカウンター導入の試み―自己概念および適応への影響について―
水野 邦夫
教育カウンセリング研究   3(1) 1-9   2010年12月   [査読有り]
構成的グループ・エンカウンターにおけるグループの深まりに影響する要因について
帝塚山大学心理福祉学部紀要   (6) 165-177   2010年
構成的グループ・エンカウンター実施時における参加者の心理的変化の測定について―生理指標による測定の試み―(共著)
水野邦夫・田積 徹
聖泉論叢   16 99-114   2009年

書籍等出版物

 
教育実践者のための調査研究入門
日本教育カウンセリング学会 (担当:共著)
図書文化   2012年6月   
カウンセリング心理学事典(共著)
誠信書房   2008年   
心理学概論(共著)
ナカニシヤ出版   2006年   
発達心理学エッセンス(共著)
小林出版   2000年   
現代社会の産業心理学(共著)
福村出版   1999年   

競争的資金等の研究課題

 
対人関係における性格特性・社会的スキルの機能
研究期間: 1994年   
授業規範に関する研究
研究期間: 1998年 - 2002年
児童生徒の不登校及び再登校に関わる要因の検討について
研究期間: 2003年 - 2005年
構成的グループエンカウンターに関する研究
研究期間: 2004年