小野 尚之

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/05 03:19
 
アバター
研究者氏名
小野 尚之
 
オノ ナオユキ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/3c2f868afd68e36464a1cd1d643cc952.html
所属
東北大学
部署
大学院国際文化研究科 国際文化研究専攻 言語科学研究講座
職名
教授
学位
博士(文学)(神戸大学), 文学修士(京都外国語大学)

研究分野

 
 

Misc

 
日本語連体修飾への語彙意味論的アプローチ
小野尚之
由本陽子・岸本秀樹編『語彙の意味と文法』くろしお出版   253-272   2009年
Gradability and Two Types of Resultative Predicates.
Naoyuki Ono
The Linguistic Society of Korea (ed.) The Perspectives of Linguistics in the 21st Century. HANKOOKMUNHWASA   259-271   2008年
Eventiveness in Agenrive Nominals.
Naoyuki Ono
Fourth International Workshop on Generative Approaches to the Lexicon. CD-ROM      2007年
くびき語法と多義の解釈
小野尚之
英語青年   153(8) 502-504   2007年
語彙オントロジー構築に向けたクオリアの整備―派生語関係を中心に
小野尚之
『信学技報』   106(518) 1-6   2007年

書籍等出版物

 
生成語彙意味論
くろしお出版   2005年   
結果構文研究の新視点
ひつじ書房   2007年   
結果構文のタイポロジー
ひつじ書房   2009年   ISBN:978-4-89476-469-9
Typological Studies of Languages in Thailand and Japan
ひつじ書房   2012年   ISBN:978-4-89476-607-5
語彙意味論の新たな可能性を探って
開拓社   2015年   

講演・口頭発表等

 
Qualia and Adnominal Clauses in Japanese
Third Internation Workshop on Generative Approaches to the Lexicon   2005年   
生成語彙理論による動詞意味へのアプローチ
上智大学国際言語情報研究所   2003年   
On the Event Structure of Indirect Passives in Japanese
17th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation   2003年   
日本語受動文の事象構造分析
電子情報通信学会   2003年   
An Event Structure Analysis of Japanese Passives
Second International Workshop on Generative Approaches to the Lexicon   2003年   

Works

 
E. van Zee and U. Nikkane (eds.) Cognitive Interfaces: Contraints on Linking Cognitive Information
2002年
Between Grammar and Lexicon (R. Jackendoff, The Architecture of Langauge Faculty)
2001年
A. Alsina, J. Bresnan, P. Sells (eds.) Complex Predicates
1998年
J. Pustejovsky ed. Semantics and the Lexicon
1995年

競争的資金等の研究課題

 
生成語彙意味論に基づく語彙情報と事象構造の融合的研究
科学研究費補助金
研究期間: 2008年 - 2012年
認知類型論による日英語の事象構造の研究
科学研究費補助金
研究期間: 2004年 - 2007年