野口 聡

J-GLOBALへ         更新日: 17/02/10 23:41
 
アバター
研究者氏名
野口 聡
 
ノグチ ソウ
URL
http://hbd.ist.hokudai.ac.jp/
所属
北海道大学
部署
大学院情報科学研究科 システム情報科学専攻 システム融合情報学講座
職名
准教授
学位
博士(工学)(早稲田大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2004年4月
 - 
現在
北海道大学 准教授
 
2012年2月
 - 
2012年12月
マサチューセッツ工科大学 客員研究員
 
1999年4月
 - 
2004年3月
広島大学 助手
 
1998年5月
 - 
1999年3月
マサチューセッツ工科大学 客員研究員
 

学歴

 
1996年4月
 - 
1999年3月
早稲田大学 大学院理工学研究科 電気工学専攻
 

委員歴

 
2005年
 - 
2006年
電気学会  調査専門委員会 幹事
 
2007年
 - 
2008年
電気学会  調査専門委員会委員
 
2007年
 - 
2008年
電気学会  北海道支部 会計幹事
 
2009年
   
 
電気学会  調査専門委員会委員
 
2010年
   
 
電気学会  北海道支部 代議員
 

受賞

 
2005年
優秀論文発表賞
 

論文

 
John Voccio, Seungyong Hahn, Youngjae Kim, Jungbin Song, Kazuhiro Kajikawa, Kazuhiro Kajikawa, So Noguchi, So Noguchi, Juan Bascunan, Yukikazu Iwasa
IEEE Transactions on Applied Superconductivity   25(3) 4301005,1-5   2015年6月   [査読有り]
© 2002-2011 IEEE. We present results of full-current testing at 4.2 K of a z-axis 0.866-T solenoid and an x-axis 1.225-T dipole coil that comprise a 1.5-T/75-mm room temperature bore magic-angle-spinning nuclear magnetic resonance magnet developed...
So Noguchi
IEEE Transactions on Applied Superconductivity   25(3) 4300405,1-5   2015年6月   [査読有り]
© 2014 IEEE. Magnets creating highly homogeneous and high magnetic field have been used in MRI, NMR, accelerator, and so on. Coils have various shapes, such as solenoid, dipole, D-shape, toroid. When employing a high-field superconducting magnet, ...
Tao Wang, So Noguchi, Xudong Wang, Issei Arakawa, Katsuhiko Minami, Katsutoshi Monma, Atsushi Ishiyama, Seungyong Hahn, Yukikazu Iwasa
IEEE Transactions on Applied Superconductivity   25(3) 4303409,1-9   2015年6月   [査読有り]
© 2002-2011 IEEE. Stability margin of a high-temperature superconducting (HTS) coil is two or three orders of magnitude greater than that of a low-temperature superconducting coil. In recent years, many papers have reported test results of turn-to...
Xudong Wang, Xudong Wang, Tao Wang, Erika Nakada, Atsushi Ishiyama, Ryusei Itoh, So Noguchi
IEEE Transactions on Applied Superconductivity   25(3) 4601805,1-5   2015年6月   [査読有り]
© 2002-2011 IEEE. This paper presents analytical studies on the charging characteristics of a no-insulation (NI) REBCO pancake coil. A partial element equivalent circuit (PEEC) model has been developed to evaluate the local current paths in NI REB...
Naoya Terauchi, So Noguchi, Hajime Igarashi
IEEE Transactions on Magnetics   51(3) 7202804,1-4   2015年3月   [査読有り]
© 2015 IEEE. High-temperature superconducting quantum interference devices (HTS SQUIDs) have been developed as an extremely sensitive magnetic sensor. The HTS SQUIDs are required to have high robustness with respect to the magnetic noise for stabl...
So Noguchi, Shinya Matsutomo
IEEE Transactions on Magnetics   51(3) 7202904,1-4   2015年3月   [査読有り]
© 2015 IEEE. In this paper, we propose an economically efficient optimal design method of different-size interior permanent magnet (IPM) motors to maximize their efficiency. Since the homothetic shape is used, the optimization design is, at once, ...
