斉藤 泰和

J-GLOBALへ         更新日: 03/12/15 00:00
 
アバター
研究者氏名
斉藤 泰和
 
サイトウ ヤスカズ
所属
東京理科大学
部署
工学部第一部 工業化学科
職名
教授,名誉教授
学位
博士(工学)(東京大学)

研究分野

 
 

委員歴

 
1990年
   
 
触媒学会  副会長,会長
 
1974年
 - 
1975年
日本化学会  理事
 
1994年
 - 
1997年
水素エネルギー協会  理事・編集委員長,会長
 

受賞

 
1988年
触媒学会賞
 
1993年
触媒学会名誉賞
 

Misc

 
ケミカルヒートポンプの現状と課題
化学工学   60(4) 255   1996年
デカリン脱水素/ナフタレン水素化触媒反応対を用いる水素の長期間貯藏・長距離輸送(共著)
水素エネルギーシステム   22(1) 27   1997年
沸騰・液膜条件下での2-プロパノール脱水素触媒反応の特質(共著)
水素エネルギーシステム   21(1) 34   1996年
水素エネルギーの利用技術
水素エネルギー協会講演会.東京      1996年
乾式拡散法による鉄錯体を前駆体とした炭素担持複合金属触媒の調製
触媒学会平成8年度研究発表会.福岡      1996年

書籍等出版物

 
光化学エネルギー変換
アイピーシー   1997年   
触媒化学(共著)
丸善   1999年   
教養環境学
エースプランニング   2000年   
新太陽エネルギー利用ハンドブック
日本太陽エネルギー学会   2000年   
表面科学と触媒の研究
エルゼヴィア・サイエンス   2001年   

Works

 
高効率吸熱反応触媒による熱エネルギー利用技術
1999年
低品位廃熱再生型燃料電池システムの開発
1999年
ナフテン系水素貯藏輸送媒体の新規脱水素反応の調査
2000年

競争的資金等の研究課題

 
触媒を用いるケミカルヒートポンプの開発
光触媒による太陽エネルギーの化学的変換
有機化合物に依る水素の貯藏と輸送

特許

 
2-プロパノール/アセトン・水素系ケミカルヒートポンプおよびそれに使用する脱水素触媒
*