大熊 廣一

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/26 12:29
 
アバター
研究者氏名
大熊 廣一
 
オオクマ ヒロカズ
所属
東洋大学
部署
食環境科学部 食環境科学科
職名
教授
学位
工学博士(東洋大学)
科研費研究者番号
30297733

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2015年11月
 - 
現在
学校法人東洋大学評議員
 
2015年4月
 - 
現在
東洋大学産官学連携推進センターセンター長
 
2015年4月
 - 
現在
東洋大学ライフイノベーション研究所 副所長
 
2013年4月
 - 
現在
東洋大学食環境科学部食環境科学科教授
 
2012年12月
 - 
現在
学校法人東洋大学常務理事
 
2009年12月
 - 
2012年12月
学校法人東洋大学理事
 
2009年11月
 - 
2012年11月
学校法人東洋大学評議員
 
2010年4月
 - 
2013年3月
東洋大学知的財産・産学連携推進センター副センター長
 
2009年4月
 - 
2013年3月
東洋大学生命科学部食環境科学科教授
 
2011年4月
 - 
2012年12月
東洋大学生命科学部長
 
2009年4月
 - 
2011年3月
東洋大学生命科学部食環境科学科主任
 
2007年4月
 - 
2009年3月
東洋大学大学院生命科学研究科専攻主任
 
2002年4月
 - 
2009年3月
東洋大学生命科学部生命科学科教授
 
2005年4月
 - 
2007年3月
東洋大学生命科学部生命科学科主任
 
1997年4月
 - 
2002年3月
東洋大学生命科学部生命科学科助教授
 
1980年
 - 
1986年
淑徳短期大学 非常勤講師
 
1986年
 - 
1997年
新日本無線株式会社
 

学歴

 
 
