中森 広道

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/02 02:53
 
アバター
研究者氏名
中森 広道
 
ナカモリ ヒロミチ
eメール
nakamorichs.nihon-u.ac.jp
所属
日本大学
部署
文理学部社会学科
職名
教授
学位
修士(社会学)(日本大学)
科研費研究者番号
80297754

研究分野

 

経歴

 
1994年4月
 - 
1995年12月
財団法人都市防災研究所研究部研究員
 
1997年4月
 - 
2000年3月
日本大学文理学部社会学科助手
 
2000年4月
 - 
2003年3月
日本大学文理学部社会学科専任講師
 
2003年4月
 - 
2008年3月
日本大学文理学部社会学科助教授(2007年4月より准教授)
 
2008年4月
   
 
日本大学文理学部社会学科教授
 

学歴

 
1989年4月
 - 
1991年3月
日本大学 文学研究科 社会学専攻
 
 
 - 
1989年
日本大学 文理学部(文科系) 社会
 
 
 - 
1994年
日本大学 大学院 文学研究科 社会学
 

委員歴

 
2013年8月
   
 
東日本大震災第三者検証委員会  委員(避難行動検証チーム主査)
 
2006年4月
   
 
日本災害情報学会  編集委員
 
2001年
 - 
2001年
日本災害情報学会  編集委員、研究推進委員
 
2000年
   
 
日本大学社会学会  理事
 
1999年
   
 
日本社会情報学会  編集委員
 

論文

 
『緊急地震速報」に関する対応と意識
地震ジャーナル 地震予知総合研究振興会   46 38-49   2008年
震度情報の展開とその評価に関する再考
『災害情報』 日本災害情報学会   (5) 76-86   2007年   [査読有り]
地震流言の発生要因に関する考察-平成10(1998)年の事例から-
社会学論叢   (137) 43-60   2000年
阪神・淡路大震災の社会学 第1巻 被災と救援の社会学
昭和堂      1999年
災害情報の再考-震度と情報-
研究紀要(日本大学文理学部人文科学研究所)   (55) 97-120   1998年

書籍等出版物

 
災害情報論入門
田中淳・吉井博明ほか (担当:共著)
弘文堂   2008年12月   
災害危機管理論入門
吉井博明・田中淳他 (担当:共著)
弘文堂   2008年4月   
災害社会学入門
大矢根淳・浦野正樹・田中淳・吉井博明ほか (担当:共著)
弘文堂   2007年12月   
緊急地震速報
目黒公郎・藤縄幸雄ほか (担当:共著)
東京法令出版   2007年9月   
災害予警報と避難行動
災害情報と社会心理 北樹出版   2004年5月   

講演・口頭発表等

 
「日本の自治体・企業におけるBCP策定の現状と課題」
中森広道ほか
日本災害情報学会第18回学会大会   2016年10月   日本災害情報学会第18回学会大会
「『平成28年熊本地震』と緊急地震速報 -熊本・福岡・大分における住民の対応と評価-」(登壇)
中森広道
日本災害情報学会第18回学会大会   2016年10月   日本災害情報学会
「XバンドMPレーダ気象情報を使った社会実験-モバイル・メディアを使った実験-」
中森広道ほか
日本災害情報学会第17回学会大会   2015年10月   日本災害情報学会第17回学会大会
「都市における若者・青年層の災害に関する意識と情報-社会調査からの考察-」(登壇)
中森広道
日本災害情報学会第17回学会大会   2015年10月   日本災害情報学会
「『東日本大震災』と都市伝説-被災地における事例調査からの予備的検証-」(登壇)
中森広道
日本災害情報学会第16回大会   2015年3月   日本災害情報学会

その他

 
2016年12月
<評論>「視点・防災 『熊本地震』と緊急地震速報」『東京消防』平成28年12月号,東京消防協会
2016年8月
<評論>「視点・防災 熊本地震についての雑感」『東京消防』平成28年8月号、東京消防協会
2016年4月
<評論>「視点・防災 被災地と被災地の住民をどのように考えてきたのか」『東京消防』平成28年4月号,東京消防協会
2015年12月
<評論>「視点・防災 体験を語り継ぐこと」『東京消防』平成27年12月号,東京消防協会
2015年8月
<評論><評論>「視点・防災 若者はどのような災害対策をしているのか」『東京消防』平成27年8月号、東京消防協会