Yoshihiko Sugihara, Toshifumi Honda, Yuta Urano, Masahiro Watanabe, Masahiro Watanabe, So Noguchi, Hajime Igarashi
Electronics and Communications in Japan   98 36-43   2015年1月
© 2015 Wiley Periodicals, Inc. Usually, wafer inspection is a two-step process. The first step, which is very important, consists of detection of defects on the wafer. The second step classification of the detected defects, which is done after def...
Overturning Force Simulation on Normal-State Transition of Toroidal HTS-SMES Taking Into Account an Electromagnetic and Thermal Condition
So Noguchi, Ryusei Itoh, Yuki Oga, Hajime Igarashi
IEEE Transactions on Applied Superconductivity   24(3) 5700304,1-4   2014年6月   [査読有り]
Numerical Simulation of Superconducting Coil Wound With No-Insulation NbTi Wire
So Noguchi, Ryusei Itoh, Seungyong Hahn, Yukikazu Iwasa
IEEE Transactions on Applied Superconductivity   24(3) 4900504,1-4   2014年6月   [査読有り]
Measurement and Simulation of Magnetic Field Generated by Screening Currents in HTS Coil
Hiroshi Ueda, Mitsuhiro Fukuda Kichiji Hatanaka, Kenta Michitsuji, Hiraku Karino, Tao Wang, Xudong Wang, Atsushi Ishiyama, So Noguchi, Yoshinori Yanagisawa, Hideaki Maeda
IEEE Transactions on Applied Superconductivity   24(3) 4701505,1-5   2014年6月   [査読有り]
Passive Shimming for Magic-Angle-Spinning NMR
So Noguchi, Seungyong Hahn, Yukikazu Iwasa
IEEE Transactions on Applied Superconductivity   24(3) 4400904,1-4   2014年6月   [査読有り]
NOGUCHI So, NOBUYAMA Fumiaki, IGARASHI Hajime
IEEE Trans Magn   50(2) 701104,1-4   2014年2月   [査読有り]
NOGUCHI So, KIM SeokBeom, HAHN Seungyong, IWASA Yukikazu
IEEE Trans Magn   50(2) 7014904,1-4   2014年2月   [査読有り]
NOGUCHI So, MIYAMOTO Tomoyuki, MATSUTOMO Shinya
IEEE Trans Magn   50(2) 7016004,1-4   2014年2月   [査読有り]
UEDA Hiroshi, FUKUDA Mitsuhiro, HATANAKA Kichiji, WANG Tao, WANG Xudong, ISHIYAMA Atsushi, NOGUCHI So, NAGAYA Shigeo, KASHIMA Naoji, MIYAHARA Nobuyuki
IEEE Trans Appl Supercond   23(3,Pt.2) 4100205,1-5   2013年6月
ITOH Ryusei, OGA Yuki, NOGUCHI So, IGARASHI Hajime
IEEE Trans Appl Supercond   23(3,Pt.2) 4600905,1-5   2013年6月
UEDA Hiroshi, FUKUDA Mitsuhiro, HATANAKA Kichiji, WANG Tao, ISHIYAMA Atsushi, NOGUCHI So
IEEE Trans Appl Supercond   23(3,Pt.2) 4100805,1-5   2013年6月
OGA Yuki, NOGUCHI So, TSUDA Makoto
IEEE Trans Appl Supercond   23(3,Pt.2) 5700204,1-4   2013年6月
OGA Yuki, NOGUCHI So, IGARASHI Hajime
IEEE Trans Appl Supercond   23(3,Pt.2) 4700505,1-5   2013年6月
Noguchi So, Takada Atsushi, Nobuyama Fumiaki, Miwa Masahiko, Igarashi Hajime
IEEE Transactions On Magnetics   49(5) 1705-1708   2013年5月
A common mesh smoothing method strives to improve the shape quality of all elements. Generally a mesh consisting of only well-shaped elements is desired in finite element analysis. Although a perfect-shaped element yields short computation time, e...
NOBUYAMA Fumiaki, NOGUCHI So, IGARASHI Hajime