 - 
1978年
東洋大学 工学研究科 応用化学専攻
 
 
 - 
1973年
東洋大学 工学部 応用化学
 

委員歴

 
2015年4月
 - 
現在
日本食品分析学会  常任理事
 
2015年4月
 - 
現在
日本食品分析学会  編集委員
 
2012年
 - 
現在
国際井上円了学会理事
 
1997年
 - 
現在
材料技術研究協会  編集委員
 
2002年
 - 
現在
材料技術研究協会  理事
 
2004年
 - 
2015年3月
食品分析研究会  常任委員
 
2000年
 - 
2004年
酵素法による食品分析研究会委員
 
1998年
 - 
2000年
電気学会 感性バイオセンサ調査専門委員会委員
 

受賞

 
2013年12月
材料技術研究協会 ゴールドポスター賞 Ni/MWCNT/Au修飾電極を用いた第三世代型バイオセンサの構築
受賞者: 岡村洋介、大熊廣一
 

論文

 
非平衡蒸気を検出するニオイセンサシステム
大熊 廣一
香料   273 37-43   2017年3月   [招待有り]
Direct electron transfer at a flavin enzyme electrode prepared by the micelle disruption method.
Hirokazu Okuma
Material Technology   32(5) 129-136   2014年9月   [査読有り]
糖質のバイオセンサで生命を垣間みる
宮西伸光、中北慎一、住吉渉、大熊廣一、平林淳
科学と工業   88(5) 1-7   2014年5月
非平衡蒸気検出型ニオイセンサシステムの開発
大熊廣一
ケミカルエンジニアリング   57(1) 55-58   2012年1月
Development of d-allose sensor on the basis of three strategic enzyme reactions.
Nobumitsu Miyanishi, Shin-ichi Nakakita, Wataru Sumiyoshi, Hirokazu Okuma, Ken Izumori, Jun Hirabayashi
Biosensors and Bioelectronics   26 126-130   2010年5月   [査読有り]
Electrochemical behavior of GOD-modified AuNPs/carbon paste electrode.
Naoya Adachi, Daiki Ishikawa, Naruhide Sato, Hirokazu Okuma
Material Technology   27(3) 75-80   2009年5月   [査読有り]
Development of an amperometric flow analysis sensor for specific detection of D-psicose.
Nobumitsu Miyanishi, Naruhide Sato, Shin-ichi Nakakita, Wataru Sumiyoshi, Kenji Morimoto, Hirokazu Okuma, Masaaki Tokuda, Ken Izumori, Etsuo Watanabe,Jun Hirabayashi
Biosensors and Bioelectronics   23(9) 1347-1352   2008年4月   [査読有り]
Development of single-wall carbon nanotubes modified screen printed electrode using a ferrocene-modified cationic surfactant for amperometric glucose biosensor applications.
Naruhide Sato, Hirokazu Okuma
Sensors & Actuators: B. Chemical   129 188-194   2008年1月   [査読有り]
Amperometric simultaneous sensing system for D-glucose and L-lactate based on enzyme-modified bilayer electrodes
Naruhide Sato, Hirokazu Okuma,
Analytica Chimica Acta,    565 250-254   2006年4月   [査読有り]
金属酸化物半導体ニオイセンサによる魚類鮮度計測と総合的鮮度評価への応用
大熊廣一、尾関太一郎、安藤豊
材料技術   23(5) 311-321   2005年9月   [査読有り]
K値を用いる魚肉の生可食限界の推定に関する理論的考察
濱田(佐藤)奈保子、大熊廣一、渡辺悦生
日本食品科学工学会誌   51(9) 495-504   2004年9月   [査読有り]
バイオセンサによる魚類鮮度計測について/K値を利用した生鮮魚介類の生可食限界日数の推定
大熊廣一、濱田奈保子、渡辺悦生
食品機械装置   41(7) 46-53   2004年7月
Construction of a glucose sensor based on a screen-printed electrode and a novel mediator pyocyanin from Pseudomonas aeruginosa
Kunihiko Ohfuji, Naruhide Sato, Naoko Hamada-Sato, Takeshi Kobayashi, Chiaki Imada, Hirokazu Okuma, Etsuo Watanabe
Biosensors and Bioelectronics   19 1237-1244   2004年5月   [査読有り]
Amperometric determination of laminarin using immobilized β-1,3-glucanase
Nobumitsu Miyanishi, Yohei Inaba, Hirokazu Okuma, Chiaki Imada, Etsuo Watanabe
Biosensors and Bioelectronics   19 557-562   2004年1月   [査読有り]
スクリーン印刷電極によるセンサのフィージョン化と鮮度計測への応用
安藤 豊、大熊廣一
電子情報通信学会,信学技報   103(279) 25-28   2003年8月
銀担持リン酸ジルコニウムセラミックス添加包装材の抗菌特性と食品保存効果について
小林武志、大熊廣一、大野康晴、濱田(佐藤)奈保子、今田千秋、渡辺悦生
材料技術   21(3) 109-117   2003年6月   [査読有り]
Simultaneous determination of glucose and ascorbic acid based on screen-printed bilayer electrodes
Naruhide Sato, Hirokazu Okuma
Material Technology   21(2) 57-62   2003年4月   [査読有り]
積層化スクリーン印刷電極による多機能バイオセンサの開発
大熊廣一、佐藤稔英
電子情報通信学会,信学技報   102(255) 47-50   2002年7月
銀担持リン酸ジルコニウムセラミックス入りまな板の抗菌効果、材料技術
大熊廣一、小林武志、大野康晴、Eko N Dewi、濱田奈保子、今田千秋
材料技術   20(3) 109-114   2002年6月   [査読有り]
Flow system for fish freshness determination based on double multi-enzyme reactor electrode
Hirokazu Okuma, Etsuo Watanabe
Biosensors and Bioelectronics   17 367-372   2002年5月   [査読有り]
Development of the bienzyme reactor sensor system for the determination of ornithine
