吉澤 秀二

J-GLOBALへ         更新日: 15/09/24 02:47
 
アバター
研究者氏名
吉澤 秀二
 
ヨシザワ シュウジ
URL
http://www.hino.meisei-u.ac.jp/es/yoshizaw
所属
明星大学
部署
理工学部 総合理工学科 環境・生態学系
職名
教授
学位
理学博士(東京理科大学), 理学修士(東京理科大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1997年
 - 
2005年
明星大学 理工学部 化学科 助教授
 
2005年
 - 
2010年
明星大学 理工学部 環境システム学科 教授
 
2010年
   
 
- 明星大学 理工学部 総合理工学科(環境・生態学系) 教授
 

学歴

 
 
 - 
1978年
東京理科大学 理学研究科 化学
 
 
 - 
1973年
東京理科大学 理学部 応用化学
 

委員歴

 
 
   
 
Mater. Res. Soc. Jpn. 学術シンポジウムNセッション「生物系資源の最近の進歩」 チェアー
 
 
   
 
Trans. Mater. Res. Soc. Jpn., Session N Editor
 
 
   
 
エコマテリアル研究会 副理事長
 
 
   
 
エコマテリアル研究会(第63回-第65回) 副理事長、企画・運営
 
 
   
 
八王子市堀之内里山保全指定検討会 委員
 

受賞

 
1994年
日本鉱業協会新素材部会賞
 

講演・口頭発表等

 
Addition effect of charcoal on rice bran composting under aerobic condition,
23rd Sympo. Mater. Res. Soc. Jpn Yokohama, Japan   2013年   
食品廃棄物用の低価格堆肥化システム
神奈川県ものづくり技術交流会 神奈川県産業技術センター   2013年   
Biochar and Compostization:Maximization of Carbon Sequestration with Mitigating GHG Emission in Farmland
Inter. Workshop on Innovation in Biomass Resources Use: Biomass to Biochar Hanoi, Vietnam   2013年   
バイオ炭施用圃場における炭素貯留と土壌分析―北総地区でのクールベジタブル圃場―
第14回エコカーボン研究会 福島県 福島大学   2013年   
炭素化物を用いた塩分の吸着除去法
第14囘エコカーボン研究会 福島県 福島大学   2013年   

Works

 
杉並区政施行70周年 杉並区高井戸地域センター 炭化物ボード
芸術活動   2002年11月
EFAFF2002第3回農林水産環境展 日本コンベンションセンター 炭化物ボード
芸術活動   2002年11月 - 2002年11月
第4回西部ビジネスフェア 昭和の森・メッセ昭島 炭化物ボード、磁気分離装置
芸術活動   2003年5月
8th IUMRS Inter. Conf. Advan. Mater. パシフィコ横浜 炭化物ボード
芸術活動   2003年10月 - 2003年10月
セミコン・ジャパン2003 幕張メッセ ツーフロー型MOCVD装置
芸術活動   2003年12月

競争的資金等の研究課題

 
金属線複合化による電流リード用Bi-2223焼結体の超伝導特性と機械特性の向上
研究期間: 2003年 - 2006年
アジアにおける環境保全技術とバイオマスの有効利用・アジアにおける環境問題の社会的背景と環境政策、アジア環境センター
研究期間: 2004年 - 2008年
文部科学省オープン・リサーチ・センター整備事業「アジア環境研究センター」
研究期間: 2004年   
木質系廃棄物のリサイクル促進のための炭の用途開発・製品開発
研究期間: 2006年 - 2007年
水と緑の森林基金
研究期間: 2006年 - 2007年

特許

 
酸化物超電導バルク体の製造方法および酸化物超電導バルク体
特許第5118941
酸化物超電導バルク体の製造方法および酸化物超電導バルク体
特許第5297148
CVD反応炉
特願2004-92193
CVD用原料溶液およびこれを用いた薄膜の製造方法
特願(MSC004)
ランタニド系金属含有薄膜製造に用いるCVD用原料溶液及びこれを用いた薄膜の製造方法
特願2004-244014