IEEE Trans Magn   49(5) 1677-1680   2013年5月
MATSUTOMO Shinya, MITSUFUJI Kenta, HIASA Yuta, NOGUCHI So
IEEE Trans Magn   49(5) 1665-1668   2013年5月
Ryusei Itoh, Yuki Oga, So Noguchi, Hajime Igarashi
IEEE Transactions on Applied Superconductivity   23    2013年2月
It was reported that a magnetic field perpendicular to a high temperature superconducting (HTS) tape induced a screening current in the HTS tape of an HTS magnet, and a central magnetic field decreased due to the screening current after the HTS ma...
Hiroshi Ueda, Mitsuhiro Fukuda, Kichiji Hatanaka, Tao Wang, Atsushi Ishiyama, So Noguchi
IEEE Transactions on Applied Superconductivity   23    2013年2月
We intend to develop and obtain a compact, high-efficiency and high-performance cyclotron using the high-temperature superconducting (HTS) magnet technology. In cyclotron applications, a high-accuracy magnetic field distribution with an isochronou...
Hiroshi Ueda, Mitsuhiro Fukuda, Kichiji Hatanaka, Tao Wang, Xudong Wang, Atsushi Ishiyama, So Noguchi, Shigeo Nagaya, Naoji Kashima, Nobuyuki Miyahara
IEEE Transactions on Applied Superconductivity   23    2013年1月
In recent years, the quality of high-temperature superconducting (HTS) tapes has been improving rapidly, becoming available in sufficient quantity and length, and can be applied to devices for power systems and industrial applications. Therefore, ...
Yuki Oga, So Noguchi, Makoto Tsuda
IEEE Transactions on Applied Superconductivity   23    2013年1月
This paper describes a comparison of an optimal configuration of SMES magnets wound with MgB2 or YBCO conductors. For YBCO SMES, it is well known that a toroidal magnet is an ideal structure from the view point of the influence of the perpendicula...
Yuki Oga, So Noguchi, Hajime Igarashi
IEEE Transactions on Applied Superconductivity   23    2013年1月
We previously investigated the stability of toroidal HTS-SMES magnets by simulation. The simulation took an electric circuit and a magnetic field phenomenon into account. However, a thermal condition is an important factor in investigating the beh...
Itoh Ryusei, Oga Yuki, Noguchi So, Igarashi Hajime, Ueda Hiroshi
Physica C : Superconductivity and its Applications   484 300-304   2013年1月
In recent years, properties of high temperature superconducting (HTS) tapes, especially in-field performance and mechanical strength, have been continuously improved. The HTS tapes have been widely used for high field (>20 T) magnet researches and...
宮本知幸, 野口聡
日本シミュレーション学会論文誌(Web)   5(1) 1-9 (J-STAGE)   2013年
宮本知幸, 野口聡
日本シミュレーション学会論文誌(Web)   5(4) 59-66 (J-STAGE)   2013年
杉原 慶彦, 本田 敏文, 浦野 雄太, 渡辺 正浩, 野口 聡, 五十嵐 一
電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌)   133(11) 2118-2124   2013年
Usually, there are two processes in wafer inspection. One is detection of defects on a wafer, which is very important. The other is classification of the detected defects, which is done after defect detection as necessary. Recently, it has been ne...