Naruhide Sato, Kazushige Usu, Hirokazu Okuma
Analytica Chimica Acta, Vol.456   456 219-226   2002年4月   [査読有り]
内分泌攪乱物質の浄化およびモニタリングシステムの構築
大熊廣一、岡崎 渉, 藤村 真, 一石昭彦
東洋大学工業技術研究所報告   24 24-35   2002年2月
食品分析用バイオセンサの動向
大熊廣一、佐藤稔英
食品機械装置   39(1) 65-77   2002年
Flow system for fish freshness determination based on double multi-enzyme reactor electrode
Hirokazu Okuma, Etsuo Watanabe
Biosensors and Bioelectronics   17 367-372   2002年   [査読有り]
Antimicrobial effects of food processing and packaging materials made of ziruconium phosphate ceramic containing silver ions in its crystal structure
Proceeding of the fifth JSPS international seminar, Empowerment of marine foods and nutraceuticals strengthening the asian region      2002年
Enzyme reactor system for the determination of the quality of chicken 
Yuji Suzuki、Ron Usami、Koki Horikoshi, Hirokazu Okuma
Sensors and Materials   13(3) 129-136   2001年4月   [査読有り]
ワイドレンジ鮮度センサの開発
大熊廣一、鈴木裕二,宇佐美論,掘越弘毅
電子情報通信学会,信学技法   100(253) 25-30   2000年10月
カルボン酸塩系ポリウレタンアニオマーの熱劣化
松永勝治、小川和彦、田島正弘、大熊廣一
材料技術   18(10) 385-392   2000年10月   [査読有り]
バイエンザイムリアクターを用いたオルニチン計測
大熊廣一、佐藤稔英
電子情報通信学会,信学技法   100(252) 137-142   2000年9月
Development of the enzyme reactor system with an amperometric detection and application to estimation of the incipient stage of spoilage of chicken
Hirokazu Okuma, Wataru Okazaki, Ron Usami, Koki Horikoshi
Analytica Chimica Acta   411 37-43   2000年5月   [査読有り]
食品工業における酵素センサの利用
大熊廣一
食品工業   42(2) 26-35   1999年
永年樽貯蔵のシェリービネガーの平衡蒸気成分
大熊廣一、堀家静子、赤星亮一
日本醸造学会誌   93(12) 959-966   1998年12月   [査読有り]
バイオセンサを用いた食品の品質管理
大熊廣一
食品機械装置   32(10) 65-72   1995年10月
食品産業とバイオセンサ
大熊廣一
食品機械装置   35(11) 55-66   1998年
リアクター型バイオセンサシステムによるマイクロ波乾燥茶葉中のビタミンC計測
大熊廣一、高橋仁志、谷澤誠一、堀家静子、赤星亮一
日本食品科学工学会誌   43(6) 668-673   1996年6月   [査読有り]
リアクター型バイオセンサによる味噌の成分分析
大熊廣一、大澤好明、桜井令子、安平仁美、谷澤誠一
味噌の科学と技術   43(3) 97-104   1995年3月
鮮度管理/工程管理 リアクター型バイオセンサによる食品分析
大熊廣一
食品工業   37(18) 35-45   1994年
リアクター型バイオセンサによる食品分析
大熊廣一
食品と科学   35(7) 94-98   1993年7月
鮮度及び食品成分分析用バイオセンサシステム
大熊廣一
食品機械装置   29(12) 75-81   1992年12月
バイオセンサーによる鮮度の短時間・連続計測
大熊廣一
食品と開発   27(10) 25-27   1992年10月
Development of a system with double enzyme reactors for the determination of fish freshness
Hirokazu Okuma, Hitoshi Takahashi, Seiichi Yazawa, Shuichi Sekimukai, Etsuo Watanabe
Analytica Chemica Acta   260 93-98   1992年5月   [査読有り]
リアクター型酵素センサシステムによる魚類の鮮度計測
大熊廣一、高橋仁志、関向修一、渡辺悦生
日本食品工業学会誌   38(11) 1019-1024   1991年11月   [査読有り]
Mediated amperometric biosensor for hypoxanthine based on a hydroxymethylferrocene-modified carbon paste electrode
Hirokazu Okuma, Hitoshi Takahashi, Shuichi Sekimukai, Kouji Kawahara, Ryoichi Akahoshi
Analytica Chimca Acta   244 161-164   1991年5月   [査読有り]
Biosenser system for continuous flow determination of enzyme activities. (II) Simultaneous determination of plural enzyme activities
Hirokazu Okuma, Hitoshi Takahashi, Shuichi Sekimukai, Etsuo Watanabe
Enzyme Microbial Technology   13 134-138   1991年2月   [査読有り]
Biosenser system for continuous flow determination of enzyme activities. (I) Determination of glucose oxidase and lactic dehydrogenase activities
Hirokazu Okuma, Shuichi Sekimukai, Masakazu Hoshi, Kenzo Toyama, Etsuo Watanabe
Enzyme Microbial Technology   11 824-829   1989年12月   [査読有り]
蒸留酒の熟成に関する研究(3)熟成蒸留酒の平衡蒸気成分
赤星亮一、大熊廣一
日本農芸化学会誌   59(2) 135-141   1985年2月   [査読有り]
蒸留酒の熟成に関する研究(2)熟成蒸留酒の融解潜熱について
赤星亮一、大熊廣一
日本農芸化学会誌   59(1) 1-9   1985年1月   [査読有り]
食酢の熟成に関する研究(3)酢酸水溶液および熟成食酢の融解潜熱について
堀家静子、大熊廣一、赤星亮一
日本農芸化学会   58(12) 1203-1210   1984年12月   [査読有り]
蒸留酒の熟成に関する研究(1)熟成蒸留酒におけるOH基プロトンのNMRスペクトル
赤星亮一、大熊廣一
日本農芸化学会誌   58(4) 357-365   1984年4月   [査読有り]
食酢の熟成に関する研究(2)熟成食酢におけるOH基プロトンのNMRスペクトル
堀家静子,大熊廣一、玉井広一,赤星亮一
日本農芸化学会誌   56(1) 13-22   1982年1月   [査読有り]

