山崎 朝子

J-GLOBALへ         更新日: 15/02/04 20:53
 
アバター
研究者氏名
山崎 朝子
 
ヤマザキ アサコ
学位
修士(教育学) (Doctor of Education)(テンプル大学), 博士(教育学) (Doctor of Education)(テンプル大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
東京都市大学 環境情報学部 環境情報学科 東京都市大学 環境情報学部 環境情報学科 教授
 
1969年
 - 
1970年
 私立三輪田学園高等学校 教諭
 
1970年
 - 
1985年
 都立城南高等学校 教諭
 
1985年
 - 
1991年
 都立芝商業高等学校 教諭
 
1991年
 - 
1997年
 都立三田高等学校 教諭
 

学歴

 
 
 - 
1996年
テンプル大学大学院 (Temple University Japan) 英語教育 応用言語学,英語教育学
 
 
 - 
1964年
東京教育大学 文学部 英語学英米文学
 

委員歴

 
1979年
   
 
- 大塚英語教育研究会委員(2001より、幹事)
 
1981年
 - 
2005年
文部省検定教科書編集委員
 
1983年
   
 
- TESOL会員
 
1996年
   
 
- JACET会員(研究企画委員)
 
1996年
 - 
2005年
JALT会員(2002-2005 広報委員)
 

受賞

 
2005年
教育業績評価表彰
 

Misc

 
英語科教職課程の現状と課題
山崎朝子
武蔵工業大学環境情報学部紀要   2006(No.7) 0
103-112
学習者論―学習者の個人差と第二言語学習―
山崎朝子
武蔵工業大学環境情報学部紀要   2005(Vol.6) 0
90-96
Vocabulary Acquisition through Extensive Reading
山崎朝子
JACET Summer Seminar Proceedings: Facilitating Vocabulary Acquisition   2005(No.4) 0
40-50
Training Prospective Secondary School English Teachers in Japan
神保尚武, 久村 研, 広野威志, 石田雅近, 山崎朝子, 酒井志延, 河内山晶子
2005(p.1~p.7) 
The Relationship between Vocabulary Knowledge and Reading Comprehension Skills Used on Reading Tests
K. Aizawa, A. Yamazaki, T. Fujii, A. Iino
ARELE (Annual Review of English Language Education in Japan)   2009(20) 0
111-120

書籍等出版物

 
新英語科教育の基礎と実践-- 授業力のさらなる向上を目指して--
武蔵工業大学 教育年報   2006年   
新英語科教育の基礎と実践 授業力のさらなる向上を目指して
三修社   2005年   
言語学習と学習ストラテジー ~自律学習に向けた応用言語学からのアプローチ~
大学英語教育学会   2005年   
わかりやすい英語教育法 小中高での実践的指導
三修社   2009年   
「チャレンジ英和辞典」
福武書店   1990年   

講演・口頭発表等

 
Vocabulary Mythsの書評
2006年第1回JACET学習ストラテジー研究会   2006年   
英語科教育実習の実態と今後の教職課程の課題
第44回JACET全国大会   2005年   
Vocabulary Learning through Extensive Reading
JACEt語彙研究会   2010年   
大学生の英語基礎学力と教材ーー賛助会員へのアンケート調査からーー
第48回大学英語教育学会全国大会   2009年   
語彙学習ストラテジーについて
JACET英語語彙研究会第12回   2009年   

Works

 
科学研究費補助金-英語の語彙知識に基づくリーディングのCan-do Listの構築
2007年 - 2009年
平成18-19年度科学研究費補助金-英語力を高めるための多読授業の推進
2006年 - 2007年
科学研究費補助金-英語科教職課程における英語教授力の要請に関する実証的研究
2004年 - 2006年

競争的資金等の研究課題

 
語彙習得に関する研究
研究期間: 1986年   
第二言語習得における語彙習得に関して研究を行う。特に、多読を通しての語彙習得に焦点をあてる。語彙サイズ、語彙の深さ、語彙の流暢さの向上の調査を行う。
多読に関する研究
研究期間: 1986年   
教職課程における教員養成
研究期間: 1988年   
言語学習ストラテジーに関する研究
研究期間: 2001年