MIYAMOTO Tomoyuki, MATSUTOMO Shinya, TERAUCHI Naoya, NOGUCHI So, IGARASHI Hajime
Int J Appl Electromagn Mech   43(1/2) 3-11   2013年
Yuki Oga, So Noguchi, Hajime Igarashi
IEEE Transactions on Applied Superconductivity   22    2012年6月
Recently, many HTS-SMES systems have been designed and investigated in many countries. They usually consist of some superconducting element coils owing to effectively storing excessively high energy. If one of the superconducting element coils tra...
OGA Yuki, NOGUCHI So, IGARASHI Hajime
IEEE Trans Appl Supercond   22(3) 4701604,1-4   2012年6月
OGA Yuki, NOGUCHI So, IGARASHI Hajime
IEEE Trans Appl Supercond   22(3) 4701904,1-4   2012年6月
Oga Yuki, Noguchi So, Igarashi Hajime
IEEE Transactions on Applied Superconductivity   22(3)    2012年6月
In recent years, many toroidal HTS-SMES consisting of some superconducting element coils have been investigated and designed. In stable operation, the electromagnetic force applying to the superconducting element coils maintains balance because of...
MATSUTOMO Shinya, MIYAUCHI Takenori, NOGUCHI So, YAMASHITA Hideo
IEEE Trans Magn   48(2) 531-534   2012年2月
NOGUCHI So, KIM SeokBeom
IEEE Trans Magn   48(2) 523-526   2012年2月
TERAUCHI Naoya, NOGUCHI So, IGARASHI Hajime, HATSUKADE Yoshimi, TANAKA Saburo
IEEE Trans Magn   48(2) 571-574   2012年2月
MATSUTOMO Shinya, NOGUCHI So, YAMASHITA Hideo
IEEE Trans Magn   48(2) 527-530   2012年2月
野口 聡
IEEE Transactions on Magnetics   48(2) 519-522   2012年2月   [査読有り]
Tomoyuki Miyamoto,So Noguchi,Shinya Matsutomo
AsiaSim 2012 - Asia Simulation Conference 2012, Shanghai, China, October 27-30, 2012. Proceedings, Part I   472-479   2012年   [査読有り]
Magnetic shielding simulation of superconducting film magnetic shield covering coupled HTS dc-SQUID magnetometer
野口 聡
Physics Procedia   36 138-143   2012年   [査読有り]
N. Terauchi, S. Noguchi, H. Igarashi
Physica C: Superconductivity and its Applications   471 1253-1257   2011年11月
An HTS SQUID is a high sensitive magnetic sensor. In recent years, the HTS SQUID is widely used in various applications. In some applications, high robustness with respect to magnetic noise is required to realize stable operation at outside of a m...
NOGUCHI So, KIM SeokBeom
IEEE Trans Magn   47(10) 3947-3950   2011年10月
Noguchi So, Kim SeokBeom
IEEE Transactions on Applied Superconductivity   21(3) 2068-2071   2011年6月
Magnetic chromatography is a very useful system for ion and/or fine magnetic particle separation due to strong magnetic field gradients in a very small flow channel. We have developed the magnetic chromatography system to separate the ions and fin...
NOGUCHI So, KIM Seok Beom
Mater Sci Forum   670 3-10   2011年
Quench simulation of SMES consisting of some superconducting coils
Physica C: Superconductivity   471(21) 1399-1403   2011年
Magnetic shield effect simulation of superconducting film shield covering directly copuled HTS dc-SQUID magnetometer
Physica C: Superconductivity   471(21) 1253-1257   2011年