書籍等出版物

 
リスクと共存する社会-食の安全の視点から-
渡辺悦生、大熊廣一 (担当:共著)
㈱養賢堂   2017年5月   ISBN:978-4-8425-0558-9
製品中に含まれる(超)微量成分・不純物の同定・定量ノウハウ
岡村洋介、大熊廣一 (担当:分担執筆, 範囲:第6章 臭気、香気、発生ガスの定量・定性分析、第1節 非平衡蒸気による微量試料からのにおい分析)
㈱技術情報協会   2014年3月   
食品・医薬品のおいしさと安全・安心の確保技術
大熊廣一、都甲 潔 監修
㈱シーエムシー出版   2012年5月   
基礎から学ぶ食品科学
大熊廣一、渡邊悦生、加藤登、濱田奈保子 (担当:共著)
㈱成山堂書店   2010年11月   
産業酵素の応用技術と最新動向
大熊廣一、井上國世監修
シーエムシー出版   2009年3月   
酵素センサを用いたおいしさ作りと安全性確保
大熊廣一、佐藤稔英 (担当:共著)
バイオインダストリー   2009年3月   
水産物の鮮度管理マニュアル
大熊廣一、監修:渡辺悦生 編集委員:加藤登、大熊廣一、木村凡、鈴木徹、濱田奈保子
㈱流通システム研究センター   2008年3月   
ビジュアルでわかる魚の鮮度
大熊廣一、渡辺悦生、加藤登、濱田奈保子
㈱成山堂書店   2007年12月   
新・食品分析法〔Ⅱ〕
大熊廣一、日本食品科学工学会・食品分析研究会編
㈱光琳   2006年11月   
水産食品デザイン学
大熊廣一、渡辺悦生 編
㈱成山堂書店   2004年7月   
食品酵素化学の最新技術と応用―フードプロテオミクスへの展望―
大熊廣一、井上國世 監修
㈱シーエムシー出版   2004年3月   
食品分析用バイオセンサの動向
大熊廣一、佐藤稔英
食品機械装置   2002年1月   
光琳テクノブックス19 食と感性
大熊廣一、都甲 潔 編
㈱光琳   1999年5月   
食品工業における酵素センサの利用
大熊廣一
食品工業   1999年1月   
食と感性:光琳テクノブックス19
(株)光琳   1999年   
食品産業とバイオセンサ
大熊廣一
食品機械装置   1998年11月   
HACCP 対応食品危害分析・モニタリングシステム
大熊廣一、渡辺悦生、森国光、大熊廣一、後藤良三 編
㈱サイエンスフォーラム   1998年7月   
バイオセンサを用いた食品の品質管理
大熊廣一
食品機械装置   1995年10月   
鮮度管理/工程管理 リアクター型バイオセンサによる食品分析
大熊廣一
食品工業   1994年9月   
リアクター型バイオセンサによる食品分析
大熊廣一
食品と科学   1993年7月   
鮮度及び食品成分分析用バイオセンサシステム
大熊廣一
食品機械装置   1992年12月   
バイオセンサーによる鮮度の短時間・連続計測
大熊廣一
食品と開発   1992年10月   
女性のための生活科学
大熊廣一
白鴎社   1984年3月   
香料の化学
大熊廣一、赤星亮一、堀家静子
大日本図書(株)   1983年9月   

