高野 晋吾

J-GLOBALへ         更新日: 15/10/21 15:27
 
アバター
研究者氏名
高野 晋吾
学位
博士(医学)(筑波大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
筑波大学 医学医療系 准教授
 
1983年5月
 - 
1989年1月
筑波大学附属病院 脳神経外科 医員(研修医)
 
1989年2月
 - 
1990年12月
北茨城市立総合病院 脳神経外科 医長
 
1991年1月
 - 
1994年3月
ノースウェスタン大学(米国シカゴ) 脳神経外科 脳腫瘍研究所 Assistant research fellow
 
1994年4月
 - 
1996年3月
宗仁会病院 脳神経外科 医長
 

学歴

 
 
 - 
1983年
筑波大学 医学専門学群 
 

委員歴

 
2004年
   
 
つくば小児神経内科外科懇話会  世話人
 
2007年
   
 
ニューロオンコロジーの会  世話人
 
2006年
   
 
茨城県脳腫瘍治療研究会  世話人
 
2007年
   
 
東京脳腫瘍研究会  世話人
 
2003年
   
 
東京脳腫瘍治療研究会  世話人
 

受賞

 
2008年12月
日本脳神経財団 平成20年度学術研究助成
 
膠芽腫由来血管内皮細胞を標的とした血管新生抑制療法の開発および腫瘍内皮幹細胞の同定
2008年12月
筑波大学次世代医療研究開発・教育統合センター 平成20年度橋渡し研究支援
 
悪性脳腫瘍に対するヒト脳腫瘍由来血管内皮細胞ワクチン治療
2008年10月
がん集学的治療研究財団 平成20年度第29回一般研究助成
 
悪性脳腫瘍に対するヒト脳腫瘍由来血管内皮細胞ワクチン治療
2007年12月
筑波大学次世代医療研究開発・教育統合センター 平成19年度橋渡し研究支援
 
ヒト脳腫瘍由来血管内皮細胞を用いた悪性脳腫瘍の遺伝子細胞治療
2007年11月
財団法人内視鏡医学研究振興財団 平成19年度研究助成
 
神経内視鏡による深部脳腫瘍の生物学的特性診断(腫瘍血管新生と低酸素状態)とvascular targeting療法の確立

論文

 
Suramin, an anticancer and angiosuppressive agent, inhibits endothelial cell binding of basic fibroblast growth factor, migration, proliferation, and induction of urokinase-type plasminogen activator.
高野, 晋吾
Cancer Research   54 2654   1994年1月   [査読有り]
A diaminoanthraquinone inhibitor of angiogenesis.
高野, 晋吾
Journal of pharmacology and Experimental Therapeutics   271 1027   1994年1月
Suramin inhibits glioma cell proliferation in vitro and in the brain.
高野, 晋吾
Journal of Neurooncology   21 189   1994年1月
Low grade astrocytoma in the medical part of the frontal lobe manifesting as paroxysmal speech disturbauce-case report-
高野, 晋吾
Neurologia Medico Chirurgica   36 185   1996年1月
Concentration of vascular endothelial growth factor in the serum and tumor tissue of brain tumor patients.
高野, 晋吾
Cancer Research   56 2185   1996年1月

書籍等出版物

 
神経膠腫の腫瘍血管の微細構造-血管透過性および内皮細胞の増殖能に関する形態計測的検討-
高野, 晋吾
1991年1月   
The role of urokinase-type plasminogen activator in the invasion and proliferation of malignant brain tumors.
高野, 晋吾
1996年1月   
Molecular mechanism of glioma angiogenesis
高野, 晋吾
2000年1月   
臨床医学のMinimum Essential神経・筋疾患の病理
高野, 晋吾
2000年1月   
再発悪性神経膠腫に対する免疫細胞療法の安全性報告
石川栄一;坪井康次;大野忠夫;西條, 薫;高野晋吾;能勢忠男 (担当:分担執筆)
ポストシークエンス時代における脳腫瘍の研究と治療.第1版.福岡:九州大学出版会   2002年1月   

講演・口頭発表等

 
THE ROLE OF CHEMOKINE SDF-1 AND CXCR4 IN GLIOMA ANGIOGENESIS AND INVASIVENESS: INTERACTION BETWEEN GLIOMA AND GLIOMA-DERIVED ENDOTHELIAL CELLS
Takano, Shingo;Osuka, Satoru;Mashiko, Ryota;Ohneda, Osamu;Nagano, Masumi;Yamashita, Toshiharu;Matsumura, Akira
17th International Conference on Brain Tumor Research and Therapy   2008年6月9日   
I-123-IMP SPECT IN BRAIN TUMOR: ANATOMICAL STANDARDIZED STATISTICAL MAPPING
Shibata, Yasushi;Akimoto, Manabu;Matsushita, Akira;Yamamoto, Tetsuya;Takano, Shingo;Matsumura, Akira
3rd Quadrennial Meeting of the World-Federation-of-Neuro-Oncoloyg/6th Meeting of the Asian-Society-for-Neuro-Oncology   2009年5月12日   
THE ROLE OF CHEMOKINE SDF-1/CXCR4/CXCR7 FOR GLIOBLASTOMA ANGIOGENESIS AND GLIOBLASTOMA-DERIVED ENDOTHELIAL CELLS
Takano, Shingo;Yamashita, Toshio;Nagano, Masumi;Mashiko, Ryota;Yamamoto, Tetsuya;Ishikawa, Eiichi;Ohsuga, Satoru;Matsumura, Akira;Ohneda, Osamu
3rd Quadrennial Meeting of the World-Federation-of-Neuro-Oncoloyg/6th Meeting of the Asian-Society-for-Neuro-Oncology   
Diagnostic and treatment pitfalls of atypical teratoid/rhabdoid tumor (AT/RT)
Muroi, Ai;Takano, Shingo;Fukushima, Takashi;Yamamoto, Tetsuya;Saito, Atsushi;Matsumura, Akira
13th International Symposium on Pediatric Neuro-Oncology   

競争的資金等の研究課題

 
厚生省がん研究助成:悪性脳腫瘍の標準的治療の確立に関する研究
国内共同研究
研究期間: 2006年   
抗原提示能に応じた選択的癌細胞療法の開発
学内共同研究
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 赤座英之
筑波大学先端技術(TARA)センタープロジェクト(人間生態システム研究アスペクト)
抗原提示能に応じた選択的癌細胞療法の開発
学内共同研究
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 赤座英之
筑波大学先端技術(TARA)センタープロジェクト(人間生態システム研究アスペクト)
第3次対がん総合戦略研究事業-がん臨床研究事業:転移性脳腫瘍に対する標準的治療確立に関する研究
国内共同研究
研究期間: 2006年   
厚生労働科学研究費補助金
脳神経外科手術トレーニングシステムの開発:顕微鏡下血管吻合・内視鏡下血腫除去
学内共同研究
研究期間: 2006年 - 2007年3月    代表者: 高野晋吾
筑波大学医学系学内プロジェクト