Misc

 
寺内直也, 野口聡, 五十嵐一
電気学会静止器研究会資料   SA-15(33-55) 19-24   2015年3月
戸坂泰造, 宮崎寛史, 岩井貞憲, 大谷安見, 高橋政彦, 田崎賢司, 野村俊自, 来栖努, 石山敦士, 植田浩史, 野口聡, 浦山慎一, 福山秀直
低温工学・超電導学会講演概要集   90th 192   2014年11月
南克彦, 中田恵理香, 荒川一誠, 池田愛花, 大木隆広, WANG Tao, 石山敦士, 野口聡, 門馬克敏, HAHN Seungyong, 岩佐幸和, WANG Xudong
低温工学・超電導学会講演概要集   90th 12   2014年11月
池田愛花, 大木隆広, 荒川一誠, 中田恵理香, 南克彦, WANG Tao, 石山敦士, 伊藤龍成, 野口聡, 渡部智則, 長屋重夫
低温工学・超電導学会講演概要集   90th 10   2014年11月
植田浩史, 石山敦士, 野口聡, 戸坂泰造, 宮崎寛史, 野村俊自, 来栖努, 浦山慎一, 福山秀直
低温工学・超電導学会講演概要集   90th 194   2014年11月
荒川一誠, 池田愛花, 大木隆広, 中田恵理香, 南克彦, WANG Tao, 石山敦士, WANG Xudong, 野口聡, 渡部智則, 長屋重夫
低温工学・超電導学会講演概要集   90th 148   2014年11月
中田恵理香, 池田愛花, 大木隆広, 荒川一誠, 南克彦, WANG Tao, 石山敦士, WANG Xudong, 野口聡
低温工学・超電導学会講演概要集   90th 149   2014年11月
宮崎寛史, 岩井貞憲, 大谷安見, 高橋政彦, 戸坂泰造, 田崎賢司, 野村俊自, 来栖努, 石山敦士, 植田浩史, 野口聡, 浦山慎一, 福山秀直
低温工学・超電導学会講演概要集   90th 193   2014年11月
大木隆広, 池田愛花, 荒川一誠, 中田恵理香, 南克彦, WANG Tao, 石山敦士, 野口聡, WANG Xudong, 渡部智則, 長屋重夫
低温工学・超電導学会講演概要集   90th 11   2014年11月
門馬克敏, 野口聡, 五十嵐一
電気・情報関係学会北海道支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.9   2014年10月
中谷健吾, 野口聡, 五十嵐一
電気・情報関係学会北海道支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.10   2014年10月
寺内直也, 野口聡, 五十嵐一
電気・情報関係学会北海道支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.11   2014年10月
直江宅杜, 野口聡, 五十嵐一
電気・情報関係学会北海道支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.8   2014年10月
石山敦士, 野口聡, 植田浩史, 戸坂泰造, 宮崎寛史, 野村俊自, 来栖努
電気学会超電導機器研究会資料   ASC-14(15-24) 39-44   2014年9月
大木隆広, 池田愛花, 荒川一誠, 南克彦, 中田恵理香, WANG Tao, 石山敦士, WANG Xudong, 野口聡, HAHN Seungyong, 岩佐幸和
電気学会超電導機器研究会資料   ASC-14(15-24) 45-49   2014年9月
太田智浩, 井門康司, 野口聡, 竹村研治郎
電気学会産業応用部門大会(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.3-S5-6   2014年
福田光宏, 植田浩史, 畑中吉治, 依田哲彦, 石山敦士, WANG Xudong, 長屋重夫, 渡辺智則, 野口聡, 横田渉, 倉島俊, 宮脇信正
日本加速器学会年会(Web)   11th WEB ONLY SUOL05   2014年
野口 聡
電気学会誌   132(2) 106-106   2012年
本記事に「抄録」はありません。
宮内武紀, 松友真哉, 野口聡, 山下英生
電気学会静止器研究会資料   SA-11(63-80) 53-57   2011年8月
本岡 雄一郎, 野口 聡, 五十嵐 一
電気学会研究会資料. RM, 回転機研究会   2010(1) 13-17   2010年1月
稲葉 共昭, 野口 聡, 五十嵐 一
電気学会研究会資料. RM, 回転機研究会   2010(1) 19-23   2010年1月
原田直幸, 伊藤俊, 内藤裕志, 植田清隆, 津田理, 濱島高太郎, 古瀬充穂, 淵野修一郎, 野口聡
低温工学・超電導学会講演概要集   81st 101   2009年11月
片岡 克仁, 岩本 竜一, 金 錫範, 村瀬 暁, 野口 聡, 岡田 秀彦
低温工学・超電導学会講演概要集 = Meetings of Cryogenics and Superconductivity   80(1) 1-6   2009年5月
本岡 雄一郎, 野口 聡, 五十嵐 一
電気学会研究会資料. SA, 静止器研究会   2008(49) 13-17   2008年9月
平畠 将士, 野口 聡, 五十嵐 一
電気学会研究会資料. MAG, マグネティックス研究会   2008(13) 7-12   2008年1月
松友 真哉, 野口 聡, 山下 英生
電気学会研究会資料. SA, 静止器研究会   2007(70) 1-5   2007年9月