講演・口頭発表等

 
セルフコンディショニングアプリの構想
岩本紗由美、窪田佳寛、太田昌子、杉田記代子、鈴木哲郎、白石弘巳、川口英夫、大上安奈、寺田信幸、永井聡、上岡正枝、大熊廣一
スポーツ庁委託事業「女性アスリートの育成・支援プロジェクト」カンファレンス ~競技現場への還元~   2017年3月9日   
女性長距離アスリートに対するトータル的コンディショニングシステムの構築と問題点
岩本紗由美、杉田記代子、鈴木哲郎、太田昌子、窪田佳寛、白石弘巳、川口英夫、寺田信幸、大熊廣一
第28回床スポーツ医学会学術集会   2016年11月5日   
非平衡蒸気検出型ニオイセンサの開発 [招待有り]
大熊廣一
材料技術研究協会創立30周年記念特別講演会、日本大学理工学部駿河台キャンパス1号館121会議室   2014年10月15日   
非平衡蒸気検出型ニオイセンサの開発-チョコレートのカカオ含量推定への応用-
中山裕介、大熊廣一
食品分析研究会   2014年9月5日   
非平衡蒸気検出型ニオイセンサの開発-チョコレート品質評価への応用-
中山裕介、大熊廣一
日本食品科学工学会第61回大会   2014年8月30日   
Ni/MWCNT/Au修飾電極を用いた第三世代型バイオセンサの構築
岡村洋介、大熊廣一
2013年度材料技術研究協会討論会   2013年12月7日   
におい・かおり分析について「非平衡蒸気検出型ニオイセンサの開発」 [招待有り]
大熊廣一
食品分析研究会招待講演,東洋大学白山キャンパス   2013年9月3日   
非平衡蒸気検出型ニオイセンサの開発-製造法の異なるインスタントコーヒーのニオイ応答プロフィールの解析
中山裕介、岡村洋介、種田けい、大熊廣一
食品分析研究会   2013年9月3日   
ダイコンに含まれる硝酸塩分布と調理後の含量
大塚暁、小林梨乃、大熊廣一
食品分析研究会   2013年9月3日   
水産物由来のタンパク質食品に及ぼす塩麹の添加による化学成分の変化
赤羽雄介、吉江由美子、大熊廣一
日本食品科学工学会第60回大会   2013年8月31日   
非平衡蒸気検出型ニオイセンサシステムの開発(2)-トップノートの分離・識別-
工藤弘貴、岡村洋介、大熊廣一
日本食品科学工学会第60回大会   2013年8月30日   
非平衡蒸気検出型ニオイセンサの開発(1)-インスタントコーヒーをモデル試料としたニオイ応答プロフィール-
中山裕介、岡村洋介、種田けい、大熊廣一
日本食品科学工学会第60回大会   2013年8月30日   
カーボンナノチューブ複合金メッキ電極の酵素との直接電子授受の最適化
岡村洋介、大熊廣一
日本化学会第93春季年会   2013年3月23日   
Direct Electron Transfer of GOD-modified Ni/MWCNT/Au composite electrodes prepared by electroplating for biosensor applications
Y. Okamura, H. Okuma
BNERC and IJAA Joint International Symposium on Advanced Science and Technology   2012年12月8日   
Ni/MWCNT/Au修飾電極を用いたグルコースオキシダーゼの直接電子授受計測
岡村洋介、大熊廣一
2012年度材料技術研究協会討論会   2012年12月7日   
非平衡蒸気検出型ニオイセンサシステムの開発 -コーヒーをモデル試料とした応答プロフィール解析-
種田けい、大熊廣一
食品分析研究会   2012年9月5日   
カーボンナノチューブ修飾電極の電気化学的性質
岡村洋介、大熊廣一
食品分析研究会   2012年9月5日   
水産物由来のタンパク質食品に及ぼす塩麹の添加における熟成による成分の変化
赤羽雄介、吉江由美子、大熊廣一
食品分析研究会   2012年9月5日   
水産物由来のタンパク質食品に及ぼす塩麹の添加効果
赤羽雄介、吉江由美子、大熊廣一
日本食品科学工学会第59回大会   2012年8月31日   
非平衡蒸気検出型ニオイセンサシステムの開発(1)‐トップノートの応答性能改善‐
種田けい、大熊廣一
日本食品科学工学会第59回大会   2012年8月30日   
非平衡蒸気検出型ニオイセンサシステムの開発(2)-飲料品質評価への応用-
岡村洋介、種田けい、大熊廣一
日本食品科学工学会第59回大会   2012年8月30日   
CNT 修飾電極の特性評価および前処理法の検討
岡村洋介、加藤和夫、大熊廣一
日本化学会第92春季年会   2012年3月25日   
食品の機能性や鮮度を簡単にはかる [招待有り]
大熊廣一
第1回バイオ・ナノ産学連携セミナー 食品分析ソリューションセミナー2012   2012年1月20日   
Development of Ni/MWCNT/Au composite electrode using electroplating for biosensor applications.
Y. Okamura, H. Okuma
9th International Symposium on Bioscience and Nanotechnology   2011年12月10日   
非蒸気検出型ニオイセンサシステムの基本的特性
鈴木啓史、種田けい、大熊廣一
2011年度材料技術研究協会討論会   2011年12月3日   
CNT修飾電極の基本特性の評価
岡村洋介、大熊廣一
2011年度材料技術研究協会討論会   2011年12月3日   
非平衡蒸気検出型ニオイセンサの開発-子宮頸癌への応用
種田けい、大熊廣一
食品分析研究会   2011年9月14日   
カーボンナノチューブを利用した電極の高感度化-バイオセンサへの応用
岡村洋介、大熊廣一
食品分析研究会   2011年9月14日   
簡易農薬検査キットの有効性
金谷京太郎、田澤英克、金子律子、大熊廣一
食品分析研究会   2011年9月14日   
非平衡蒸気検出型ニオイセンサの性能評価
鈴木啓史、大熊廣一
食品分析研究会   2011年9月14日   
Development of cholesterol sensor based on screen-printed electrode immobilized cholesterol oxidase from Chromobacterium sp.
Takahiro Matsuura, Douyu Hiroyuki, Hirokazu Okuma
8th International Symposium on Bioscience and Nanotechnology   2010年12月17日   
非平衡蒸気検出型ニオイセンサの開発
大熊廣一
東洋大学新技術説明会、主催;学校法人東洋大学、独立行政法人科学技術振興機構、科学技術振興機構JSTホール   2010年10月29日   
非平衡蒸気検出型ニオイセンサの開発
大熊廣一
イノベーション・ジャパン2010、主催;独立行政法人科学技術振興機構、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構、東京国際フォーラム   2010年9月29日   
スクリーン印刷電極を用いたコレステロールセンサの開発
松浦宇宏、大熊廣一
食品分析研究会   2010年9月6日   
非平衡蒸気検出型ニオイセンサの開発
深井健太、大熊廣一
食品分析研究会   2010年9月6日   
Direct electron transfer of GOD-modified AuNP carbon paste electrode
Takahiro Matsuura, Naoya Adachi, Naruhide Sato, Hirokazu Okuma
7th International Symposium on Bioscience and Nanotechnology   2009年11月20日   
抗酸化活性計測用センサの開発とアルコール飲料への応用
阿倍真由子、伊藤真理、大熊廣一
食品分析研究会   2009年9月30日   
Serratia marcescens由来カタラーゼのバイオセンサへの応用
松浦宇宏、戸部文絵、酒井美鈴、西村達也、一石明彦、岡崎 渉、大熊廣一
食品分析研究会   2009年9月30日   
昇温型ニオイ測定装置の開発
中島理紗、大熊廣一
食品分析研究会   2009年9月30日   
Development of An Amperometric Analysis Sensor Chip for Specific Detection of D-Allose
N. Miyanishi, S. Nakakita, H. Okuma, K. Izumori, J. Hirabayashi
The Fifth International Conference on Microtechnologies in Medicine and Biology   2009年4月2日   
過酸化水素耐性菌由来カタラーゼの精製とバイオセンサへの利用
松浦宇宏、酒井美鈴、戸部文絵、一石明彦、岡崎 渉、大熊廣一
日本農芸化学会2009年度大会   2009年3月29日   
食品物性変化計測用ニオイセンサの開発
大熊廣一
群馬県内大学新技術説明会、主催 群馬県、独立行政法人科学技術振興機構、科学技術振興機構JSTホール   2009年2月5日   
ミセル電解法を利用した酵素固定化法と直接電子授受
安達直矢、佐藤稔英、大熊廣一
2008年度材料技術研究協会討論会   2008年12月6日   
Direct electron transfer of flavin enzyme with colloidal-gold nano particles membrane by using ferrocene-modified cationic surfactant
Naoya Adachi, Naruhide Sato, Hirokazu Okuma
6th International Symposium on Bioscience and Nanotechnology   2008年11月7日   
食品物性変化計測用ニオイセンサの開発
大熊廣一
イノベーション・ジャパン2008、主催;独立行政法人科学技術振興機構、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構、東京国際フォーラム   2008年9月16日   
過酸化水素耐性菌由来カタラーゼの性状とバイオセンサへの応用
松浦宇宏、戸部文絵、酒井美鈴、西村達也、一石明彦、岡崎 渉、大熊廣一
食品分析研究会   2008年9月10日   
抗酸化活性計測用センサの開発と高感度化
伊藤真理、増子貞光、大熊廣一
食品分析研究会   2008年9月10日   
ミセル電解法を用いた第三世代型バイオセンサの構築
安達直矢、佐藤英稔、大熊廣一
食品分析研究会   2008年9月10日   
ミセル電解法を用いた酵素修飾電極作製法
安達直矢、佐藤稔英、大熊廣一
日本農芸化学会2008年度大会   2008年3月27日   
カタラーゼ産生微生物とその酵素
岡崎 渉、西村達也、一石昭彦、大熊廣一
日本農芸化学会2008年度大会   2008年3月27日   
抗酸化能測定システムの開発とそのディスポーザブル化
増子貞光、大熊廣一
日本農芸化学会2008年度大会   2008年3月27日   
Development of glucose dehydrogenase modified electrode based highly oriented PQQ for amperometric biosensor application
Naruhide Sato, Hirokazu Okuma
-21st Century’s Centre of Excellence Programme- 5nd International Symposium on Bioscience and Nanotechnology   2007年12月4日   
マイクロ電極間ギャップを利用した抗酸化活性の簡易計測
増子貞光、大熊廣一
2007年度材料技術研究協会討論会   2007年12月1日   
XODと金ナノ粒子の位置選択的共存固定
安達直矢、佐藤稔英、大熊廣一
2007年度材料技術研究協会討論会   2007年12月1日   
マイクロ電極間ギャップを利用した抗酸化活性の簡易計測 [招待有り]
大熊廣一
主催:群馬県立群馬産業技術センター、共催:独立行政法人科学技術振興機構、JSTイノベーションサテライト新潟   2007年11月2日   
抗酸化活性測定システムの開発とその高機能化
大熊廣一
イノベーション・ジャパン2007、主催;独立行政法人科学技術振興機構、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構、東京国際フォーラム   2007年9月12日   
スクリーン印刷電極を用いた抗酸化能測定システムの開発とその高感度化
増子貞光、大熊廣一
食品分析研究会   2007年9月4日   
ミセル電解法を用いたXOD修飾電極の作製法
安達直矢、佐藤稔英、大熊廣一
食品分析研究会   2007年9月4日   
バイオセンサの機能デザイン [招待有り]
大熊廣一
日本大学薬学部大学院博士前期課程特別講演、日本大学薬学部   2007年6月26日   
フェロセン修飾界面活性剤を用いた金ナノコロイド修飾電極の作製とバイオセンサへの応用
佐藤稔英、安達直矢、豊島脩平、大熊廣一
日本化学会第87春季年会   2007年3月25日   
GOD修飾電極の作製法とその特性
安達直矢、佐藤稔英、大熊廣一
2006年度材料技術研究協会討論会   2006年12月2日   
Relationship between diameter of colloidal-gold nano particles and glucose oxidase in direct electron transfer
Naruhide Sato, Hirokazu Okuma
-21st Century’s Centre of Excellence Programme- 4nd International Symposium on Bioscience and Nanotechnology   2006年11月7日   
ディスポーザブル型抗酸化活性測定用センサ
大熊廣一
イノベーション・ジャパン2006、主催;独立行政法人科学技術振興機構、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構、東京国際フォーラム   2006年9月13日   
直接電子授受を用いたグルコースセンサ
安達直矢、佐藤稔英、大熊廣一
食品分析研究会   2006年9月5日   
SP電極を用いた抗酸化能測定システムの電極応答と再現性について
増子貞光、大熊廣一
食品分析研究会   2006年9月5日   
スクリーン印刷電極を用いた抗酸化能測定システムの開発と基礎的検討
増子貞光、大熊廣一
日本食品科学工学会第53回大会   2006年8月29日   
DTEを用いたD-プシコースセンサの開発
宮西伸光、佐藤稔英、森本兼司、大熊廣一、徳田雅明、何森 健、平林 淳
電気化学会第73回大会   2006年4月   