藤森 寛朝, 野口 聡, 五十嵐 一, 山下 英生
電気学会研究会資料. SA, 静止器研究会   2007(1) 13-18   2007年1月
野口聡, 五十嵐一, 石山敦士, 柳長門, 今川信作
低温工学・超電導学会講演概要集   75th 248   2006年11月
平畠 将士, 野口 聡, 五十嵐 一
電気学会研究会資料. SA, 静止器研究会   2006(58) 7-12   2006年8月
米谷晴之, 山崎克巳, 山田隆, 中野正嗣, 石原好之, 大神光司, 大立泰治, 大戸基道, 大場彰人, 岡田幸弘, 開道力, 葛西功, 河瀬順洋, 久保田史郎, 堺和人, 沢孝一郎, 下村徹, 城野政博, 高倉正実, 高橋則雄, 筒井宏次, 百目鬼英雄, 野口聡, 野村達衛, 藤岡琢志, 真下明秀, 宮田健治, 宮田浩二, 村松和弘, 森安正司, 山際昭雄, 米田弘, 池田文昭, 平田勝弘, 溝上良一, 大河内利典, 河治学, 佐々木豊成, 杉田貴紀, 田頭康範
電気学会技術報告   (1044) 79P   2006年2月
宮本 知幸, 金田 和文, 野口 聡, 山下 英生
電気学会研究会資料. SA, 静止器研究会   2006(1) 33-37   2006年1月
亀有昭久, 五十嵐一, 若尾真治, 野口聡, 池田文昭, 石橋一久, 榎園正人, 遠藤久, 大場彰人, 金井靖, 金山寛, 神谷淳, 河本正, 久保武春, 結石友宏, 島崎真昭, かん浩司, 坪井始, 徳増正, 徳良晋, 西口磯春, 羽野光夫, 房安浩嗣, 藤原耕二, 本間利久, 松田哲也, 松原克夫, 村松和弘, 宮田健治, 森田克明, 山下英生, 黄こう宇, 松尾哲司, 美船健, 山田隆, 岩下武史, 島田茂樹, 大神光司, 浜田昌司, 瀬島紀夫
電気学会技術報告   (1043) 120P   2006年1月
川和田伸樹, 野口聡, 五十嵐一, 石山敦士, 柳長門, 今川信作
低温工学・超電導学会講演概要集   73rd 33   2005年11月
柳川友洋, 金田和文, 野口聡, 津田理, 柳長門, 三戸利行
低温工学・超電導学会講演概要集   73rd 223   2005年11月
松友 真哉, 宮本 知幸, 野口 聡, 山下 英生, 金田 和文
電気学会研究会資料. SA, 静止器研究会   2005(1) 13-18   2005年1月
中條 孝昭, 吉開 孝裕, 金田 和文, 野口 聡, 山下 英生
電気学会研究会資料. RM, 回転機研究会   2004(68) 7-12   2004年7月
松友 真哉, 野口 聡, 山下 英生
電気学会研究会資料. RM, 回転機研究会   2004(68) 17-22   2004年7月
前田 利博, 山下 晃司, 野口 聡, 山下 英生
電気学会研究会資料. SA, 静止器研究会   2004(14) 57-62   2004年1月
前田 利博, 山下 晃司, 野口 聡, 山下 英生
電気学会研究会資料. RM, 回転機研究会   2004(14) 57-62   2004年1月
若尾 真治, 藤原 耕二, 野口 聡, 松尾 哲司, 亀有 昭久
電気学会研究会資料. SA, 静止器研究会   2004(1) 1-6   2004年1月
若尾 真治, 藤原 耕二, 野口 聡, 松尾 哲司, 亀有 昭久
電気学会研究会資料. RM, 回転機研究会   2004(1) 1-6   2004年1月
松友 真哉, 野口 聡, 山下 英生
電気学会研究会資料. SA, 静止器研究会   2004(1) 19-24   2004年1月
松友 真哉, 野口 総, 山下 英生
電気学会研究会資料. RM, 回転機研究会   2004(1) 19-24   2004年1月
石山 敦士, 野口 聡, 秋田 調, 高祖 聖一, 辰田 昌功
電気学会研究会資料. ASC, 超電導応用電力機器   2004(1) 31-35   2004年1月
Shinya Matsutomo, So Noguchi, Hideo Yamashita, Shigeya Tanimoto
Digests of the Intermag Conference      2003年10月
An optimization method for design of permanent magnet (PM) motor was discussed. Coupling voltage driven finite element method with genetic algorithm was used. Results showed that the performance of this method is better than that of non-adjusted s...
石山敦士, 野口聡, 秋田調, 笠原奉文, 辰田昌功, 高祖聖一
低温工学・超電導学会講演概要集   68th 208   2003年5月
松友 真哉, 野口 聡, 山下 英生, 谷本 茂也
電気学会研究会資料. RM, 回転機研究会   2002(76) 43-48   2002年9月
高実 陽一, 野口 聡, 山下 英生
電気学会研究会資料. RM, 回転機研究会   2002(58) 31-35   2002年9月
山口 和宏, 野口 聡, 山下 英生
電気学会研究会資料. RM, 回転機研究会   2002(58) 59-64   2002年9月
垣原 克典, 野口 聡, 山下 英生
電気学会研究会資料. RM, 回転機研究会   2002(12) 1-6   2002年1月