カーボンナノチューブを用いた低電位動作型バイオセンサの開発
佐藤稔英、大熊廣一
日本農芸化学会2006年度大会   2006年3月   
Development of third-generation biosensor based on carbon nano-tube membrane by using ferrocene-modified cationic surfactant
Naruhide Sato, Hirokazu Okuma
21st Century’s Centre of Excellence Programme/ 3nd International Symposium on Bioscience and Nanotechnology   2005年11月   
電気化学的手法による抗酸化活性測定法の開発
増子貞光、大熊廣一
食品分析研究会大会   2005年9月   
スクリーン印刷電極を用いた抗酸化活性測定法の開発
大熊廣一
日本食品科学工学会第52回大会   2005年8月   
バイオセンサの多機能化と感性測定用センサへの応用 [招待有り]
大熊廣一
科学技術フォーラムin群馬2005、(財)群馬県産業支援機構主催、群馬県産業技術センター   2005年6月15日   
対向電極による抗酸化活性測定法の開発
狢川英一、大熊廣一
日本農芸化学会2005年度大会   2005年3月   
ディスポーザブルカテキンセンサに付与した過酸化水素発生系の検討
松岡良太、大熊廣一
2004年度材料技術研究協会討論会   2004年12月   
電極法による抗酸化活性測定法の開発
狢川英一、大熊廣一
食品分析研究会大会   2004年9月   
スクリーン印刷電極によるカテキンセンサの開発
松岡良太、大熊廣一
食品分析研究会大会   2004年9月   
魚類鮮度評価用ハイブリッドセンサの開発
安藤 豊、大熊廣一
食品分析研究会大会   2004年9月   
魚類鮮度計測用フュージョンセンサシステムの開発
安藤 豊、佐藤稔英、大熊廣一
日本食品科学工学会第51回大会   2004年9月   
生化学的発生系を利用したディスポーザブルカテキンセンサの開発
松岡良太、大熊廣一
日本食品科学工学会第51回大会   2004年9月   
食品分析用バイオセンサの動向/食品の鮮度・機能性の評価 [招待有り]
大熊廣一
日本食品工業倶楽部(食品の品質保証懇話会)、東洋経済ビル   2004年3月17日   
バイオセンサとニオイセンサのフュージョン化と鮮度計測への応用
安藤 豊、上野真規枝、山口貴弘、佐藤稔英、大熊廣一
日本農芸化学会2004年度大会   2004年3月   
抗酸化活性簡易測定法の開発
狢川英一、大熊廣一
2003年度材料技術研究協会討論会   2003年12月   
生化学的過酸化水素発生系を有するカテキンセンサの開発
松岡良太、大熊廣一
2003年度材料技術研究協会討論会   2003年12月   
積層型バイオセンサによる鮮度及び旨み計測
上野真規枝、安藤 豊、佐藤稔英、大熊廣一
2003年度材料技術研究協会討論会   2003年12月   
食品分析センサーの研究 [招待有り]
大熊廣一
第8回情報通信領域分科会、(財)群馬県産業支援機構、群馬産業技術センター   2003年11月26日   
Development of disposable biosensor system based on chemically modified screen-printed bilayer electrodes and application to estimation of fish freshness
Yutaka Ando, Hirokazu Okuma
21st Century’s Centre of Excellence Programme/ First International Symposium on Bioscience and Nanotechnology   2003年11月   
積層型バイオセンサによる魚類の鮮度測定
安藤 豊、大熊廣一
食品科学工学会第50回大会   2003年9月   
生物ものさし/バイオセンサー [招待有り]
大熊廣一
日本機械学会2003年度年次大会先端技術フォーラム:バイオテクノロジーとナノテクノロジーとの融合、徳島大学   2003年8月8日   
バイオセンサによるポリフェノール測定法の開発
松岡良太、大熊廣一
酵素法による食品分析研究会大会   2003年3月   
緑膿菌産生ピオシアニンをメディエータにしたグルコースセンサの開発
大藤邦彦、佐藤稔英、濱田奈保子、小林武志、今田千秋、大熊廣一、渡辺悦生
酵素法による食品分析研究会大会   2003年3月   
HPLCを用いた硫化水素定量法の検討
見澤三枝子、宮岡修二、大熊廣一
第37回日本水環境学会年会   2003年3月   
有機溶媒動作型オクチルフェノールセンサの開発
逸見博高、大熊廣一
2002年材料技術研究協会討論会   2002年12月   
食肉の腐敗度検知用モニタリングシステムの開発
安藤 豊、大熊廣一
2002年材料技術研究協会討論会   2002年12月   
積層型スクリーン印刷電極によるグルコースとアスコルビン酸の同時計測
佐藤稔英、大熊廣一
2002年材料技術研究協会討論会   2002年12月   
Biodegradation of nonylphenol by the organic solvent tolerant microorganisms
Takanari Honjo, Atsunori Nieda,Hirokazu Okuma, Ron Usami, Koki Horikoshi
7th Symposium on Bio-Nano Electronics (東洋大学)   2002年11月   
有機溶媒/水系での酵素リアクター型センサによる長鎖アルキルフェノールの測定
逸見博高、大熊廣一
日本化学会第82秋季年会   2002年9月   
食品分析用多機能型バイオセンサの開発(第1報)スクリーン印刷電極の三次元化
佐藤稔英、大熊廣一
食品科学工学会第49回大会   2002年8月   
電気化学検出法を用いた食肉の腐敗度測定
安藤 豊、新谷京太、佐藤稔英、大熊廣一
食品科学工学会第49回大会   2002年8月   
閉鎖性水域における夏季及び冬季底質からの栄養塩類溶出挙動
宮岡修二、辻 博和、見澤三枝子、大熊廣一
第36回日本水環境学会年会   2002年3月   
チロシナーゼ・FIAシステムを用いたアルキルフェノール類の計測
逸見博高、大熊廣一
日本農芸化学会2002年度大会   2002年3月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
食生活改善に向けた生活習慣モニタリング用高感度バイオセンサの開発
特別研究(共同研究)
研究期間: 2012年 - 2014年
子宮頸癌発生に関与する腟内変異原分子の探索と検知機器開発の基礎的検討
科学研究費 基盤研究(C)(一般)
研究期間: 2011年 - 2013年
非平衡蒸気検出型ニオイセンサの試作開発
財団法人双葉電子記念財団自然科学研究助成
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 大熊廣一
ニオイの官能評価試験を代替できるニオイセンサの開発
株式会社東洋クオリティーワン: 工業技術研究所産学連携プロジェクト
研究期間: 2011年       代表者: 大熊廣一
食品物性変化計測用ニオイセンサの開発と食品の品質判定への応用
特別研究(個人研究)
研究期間: 2010年 - 2010年    代表者: 大熊廣一