書籍等出版物

 
シミュレーション辞典
野口 聡 (担当:分担執筆)
2012年   

講演・口頭発表等

 
戸坂泰造, 宮崎寛史, 岩井貞憲, 大谷安見, 高橋政彦, 田崎賢司, 野村俊自, 来栖努, WANG Xudong, 石山敦士, 植田浩史, 植田浩史, 野口聡, 野口聡, 浦山慎一, 福山秀直
低温工学・超電導学会講演概要集   2014年5月26日   
池田愛花, 大木隆広, WANG Tao, WANG Xudong, 石山敦士, 野口聡, 渡部智則, 長屋重夫
低温工学・超電導学会講演概要集   2014年5月26日   
石山敦士, WANG Xudong, 植田浩史, 植田浩史, 野口聡, 野口聡, 戸坂泰造, 宮崎寛史, 野村俊自, 来栖努, 浦山慎一, 福山秀直
低温工学・超電導学会講演概要集   2014年5月26日   
大木隆広, 池田愛花, WANG Tao, WANG Xudong, 石山敦士, 野口聡, SEUNGYONG Hahn, 岩佐幸和, 渡部智則, 長屋重夫
低温工学・超電導学会講演概要集   2014年5月26日   
宮崎寛史, 岩井貞憲, 戸坂泰造, 田崎賢司, 野村俊自, 来栖努, WANG Xudong, 石山敦士, 植田浩史, 植田浩史, 野口聡, 野口聡, 浦山慎一, 福山秀直
低温工学・超電導学会講演概要集   2014年5月26日   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 野口 聡
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 野口 聡
当該年度は、磁気クロマトグラフィーによる蛋白質分離の開発を支援するためのシミュレーションの開発を主に行った。計画では、(1)2種類以上の蛋白質の同時考慮、(2)テンソル磁化率特性考慮に取り組むことにしていた。実際には、(1)2種類以上の蛋白質の同時考慮は行えるようになり、これまで個別に解析してきた結果と同時に2種類を解析した場合の違いを示すことができた。商用ソフトウェアでは、考慮できない2種類以上の磁気特性を同時考慮するために、積層鋼板を塊として解析する手法を磁性流体解析にも取り組むことで...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 野口 聡
高精度な磁場・磁性流体シミュレーション・ツールの開発を行なった.具体的なツール開発としては,磁場と磁性流体のマルチフィジックス・シミュレーション・ツールの開発を行ない,ナノスケール磁性微粒子と外部コイルの高精度マルチスケール・シミュレーション・ツールの開発を行なった.開発したシミュレーション・ツールの精度を実験と比較することで検証を行なった.さらに,シミュレーションの高速化を目指し,並列化計算への対応を図った.これにより,高速に高精度な磁場・磁性流体シミュレーションが行えるようになった.
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 野口 聡
超伝導マグネットの実用的な設計を磁場解析・熱解析・最適化手法の連成により行えるようにするために,「堅固な設計」と「多目的設計に対する最適設計」についての検討を行った.「堅固な設計」については,Immune Algorithmを堅固な設計用に修正し,その修正法を用いることで,大幅な計算時間の短縮化も達成できた.また,「多目的設計に対する最適設計」ついては,ゲーム理論の適用により,トレードオフの関係にある多数の目的を考慮することが可能となった.さらに,協力ゲームや非協力ゲームなどの種々のゲーム...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 山下 英生
物理現象のシミュレーション結果や本来不可視な現象を可視化するための種々の可視化手法の開発がさかんに進められている。しかし、現状の可視化システムは視覚情報のみを駆使するものであった。一般に電磁現象は、その空間の中に鉄心などを挿入すると電磁力が働く。観察者がこの電磁力を触覚により認識できるようであれば、視覚情報、触覚情報の両面から電磁現象を体感できることになり、研究者への感性の刺激は向上する。本研究では、観察者の感性を視覚、触覚の両面から刺激するインターラクションシステムをバーチャルリアリティ...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 野口 聡
系統安定化用超伝導エネルギー貯蔵装置(SMES)のためのコイルの形状最適化についての検討を行った。超伝導コイルを安定に運転させるためには、磁界-電流密度特性(B-J特性)などの超伝導特有の性質を考慮し、設計を行わなければならない。その際に、トロイダルコイル等は形状が複雑なことから、数値解析による評価が必要となる。さらに、高価な超伝導導体の使用量を削減するために、最適化アルゴリズムを導入することで、形状最適化設計を行い、その手法を確立した。また、大型コイルになると、コイル内で温度差が生じるこ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 五十嵐 一
本研究では,電気機器解析のための有限要素モデルを自動生成する学習機械を開発した.まず粗い初期メッシュをつくり,それを細分化することで目的の有限要素メッシュを生成する方法(以下,シンプル法と呼ぶ)を検討した.メッシュ生成過程では,磁束密度の大きさや角点からの距離などの特徴量の重み付き線形結合であるpを用い,pの大きな要素は誤差が大きいと推定して,その要素を分割する.そして最も誤差の少ない有限要素メッシュが得られる線形結合の重みを遺伝的アルゴリズムにより決定する.さらにこの係数を他の類似なモデ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 山下 英生
現状の可視化システムは視覚情報のみを駆使するものであった。一般に電磁現象は、その空間の中に鉄心などを挿入すると電磁力が働く。また、3次元空間中に表示した磁束線に沿っても力が働いており、これらを観察者が触覚により認識できれば、視覚情報、触覚情報の両面から電磁現象を体感できることになり、研究者、学生への感性の刺激はさらに向上する。本研究代表者は、以前から触覚情報を併用する2次元システムの開発を行い、視覚と触覚情報の併用が有効なことを確認した。本研究では、観察者の感性を視覚、触覚の両面から刺激す...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2002年 - 2003年    代表者: 野口 聡
本研究は,温酸化物超伝導体の電磁界および熱解析の連成問題の高精度化と最適化設計手法を用いた超伝導応用機器の特性改善のための検討が目的となっている.高温酸化物超伝導体の電磁界解析手法として,主にE-J特性を考慮した非線形有限要素法が使用されているが,解の収束性に問題がある.そこで,昨年度(H14年度)は,エレメント・フリー・ガラーキン法を導入し,解の収束性の改善を図った.その結果,ある程度の改善はみられたが,問題解決には至らなかった.そこで,該当年度(H15年度)は,有限要素法に対して,隣接...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 山下 英生
物理現象のシミュレーション結果や本来不可視な現象を可視化するための種々の可視化手法の開発がさかんに進められている。しかし、現状の可視化システムは視覚情報のみを駆使するものであった。一般に電磁現象は、その空間の中に鉄心などを挿入すると電磁力が働く。観察者がこの電磁力を触覚により認識できるようであれば、視覚情報、触覚情報の両面から電磁現象を体感できることになり、研究者への感性の刺激は向上する。本研究では、観察者の感性を視覚、触覚の両面から刺激するインターラクションシステムをバーチャルリアリティ...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 2000年 - 2001年    代表者: 野口 聡
本研究は、高温酸化物超伝導体の電磁界および熱解析の連成問題と最適化アルゴリズムを用いた超伝導機器の特性改善が目的となっている。高温酸化物超伝導体の電磁界解析手法として、種々の手法が提案されているが、E-J特性を考慮した場合に、解の収束性が悪くなるという特徴を有している。そこで、解析手法の改善を行った。その結果、従来方では解が収束しないような問題に対しても、提案手法は安定して解を求めており、かなりの改善が見られるようになった。また、酸化物バルク超伝導体表面上の磁束密度を計測する実験により、改...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1999年 - 2000年    代表者: 金田 和文
本研究では、ドライブシミュレータやエンターテインメント映像等への応用に向けた水滴の流れのアニメーション手法を開発した。すなわち、水滴に働く遠心力や風力を考慮して水滴の流れのシミュレーションを行い、実写画像と合成することによりリアリスティックな表示を行うことのできる手法を開発した。これにより、人間が見て自然と感じる水滴の流れを表現することが可能となった。具体的には次の2点に関する手法の開発を行い、その有用性を検証するために水滴の流れのアニメーションを作成した。1.物体表面からの落下を考慮した...
電磁機器の最適化設計
研究期間: 1994年   
超電導バルク体の解析手法の開発
研究期間: 2000年   
メッシュ生成技術
受託研究
研究期間: 2000年   
電磁場解析手法に関する技術開発
研究期間: 2000年   
電磁場解析結果の可視化
研究期間: 2000年   
磁性流体のシミュレーション
研究期間: 2008年   

特許

 
石山 敦士, 植田 浩史, 野口 聡, 宮原 信幸, 鹿島 直二, 長屋 重夫
石山 敦士, 植田 浩史, 野口 聡, 宮原 信幸, 鹿島 直二, 長屋 重夫
石山 敦士, 植田 浩史, 野口 聡, 宮原 信幸, 鹿島 直二, 長屋 重夫