特許

 
特許2775057 : バイオリアクターシステム
大熊廣一
特許登録第2775057号
「バイオセンサ」日本国特許庁
特許登録第2775055号
特許301981 : 複数基質濃度センサ
大熊廣一
特許登録第3011981号
バイオセンサ 日本国特許庁
特許登録第2977258号
特許2956984 : バイオセンサ
特許登録第2956984号
特許2932082 : 食肉鮮度計測用バイオセンサシステム
大熊廣一
特許登録第2932082号
特許3090504 : 固定化酵素カラム用充液
大熊廣一
特許登録第3090504号
特許3100402 : 生体関連物質を利用した試料の測定方法
大熊廣一
特許登録第3100402号
特許3411671 : 過酸化物価測定用センサ
大熊廣一
特許登録第3411671
特願2005-366516 : 食品の抗酸化活性測定方法と、食品の抗酸化活性測定システム
大熊廣一、佐藤稔英
特許5177564 : ニオイ分析装置
大熊廣一
特許5089035 : CNT薄膜の製造方法およびこの薄膜を用いたバイオセンサ
大熊廣一、佐藤稔英
特許2562632 : 食肉鮮度の測定装置
大熊 廣一

社会貢献活動

 
平成29年度第76回川口市消費生活セミナー「食品表示から『食の安全・安心』を考える」
【講師】  川口市経済部産業労働政策課  2017年7月26日
食品表示から食の安全・安心を考える
【講師】  川越市立福原中学校 学校保健委員会  2015年11月9日
日立市消費生活サポーター養成講座第2回「食品表示から食の安全・安心を考える」
【講師】  日立市女性青少年課 消費生活センター、日立シビックセンター  2015年10月21日
春日学園家庭教育学級「子育て世代の親が知っておきたい食の安全について考える」
【講師】  つくば市市民部文化振興課生涯学習推進係、春日学園多目的室   2015年10月20日
食品表示から読み取る食の安全
【講師】  第2回東洋大学文化講演会in姫路  2011年10月14日
食の安全・安心とは-食品表示から食環境を考える-
【講師】  東洋大学白山キャンパス学術講演会、東洋大学生涯学習センター、東洋大学白山校舎  2010年10月9日
食品は安全か-食品表示と鮮度- 
【講師】  「第20回日高ライブラリーカレッジ」 主催 日高市、国立女性教育会館(埼玉)  2009年9月19日
食の安全を見守るK値センサを含めた食品用バイオセンサ
【講師】  神奈川県研究人材活性化対策事業「研究推進支援研修」神奈川県水産技術センター  2007年9月20日
食品は安全か-食品表示と鮮度-
【講師】  東洋大学学術講演会、東洋大学板倉校舎  2006年6月10日
食品分析用バイオセンサの動向/食品の鮮度・機能性の評価
【講師】  第4回「産官学交流出会いの場」~連携から連帯が~ 群馬県産業技術センター・館林商工会議所・群馬県生産技術研究会主催、館林商工会議所  2005年1月27日
生活の中の応用科学:人工の感覚器/バイオセンサー/食品の鮮度をはかる
【講師】  東洋大学大学院工学研究科・サテライト講座応用化学特別講座、埼玉県川越地方庁舎  2003年6月21日
食品表示と鮮度
【講師】  平成14年度館林市消費生活事業講演会、館林市文化会館  2002年12月5日
食品は安全か
【講師】  平成13年度東洋大学市民大学講座、(埼玉県:学び輝く彩の国県民運動協力事業)、東洋大学川越キャンパス  2001年11月24日
食品工業におけるバイオセンサの利用
【講師】  第3回むさしのサイエンス&テクノロジーフォーラム、埼玉県川越福祉センター  2001年2月26日
食の環境~遺伝子組み換え食品・クローン牛~
【講師】  常盤台小学校PTA講演会、板橋区立常盤台小学校  2000年1月29日
環境ホルモンと健康について
【講師】  宮古市社会経験者大学、岩手県宮古市中央公民館  1999年11月13日
環境ホルモンと健康
【講師】  下石神井小学校PTA講演会、練馬区下石神井小学校  1999年10月30日
現代食生活と自然環境~遺伝子組み換え食品・環境ホルモン~
【講師】  岩見沢市民大学(岩見沢市教育委員会)、岩見沢コミュニティプラザ  1999年8月4日